他サイトにて投稿、完結した作品の評価をお願いします。

掲示板利用規約 フォーラム プロット『相談』掲示板 他サイトにて投稿、完結した作品の評価をお願いします。

このトピックには6件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。8 ヶ月前 みりん さんが最後の更新を行いました。

7件の投稿を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #40162 返信

    みりん

    他サイトにて、投稿、完結した作品のプロットの評価をお願いしたく、書き込みさせて頂きます。

    感想としては、登場人物が皆クソ過ぎる、ヒロインを好きになれない、という意見が連載中もっとも多かった作品です。

    自分としては、人間の汚い部分を書くことで、綺麗な部分を浮き彫りにできないかなーと思って、それを目標に書きました。

    次回作を書くときに参考にしたいので、どこが駄目で評価が伸びないのか教えて頂けると嬉しいです。

    忌憚ない意見をよろしくお願いいたします。

    ■タイトル:3次元嫌い・隠れヲタの俺の家に歌姫が転がり込んで来た件

    ■あらすじ:

    大岡優助は大学2年生。隠れガチヲタで女嫌い女性不信童貞。休日はYouTube、フィギュア、薄い本を嗜んでいる。
     ある日バイトに遅刻すると、バイト先のレストランのオーナーに見つかってしまう。首にしない条件として、家出少女を1人預かれと命じられる。
     しかし、その少女土岐みくるは、中2の時に数日だけ付き合った元カノで、優助を女嫌いにした原因だった。当時、優助は不良の間瀬に苛められていたのだが、その間瀬と二股をされた上に振られたのだ。
     優助はバイト先を首になるのが嫌で仕方なくみくると同居をスタート。いまのみくるはオーナーと不倫、キャバのボーイのセフレもいるし、再会を記念してHしようと誘惑してくるビッチに成長していて、優助は振り回される。
    「誰がおまえなんかと!」と誘惑を断ち切るが、一緒に美少女フィギアのパンツを鑑賞するなど、意外と楽しく過ごすことに。
     また、明け方、家族関係の悪夢を見てうなされる弱いみくるを知って動揺する。
     そんなある日、夜寝たふりをしていたら、みくるにキスをされる。からかわれたと思って怒る優助。しかし、みくるに告白をされてしまう。
     過去のトラウマもありみくるの言葉を信じられない。
     困った優助は、バイト先の仲の良い先輩、早希に相談する。ところが、早希にも告白され、動揺してる間にキスをされてしまう。
     しかも、そのキスの現場をみくるに見られてしまう。
    「優助くんはみくるちゃんにキスされて困ってる。優助くんを解放してあげて」
     早希にそう言われ、みくるは寂しそうに去って行った。
     それ以来、みくるは優助の家を出ていき、優助は成り行きで早希と付き合うことに。交際はつつがなく一ヶ月が経過する。
    久しぶりにオーナーに会う。優助に振られて以来みくると音信不通になった、みくるは優助のことが好きだった。リストカットをしてしまうほど弱いみくるをお前なら助けられると思ってたのに、と言われる。
     そんなある日、早希に隠していたフィギアと同人誌を全部捨てられてしまう。「私がいるのに酷い。優助くんは私や本をみくるちゃんの代わりにしてるだけ。みくるちゃんを好きって認めて下さい」と喧嘩。
     早希に部屋を追い出された優助は、うまくいかないのは土岐みくるのせいだと決めつけ責任をとらせるためにみくるを探し始める。
     しかし、どこを探してもみくるはいない。
     ついには、地元のみくるの実家に行くが、狂った母親に「あの子とは縁を切った」と激しく追い返される。
    偶然、工事現場で働いている間瀬に出会い、中2の頃のことを謝られる。みくるは、間瀬が優助を虐めないことを条件に交際をOKした。中2の優助はみくるに助けられていたのだと知らされる。そして、しつこく交際を続けたせいでみくるは別れるために浮気性になったと知る。
     優助は、そんなこと望んでない、なんて馬鹿なんだとキレる。
     しかし放っておけなくなり、みくる捜索を続ける。みくるの情報を持つという男とフェイスブックで繋がり、言われるままに会いにいく。しかし、その男佐原はみくると寝たことを自慢してきて、しかもみくるは殴ると言うことを聞くようになるとアドバイスをされる。優助は嫉妬と内容でブチキレて佐原をボコボコにするが、待ち合わせを知り後をつけていた早希に止められその場を逃げる。
    なぜ中2当時、もっとみくると話し合わなかったんだ、俺が間瀬にも負けないくらい強ければと後悔する優助。そして、自分もみくるのことが好きだと自覚。それを早希に告白して、早希と2人泣き笑い。仲直り後、別れる。
     失意の中、半年が過ぎる。ある日、YouTubeを聞いていると、みくるの歌声が流れてくる。驚いた優助は情報を収集し路上ライブの情報を知る。
     路上ライブに足を運ぶと、みくるが天使の歌声で歌っていた。歌の歌詞が、「いまも忘れられない人がいる、後悔している」という内容。
    再会に気づくとみくるは走って逃げようとする。捕まえて抱きしめる。
    「お前が俺のこと好きだってことはわかってんだよ。もう逃がさないからな」
    終わり。

