小説家に最も必要なのは集中力!スマホやPCの通知を切る重要さ

この記事は約2分で読めます。

小説家にとって才能の次に必要なものは集中力!スマホやパソコンの通知を切る重要さ
スポンサーリンク

いかに集中できる環境を作るかが小説の質に重大な影響を与える!

村上春樹は、小説家にとって才能の次に必要なのは集中力と持続力(小説を集中して毎日3,4時間続けて書く力)だと言っています。

彼は、自分は才能にめぐまれていないので、小説を集中して毎日3,4時間続けて書く力を維持するために毎日10キロ近くマラソンしていると言っています。
(村上春樹によると、集中力を維持するためには健康な肉体と体力が必要。運動した直後は、集中力が高まるという研究もある)

つまり、いかに集中できるかが小説の質に重大な影響を与えるのです。
集中状態を作って維持するためには、環境づくりが何もよりも重要です。

ファミレスで小説を書いている作家さんが多い3つの理由。才能の次に重要なのは集中力と持続力

こちらの記事のように、ファミレスで小説を書いている作家さんが多いのも、集中力を高めるためです。

執筆中はスマホやPCの通知をオフにするのが重要

一番良いのは、執筆中はPCやスマホの通知機能をオフにしてしまうことです。

ロンドン大学の研究によると、PCやスマホを使ったマルチタスクを行うと、マリファナを吸った以上にIQが低下し、8歳児レベルにまで落ち込むそうです。
マルチタスクというのは、小説を書きながら、友達からのLINEに返信して、TwitterやInstagramの「いいね!」に一喜一憂するようなことです。

驚き

こんなことをすると、集中状態が一気に解かれるだけでなく、IQが低下して、仕事のクオリティや作業効率が下がることが証明されています。

通知機能というのは便利ですが、小説の質を下げる悪魔のささやきでもあるのです。
執筆中は、なるべくスマホやPCの通知機能をオフにしておくことをオススメします!

タイトルとURLをコピーしました