物語の構成を学ぶための方法とは?/新人賞下読みが回答

2015/04/16(木曜日) 12:26:17の質問

まひるです。いつもありがとうございます。
構成、設定、プロットについて質問です。

1、新人賞応募作の構成を勉強するためには、プロ作品より受賞作のほうがよいですか?
続巻ありの作品は、あまり研究に向かないのでしょうか。

2、400字詰め原稿用紙100枚の仕事で、設定3日、プロット20日、とのことでしたが、ここで言われているプロットとは、原稿用紙何枚くらいの分量ですか?

細くてすみません。あまりに遅筆なので、一度プロットを限りなく完璧に仕上げて書いてみたいと思っています。

先日、ジジ様が書かれていた、主人公とヒロインを別ベクトルで右往左往させて、それを伏線にして最終的にカチッと嵌らせる(微意訳?)方法。
これだけでゾクッとするほど面白かったです。

このような効果的な方法(これも構成になるのでしょうか?)は、メモなどして蓄積させていってますか?
それとも、経験量から体に染み付いている感じですか?

●下読みジジさんの回答

1、構新人賞応募作の構成を勉強するためには、プロ作品より受賞作のほうがよいですか?
続巻ありの作品は、あまり研究に向かないのでしょうか。

受賞作をおすすめしているのは、「受賞作が基本的に1冊で完結している作品」だからです。複数巻の出版が前提となっている、ようは「続きもの」だと1巻を読んでも「応募作という1冊完結作を書くための資料」にできないからです。

ですので、既存作でも1冊完結しているものは申し分ない資料となります。

 2、400字詰め原稿用紙100枚の仕事で、設定3日、プロット20日、とのことでしたが、ここで言われているプロットとは、原稿用紙何枚くらいの分量ですか?

物語の長さによりますね。
6000字以内のショートストーリーなら、詰め込める事件は基本的にひとつですし、キャラ同士の深い関係性を描く文量もありませんので10行もあれば事足りますし、10万字程度の長編だと、普通の応募作同様800字ほどでまとめます。

ただ、最初から完璧に仕上げるより、順を追ったほうがよいかとは思います。
ちょうど他の方へのレスで書いたものがありますので、転載します。

まずは作品の「売り」になる【ネタ設定/キャラの関係性(恋愛等)/ストーリー(ものすごいどんでん返しが連続する謎解きドラマ 等】を決めてください。
そしてその「売り」のみを、ストーリー展開の順を追って、起から結まで書き連ねてみてください。それがいわゆる「作品の軸」になります。

一気に作ろうと自分を追い込むとプロットは長くなり、とりとめなくなってしまいがちです。ですので軸(骨)を作り、それがいい骨だとなってから肉をつけ、皮を貼って完成――というプロセスを踏むようにするのがよいかと思います。

このような効果的な方法(これも構成になるのでしょうか?)は、メモなどして蓄積させていってますか?
それとも、経験量から体に染み付いている感じですか?

基本的に経験則です。
目から血が出る勢いでネタを絞り出しているうち、自然といいネタ(微量)もどうしようもないネタ(大量)も思いつくようになります……。
あとはなるべく、思いついたネタは人に話してみるのがよいですね。人の食いつき具合を確かめることで、独り思い悩むより高い効果が得られます。

コメント募集!

あなたは『物語の構成を学ぶための方法とは? 』という質問について、どう思いますか? コメントをいただけるとありがたいです!(研究に参加ください)

コメント

  1. うっぴー より:

    物語の構成を学ぶためには、ヒット作をプロットの段階にまで分解して、どのようなプロットを元に構成されているのか調べるのが良いです。
    新人賞を受賞した作品の第一巻は、続刊が出ていても基本的に一話完結しているので、参考になります。

  2. うっぴー より:

     元スレでサイラスが非常に良いコメントを残してくださっていたので、転載します。

    > 1、構成を勉強するためには、プロ作品より受賞作のほうがよいですか?
    > 続巻ありの作品は、あまり研究に向かないのでしょうか。

     向かないというよりは、真似しないほうがいいという意味になるのかと思います。
     私の失敗談を交えて話しますと、まず、ネタを詰め込みすぎて、作品があやふやになってしまいます。
     続巻ありきだと、単純に文字数が増える為、表現したことが増えるます。これは、書き手にとっては、魅力的な反面、テーマや売りが散漫になる。長期的な整合性を保つことが難しくなる等のデメリットがあります。

     枚数や質を保ちつつ、締め切りまでに作品を完成させるというのは、経験があまりないアマチュアには、厳しいようにも感じます。
     私も、これに足を取られ、何回も企画投稿を締め切りまでに完了できなかったことがあります。

     また、続巻があるという感覚に慣れてしまうと、作品が打ち切りになった際、伏線回収に失敗し、作品をキレイに終わらせなくなる危険性が高い作品しか作れなくなります。

     これは、読者から見ると、かなり悲惨です。だって、プロと呼ばれている集団が作ったものが、まともな作品を終わらせられないって、かなり後味悪いですよ。この人、誰?あれ、決着は?と。
     そんな悪評が立ちかねない作品、誰が引き受けるの?よほど、惚れこまないと無理ですし、会社としても、売れ行きが100%保証できない限り、会社を潰す真似はしません。

     以上のことから、構成は、ちゃんと一巻で完結できるような作り方を覚えたほうが、読む側としても、作る側としても、楽な気がします。

  3. より:

     物語の構成を学ぶ方法として、数々の小説教則本を書かれ、評論、ストーリーライター教育、そして漫画原作者として活躍されている、大塚英志氏が勧めていたのは、既存の物語を箱書きにする、というトレーニングです。

     物語をシーンごとに分解し、場所、時間、登場人物、出来事、伏線等読者に伝える主要な情報を箇条書きにして書き出し、それを並べてみるのです。

     いくつかヒット作を箱書きにしてみたことがあるのですが、上手な小説には無駄なシーンがなく、細かく読み進めているのではわからない物語の大きな流れがつかめます。
    ちなみにこれをやるときには、アウトラインプロセッサという見出しをつけて文章を管理できるエディタがあるととても便利ですよ。

     プロットを細かく書きたい時には、あらすじではなく箱書きの段階まで書いてみるといいです。
     箱書きがしっかり書ければ必ず小説は書けます。