    ■キャラクター:

    主人公
    名前 大岡 優助 性別 男 年齢 19歳
    人種 黄色人種 種族 国籍 日本
    社会的地位 大学2年生 職業 信仰する宗教 仏教
    趣味 アイドル♡プロデュース アニメ、ゲーム、YouTube、フィギュア、薄い本
    長所 問題発見・解決力や社会常識があり、コミュニケーション上手で、仲間として一緒に働ける人間 短所 隠れヲタ、いじめられていた過去、偉そう
    知性 早稲田大学経済学部 知識 健康状態 良好
    特技 皿を5枚同時に運べる
    履歴(過去のトラウマ、重要な体験)中学時代チビで偉そうでヲタだったのでいじめられていた。しかし頭が良かったので、良い高校に行き、背も人並みに伸び、早稲田に合格したので、もう誰もいじめたりしない。コミュ力もついた。中学時代、いじめられ同士意気投合し、みくると付き合って、3日でフラれる。しかも二股をかけられ、いじめっこに寝取られたことを知り、トラウマに。3次元の女嫌いに。2次元最高。大学合格して上京、下宿開始。フィギュアを集め始めるが、ヲタバレしないようにやばいのは隠している。バイトはイタリア料理のレストラン。個人経営の。オーナーが女好きだが、気に入られている。早稲田の先輩(教育学部英語英文)の早希とは仕事を教えてもらった関係で仲がいい。
    両親、健在。商社勤務の父。専業主婦の母。親戚、兄弟姉妹、一人っ子。配偶者、恋人、子供なし

    メインヒロイン
    名前 土岐みくる 性別 女 年齢 19歳
    人種 種族 国籍 日本
    社会的地位 高卒フリーター 職業 信仰する宗教 無宗教
    趣味 カラオケ(ヒトカラ)、鼻歌作曲 癖 暇・不機嫌になると長髪を触る。 ポリシー みくるのカラダはチョコレートでできてます(好物)
    長所 明るい、エロい、一生懸命、超絶かわいい、天使の歌声、素直で正直 巨乳
    短所 アホ、料理、掃除できない、ビッチ(男関係にだらしがない)、流されやすい、本音が言えない、隠すの上手
    知性 アホ過ぎて頑張る方向が間違ってる 知識 健康状態 健康
    特技 逆立ち、倒立、側転、運動神経よし
    履歴(過去のトラウマ、重要な体験)鼻歌を褒めてくれて以来、優助がすき。初恋。告白されて喜んで付き合ったが、3日後初デートの日に、いじめっ子の間瀬に出会い、大岡を助けたければ俺と付き合えと脅される。承諾。翌日、間瀬にばらされて、優助にフラれる(優助は自分が振られたと思っている)元々、父親がDV&アル中だったので離婚して(中学に上がる前)母親に預けられたが、父親に似てるので母親に嫌われている。基本一人で寝れないため、誘われれば男とすぐ寝てしまう。しかし、添い寝が目的なので、愛がなく、優助以外の男に惚れたことはない。(最初は間瀬と別れるために浮気していたが)浮気もするし、セフレ(池野)もいるし、不倫(二階堂)もする。ただれた男関係。ビッチに成長。心弱いが、アホで明るくて隠すのが上手なので誰も気づかない。(しだからと言ってやってること最悪)ついに、母親と大喧嘩して、家出する。地元を離れて行く宛もないため、なんとなく19歳で上京。キャバクラで働き始める。二階堂、池野との出会いは、出会い系サイト(18歳の時)。キャバクラは池野の紹介、二階堂に優助を紹介される。二階堂の命令で、優助はみくるを部屋に泊めてあげるはめに。
    両親、両親離婚 シングルマザー 親戚、兄弟姉妹、一人っ子 配偶者、恋人、子供

