「ああ、そうだよね」を女性同士で共有できる物語がヒットする/新人賞下読みが回答

ゆみみんさんの質問2015/01/25
「自分の書きたい物に合わせて想定読者を絞る」の回答、ありがとうございます。
レスの中でも女性向け視点がマイナスに働くことを述べられてましたが、ジジさまの女性向けに関する見解、良ければお聞きしたいのですが、よろしいですか?

●下読みジジさんの回答

今回のスレでは「共感」について述べさせていただく機会が多いのですが、女性向けのコンテンツを作成する場合、この「共感」をふたつの観点から意識しなければならないと考えています。

ひとつめは、主人公への共感。これはそのままの意味ですね。

そしてふたつめが、読者同士の共感。他の方へのレスで例に出しましたが、恋愛ものであれば「恋愛は難しい」などといった、多くの読者がなんとなしに「ああ、そうだよね」と思ってもらえる要素を入れること。そしてその「そうだよね」を読者同士が共有できるようなコンテンツづくりをすること。

実にこのふたつめが重要で、ファン同士が交流しやすい物語づくり(キャラやストーリーに、好まれやすい傾向を作ることなども入りますね)ができると、自然に作品自体が盛り上がります。

言い換えれば、女子/女性の共感というストライクゾーンは、縦(好み)が狭い代わりに横(のつながり)に広い傾向がある感じですね。

ただ、この共感というものは、男子や男性にはうざったくて気持ちの悪いベタベタ感を与えてしまいます。
これは女子に比べて男子はいろいろな意味で即物的ですし、明確な結果を求める傾向のある生き物だからです。
ですので、男子狙いなら女子のことは考えないのが無難です。というのが私の意見になります。