リアルなラノベ研究の場。ライトノベルシェアハウスが西日暮里にオープン!

ライトノベル作家を目指している人、ライトノベルの表紙絵、挿絵を描きたいイラストレーター、装丁デザインなど、ライトノベルに関わる仕事をしたい人が集まり、切磋琢磨するためのシェアハウスが東京の西日暮里にオープンしました。

実は、私はクリエイターが集まるシェアハウスを運営するNPOクリエイターズサポートの理事をしているのですが、お付き合いのあるCID株式会社さんが、ライトノベルに特化したクリエイター専用のシェアハウスを立ち上げるということで、協力させていただくことになりました。

もともと私は、リアルでラノベや創作の資料をいっぱい集めて、定期的に勉強会を開けるような場所(リアル・ライトノベル作法研究所)を東京に作ってみたいと考えていたのですが、個人で行うには金銭面でのリスクが高すぎて、断念していました。

創作の勉強会などを東京の生涯学習センターで開いているし、それでいいかなぁ、と思っていたところ、今回のお話があったので、これはぜひとも立ち上げに協力させてもらいたいと思った次第です。

ラノベシェアハウスの特徴

POINT1:好立地の多路線アクセス
西日暮里駅より徒歩約5分の立地
東京メトロ千代田線、JR山手線、京浜東北線、日暮里舎人ライナー利用可

POINT2:リノベーション済みの好物件
3DKの間取り
内装リフォーム済み、各個室、鍵、エアコン、クローゼット完備
冷蔵庫、洗濯乾燥機など生活に必要な家電有り

POINT3:お財布に優しい初期費用0円の実現
契約にかかる初期費用は0円
敷金、礼金、契約金、保証金等は一切かかりません
個室賃料6.5万円
共益費1万円(水道光熱費、ネット代、消耗品費、書籍代込み)

住居者特典として、ライトノベル雑誌の定期購読や、毎月入居者アンケートでのライトノベル購入を行ない、住居者たちが無料で読むことができます。

共益費一万円というと高く感じますが、水道光熱費、ネット代、消耗品、資料となる書籍代込みなので、ふつうの物件を借りるより安いと言えるでしょう。

その他、シェアハウスの特徴として、

●作品発表の場の開催
入居者同士のコミュニケーションを図り、定期的に食事会も兼ねた作品の発表会を開催予定。

●シェアハウスでのイベント参加
デザインフェスタやコミックマーケットなど、創作イベントに参加希望の入居者を集めシェアハウスで出展します。

●講座・講習会の開催
プロを招いた勉強会を開く予定です。

シェアハウスの詳細、申込みなどはこちらから行えます。
https://www.sch-life.com/nishinippori

また、ライトノベル作法研究所では、ブログで一般的に告知しているオフ会、勉強会の他に、オフ会メンバー用のLINEグループを使って、勉強会や映画鑑賞会、バーベキューなどを行っており、このシェアハウスの共用部分も勉強会などの場として使わせていただく予定です。
興味がありましたら、ぜひ一度内覧に来てください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

▼管理人うっぴーのツイッターのフォローをお願いします。