    サブヒロイン
    名前 加賀屋早希 性別 女 年齢 20歳
    人種 種族 国籍
    社会的地位 早稲田大学教育学部英語英文3年 職業 学生 信仰する宗教 キリスト教
    趣味 カフェ巡り、女子会 
    長所 真面目、知的、処女、純情乙女、先生タイプ、かっこいい 短所 勝ち組として生きてきたので人の痛みがわからない、勝手にもの捨てたり、ヤキモチ焼き
    知性 賢い 知識 英語、第二言語は仏語 健康状態 健康、貧乳
    特技 オーダー暗記
    履歴(過去のトラウマ、重要な体験)恋愛に対して奥手で、夢見がち。理想が高く、チャラい男が苦手。付き合ったことはあるが、女の子と喋ったという理由でヤキモチを焼き、振られた経験があり、女好きの男が嫌い。優助のことは、女嫌いなところが気に入り、バイトの仕事を教えていくうちに惚れた。女友達が多く、典型的なキラキラ女子。ショートカットで貧乳、処女。えっちなことなんて恥ずかしいが、興味がない訳ではない。ラブラブならエッチしてもOKという本来なら都合のいい可愛い女の子。(ただし、ヤキモチが激しい)
    両親、健在 親戚、兄弟姉妹、妹が一人 配偶者、恋人、子供

    バイト先のイタリアンレストラン「ポモドーロ」のオーナー
    名前 二階堂 性別 男 年齢 35歳
    社会的地位 勝ち組 職業 自営業(飲食店3店舗(イタリアンレストラン2店、バー)のオーナー、マンション経営、投資) 信仰する宗教 なし
    趣味 飲み歩き、浮気、キャバクラ 癖 ポリシー 自分の限界点を超えた瞬間、人は劇的に成長する
    長所 気に入った人間には面倒見がよい、経営者として一流 短所 飲み歩きに付き合わされると長い(キャバクラはしご)
    知性 早稲田大学商学部 知識 健康状態 健康
    特技 ジンのショット(水のように一気できる)
    履歴(過去のトラウマ、重要な体験)愛妻家だが、何人もの女を同時に同じだけ愛せる。みくるもその一人。(しかしリストカットの痕にひいて身体の関係はない)みくるが家出して頼ったが、海外に買い付けに行くので、お金が貯まるまで優助に預ける。優助の女嫌いを治すのにもいいし、優助ならみくるを救えるかもしれないという計算。いまは、ワインの買い付けが楽しい。マンション経営だけで生活できるだけは稼いでいるので、飲食店経営は趣味と実益をかねて。勝ち組で見た目もハンサムなので、ものごっさモテる。
    両親、健在 親戚、兄弟姉妹、一人っ子、配偶者、モデル並に美人、恋人、みくる、その他 子供 娘が二人

    中学時代のいじめっ子
    名前 間瀬 性別 男 年齢 19歳
    社会的地位 鳶職人 職業 大工 信仰する宗教 なし
    趣味 ゲーム、酒、タバコ 癖 ポリシー
    長所 男気がある、ガキ大将だった、喧嘩が強い 短所 短気、恐喝とかした。
    知性 悪知恵はあるが偏差値低い 知識 健康状態 健康
    特技 木材運んだり、怪力
    履歴(過去のトラウマ、重要な体験)みくるに惚れて、無理やり自分の女にしたが、浮気何度もされ、中2から高2まで付き合ったが、結局辛くて別れた。親友と浮気されて凹んだ。アホなので、高卒で進学せず、大工になる。みくると別れた後慰めてくれた人とデキ婚したが、まだみくるのことをひきずっている。
    両親、健在 親戚、多い、建築関係、ヤンキー 兄弟姉妹、兄貴1人 配偶者、デキ婚、子供 男の子がお腹の中に

