物語に不必要な情報はカットするのが正解/新人賞下読みが回答

あまくささんの質問 2016/06/10

キャラクターの食事・睡眠のリアリティについてです。
これはもっと露骨に言えば、「この人(作中人物)、トイレに行かなくて大丈夫なのかな?」という疑問です。

私自身の感覚について言いますと、読者としてはそういうことを気にしたことはほとんどありません。しかし、自作を書いているときには気になることがあります。

キャラにあれこれカッコイイ行動をとらせながら、「このパート、だいぶ時間が経過しているけど、こんなことをしてる最中に、トイレに行きたくなったらどうなるんだろう?」などと、つい思ってしまうんですね。

結局、読者としての自分があまり気にならないのだから、たぶん大丈夫だろうと考えてスルーしています。いちいち「●●は、次の行動にうつるまえにトイレをすませておくことにした」なんて書いていたら興ざめでもありますし。

ただ、何となく気持ちがわるくて、作中に明記はしないものの食事や睡眠をとる時間を一応考慮してキャラに行動させたりすることがあります。
これは、不要な配慮なのでしょうか?

●下読みジジさんの回答

個人的には、あえて言及する必要がないのであればなくともよいかとは思います。
読者の意識が向かない方向の事情や都合はカットして、その分必要な情報を増やすことのほうが重要です。