うっぴー

  • 矢戸だいはち さんと うっぴー さんのプロフィール写真うっぴー さんが友達になりました 1年 8か月前

  • うっぴー さんが「ラノベ研究掲示板」フォーラムで「魔法における氷属性は、水元素ではなく土元素である!」というトピックを立てました。 1年 10か月前

    魔法における氷属性についての議論
    について、陸奥誉さんより意見の投稿がありましたので、掲載します。

    ゲームのことは一旦置いておくとして、いわゆる四元素説で考えるのであれば、氷属性は土属性に入らざるを得ないでしょうね。

    元来、アラビア・ヨーロッパを席巻した4元素説は、地水風火という具体的な「物質・要素」というものが想定されていたというよりは、第一質量という単一元素に、熱・冷、湿・乾の相反する要素が二つ加わってその形相をなすという、アリストテレスの四原質説がベースです。
    第一質量に冷・湿の性質が与えられれば水という形質を示し、逆に熱・乾の性質が与えられれば火という形相を示す、といった具合です。
    それぞれの性質により生じる形相が変わりますが、元は単一の第一質量なので、ある形相から他の形相へと姿…[ 続きを読む ]

  • ajeさんからの投稿です。

    ファンタジーといえば殆どの人がまず騎士の存在を思い浮かべると思います。そして騎士の時代といえば中世というイメージも大体付いてくると私は思っています。
    騎士にとって剣と言うのは腰に常に提げているものであり、騎士となる時に行う儀式でも使用します。また、中世の時代がモチーフの物語である有名なアーサー王の伝説などに伝説の剣が出てくることも理由の一つでしょう。

    ではそもそも剣とはどういう武器でしょうか?
    ここで騎士の格好を思い浮かべてみましょう。ガッチガチの鎧です。防御力が非常に高いです。なので、強い衝撃波を鎧の内側に加え、安定してダメージを与えることができるモーニングスターや棍棒などの打撃武器が主流となっています。また、馬に乗った際の突撃力で相手を貫ける槍もよく使われ…[ 続きを読む ]

  •  runaさんという方から意見の投稿がありましたので、こちらに転載します。
     
     初めまして、runaです。
     私は、ほわぁん、とした書き出しもありだと思います。(◎_◎;)
     例えば…………

    雨の音が聞こえる。まださめきらない僕の夢を、やわらかな春の雨がさらさらと濡らしていく。(以下略)
    村山由佳・「夜明けまで1マイル」から)

     二文目をよんで、もう主人公がどんな状態か、ある程度読み取れたと思います。私が、初めてこれを読んだとき 「なんて、心地いい文だろう」と思ったのを覚えています。
     こんな風に心地いい(ほわぁん、とした)文も、読者を惹きつけるのにはアリだと思います。
     おじゃましました。

  • 弾さんという方から、意見投稿のメールをいただきましたので、転載します。

     身につけたい技術の(この場合はラノベ執筆ですね)パフォーマンスレベルを低く見積もるなら、ラノベを読む以外特別なトレーニングやインプットをする必要は無いと思います。
     年に数度オリジナルのラノベを同人誌にしたり、流行りの小説投稿サイトで気軽に作家気分を味わうならそれで充分です。
     小説市場を成り立たせるためには、そういった低いパフォーマンスレべルで小説を楽しむ人って絶対に必要ですし、小説創作が趣味ってとても素敵なことだと思います。

     ただしプロになるとかになると話は違います。
     正直プロになるような作家さんは、病的な努力を苦も無くこなします。
     その真似を常人がするのはほぼ不可能です。
     出版社もそういった病的なパフ…[ 続きを読む ]

  • 弾さんという方から、意見投稿のメールをいただきましたので、転載します。

     身につけたい技術の(この場合はラノベ執筆ですね)パフォーマンスレベルを低く見積もるなら、ラノベを読む以外特別なトレーニングやインプットをする必要は無いと思います。
     年に数度オリジナルのラノベを同人誌にしたり、流行りの小説投稿サイトで気軽に作家気分を味わうならそれで充分です。
     小説市場を成り立たせるためには、そういった低いパフォーマンスレべルで小説を楽しむ人って絶対に必要ですし、小説創作が趣味ってとても素敵なことだと思います。

     ただしプロになるとかになると話は違います。
     正直プロになるような作家さんは、病的な努力を苦も無くこなします。
     その真似を常人がするのはほぼ不可能です。
     出版社もそういった病的なパフ…[ 続きを読む ]

  • ギャグはネタで見せずに会話で見せる

     会話文におけるギャグ、コメディ表現というものは、
    1.ボケ担当(始点)のキャラのセリフ(あるいは行動)
    2.ツッコミ担当のキャラによる言動、あるいは地の文章によるツッコミ
    3.周りに1、2の影響を受けるキャラが存在する場合は、そのキャラのリアクション
     の繰り替しです。

