女子向けラノベの明確なターゲット読者層とは?/新人賞下読みが回答

ものとんさんの質問2016/02/05

ジジさん、はじめまして。
私自身は下手の横好きレベルで二次創作を書く程度なのですが、クリエイターの心理や目線、視点に興味があり、こちらのサイトを拝見しています。

それで、ふと疑問に思ったのですが、「女子向け」とは具体的にどういった読者を対象にされているものなのでしょうか?
おそらく私の認識が古いカテゴライズのままなのだと思い、再確認したくて質問させていただきました。
よろしければご教示ください。

●下読みジジさんの回答

10代中盤~後半、中高生女子です。
枠としては角川ビーンズ文庫やルルル文庫、ビーズログ文庫などが当てはまりますし、最近ですと集英社ピンキー文庫を始め、スマホ小説を書籍化するレーベルも複数ありますね。

内容的には、恋愛を主軸に非日常(男装して大活躍したり、逆ハーレムの中でアレコレあったり)やファンタジーをからめたものが多いかと思われます。
恋愛特化のスマホ小説はともかく、このあたりはコバルト文庫のころから変化はありません。

まとめて言えば、女子もしくは女性にとって違和感のない、ある意味で女性的要素や「(女性が思いつく)男子という記号」を備えた男子を主人公に据えた作品ということになるでしょうか。

ついでに述べさせていただけば、ラノベ同様に女子向け業界も「ジュブナイルを卒業した年代の女性」をターゲットにしたレーベルが増加中。新人賞で驚くようなテーマ性と完成度を見せる応募作が出現したりしています(辻村七子氏の『螺旋時空のラビリンス』は一読の価値ありです)。