キャラが死んで物語がおもしろくなるなら殺すべき/新人賞下読みが回答

来栖らいかさんの質問2016/06/05

こんにちは、初めまして。来栖らいかと申します。

女子大生の娘と高校生の息子のいるいい歳をした主婦ですが、ライトもベルから一般文芸、ゲームなど幅広い話題で子供達と一緒に楽しく盛り上がりながら創作を楽しんでいます。新人賞では1次審査通過が3度あります。

自己紹介はほどほどに、本題です。

私の小説では大抵、一人は主要キャラが死にます。もちろん意味があって死んでもらっているわけですが、子供達やその友人に読んでもらうと「殺さないで欲しい」と言われます。曰く「ライトノベルではモブがいくら死んでも設定と名前があるキャラが死ぬことはない」そうです。
私もライトノベルは読む方ですが、確かに「死ネタ」は少ない気もしますし、投稿サイトでも「死ネタ」を避けるためタグは必ず付けるように言われます。

そこで質問なのですが、最近のライトノベルレーベルに投稿を考える場合、ミステリでも主要キャラの死は避けるべきでしょうか?

深夜アニメなどを観ていると、結構主要キャラが死んでるのに矛盾している気がします……。何かルールのようなものがあるのでしたら、教えていただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

●下読みジジさんの回答

そこで質問なのですが、最近のライトノベルレーベルに投稿を考える場合、ミステリでも主要キャラの死は避けるべきでしょうか?

必要性に応じて死んでもらってください。

応募作は1作完結です。次巻のことを考えて伏線を残してはいけないのが基本ルールですが、逆に次巻のことを考えてなにかしらの調整をする必要もないわけです。

さらに言えば、賞で見られるものは「応募作のおもしろさ」です。

誰かを殺しておもしろくなるなら、どんな死に様でも晒してもらうのが正義であり、正解です。

それでも迷ったときはこう考えていただければ。
「主人公さえ生き残っていれば、後はどうにでもなる」

そして1作完結の応募作においては
「物語の最後であれば、主人公すら死んでも問題なし」
です。

つまりは死のルールなどありませんので、物語優先でお考えいただければ。ということになります。