どこでもドアの謎。近距離ワープの矛盾点/ドラえもんに対するツッコミ

あまくさんの意見

どこでもドアは、実態は「空間移動装置」なので、二つの空間にまたがって存在する性質があります。なので、ドアの向こう側と言う場合、「通常空間」のことなのか「移動先の空間」のことなのかを明確にしないと混乱をまねくかもしれません。

そこで。

仮にドアを設置した場所をのび太の部屋、移動先を学校とします。またドアの表側・裏側という言い方もまぎらわしいので、移動元に向いている面をA面、移動先に向いている面をB面と呼ぶことにします。

(1)のび太の部屋で、A面側からドア(すでに開いている)を見る場合は。
ドア枠の内側だけ学校の様子が切り取られたように見えると思われます。(以下、いちいち「思われる」と書くのはまどろっこしいので断定調にします)

(2)のび太の部屋で、ドラえもんがドアをくぐらず、横を通ってB面側にまわったとします。そこはやはりのび太の部屋なので、ドア枠の内側も外側ものび太の部屋に見えます。しかし、A面側からのび太が歩いてきてドアをくぐると、ドアを通過する瞬間に、のび太の姿が消えてしまいます(学校に瞬間移動した)。

(3)学校側では。
のび太の部屋で空間移動先が学校にセットされ、ドアの機能が作動した瞬間に、それまで何もなかった場所に、突然、ドアが出現します。

(4)ドアが開かれた状態でB面側から見ると、ドア枠のまわりは学校で、内側だけ切り取られたようにのび太の部屋が見えます。そして、その部屋からのび太が学校側に入ってくる様子が(一見)普通に、連続的に見えます。

(5)学校で、この様子をA面側から見たらどうなるか? この場合は、(2)の逆と考えるとスッキリします。
学校側でドアを通らずにB面側からA面側にまわっても、そこはやはり学校。したがって、ドアの内側も外側も、学校に見えます。そして、のび太がドアを通過した瞬間に、それまで居なかったのび太が急に出現し(この瞬間に、部屋から学校に空間移動してきた)、そのままB面側に歩いて行く後姿が見えます。
以上のようになると考えられますが、いかがでしょうか?

あまくさんの意見

これは、単にのび太が10cmだけ瞬間移動するという現象が起こるのではないでしょうか?

A面側からの見え方は、ドアの内と外が同じのび太の部屋だけれど、10cm分だけズレて見える。のび太の動きは普通に連続的。

B面側からの見え方は、空間のズレはないが、のび太がドアを通過する瞬間に、「コマ落とし」のようにのび太の姿が一瞬で10cmだけ移動して見える。
そういうことになるんじゃないかと。

あまくさんの意見

また、同じ様にドアの行き先を数十cm後ろにした場合だが、たぶんそれは出来無い。

なぜなら、

「そんな近距離にドアを開けば、開いたドアにまず自分が当たる」

迷える狼さんが仰っているのは、移動先を10cmA面側(手前側)にずらして設定する場合ですか?

その場合は、

(1)単に、のび太の姿が10cmの距離を移動する時間だけ消える。

(2)のび太の体が同一空間で衝突する(体の一部がダブることになるので、事実上不可能ですね)。

この、どちらかになるんじゃないかと。どちらになるのかは、考え方の問題かなと一応思いますが、確かに微妙ですね。
(追記)
それと、手前か先かに係わらず、移動距離が極端に短いとドアそのものが同一空間でダブってしまうという問題も生じますね。それは、まずいかも。

一応、数10cmの距離を置くなら、ドアが開きにくくて不便という問題はあるものの、理論的には可能だと思いますが。

(追記2)
30cm程手前に移動先を設定すると、おもしろい現象が発生するかもしれません。
この場合、入口の手前に出口が出現してしまうことになります。そして、多少反則かもしれませんが、仮にドアの開け閉めがなく、ドア枠だけのような構造で通過は可能だと考えてみます。

手前にある「出口」は、B面側から見た時しか他空間に繋がりません。したがって、A面側からは普通に(同一空間から同一空間へという形で)素通りできてしまうと考えられます。

ところがこれを通過すると、通過者はそのまますぐ目前にある「入口」に飛び込んでしまうことになります。「入口」を通過すると、また「出口」から出てくることになりますから、通過者は「無限ループ」にはまってしまうことにならないでしょうか?

ただ。
考え方を変えて、どこでもドアの「入口」と「出口」は同時存在はしないと設定することも可能かと。
通過者が「入口」を通過した瞬間に、通過者と「入口」は一緒に消滅し、移動先に「出口」と一緒に出現するという仕組みとも考えられます。

その設定なら、ドアが30cmA面側に瞬間移動し、そこから通過者が姿を現すというように見えることになります。

どこでもドアの裏側問題・解決編へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

▼管理人うっぴーのツイッターのフォローをお願いします。