小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』をオープンしました!

小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』

小説の最重要箇所であるタイトルとプロローグを改善するための相談、意見交換ができる掲示板です。
タイトルが良くないとそもそも読者は小説を読んでくれません。
また、プロローグがおもしろくなくては、ブックマークに登録してくれません。
タイトルとプロローグで小説の評価は9割決まります。
この2つを改善するための相談ができる場所です。

私が主催しているプロット勉強会でお会いした、小説投稿サイト「小説家になろう」から数冊書籍化されているラノベ作家さんが、「小説の人気はタイトルで9割決まります」と、かなり衝撃的なことを言っていました。

これは小説投稿サイトでは、タイトルで興味を惹かれないと、そもそも読者は小説を読んでもくれないためです。
ラノベ業界でも昔から、ラノベの売上は「タイトル」「表紙(イラスト)」「帯の煽り文句」の3つで決まると言われており、タイトルは売上に大きく関係しています。

また、プロローグ、最初の1話を読んだだけで、その小説がおもしろいか否か、だいたい判断できます。
もし最初の1話がおもしろくなければ、時間を無駄にしたくないので、そのままバイバイしてしまい、ブックマークに登録することはありません。

小説家になろう出身作家さんによると、「小説家になろう」で人気を出す物語構成とは「起承転結」でなく、「結、転、転、転」だそうです。
一番おもしろい核となるアイディア、物語の売りとなる部分を冒頭に持って来て、あとはそれを転がしていくのだそうです。

タイトルが良くないと読者は小説を読んでくれず、プロローグで興味を惹かれなければ、続きを読むこともブックマークに登録することもないので、書籍化など夢のまた夢となります。

逆に言えば、タイトルとプロローグ(最初の出だし)さえ良ければ、かなりの読者数を獲得することが可能ということです。
この部分を徹底的に改善することが、もっとも人気を出すために効果的です。

そこで、タイトルとプロローグを改善するための相談、意見交換ができる場所を作りました。

すでにオープンしている「小説の批評をし合おう!批評・感想交換の場『ノベル道場』」のシステムを改造して作ったノベル道場の別バージョンとなります。

小説の批評となると、批評する側もされる側もハードルが高いので、今回は批評ではなく、「改善のための相談」をする場所にしました。

プロローグについての相談、タイトルの改稿案を受けることができます。
タイトル改稿案は、本来の小説タイトルと並んでリスト化されて表示され、一番興味を惹かれるタイトルを読者に投票してもらうことが可能です。

タイトル、プロローグの改善提案をするためには、物語のあらすじがわかっていないと難しいので、相談依頼する場合に、あらすじを書くことを推奨しています。

小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』、ぜひお使いください!

コメント

  1. ドラコン より:

     こんにちは、ドラコンです。「小説のタイトル・プロローグ改善相談所」について私見を申し上げます。

     掲示板乱立による使い勝手の低下は心配ですが、使用目的が明確な掲示板なので、心配は無用でしょう。また、「改善」が目的の掲示板なので、「ノベル道場」の「要望」、「長所を教えてください」「欠点の指摘歓迎」「ボコボコにしてください」は省かれたのでしょうか。確かに、「改善」のためには「欠点」を指摘せざるを得ないのですが。

     小説を読んで批評するのは時間が掛かるでやりにくいのですが、タイトルやプロローグだけなら時間も比較的掛からずやりやすいですね。それに、何度も申し上げていますが、「鍛錬投稿室」の投稿小説には、「タイトルが意味不明」なことが多いです。「タイトル」「プロローグ」「作者コメント」の3つで作品の正体が分かるものが読みやすいです。ですので、タイトル・プロローグの専門掲示板は良い試みです。

     書くには書いたが完成させられる見込みのない小説があります。この「小説のタイトル・プロローグ改善相談所」を「未完」作を読んでもらう場として活用しても良いのでしょうか。もっとも、書けている部分だけでも約19万字(400字詰め原稿用紙63枚)ですから、プロローグの字数制限1万字を大幅に超過していますが……。

  2. うっぴー より:

    ドラコンさん、こんにちは。

    >確かに、「改善」のためには「欠点」を指摘せざるを得ないのですが。

    確かにあったほうが良かったかも知れませんね。

    >この「小説のタイトル・プロローグ改善相談所」を「未完」作を読んでもらう場として活用しても良いのでしょうか。

    未完作品でも投稿してOKですよ。
    原稿を分割して最初の第一話だけを読んでもらって感想をもらう、という使い方をすれば、趣旨から外れませんので、問題ありません。
    書いている途中の作品がおもしろいのかどうか最初の1話だけで判定してもらう、というのもおもしろい試みかと思います。