ラノベで女体化(TS)はウケない?/新人賞下読みが回答

2015/04/14(Tue) 08:19:00の質問

ヒースと言います。質問させていただきます。
私はいわゆる「女体化・男体化」(性転換物)といったジャンルが好きで新人賞にだそうかなと思っています。
しかしラノベでそのジャンルの作品はみたことがありません(漫画でもなかなか見かけませんが)。
ラノベで「女体化・男体化」ってどうなのでしょうか?

●下読みジジさんの回答

女体化については、応募作では見かけないこともないジャンルですが、少なくとも私はまだ良作に出逢った経験がありません。

これは女体化と男体化はまだまだ文化として成熟しておらず、お手本になる作品が少ないということが原因かもしれません。
ラノベは特に応募者の年代も若いですので、このお手本がない状況だと手を出しにくい・いいネタを思いつく取っかかりが得られないということに繋がるのかも……などと思います。

男の娘は一定の地位を得ていますので(うまくキャラとして仕立てられているかはともかく)、開拓の余地はあるジャンルかと思います。ただし男女問わず、意外なほど多くの層が同性愛やトランスジェンダーを想像させるネタを受け付けない現実は意識しておくべきです。

とにもかくにも、物語を構成する一要素としてどのように見せるのか? ここが重要になるものと考えます。

女体化ラノベは『俺、ツインテールになります。(ガガガ文庫)』 (2012/6/19刊行)が代表格ですが、受賞作なら雪川轍氏の『クロスワールド・スクランブル (GA文庫)』 (2014/9/11刊行)が存在します。

未読でしたらぜひご一読ください。

コメント募集!

あなたは『ラノベで女体化(TS)はウケない?』という質問について、どう思いますか? コメントをいただけるとありがたいです!(研究に参加ください)

コメント

  1. アバター うっぴー より:

    私もラノベで女体化、男性化といういわゆるトランスセクシャル物は読んだことないです。
    男の娘は、『バカとテストと召喚獣』(2007年1月29日刊行)の秀吉が人気を博したことによって、ラノベでは一般化しましたが、男が美少女になるといったシチュエーションは、意外と見かけないです。
    漫画では『ぼくは麻理のなか』( 2012年12月7日刊行)という名作がありますので、これが参考になると思います。ゲーム廃人オタの魂がリア充美少女の中に入って元に戻らなくなるという話です。

  2. アバター 匿名 より:

    開拓と言うよりは設定が思いつかないよね、女体化以外はどうもズボラになりそうで…
    女体化するだけだったら売れないしね、だったら別方面でやった方がいいっていうか?
    私はラノベ作家の気持ちなんてわからないんだけどね、やってないし

  3. アバター 匿名 より:

    女体化というか、男女入れ替わり系なら『先輩とぼく』(電撃文庫/沖田雅)とかもありますし、そっち系から開拓していくのもありなんですかね?

  4. アバター 米中日 より:

    一応「クロノ・セクス・コンプレックス」と言う作品もTSを扱う……らしい。
    男性向けのTS物はどうしてもエロ方面に偏りやすい様で……
    少女漫画では「彼女になる日」や「あめのちはれ」など。
    特に「あめのちはれ」では、男の時は厳しくておっかないとしか思えなかった寮長が、女として接して見ると優しさや悩みを持った等身大の人間だと分かったり、男の頃分からなかった女性の化粧や衣装などに対する真剣さなど、「男と女である時見えるものの違い」を掘り下げてるので、興味がある方にはお勧めします。