小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

わさびさんの返信一覧。最新の投稿順2ページ目

元記事:小説+αを読んでも何も思わないの返信

わさびさんにとって、レビュー・あらすじを先に読むのが良いことなのかダメなのか、私に判断はできません。

でも。
小説を書きたい、何かを表現したいという気持ち。
作品に接して心が動かない状態を何とかしたいという悩み。

そういう気持ちがあるなら、わさびさんにフィットする作品を探し続けるしかないのでは。
だとしたら、レビューなどを読むことを潔癖に避けすぎるのも現実的ではありません。その種のものは作品を探すナビゲーターとして有効ですから。

鑑賞前にレビューを読むのは良くないと、決めつけない。
もちろん、その逆も決めつける必要はありませんが。

とまれ、わさびさんは何もおかしくないんだから、こうしたいと思ったことがあれば、その道を進めばよいのだと思います。
あなたは生きてるんですから。
自信を持ちましょう。

上記の回答(小説+αを読んでも何も思わないの返信の返信)

スレ主 わさび : 1 投稿日時:

あまくささんも何度もありがとうございます。

>>だとしたら、レビューなどを読むことを潔癖に避けすぎるのも現実的ではありません。その種のものは作品を探すナビゲーターとして有効ですから。
避けようとしてました、私。

>>鑑賞前にレビューを読むのは良くないと、決めつけない。
>>もちろん、その逆も決めつける必要はありませんが。
過度すぎるのもダメですよね。私もそこらへん判断がつきかねるんですが…。本当いまいち指針がよくわかってないんで。

>>とまれ、わさびさんは何もおかしくないんだから、こうしたいと思ったことがあれば、その道を進めばよいのだと思います。
>>あなたは生きてるんですから。
>>自信を持ちましょう。
こういっちゃなんですが、人の意見に振り回されがちなんで、ありがとうございました。

カテゴリー : その他 スレッド: 小説+αを読んでも何も思わない

この書き込みに返信する >>

元記事:小説+αを読んでも何も思わないの返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信

粘着すいません

>>もしかしてかなり表現を柔らかくして仰ってくれてますかね?無知なのは常々感じているので…。
ちょっと脇道に逸れるんですが、自分なりの意見をもてないということでも悩んでいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一番警戒したのは、読書レベル中期くらいから発生する【選民思想タイプの思考停止型な読者】ですね。

「ナーロッパは知っているから別に必要ありませーん、ってか私の事を馬鹿にしているんですか?舐められるの不愉快です(-"-)」とかで怒られるやつ。
 いや君、たぶんナーロッパ知らんやろ(´・ω・`)カドカワのアニメ知識とかで知ったかぶりに陥っているだけで、たぶん身についていないよ?ってやつ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
料理とかで【レシピとレシピ通りの材料さえ用意してくれたら、誰でも普通に店で出すような高クオリティーなもの作れるしwww】と本気で思っている人いるんですよ。

そう言えてしまう人は、ほんと面倒くさい。_(┐「ε:)_そういう人の書く話も、だいたいツマンナイ。
 おススメした本とか挑戦してみようとしてくれる時点で、わさびさんは「そっち系」じゃないだろうし、面白い話を書ける人に化けてくれたら、私が嬉しい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 人の意見を聞いてから映画見ても「人の意見通りだなー」って感想になると思います

 個人的に推奨するのは【あらすじとか観ずに映画観て、作品への悪口や不満を書き出してみる】とかですね。
典型的な日本人なら、悪口ほど正鵠(せいこく)を突いていることが多いです。
「飽きたー」「ストーリー進行遅すぎ」「これ反則」「綺麗だと思うけど綺麗なだけじゃん」とかね

 なにか今までに見た映画で、延々と気にくわない部分をネチネチと書けそうな作品に当たったことはありませんか?
その作品は、ネチネチと不足を言えるくらい「詳細に理解できている」作品になるわけです。

上記の回答(小説+αを読んでも何も思わないの返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信)

スレ主 わさび : 0 投稿日時:

>>粘着すいません
いえいえ、大丈夫ですよ。…むしろ前スレといい、読むせんさんには相当レスしてもらっているので、そちらのほうが心配です。余計なお節介かもしれませんが。

>>一番警戒したのは、読書レベル中期くらいから発生する【選民思想タイプの思考停止型な読者】ですね。
そもそも読書すらまともにしなかったので、私にはあてはまらないかと。

>>おススメした本とか挑戦してみようとしてくれる時点で、わさびさんは「そっち系」じゃないだろうし、面白い話を書ける人に化けてくれたら、私が嬉しい。
はい、ありがとうございます!

