小説を書く時間を作るプロ作家の方法!通勤電車でスマホで初稿を書く

この記事は約2分で読めます。

小説を書く時間を作るプロ作家の方法!通勤電車の中でスマホで初稿を書いて、あとでPCで仕上げる。

会社員として働きながら、年間、3,4冊も小説を出版している兼業作家さんに、どうやって小説を書く時間を捻出しているのか聞いたところ、

通勤電車の中でスマホで書いています

荒くスマホで初稿を書いて、あとでパソコンで仕上げるそうです。

これかなりオススメです。
仕事が終わった後は、開放感から小説の執筆が進みます。
溜まったフラストレーションを電車内で解放するのです。

質問させていただいた兼業作家さんの場合、もし専業になっても、ダラダラしてしまって執筆量はあまり変わらないかも知れないと言われました。
仕事をしていて時間がないからこそ、やる気が出て筆が進むのですね。

スポンサーリンク

スマホで小説を書く場合はGoogleドキュメントが超オススメ

小説を書く時間を作るプロ作家の方法!通勤電車でスマホで初稿を書く

通勤電車の中でスマホで小説を書く場合は、クラウド上に自動的にテキストデータを保存できるアプリ『Googleドキュメント』を使うのがオススメです。

Google ドキュメント - オンラインでドキュメントを作成、編集できる無料サービス
パソコン、スマートフォン、タブレットのどこからでも新しいドキュメントを作成して、他のユーザーと同時に編集。インターネットに接続していなくても作業を継続でき、Word ファイルも編集できる、Google の無料サービスです。

スマホ、タブレット、パソコン、でデータが共有できるので、どこでも書くことができ、スマホでどのように小説が見えるのかもチェックできます。

パソコンで小説を書いていると、例えばキャラのステータス一覧などを作った場合に、スマホだと文字が崩れて読みにくくなっているのに気づかないことがあります。

スマホでも書く習慣をつけると、スマホでどのように自分の小説が見えるのかチェックできるのでオススメです。

PCで書いた小説はスマホでもチェック!

これは現役の専業作家も行っている方法ですので、ぜひマネしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました