小説の書き方

コラム

書きたいものを売れるように書く方法。ラノベ作家・黄波戸井ショウリさんに創作に関する18の質問

黄波戸井ショウリ(キワドイショウリ)と申します。 小説家になろうからの書籍化で、2020年4月25日に『月50万もらっても生き甲斐のない隣のお姉さんに30万で雇われて「おかえり」って言うお仕事が楽しい 1 』(オー...
コラム

小説の書き方。ラノベに必要な5つのわかりやすさ。読んでもらえる物語とは?

シーンのわかりやすさ (4人以上のキャラを同一場面に出さない) 文章のわかりやすさ。 (凝った文章を書かない) 世界観のわかりやすさ。テンプレでOK (世界観でオリジナリティを出そうとしてはいけない) キ...
コラム

小説の書き方。才能より重要なのは読者の求める物語を書くこと。

漫画の神様『手塚治虫』は文豪ドストエフスキーの名作『罪と罰』を漫画化しましたが、まったく売れませんでした。 理由は、対象読者の子供にはストーリーが難しすぎたから。 読者の求める物とは異なる物を出してしまったから。...
コラム

小説の書き方講座。創作初心者が犯しがちな失敗ベスト3

1 冒頭から設定の解説が多い 2 主人公が受け身 3 本題に入るのが遅い 昨日(2020年3月15日)、私の運営するエンタメノベルラボのオンライン勉強会を開きました。 参加者7名でお互いの原稿を読...
コラム

小説の書き方。ラノベでは苦悩する主人公はウケない!文学とは正反対

400万部突破の大ヒットラノベ『鋼殻のレギオス』(2006年3月刊行)は主人公が悩むようになってから人気が落ちたと言われています。 大河ドラマ『平清盛』が歴代ワースト3の視聴率だったのは、主人公が苦悩していたからです。 この...
コラム

小説の書き方講座。人間が普遍的に求めるおもしろさの4つの本質とは?

ラノベのおもしろさとは何か? 主人公(読者)が『最強』の力で無双して、美少女に『モテ』て、『すげぇ』と周りから称賛されて、自分を平民、劣等生とバカにしてきた貴族やエリートを倒して『ざまぁ』すること。 これに加えて最後に感動をさせ...
コラム

プロの小説家になるために最も重要なことは?作家6人のアドバイス

私は40人以上のプロ作家さんに創作の秘訣についてインタビューしてきました ここでは各インタビューの最後で「小説家を目指して頑張っている方達にアドバイスをいただけませんか?」と質問した際の回答を6人分まと...
コラム

小説投稿サイトの攻略方法5つのコツ。読者は新着とランキングしか見ない

新着一覧に小説が掲載されている間に、おいしさが一言で伝わるタイトルで読者をひきつけます。 冒頭で、そのおいしさをすぐに提供し、繰り返し同じおいしさを読者に提供することでランキングを駆け上がることが、大勢の人...
コラム

小説の書き方講座。プロ作家の最低条件『物語の型』が身についているか?

・ラノベ新人賞の型 劣等生だけど最強の主人公が、すごいパワーで絶望している美少女を助けてあげて、感謝されてモテて、感動で締めくくる。 ・なろうの型 「無双、モテ、すげぇ、ザマァ」のおいしい展開を冒頭からとにかく何度も繰り返す。スト...
コラム

小説の書き方。おもしろい物語に仕上げるには5人から意見をもらう!

たった1人から意見をもらうのは、偏っている可能性があるので逆に危険です。 5人から意見をもらい、3人からここはマズイと言われた点に関しては修正します。 特に自分より実力が高い人からの、こうした...
タイトルとURLをコピーしました