小説の書き方講座。初心者が、なろうでランキング上位を取るには?

この記事は約3分で読めます。

小説の書き方講座。初心者が、なろうでランキング上位を取るには?

  • 流行とテンプレを99%取り入れる(特にタイトル)
  • 強い企画性がある(目を引く要因)
  • 鬼更新。初日に10話投稿する(土曜日の朝から1時間ごとに1話ずつ投稿するのがベスト。ポイントの推移を見てランキング入り下限を超えるまで、何話でも投稿しましょう)

これができれば、まず間違いなくランキングに入れます。
私はこのやり方で、今まで投稿した小説は、すべてランキングインできています。

小説家になろうは、新規参入が難しくなっています。
なろう読者はもともと結果を出している人の小説を読む傾向が強いです。
これはコスパを重視しているため。

誘導導線といって、人気作から「新作を書きましたので読んでください」とランキングタグを利用したリンクを貼って、読者を連れてくると、ほぼ100%ランキングに入れます。

新規参入する場合、これができないのでランキング入りは非常に難しくなります。

スポンサーリンク

実績を持った人気作家がとにかく強いのが小説の世界

書籍【ベストセラーコード】では、スティーブン・キングやJ・K・ローリングが、別のペンネームで小説を書いてもやっぱり売れた。
しかし、名前を公表した途端もっと売れた、そうです。

おもしろければ小説は売れます。
しかし、人気作家であれば、過去の実績の評価でより売れるのです。
これは、●●さんの小説ならきっとおもしろいだろう、という信頼があるため。

新規参入者には、この信頼がない。無名の壁があります。

上位を狙うならプロ作家と殴り合っても勝てる作品パワーが必要

ラノベ新人賞でも、既存作を上回るおもしろさを持った物以外は取らないそうです。

これはつまり、無名の人間を売り出そうと思ったら、強い企画性や、より高い質で勝負しなければならないということです。

なろうに新規参入してランキング上位を目指す場合は、書籍化作家とガチで殴り合っても勝てるような作品パワーが必要です。

なろうに投稿してもポイントが取れないし、ランキングに上がれない、というので挫折する人が多いです。

書籍化作家を上回る努力と試行錯誤が求められるので、仕方ないんですね

ただ、なろうは公平なので、ちゃんと正しい努力をすれば必ず結果は出ます。

私が運営するオンラインサロン「エンタメノベルラボ」でも、なろう日間5位以内(表紙)を取る人が数人おり、続々と書籍化作家が生まれています。

ライトノベル作法研究所うっぴー - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン
webからの書籍化&新人賞受賞者、続々出現!小説で飯を喰っていくことを目指すサロン。プロの講座、ガチ批評会、人気作の分析会など、初心者でも安心して上達できる環境を整えています。小説投稿サイトで月1~3万円稼ぐメンバー多数

努力×挑戦回数が才能よりも重要。

Web小説の世界においては才能よりも圧倒的に

努力×挑戦回数

の方が大事ですね。

現在の流行とテンプレを理解すること。
とにかく毎日、作品を書くこと。
ダメだったら諦めずに次の作品を書くこと。

正しい努力をした人が評価される世界がWebです。
評価を蓄積すればネームバリューで読まれるようになります。

最初の数作品が評価されないのは当たり前だと考えて、地道に挑戦していきましょう。
ひとつでも人気作が書ければ、誘導導線戦略でランキングインは簡単になります。

「結果が出ない=才能がない」は大間違い。

コツコツ実績を積みましょう。

タイトルとURLをコピーしました