ハーレム物が失敗する理由とは?/新人賞下読みが回答

2015/07/03(金曜日) 19:05:46の質問

茸と茸と茸です。質問させていただきます。

1.執筆中の小説にヒロインが多くても3人ぐらいしか登場しないし、ヒロインも常に変わりますが、これは選考の祭に不利になるんでしょうか?一応恋愛系ではなく、シリアス系の小説です。また、モエは大事ですか?自分の小説にはモエという要素がほぼないです。

2.独特な内容の小説と、どこにもありそうな内容の小説が同じ面白さの場合、後者の小説が創意性がないという理由で落ちたりしますか?

3.いまだに面白さがなにかよくわかりません。

4.ビジュアル系の文章が好まれるとどこかで見ました。しかし、自分はビジュアル系の文章より純文学のように飾りの少ない文章が好きで、飾りの少ない文章で執筆していますが、だめなんでしょうか?

5.同じ賞に再び送ると悪い印象を与えますか?(全体的な内容は同一、文章修正と少量の内容追加の場合)

6.これは自分一人で考える問題だと思っていますが… 落ちた作品を別の賞に投稿することは何回までが望ましいですか?

上の6つの質問、よろしくお願いします。
ジジ様のご回答お待ちしております。
ありがとうございます。

●下読みジジさんの回答

 1.執筆中の小説にヒロインが多くても3人ぐらいしか登場しないし、ヒロインも常に変わりますが、これは選考の祭に不利になるんでしょうか?

私自身はメインヒロインはひとりに絞るほうがよいと考えていますが、これは多ヒロイン、ハーレムものの応募作で成功例を読んだ経験がほとんどないからですね。

ほとんどの場合はヒロインを均等に扱えずに終わってしまいます(結局メインヒロインものと変わらず、それなのに他の女子キャラを無理矢理物語にからめなければならなくなるので、おもしろくなりにくいということですね)。
ただ、ヒロインが変わるもしくは交代していくことにきちんと必然性があれば大丈夫です。

また、モエは大事ですか?自分の小説にはモエという要素がほぼないです。

もちろん大事かと訊かれれば大事ですと答えるほかないのですが、無理に入れようとする必要はないかと思います。
主に女子キャラが魅力的に描写できてさえいれば、自然と萌えは宿ります。

ただし、作者からすれば「やりすぎ」くらいにわかりやすい/あざとい描写を心がけないと失敗する危険性が高いので注意が必要です。

 2.独特な内容の小説と、どこにもありそうな内容の小説が同じ面白さの場合、後者の小説が創意性がないという理由で落ちたりしますか?

いくら独創的でも、おもしろくなければ上げられません。
逆におもしろいとしても、既視感の強いものは上げられません。

おもしろいことは大前提で、それプラス作者独自のなにかがある作品が上がります。

 3.いまだに面白さがなにかよくわかりません。

迷ったときは自作の設定を見てください。そこに目を惹く独自要素があれば、期待値は高くなります。
誰かの協力をあおげるようなら「あらすじ」を読んでもらってみてください。その人が食いつく要素があれば、やはり期待値があります。

4.ビジュアル系の文章が好まれるとどこかで見ました。しかし、自分はビジュアル系の文章より純文学のように飾りの少ない文章が好きで、飾りの少ない文章で執筆していますが、だめなんでしょうか?

難解語や過剰な独自表現なしで中高生に伝わりやすい文章なら大丈夫かと思います。

5.同じ賞に再び送ると悪い印象を与えますか?(全体的な内容は同一、文章修正と少量の内容追加の場合)

ご指定いただいた条件でとのことなら、やめるべきですね。
改編作はその改編の度合の多少を問わず、「自身の去年の応募作と比較される」からです。

そしてほとんどの場合、改編作は改編前の作品とほとんど同じような内容に留まるものです。これは「なぜこの作品が落ちたのか?」という理由がわからないまま手直し……という名の逃げを打ってしまうからですね。

結局のところ、毎年新作を書くほうがお得なものです。

6.これは自分一人で考える問題だと思っていますが… 落ちた作品を別の賞に投稿することは何回までが望ましいですか?

基本的には0回。どうしても納得いかないときは1回で充分作品の実力は測れるものと思います。

コメント募集!

あなたは『ハーレム物が失敗する理由とは?』という質問について、どう思いますか? コメントをいただけるとありがたいです!(研究に参加ください)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

▼管理人うっぴーのツイッターのフォローをお願いします。

コメント

  1. うっぴー より:

    掲示板に書き込まれたサイラスさんのコメントを転載します。

    こんばんは、サイラスです。少し横やりを入れます。

    > 1.執筆中の小説にヒロインが多くても3人ぐらいしか登場しないし、ヒロインも常に変わりますが、これは選考の祭に不利になるんでしょうか?一応恋愛系ではなく、シリアス系の小説です。

     ジジさんが挙げた答えもあるのですが、よほどの技量と文章量がないときつい部分があります
    まず、ヒロインが常に変わるということは、そのヒロインごとに見せ場があり、それを表現するだけの文章量と、書く技量が必要となります。
     連載物や自分のHPで挙げているならともかく、文章量の制限がある賞でやると、かなり難しいうえ、仮に表現できたとしても、一人のヒロインの魅力を表現できないまま、次々と相手(ヒロイン)が変わり、読者としても状況を把握しにくいは、消化不良を起こすは、たまったものじゃありません。

     また、ヒロインが多数いるという形を取ると、シリアスというよりラブコメに近くなります。
    シリアスものだと、女の子が多数出てくることはありますが、必ずメインはこの娘というのがはっきりしていますし、その娘を軸にしてあげると話が綺麗に進むことがあり、話にも重厚感が増します。
     一方、ラブコメになると、どの娘が軸?という作品が多く、主人公を振り回して、騒ぎを起こすにはうってつけな為、一つの巻で多数のヒロインを据えても大丈夫なわけです。

     つまり、シリアス作品を、賞に投稿するなら、メインヒロインを決めて挙げないと、相性が良くない訳の分からない作品を送る危険性がありますので、賞として送るにはお勧めできないということです。

    > 3.いまだに面白さがなにかよくわかりません。

    読者の感覚でいうと、作家、作品独自のものが、シンプルに伝わることだと思っています。

     僕が、読んで面白いという作品は、その作家や作品の独自の持ち味が、そんな難しい文章を使っていないのに伝わるものが多く、逆に、難しい言葉や造語が多くても、作品の魅力が伝わらないものは、ヒドイなぁーって思うことが多々あります。

     それと、これは、逆質問なのですが、あなたにとって面白かった作品はなんなんでしょうか?

     これを考えて、答が出れば、面白さの答えがもう少し明瞭になると思っています。

    • サイラス より:

       どうも、コメントの主のサイラスです。

       うっぴーさん、今回みたいにコメントの掲載は、有難いのですが、なんで掲載したのか、参考になる部分があるなら、その部分を強調し、そのうえで、うっぴーさんの意見も
      述べたほうが、このコメントやコラムを読む方にも分かりやすいと思います。

  2. うっぴー より:

    サイラスさん、こんにちは。
    なるほど、了解です!