小説の書き方【SAVE THE CATの法則】物語の最初の方で主人公は弱い者を助ける!

この記事は約2分で読めます。

物語の最初の方で主人公は弱い者を助ける!主人公を好きになってもらえます

"物語創作メソッドの権威"「SAVE THE CATの法則」

スポンサーリンク

“物語創作メソッドの権威”「SAVE THE CATの法則」

法則の名前の由来は「物語の最初の方で、主人公は猫を助けろ!」というものです。

弱い者を助けてあげるエピソードを最初に入れたら、どんな性格の悪い主人公でも、読者の好感を得られます。

小説やラノベでも使える技です。

小説の書き方講座【SAVE THE CATの法則】物語の最初の方で主人公は弱い者を助ける!

例えば、累計1000万部以上の大ヒット作「転生したらスライムだった件」(2014年5月刊行)の主人公は、冒頭で会社の後輩を守って通り魔に刺されて死亡。

スライムに転生したら、魔物に襲われて困っているゴブリンの村を助けてあげます。

累計発行部数800万部以上の大ヒット作「オーバーロード」の主人公アインズは、Web版7話で、隣国の騎士に襲われている村を助けています。

アインズは、まさに殺されそうになっている少女を間一髪で救います。

このように、なろう小説やラノベにおいても「SAVE THE CATの法則」を取り入れているヒット作は多いです。

主人公が良い人であることが一発でわかるため、主人公が魔王や魔物など、悪役っぽい属性であった場合に、より効果を発揮します。

悪役っぽい属性なのに、弱い者を助ける良い人だと、ギャップによって、そのキャラクーが善人であることがより強く伝わるのです。

主人公を好きになってもらいたい場合に、ぜひ使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました