コミカルな作品を書くための重要ポイントとは?/新人賞下読みが回答

2015/07/05(日曜日) 10:44:41の質問

どうも、サイラスです。僕は、ラノベは、「シリアス」と「コミカル」の二つに大別されると考えています。
その中で、シリアスものが好きなのですが、書くと、うまく話が繋がらない、自分の汚い感覚や感情が出てきてしまい筆が止まることがあります。

実際に、小説投稿企画でも、シリアスものの完成度は低くく、この前のシェアワールド企画でも、シリアスに書いた作品で、なんでこんなキャラの動きや言動になったのと!?と困惑してしまったのをよく覚えています。
そこで、質問なのですが、

1,シリアスな作品を書く上で難しいこととその対処法
2,逆に、コミカルな作品を書く上で難しいこととその対処法
3,シリアス、コミカル、作品としてのメリット、デメリット
4,シリアスとコミカル、書くとどっちが難易度が高い

以上の点について教えていただけないでしょうか?

●下読みジジさんの回答

私は基本的に創作ではなく制作側の人間なので、ここまで小説媒体に特化したご質問へうまくお返事できるかわかりませんが……。

 1,シリアスな作品を書く上で難しいこととその対処法

勢いやノリという、読者にある意味で失敗しても見逃してもらえる技法が使えないだけに、「かっこよさ(ないし、その他の作者が押し出したい雰囲気)」を出すのが難しいですね。
書く側からしても便利な勢いやノリに助けてもらえないわけですので、純粋な地力勝負になる面があります。

 2,逆に、コミカルな作品を書く上で難しいこととその対処法

セリフの完成度やキャラ設定などを「今このとき」に適合させられていないと読んでもらえないことでしょうね。
最低限、セリフまわりとそのかけあいに関しては流行を意識するべきです。

 3,シリアス、コミカル、作品としてのメリット、デメリット

これはどのようにお返事すればよいのかわかりませんが、シリアスは物語を読ませることができますが、描写されない行間を想像させるのは難しいですね。逆にコメディはキャラを魅せられますが、設定や状況を説明すると雰囲気を壊してしまう危険性があります。

 4,シリアスとコミカル、書くとどっちが難易度が高い

正直向き不向きの問題かと思います。
ただ、応募者の方は多くの場合、シリアスとコメディが中途半端に入り交じってしまいがちですので、すべてを書ききろうという欲を捨てることが重要かと思います。

コメント募集!

あなたは『コミカルな作品を書くための重要ポイントとは?』という質問について、どう思いますか? コメントをいただけるとありがたいです!(研究に参加ください)