>>人の意見を聞いてから映画見ても「人の意見通りだなー」って感想になると思います
>>個人的に推奨するのは【あらすじとか観ずに映画観て、作品への悪口や不満を書き出してみる】とかですね。
>>典型的な日本人なら、悪口ほど正鵠(せいこく)を突いていることが多いです。
参考にいたします。

>>なにか今までに見た映画で、延々と気にくわない部分をネチネチと書けそうな作品に当たったことはありませんか?
>>その作品は、ネチネチと不足を言えるくらい「詳細に理解できている」作品になるわけです。
そういった作品もありませんね…。

カテゴリー : その他 スレッド: 小説+αを読んでも何も思わない

この書き込みに返信する >>

元記事:小説+αを読んでも何も思わないの返信の返信の返信の返信の返信

確認させてください。

前のレスの話です。
私は『ディスレクシア』という用語を出しました。
そうしたらわさびさんの返答は「あれは発達障害の症状だったのか」でした。
ということは『ディスレクシア』が何なのか、知っている、ということですよね。
『ディスレクシア』が何なのか、説明できますか?
お願いします。

上記の回答(小説+αを読んでも何も思わないの返信の返信の返信の返信の返信の返信)

スレ主 わさび : 0 投稿日時:

何度もご回答いただきありがとうございます。
全く見当違いなことを承知?です。本が読めないとか、そういった障害のことを指す、ぐらいでしかありませんでした。人に尋ねられたら、以上のことを返すしかできません。
ちなみに私は字が汚いんですが、これもディスレクシアかも?でも何もかも障害に結びつけたら悪いなあ…と。この情報は、ものとんさんからディスレクシアというワードが出て、調べるまで知りませんでした。というかこれも誤っているかもしれません。
昔、発達障害のせいで本が読めないということをこれもまた調べて、そのときにディスレクシア(ちなみにこの単語をコピペしてやらない程度には記憶に薄い)が、どこか記憶の片隅にあったので、名前ぐらいは聞いたことがあると称しました。

カテゴリー : その他 スレッド: 小説+αを読んでも何も思わない

この書き込みに返信する >>

元記事:小説+αを読んでも何も思わない

あれだけ分析する(前スレ)といって、ここには質問しづらかったのですけれど……とても。大したものではないと受け止められがちであり、リアルでもネットでも回答がもらえなかったため、ここに質問させていただきました。
気恥ずかしいです。

娯楽作品を鑑賞しても何も思わず、悩んでいます。
小説を読んで感想が思い浮かばないので、能動的に訴える媒体である映画を途中まで鑑賞しましたが、これでも感想が思いつきませんでした。

別に気にしなくてもいいと仰る方もいるかもしれませんが、作品を素通りしてエッセンスを得られないというのは、わりと重大な悩みだったりします。

その映画のレビューでは色んな感想がのっていました。ですが私には、物語でこのシーン良いな!とか、このシーンはないな…とか、そんな感情がありません。
雑念に囚われてるとか、頭では他のことを考えているとか、集中できてないというべきなのでしょうか?
特に映画そのものよりもあらすじやレビューを見たときのほうが面白そうに感じました。噛み砕いている表現だから?

この状態から脱するにはどうすればよいのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。繰り返すようですが、かなり恥ずかしいです。

上記の回答(小説+αを読んでも何も思わないの返信)

スレ主 わさび : 0 投稿日時:

あとあっさりしてたり、はたまた長い回答だったりして、申し訳ありません;
バラつきがあるのは、他意があるわけではないです。
ご回答に対する私の知識量など、興味の偏りといいますか、それの問題です。

カテゴリー : その他 スレッド: 小説+αを読んでも何も思わない

この書き込みに返信する >>

元記事:小説+αを読んでも何も思わないの返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信

スレ乗っ取りみたいな勢いでアレですがOrz{私、場外乱闘おおすぎ・・・・

わさびさん、本当に本も映画も読まずに来た人っぽいんですよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
正直、前々回の質問で【ナーロッパの本質を知るために、典型的なナーロッパ作品を教えてください】とか言ってくれたら
①生活魔術師、ダンジョンに挑む
②悪ノ令嬢シャーロットの中の人は、彼女を勇者から護りたい
③狼は眠らない

あたりを薦めてしまおうと狙っていました。この3作はナーロッパかもしれないけど、私的に十分面白いと思う作品なんですよね。(上から順に読みやすさ順)
実はナーロッパ、なめちゃダメなんですよね。でも、そこまでは考えが至(いた)らない感じ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ナーロッパへの蔑視(べっし)を植え付けられながら、ナーロッパの本質を知るための冒険に出ず、他人が伝えた自分の考えではない蔑(さげす)みを信じ続けてしまう。

・好きな作品を教えて欲しいと尋ねれば、見てもいないカーミラを引き合いに出してしまうし、なんか・・・こんな感じ?と自分でも【自分の好き】を測(はか)りかねている。

・映画解説の方が本編視聴より面白いと感じてしまう。

・完璧主義者なのに、情報の改定や更新を自発的に行えない

典型的な無知すぎピュアっこタイプだと思うの。このタイプにあらすじバレはNG。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なにかのコピペで、大金がもらえる代わりに大好きな作品の記憶が無くなる、みたいな選択肢があって
「また何も知らない状態で、一からジョジョを読めるとか最高じゃん。しかも金まで貰える」
みたいな回答を見て「そwwれwwなww」に、なりました。