    優助のハマってるヲタゲーム
    アイドル♡プロデュース
    アニメ、ゲームも発売されて爆売れ更新中。ゲームは音ゲー+育成。すきなアイドルを育成できる。YouTubeでは、アイプロガチ勢がオシのアイドルに歌を歌わせた動画をアップするのが流行っている。歌は自分で録音したものや、ボカロなど結構自由。アイプロ版ボカロは高値なので声を録音が一般的。萌え豚が信奉しているコンテンツ。
    大音(オオト)ミコが一番人気で、ピンクのツインテールとミニスカートがトレードマーク。
    神崎凛子。黒髪ロング。ふしぎの国のアリスのようなワンピースがトレードマーク。
    城ヶ崎愛梨。ショートカット。メガネっ子。おとなしめ。図書委員。

    以上です。
    ほかに質問などありましたら答えます。

    よろしくお願いいたします!

    #40163 返信

    ワルプルギス

    書き込み内容と小説本編の最初と最後だけ斜め読みしてきました。
    リンク先サイトのシステムはあまり理解できておりませんので、
    評価が伸びなかったというのが具体的にどういう状況を指すのは分かっておりません。
    その上で思いついた理由が3つほどありますので書き込みさせていただきます。

    1.『人間の汚い部分を書くことで、綺麗な部分を浮き彫りに』するというコンセプト自体が、一般受けはしない。言い方を変えれば、読む人を選ぶだろうと思います。
    しかし、タイトルは、そのままハーレム系ラブコメでも使えそうなキャッチーなもの。
    タイトルの付け方としてはキャッチーなのはいいことですが、内容と合っているかというと微妙では?
    さらには、あらすじ見る限りみくるが歌姫になっているのはラストだけ。となると、タイトルの意味が分かるのは最終盤っぽい。
    つまり、「タイトルに惹かれて読んではみたけど、好みじゃない内容の上にタイトル詐欺」と感じた読者がそれなりに居たんじゃないかと推測します。

    2.浮き彫りにしたい『綺麗な部分』って具体的には何なんだろう、というところ。
    心が穢れている私には、あらすじを読んでもイマイチ分かりませんでした。
    誤解込みとはいえ自分で振ったくせに、何が『もう逃がさない』なのか。
    ラストシーン読めば分かるのかなと思ってそこだけ斜め読みしてきましたが、ちゃんと昇華しようとして歩き出してる子に上から目線ですがりついただけやん、という印象。
    私同様に『綺麗な部分』を読み取れなかった読者にとっては、ただクズなだけの話です。
    ヒロインに関しては、本人は前半で退場して、後は人づての情報ばかりというのも好きになってもらえない原因でしょう。その情報もあまりいい内容ではないですし・・・。

    3.2の内容とも絡むのですが、プロットが無いこと。
    私がプロットと呼ぶのは、物語の設計図、骨格であって、あらすじや人物紹介では無いです。
    プロットの形式は様々ですが、読めばストーリーがどういう因果関係で動くのかが分かり、読者にどこで何をアピールするかが読み取れるべきです。
    上記はあくまで私の考えるプロットであり、実際に何をプロットと呼ぶかの意見は一つにはなりません。
    また、プロットを組まずとも良い作品を書ける人が居るのも確か。
    しかし、2で指摘したように自分の書きたいものを読者にアピールできていない人は、そのアピール戦略を固めるためのプロットを書くべきかと思います。

    以上、忌憚ない意見をとの事でしたので好き放題に推測・意見を述べさせていただきました。
    最初に書いたとおり、本編全部を通して読んではいないので的外れな部分も多かろうと思います。話半分に読んでおいてください。

    #40164 返信

    みりん

    >ワルプルギスさん

    コメントありがとうございます!

