ヒロインは処女であるべき!/新人賞下読みが回答

猫さんの質問2015/01/20

はじめまして、猫です。
私は今、電撃文庫投稿用の作品を書いています。

主人公は少女です。しかし、処女じゃありません。家庭の事情で身体を売らざるを得なくなります。身を粉にして働いてきた彼女は、ラストで必死で守ってきた家庭が崩壊するのと一緒に精神崩壊を起こします。

質問はヒロインは処女であるべきなのか、ということです。私としては、読者に嫌われた方が少女の生き様としては成功なんですが……それはさておき、投稿作品としては冒険し過ぎでしょうか?

●下読みジジさんの答え

冒険しすぎというか、できれば冒険に出るべきではない部分ですね。

ライトノベルという中高生男子をメインターゲットにしたメディアにおいて、処女性は実に重要です。そもそも恋愛対象の異性に求める条件は、男女問わず実に酷いものでもあります(婚活話でよくあるアレですね)。

ついでに、男の「いい奴」と女の「かわいい子」のあてにならなささも考えていただけるとわかりやすいでしょうか。
同性視点からの「魅力」は、異性にとって魅力になりえないことが多いものです。

また、ヒロインは物語の「異性」を象徴する存在です。

よほどの理由がなければ読者が好きになれる人物にするべきですし、嫌わせるのであれば、「誰が見ても嫌わずにいられない大きな理由」を用意するべきかと思います。

拝見する限り、ヒロインが精神崩壊を起こす理由が非常にオーソドックスで、設定的におもしろみが感じられないこともあります。