    の記事に、ぐるるさんという方から意見が送られたので、こちらに転載します。

    ●ぐるるさんの意見

    この手の話題でいつも思い出してしまう小説があります。
    それは人気漫画「魔法陣グルグル」のノベライズ。
    「グルグル」は素晴らしいギャグ漫画で、私にとっては、どの巻を読んでも笑いが止まらなくなる傑作と言っていい代物でした。
    特に、コマの中のさりげないところに違和感を潜ませて、それをゲーム風…[ 続きを読む ]

  • クリスタルさんという方から、女性にとって魅力的な男性キャラの条件とは?という記事に意見が寄せられましたので、こちらに転載します。

    どうも。ライトノベル作法研究所によく利用していただけましたか、いまだになんの討論に参加したことがない、幽霊のクリスタルさんです。随分昔のスレだけど、返事させていただきす。

    私は女だけど、あんまり少女漫画も小説も読まない、と言うより大した興味もない、少年向けの作品ばかりを読んでいます。ちなみにネットではよく男として勘違いされて、素の時ではため口のうえによく“オレ”を口走ってしまう、とても女らしくないの女の人です。私の意見はおそらく一般的な女性を代表できないかもしれないから、中性的な、と言うより個人的な意見を述べさせてもらう。

    女性に好かれる一人の男性キャラとし…[ 続きを読む ]

  • うっぴー はトピック 2015年のラノベ界の動向ラノベ研究掲示板 フォーラム内)を開始しました 2年 11か月前

    こんにちは。
    今年もいよいよ終わりが近づいてきましたね。
    そこで、2015年にあったラノベ界の動きなどを書き込んで、まとめておきたいと思います。
    このスレ内容はラノベ歴史年表の2015年の項目に追加させていただきます。

    なにか記録しておきたい事柄がありましたら、お気軽に書き込みください。
    よろしくお願いします。

    ●電撃大賞がWeb投稿に対応

  • ゼウスさんより、『魔法における氷属性についての議論』の記事にコメントが寄せられたのでこちらに掲載いたします。
    http://www.raitonoveru.jp/howto/h4/620a.html

     氷属性は、作品によっては水属性と一緒にされたり、分けられていたりとどことなく安定していない属性です。
     議論の内容は「氷属性は水属性の一部なのか、それとも独立した属性なのか、それとも水の派生術となる分類で関係はあるけど別の属性になっているのか!?」です。
     みなさんの考えや意見をぜひお聞かせください。

    ●ゼウスさんの意見
    まずはじめに、旧化学的考えの属性であれば、氷は個体ですので血属性に統合されるべきものだと言っておきましょう。
    さて、本題ですが貴方が思ったものがあなたの属性です。
    氷を…[ 続きを読む ]

  • ラノベ作家として成功できるかは遺伝子ですべて決まっている!?
    http://www.raitonoveru.jp/howto/h5/728a.html
    の記事に対して、夏SNOOPYさんから投稿が寄せられましたので、こちらに掲載いたします。以下は私の意見です。

    ●うっぴーの意見
    成功には、才能、努力、運の3つの要素が必要だと言われており、人によってどれに比重を置くかは変わってきます。経営の神様と言われた松下幸之助は、成功の要因は運が90%だ、と記者の質問に対して答えたことがあります。
    昭和のモーレツサラリーマンなら、努力が100%だ、と答えるでしょう。
    中には、すべて生まれ持った才能で決まる、運命は生まれ落ちた瞬間に決まっている、と才能100%と捉える人もいます。

    私としては、おそらく運…[ 続きを読む ]

  • ラノベ作家として成功できるかは遺伝子ですべて決まっている!?
    http://www.raitonoveru.jp/howto/h5/728a.html
    の記事に対して、夏SNOOPYさんから投稿が寄せられましたので、こちらに掲載いたします。

    成功には、才能、努力、運の3つの要素が必要だと言われており、人によってどれに比重を置くかは変わってきます。松下幸之助などは、成功の要因は運が90%だ、と記者の質問に対して答えたことがあります。
    昭和のモーレツサラリーマンなら、努力が100%だ、と答えるでしょう。
    中には、すべて生まれ持った才能で決まる、運命は生まれ落ちた瞬間に決まっている、と才能100%と捉える人もいます。

    私としては、おそらく運が6割、努力2割、才能2割くらいじゃないかと考えてます…[ 続きを読む ]

  • ジョージさんという方から投稿された人型機動兵器についての考察です。ラ研への掲載を希望されましたので、できるなら目立つ位置に掲載したいと考え、こちらに掲載させていただきます。以下、本文。

    お初にお目にかかります。ジョージです。

    1.人型機動兵器の実用性はあるのか
     真剣に実用性を考察するのであれば、人型兵器をポンと思い浮かべて実用性があるか考えるのではなく、今後兵器が進化していくにあたって結果的に人型兵器が普及するということがあるか考えなければなりません。

     そして僕は、可能性はあると考えます。「戦車は行けないけど二足歩行兵器なら行ける」という場所が、今後の戦場ではより増加すると考えるからです。
     実は戦車の履帯はかなりデリケートです。沼地や砂地にめりこまない、という点では確かに有用です…[ 続きを読む ]