    1.確かに万人受けしないのは問題ですよね。
    タグに、二股、寝取られもついているし、女性受けは完全に捨てた仕様になっています。
    みくるが歌が上手いという描写は、第2話で少しだけ触れているのですが、
    確かに歌がうまいだけであって、歌姫ではないですね。
    アイドルものとかを期待した方には詐欺と思われても仕方ないかも。反省です。

    2.綺麗な部分というのは、うーん。
    「それでも好きで忘れられない」とか自己犠牲とか……その辺の人間の
    損得勘定で割り切れない感情とかでしょうか。
    でも難しいことに挑戦してるわりには、うまく書けてないのがまあ、
    なんとも情けない話です。
    優助が上から目線なのは……ちょっと駄目かなーと思ったんですけど、
    彼の性格上これ以上みくるに下手に出ることはできないかなーと思って
    こうなったんですが、最後の方、ポイント伸びなかったんで、
    やっぱり皆さんそこ気になった方多かったんでしょうか。

    3.プロットについて。
    確かに、これあらすじでしたね……。
    私のプロットって、清書してない本文と呼んでも差し支えないもので、
    自分にしか読めない暗号みたいなものでして汗
    お目汚しするのもどうかなーと思ってあらすじを載せたんですが。

    つかみ:優助の家に土岐みくるが転がりこんでくる
    状況説明:土岐みくるは中2の頃に自分をいじめていた間瀬と浮気をされ3日でフラレた元カノだった。
    成長してすっかりビッチになったみくるに触れ回されるドタバタな日々
    後戻りできない動機付け:夜中に土岐みくるにキスされる。
    葛藤:みくるが本当に自分をすきか信じられない。こんな女願い下げだ!
    試練:バイト先の先輩と付き合うことになる。
    ピンチ: どこを探してもみくるはいない。
    クライマックス:土岐みくるが見つかる
    終わり:再会を果たす

    だいたい上記のようなアバウトなプロットがあって、
    その中でまた上記のようなアバウトなプロットを書くといった構成でしょうか。
    で、書いてるうちに、ト書きと会話になったりしていくという。
    うーん。いま見直してみたら、キャラの性格が違ったり
    やっぱりとても見せられるものじゃなかったですね……汗
    すみません。

    #40165 返信

    ワルプルギス

    >綺麗な部分というのは、うーん。
    >「それでも好きで忘れられない」とか自己犠牲とか……その辺の人間の
    >損得勘定で割り切れない感情とかでしょうか。

    ここを作者であるみりんさん自身が明言できないのが一番問題なんだと思います。
    何を書きたいのかを定めきれていないから、読者にも上手くアピールできない。
    次作を書かれる時は、まずそこを具体化してから、プロットを組んでいくといいと思います。

    プロットも、初期段階としては書かれたものでいいと思いますよ。
    あらすじで書かれるより、何を書きたいのかが捉えやすいので。
    それぞれのシーンの狙いなどを書きいれてもう少し具体化したところで、
    自分の書きたい物が読者にちゃんと伝わるかという視点で見直すと良いでしょう。
    キャラの性格なんかも、その際に「この性格だとここで反感買いそうだから微調整しよう」とかいじればよいわけで。

    もう1点追加で。
    プロットも見せていただいてはっきりしたんですが、主人公が苦労せずに問題解決してる様に見えるのも、エンタメとしては微妙ですね。
    まあ、みくる探しでちょっとは苦労しているわけですが、最終的には偶然頼りですし。
    もっと主人公が主体的に動いたおかげで問題解決、という方向性にしたほうが盛り上がるかと思います。

    #40166 返信

    みりん

    >ワルプルギスさん

    コメントありがとうございます!

