小説執筆時の恥ずかしさ克服法は?「他人に晒す」

ドラコンさんの質問 2017/06/06

こんにちは、ドラコンです。ジジさんにお伺いすべきことではないかもしれませんし、お伺いすること自体もかなり迷ったのですが、お伺いします。

小説執筆時や、プロット作成時(特にパソコンに打ち込んで「きちんとした文書」にする際)、自分で書いた小説を読み返す時に、どうしても【録音した自分の声を聞くような恥ずかしさ】を感じてしまいます。

そのため、キーボードを打つ手が止まってしまい、書くことができません。克服法があればご教示いただけないでしょうか。

頭の中で考えたり、手書きの走り書きメモ程度だったりなら、そんなことはないのですが……。

●下読みジジさんの回答

「他人に晒す」機会を得ることで気恥ずかしさは自然と消えます。

私の例で言えば、初めて自分の文章を編集さんに提出したとき、どうにもならないくらい不安ではずかしかったものですが、「大丈夫、読める!」ということで提出を重ねていくことで自然と大丈夫になりました。

ですので、書きかけでも冒頭部だけでもかまいませんので、他の人に見てもらうことで肚は据わるのかな、と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました