書籍化=プロ化ではなくなった!?/新人賞下読みが回答

2015/07/07(火曜日) 23:09:45の質問

お疲れ様です。T.Kです。
世間話感覚でお答え頂いて結構なのですが、

電撃なども導入したようにWEB投稿による新人賞も増えてきました。
それでも下読みさんの手元には印刷されたものが送られてくると思うのですが、タブレットで(要は電子媒体のまま)来たりする現場ってないのでしょうか。

あるいはそうしてほしいという声がある、ジジさん自身そうなってもいいと思う、などありますでしょうか。

つまり下読みの形式にも時代と共に進んできた、というような話はありますかね。

昔はこんな風に不便だったけど今はこうなった、というような話があれば聞かせて頂ければと思います。

●下読みジジさんの回答

ウェブサイトへの投稿作はウェブでそのまま読みます。
ですので、普通に主要な投稿サイトのアカウントを私も持っています。

 昔はこんな風に不便だったけど今はこうなった、というような話があれば聞かせて頂ければと思います。

形式に関して特に思うところはないのですが、スマホ小説はスマホでの閲覧に最適化しているので、大量にページをめくらなければならないのが辛いところですね(あくまでもめくる作業が、ということですが)。

ただ、投稿のハードルが下がり、デビューの間口が広がるのはよいことではあります。
……よいことです。と言いきれないのは、

多くのウェブ投稿サイトが作家ではなく、あくまでも売れそうな作品を見つける場になってしまっているからです。

つまり、書籍化=プロ化ではないということですね。

このあたりは公共の場で語るべきことでもないかと思いますのでやめておきますが、現在猛烈な速度で台頭してきた「ウェブ投稿」というものはなかなか難しいものであると思っています。

コメント募集!

あなたは『書籍化=プロ化ではなくなった!?』という状況について、どう考えますか? コメントをいただけるとありがたいです!(研究に参加ください)

コメント

  1. サイラス より:

     これを読むと、昔、意見を述べた電子書籍について思い出す。サイラスです。

     参入や連載の難易度や敷居が落ちた反面、競争倍率や問われることが多くなった。そんな感じがします。

     ネット投稿なら、従来の新人賞よりも、手間や締め切りが緩く、しかも、なろう系統のサイトなら、作者が書けなくなるならない限り、いつまでもできるというメリットもあります。なら、自分も……となりやすいでしょう。

     ただ、これで食っていけると言われたら、また別問題。敷居や難易度が下がったということは、参入するライバルが多くなり、しかも、文章を見やすくする、効果的に魅せる、編集や校正の作業も、自分でやらないといけない。他の人にやってもらおうと思えば、コミニケーションやマネージング、さらに折り合いや落としどころをつける我慢もいる。しかも、サイトの性質、ネタの鮮度は落ちる。お金は入らない。

     そう考えると、プロというのが、スタートラインが分かりづらいという感じがします。

  2. うっぴー より:

    小説投稿サイトのランキング上位作品を書籍化する出版社の中には、「もう一度、本を出したかったら、もう一度、ランキングで上位を取って」と言うところがあるそうです。
    本が売れないので返本のリスクを回避するため、人気という売れる裏付けが欲しいのです。
    このことからえ言えるのは、プロ作家という地位の消失ですね。
    この人の書いた作品だから売れるだろう。ではなく、実際に人気があるコンテンツだから、売れるだろう。に変わったのです。

    このような状況は、編集者の作品を見る目を低下させ、出版社を単なる書籍化の請負業者にしてしまいます。

    電子書籍が一般化したら、出版社に印税を中抜きされるだけ損なので、小説投稿サイトのランキング上位を取った実績を武器に、出版社を通さずに自分でKindleで売る、という作家も増えていくだろうなぁと思います。