    確かにテーマや描きたいものがふわっとしてますね。
    最初はもっとふわっとしてて、ロックバンドの『クリープハイプ』みたいな
    作品を描きたいってところからスタートしていて。
    もっと具体的に描きたいものを決めて書いた方がよかったですね。

    まあ、プロット見て、実際の作品が何字くらいになるか予想できるスキルも
    まだまだなんで、狙った通りの作品が書けるかなーと不安にはなりますが。

    そもそも、場面ごとの狙いまで考えて書いたことなかったです。
    頭こんがらがりそうだけど挑戦してみたいです。

    あーそういえば、これ書きながら、どうやったら盛り上がるんだろうって
    すごいうだうだ考えてました。
    プロットの段階で考えることなんですね。そりゃそうか。

    主人公がみくるを偶然見つけるエンドに関して、確かに評判悪かったです。
    エピソードも入れてるし半年必死に探してるのに、打ち切りかと思ったと言われました。
    この話の問題は、主人公のトラウマのせいで素直になれないことなので、
    そのことでずっと葛藤させるようにしてたんですけど、それが解決してハッピーエンド
    と思ってたら、読者の方は、メインヒロインとの気持ちのぶつかり合い的なものも
    期待してくれていたようで……驚きました。
    主人公の気持ちが離れてるから、みくるも姿を消すけど、主人公が気持ちを自覚したら、
    みくるが姿を現す理由はなんでもいいのかなーと思ってたんですが……。

    ワルプルギスさんのように、みくるがいなくなったことを問題と捉える方もいらっしゃるし、
    主人公とみくるのすれ違いを問題と捉える方もいらっしゃって、その辺が自分の中で
    見えてなかったし、どう処理していいか難しいです。

    次書くときは、大プロットを見るだけで、ちゃんと面白い綺麗なプロットが
    書けるようになりたいです。それを目標にがんばります。

    #40195 返信

    朝樹

     はじめまして。朝樹と申します。
     完成した作品の評価ということで、普通に読了してしまったので、読み逃げもどうかと思うので拙いながらもこちらに感想失礼させていただきます。
     ただ、もうほとんど悩みは解消されているのかもしれません。蛇足になってしまうかもしれませんが、みくるを好きになった読者からの感想ということでどうかひとつ(汗)

     一番気になるラストなんですが、ここはワルプルギスさんが仰っていることとほとんど同意見です。
     ヒロインについてが人づての情報だけで、主人公が特にこれといった苦労もせず再会してしまうのがやっぱりモヤモヤ……。
     というか私が気になったのは、みくるを大事に思う人物が多すぎるなあと。オーナー、店長、間瀬、池野と、みんな良識的な範囲でみくるのことを心配していました。
     特に間瀬くん、自分とDV親父を重ねられていたことに気づくとか、めっちゃいい奴やん……。これだけみくるを心配してくれる人がいるなら、失礼ながら主人公いらないんじゃね? と思ってしまいました。
     初めは容姿で気に入っただけにしろ、みくるの家庭事情を知ってて、みくるがぶっ壊れてることも知ってるのに、純粋にどうにかしてあげたいって心配する人はそうそういないんじゃないのかな……そうでもないのかな……。普通、面倒くさいって思うんじゃないのかなあ。あそこまで壊れてると。特に間瀬くんのような人なら、家庭、仕事と守るべきものがたくさん積み上げられているはずなので、あんなに純粋にみくるの心配してるのがちょっと違和感でした。あんたそんな余裕あるんかいなと。

     主人公が佐原をぶん殴るシーンはよかったですね。主人公がヒロインに惹かれていく(?)物語としては、それより前の間瀬や池野から情報収集しているところよりも、このシーンが一番重要なんじゃないかと思いました。
     みくるは間瀬とDV親父を重ねていて、主人公を殴られる母親と重ねていたんですね……なんかみくるちゃんかわいそうすぎませんか(;△;)でもそれが敵だったはずの間瀬の口から語られるのがなあ……主人公がみくるちゃんとしっかり向き合ってる状態でそれを知りたかった……。

     みくるについてですが、相当にいい子だと思いましたよ。たしかに問題となってるビッチなところはあるけど、あれだけの家庭事情を聞かされて、むしろ早く救ってあげてくれー主人公ぉーと思いました。『BTOOOM!』のヒロインを見てるときに近い感覚だったかな。『BTOOOM!』の主人公は命を懸けてヒロインを窮地から救ったりしているので、参考になるかはわからないですが……。
     前半でも夜うなされていたり、ストーカー男のところで「この子はこの子の考えでちゃんと動いてるんだな」ってことが伝わってきたので、むしろキャラクターの出来としては行動が一貫しててよかったのでは。表では天真爛漫で、主人公と一緒にフィギュア眺めてるところとか「おまえら気が合うじゃないかw」と微笑ましかったですw
     最後みくるに同性の友達ができるというのも、主人公の力でそういうふうにしてあげられればな……。みくるが自分の力で全部消化しちゃってるんですよね。やっぱり主人公いらない感がどうしても……。

