日本語の作文技術/レビュー

[ 著者名 ] 本多勝一
[ 出版社 ] 朝日文庫
[ 発売日 ]1982/1/14

やまさんの書評

みなさん、恐らく多くの方は、我流で文章を書いているものと思います。私自身もそうでした。
本書でも指摘されている通り、日本の教育では作文技術の教育というものは、実際のところ教育現場では行われていません。
ただ、採点が付くだけです。

どうすれば読みやすい文章になるか。どのような文字を選べばよいか。句読点はどう打つのか。
本書では、著者が経験して学んだそれらの作文技術を詳細に解説しております。
本書を読めば、地に足がついた文章の書き方を学ぶことができるでしょう。

文章のマナーなら知っているよ――そういう方も、どうか一度読んでみて下さい。
明文化された技術の開示というものは、想像以上に自分の技術を高めてくれます。

文庫本でお値段も手軽ですし、手元に置いておいて損のない一冊です。

この本の欠点、残念なところはどこですか?

本書で語られているのは、あくまでも作文技術です。
小説などで用いられる技巧などについては、ほとんど語られていません。
そういう意味では、作家志望向けではないでしょう。

あと、これを読んだ方の技術は目に見えて上がるでしょうから……。
一定のレベルを確実にクリアしたライバルが増えることが欠点でしょうかね。

『日本語の作文技術 (朝日文庫)』のご注文はコチラから >>>

創作ハウツー本の書評