  • うっぴー はトピック 人型機動兵器の実用性ラノベ研究掲示板 フォーラム内)を開始しました 3年前

    ジョージさんという方から投稿された人型機動兵器についての考察です。ラ研への掲載を希望されましたので、できるなら目立つ位置に掲載したいと考え、こちらに掲載させていただきます。

    お初にお目にかかります。ジョージです。

    1.人型機動兵器の実用性はあるのか
     真剣に実用性を考察するのであれば、人型兵器をポンと思い浮かべて実用性があるか考えるのではなく、今後兵器が進化していくにあたって結果的に人型兵器が普及するということがあるか考えなければなりません。

     そして僕は、可能性はあると考えます。「戦車は行けないけど二足歩行兵器なら行ける」という場所が、今後の戦場ではより増加すると考えるからです。
     実は戦車の履帯はかなりデリケートです。沼地や砂地にめりこまない、という点では確かに有用ですが、展示走行…[ 続きを読む ]

  • こんにちは。

    もし使い分けていた場合、あらぬ盗作疑惑をかけられそうな気がするのです

    これはあまり心配することはないと思います。
    例えば、作家デビューした後にTwitterアカウントを開設して、自分の宣伝をされている作家さんは多いです。
    同じことをして、Twitterのプロフィール欄に過去の活動履歴として、投稿作品のURLを貼っておけばよいでしょう。
    どちらから連絡しても、自分に繋がるのであれば、その送信履歴などを言うだけで、両者が同一人物であることは簡単に証明できます。

    また、よっぽど人気になるか、ネット上で変な行動をしなければ、過去を掘り返されることもないです。

    東京オリンピックのエンブレムを盗用したデザインで作ったとされて騒がれた佐野研二郎さんも、オリンピックのエンブレムに関わる…[ 続きを読む ]

  • うっぴー の返信(返信先:トピック 面白い作品とは何でしょうか? 、フォーラム ラノベ研究掲示板3年 2か月前

    こんにちは。
    作品タイトルと、投稿先のURLを教えていただけないでしょうか?

    また、ラノベ新人賞下読みのジジさんによると、作品の善し悪しを決めるのは「キャラ」と「設定」だそうです。
    当サイトのプロット『相談』掲示板に、あらすじとキャラ設定を投稿して、以上2点について意見を聞いてみても良いかと思います。

    小説本文を精読するのは大変ですが、プロットやあらすじを見るのであれば、時間的負担はあまりかかりません。
    また、プロのラノベ作家さんによると、うまくいかない作品はプロットの段階で問題があることが多いそうです。

  • うっぴー の返信(返信先:トピック タイトルについて 、フォーラム ラノベ研究掲示板3年 2か月前

    文学作品っぽい印象を受けますね。高尚な感じです。
    ラノベにするなら、親しみやすい感じ、馬鹿っぽい感じ、マンガやアニメや、ゲームに連想させる、あるいはそれに近いような感じのタイトルが良いと思います。

  • うっぴー の返信(返信先:トピック 文章のパクリについて 、フォーラム ラノベ研究掲示板3年 2か月前

    こんにちは。
    以前、電撃文庫から刊行された作品でヒット作『バカとテストと召喚獣』の二巻の文章をいくつも引き写していたとして、著作権侵害ではないかと物議を醸し、刊行停止になったラノベがありました。
    一つの本からいくつも引き写していると、ストーリー展開も似たものになってしまうため、盗作との判定を受けてしまうようです。
    逆に言えば、ひとつの本から引き写したりしなければ、偶然似た文章が出てきてしまったとしても、ストーリー展開が異なるので、盗作との疑惑をもたれる可能性は低いのではないかと思います。

    以前、交流があったラノベ作家さんは、パクリ疑惑を受けてしまうのは、ストーリー、キャラクター、世界観の3つのうちの2つ以上に類似があった場合だと言っていました。
    現在では、ここに文章を加えて、ストーリー、キ…[ 続きを読む ]

  • 新月の迷い人さん、どうも投稿ありがとうございます!
    これはいわゆるトランスセクシュアル物ですね。
    ただ、世界観がちょっと良くわからないです。

    2つの世界が存在しているのはわかるのですが、そこにもう一つ狭間の世界が発生し、そこに人が入り込んで行方不明になっているということでしょうか?
    また、この世界の人々は2つの世界があることをほぼすべての人が認識しているのでしょうか?

  • 新月の迷い人さん、どうも投稿ありがとうございます!
    これはいわゆるトランスセクシュアル物ですね。
    ただ、世界観がちょっと良くわからないです。

    2つの世界が存在しているはわかるのですが、そこにもう一つ狭間の世界が発生し、そこに人が入り込んで行方不明になっているということでしょうか?
    また、この世界の人々は2つの世界があることをほぼすべての人が認識しているのでしょうか?

  • もっと読み込む
スポンサーリンク