     早希さんがなんだかな……みくるの引き立て役というか、「オタ男にとって嫌われる女子ってこういう行動取るよね」というテンプレを貼り付けられたかのように感じました。早希さんが嫌いになるというより、「作者さんは早希さんにいったいなんの恨みがあるんだ……?」と思ってしまいました。最後に印象良くなるところはあるんですが、付き合ってるときの様子がわざとヘイト溜めようとしてる感じがして。オタグッズ全部捨てられるとか、私が主人公なら正気でいられる自信がないですし。
     オーナーが思惑を明かすところも、ちょっと唐突でついていけなかったです。女たらしでダメな大人、と見せかけてのいい人だったので、事前にもう少しいい人オーラを滲ませてほしかった……。

     みくるの母親とのやり取りだったり、設定としては結構重いものを取り扱っているのに、文章が一貫してライトな雰囲気だったのも気になりました。地の文に「!」「?」が多いせいか、どこかギャグ調だったので、設定というか後半のストーリーに合っていないと思いました。
     あとここは個人的になんですが、みくるがキャバクラの客を根こそぎ持っていくっていうのが現実味がないように感じました。同性に嫌われる理由説明としては、いいんですけど、容姿だけで客全部持っていけるほど甘い場所ちゃうんやないかな……。
     私もキャバクラ行ったことないので想像だけですが、敬語も使えないアホの子のみくるがそんな人気でやっていけるような場所なんだろうか……。それこそ安っぽい居酒屋とかガールズバーとかのほうが上手くモテるのでは、と思いました。

     「女性受けは完全に捨てた仕様」と仰っておられますが、逆で男性ウケを捨ててると思いますよ。女性のほうが二股とかビッチとか普通に読んでるんじゃないのかな。年齢少し上めの女性向けだと、むしろそういう話だらけなのでは?
     ピッチ属性は男性受けのほうが悪い気がします。あと御作は主人公がかっこいいとかではないので、完全に女性向けだと思ったんですが……(;´∀`)

     あと、すいません、長編の間に同じお名前を見かけたので、読ませていただきました。こちらも読み逃げするのは申し訳ないので、ちょこっと書かせていただきます。
     主人公のナナちゃんがとにかくかわいかったですね。けどナナちゃんが神崎くんを理解してあげよう! って一生懸命な分、終始ブレない神崎くんの印象が悪かったです。
     個人的にはレイカとその彼氏のやり取りも、なんかいいなあ。尻に敷かれてるだけかと思ってたので、いい付き合い方してるなと思いました。出てくる女の子みんなかわいかったですね。こっちは登場人物みんなずいぶん楽しそうな話でしたね(笑)

     今さらこんな平凡な感想ですみません。というか質問への回答じゃなくて本当にただの感想ですみません……。
     何かしらお力になれれば幸いです。それでは、執筆お疲れさまでした。

    #40203 返信

    みりん

    朝樹さん

    コメントありがとうございます!!
    お返事が遅くなり申し訳ありません。
    まさかコメントが来てると思ってなくて確認が遅れました。
    しかも、長編の間に投稿してたダサ眼鏡の方も読んでいただけたとか!
    ありがとうございます!
    めっちゃ嬉しいです!!!

    ですが、肝心のストーリーはモヤモヤさせてしまったようで申し訳ありません。
    最後、やっぱりダメみたいですね。
    完結してから、どんどんブクマ剥がれてポイントが減ってしまったので、
    失敗したんだなーと再確認しました。
    もっと手がかりを一つずつ掴んでたどり着くような展開にした方が
    よかったですかね。
    というか、見つかってすぐに終わらせてしまったのが良くなかったんだろうなと
    思いました。難しいですー。

    間瀬に好意的な意見を聞けてよかったです。
    彼の人気は本当になかったので(笑)
    間瀬は、みくるに振られてどん底なのを癒すため、手近な女に甘えちゃって
    できちゃって結婚までしてしまったのに、まだみくるに未練たらたらの
    可哀想でどうしようもないやつ、という設定です。
    むろん、彼はみくるを心配してる場合じゃありません。
    ざまあになるかなーと思ってこんな感じにしてみました。

    みくるを気に入っていただけたようでありがとうございます!
    みくるは孤独の闇の中にいるけど、明るさを失わない強いところが
    一番の魅力だと思って描いたんですけど、ちょっと強すぎましたかね。
    ヒロインとしては。
    主人公は、何もしなくても、その存在そのものがみくるの救いになってる
    んですけど、主人公はそれわかってないので、それが
    書ききれなかったのかなーと今となっては思います。
    『BTOOOM!』は知りませんでした。アニメもあるんですね! 面白そう。
    漫画かアニメかどっちかチェックしたいです。

    早希さんに関しては……リアルにありがちじゃないかなーと思って。
    全部捨てちゃうってところはまあ過激ですけど、箱入り純粋培養の処女
    なので、免疫というか、ヤキモチ耐性がなかったのです。
    結局、早希さんは早希さんなりに本気で主人公が好きなんですけど、
    恋に恋するというか、夢見がちなところがあって、男の事情わからない
    というか……わりと模範解答みたいな人生送ってきてるんで、
    人の痛みがあまりわからない子、という設定です。

    オーナーに関しては、女にだらしないけど、商才はあって金持ちで、
    イケメンで人望もわりとある感じの大人にしたかったんですけど……。
    ちょっと、ギャグのつもりでオーナー悪く描きすぎましたね。
    まあでも実際、女を雑に扱う人でも仲間には人望ある人なんていっぱいいる
    気がしてたんですけど……そうでもないのかなあ。
    主人公があまり尊敬してなかったのがやっぱり敗因ですかね。

    設定が重いのに、文体がライトなのは……orz
    筆力不足ですね。精進します!

    みくるがキャバクラの客を根こそぎ持ってくってところは、ほぼギャグくらいの
    つもりで描いたので……それくらいみくるが美人って表現したかった……
    んですけど、リアリティなかったですね。反省。
    私もキャバクラ行ったことないので、ちょっと設定が甘かったですね。

    女性向けと言われて、びっくりしました!
    一部のニッチな性癖を持った男性をターゲットにしてました(笑)
    青年誌のノリで書けないかなーと思ってたんですが。
    感想も、男性の方が多かったと思ってたんですけど、本当のところはよく
    わかりません。
    主人公がカッコ悪いのも、男性に共感してもらいやすい感じを狙っての設定です。
    フツメンのヲタで口が悪い男を女性が気に入ってくれるとは想定してなかったので、
    女性向けとは意外でした!
    みくるも、女性受け良い方とは思えないのですが……。
    早希さんのことも少し恋愛として好きになってる主人公の二股具合も、
    女性には毛嫌いされるんじゃないかなーと思ってたんですけど……。
    と言ってる自分は女なんで説得力ないですが。
    私の中の女性像ってわりとキラキラしてるのかもしれませんね。
    それこそ、ダサ眼鏡のナナみたいな子が標準だと思ってる節があります。

    ナナを書いた後に、どんな女の子を書いてもナナと書き分けられる自信が
    なかったので、全然性格の違う性別も違う子を主人公にしたかったのもあり、
    優助がうまれました。
    神崎くんは、少女漫画のヒーローみたいな、ちょっと女性に都合良い感じに
    書いてるので、そこが無機質で人間らしくない感じになってしまったかも
    しれませんね。
    レイカとその彼氏は私も気に入っていて、2人を主人公にして1本書くか?
    と構想したこともあります。
    まあ、性格悪めロリ女子と変態ロリコン野郎の恋愛にどうしてもなってしまいそうで
    書ききれる自信がなくオクラ入りしています(笑)

    いろいろとご意見をいただけてよかったです。
    とても勉強になりました。
    ありがとうございました!!!

7件の投稿を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)
返信先: 他サイトにて投稿、完結した作品の評価をお願いします。
あなたの情報:




11 − 8 =

スポンサーリンク