【知らない】は、また財産。ドンピシャ作品に、何も知らないまま出会えた時の感動は得がたいとおもいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おおかみこどもの雨と雪は地上波でも放送しまくっているし、わさびさん見た事あるかな?とおもったので振ってみましたが・・・・・これも観ていらっしゃらない雰囲気ですよね(´・ω・`)

ファイナル・ディストーション。レンタルDVDで視聴しましたが、後半のオーディオ・コメンテータリー?がすごく有難かったです。
「なんでラバー・ダッキーを執拗に写すの??」とは思っていましたが「単なるギャグです!!」と言われるとは思っていませんでした。

上記の回答(小説+αを読んでも何も思わないの返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信)

スレ主 わさび : 0 投稿日時:

作品は予備知識なく観たほうがよさそう?ですね。私の現状では。

>>わさびさん、本当に本も映画も読まずに来た人っぽいんですよね。
その通りですね。返す言葉もありません。

>>実はナーロッパ、なめちゃダメなんですよね。でも、そこまでは考えが至(いた)らない感じ。
これもその通りです…。

>>典型的な無知すぎピュアっこタイプだと思うの。
もしかしてかなり表現を柔らかくして仰ってくれてますかね?無知なのは常々感じているので…。
ちょっと脇道に逸れるんですが、自分なりの意見をもてないということでも悩んでいます。

>>【知らない】は、また財産。ドンピシャ作品に、何も知らないまま出会えた時の感動は得がたいとおもいます。
作品はともかく、知らないまま出会って嬉しかった、という経験はあります。作品となるとまだ体感できてないといいますか。

>>おおかみこどもの雨と雪は地上波でも放送しまくっているし、わさびさん見た事あるかな?とおもったので振ってみましたが・・・・・これも観ていらっしゃらない雰囲気ですよね(´・ω・`)
観ていません。小説を書くために、娯楽作品を観ようとしたのは、後の方でしたので。

カテゴリー : その他 スレッド: 小説+αを読んでも何も思わない

この書き込みに返信する >>

現在までに合計115件の投稿があります。 5件づつ表示中。現在全23ページ中の2ページ目。

ランダムにスレッドを表示

新作の主人公をなろう主人公と同類と言われた

投稿者 鬼の王の墓標 回答数 : 24

投稿日時:

どうも如月千怜です。 今回のスレなんですけど、二つ以上前のスレッド「主人公の弱点」と関連するスレッドです。 そちらのスレッド... 続きを読む >>

学校で…

投稿者 春咲 回答数 : 10

投稿日時:

小説というかノベルを創作することが好きなんですが 言葉を表現することがあまり得意ではありません。 今執筆中のものも表現力がないあ... 続きを読む >>

会話文がネタ切れしてくる困ったキャラ

投稿者 バッキー 回答数 : 2

投稿日時:

異世界モノのサブキャラの一人として端的に表すなら「陽キャ半魚人」とも言うべき人物についてです。 「どうしてこのファンタジー世界... 続きを読む >>

ランダムに回答を表示

元記事:異世界転生なんて夢物語だ。

第一章 現実との相違
俺はいつも思うことが一つあった__。
異世界転生が出来たらなと。ラノベを読んでいると大抵、主人公には可愛い妹がいる。俺には妹もいないし姉もいなかった。そんなことを思う俺が間違えていたのだと自分で自分を励ましていた。(なんで虚しい俺なんだ…。)そんなある日、親父が衝撃の発言をした。
「義妹が欲しいのか?隼人?」
「えっ?」
「ハッハッハ、良かったな。義妹ができたぞ。」
(嘘だろ…。俺にもまさかの神展開が)
「こんにちは。今日からこの家にお邪魔します如月 仄香です。どうぞよろしくお願いします。」
(グハッ。嘘だろ〜。紙展開になっちまうよ。)
確かに外見が悪いわけではない、多分。しかし、彼女には大きすぎる欠点があった。性格が自立しきっていたのだった。(俺が求めたのは違う妹だー。もっとこうなんか従順で…。)そんな俺の声をよそに親父の嬉しそうな声が聞こえくる。
「何て可愛い子なんだ!」
(俺の従順でお淑やかな妹像は何処へ行ってしまったのだろう…。)まぁ何はともあれ居ないよりかはましか。と思ったのだった………
「痛っ、て俺は何処にいるんだ?俺の妹は?」
「何言ってるんだ隼人。」
横には親父が本を読んで椅子に座っている。「あのーー、俺何してるの?」
「やっと起きたか、隼人。お前、屋上から飛び降りたらしいじゃないか。なんかあったのか?」
「すみません、何言っているかわからないんですけど…。」
(いや、ちょっと待てよ。確か俺は学校で友達と中庭で昼食を食べていたはずなんだが。)
ここまで書きましたがどう思われますか。小説は書き始めたばかりなので教えていただければ幸いです。

上記の回答(異世界転生なんて夢物語だ。の返信)

投稿者 読むせん : 0

大事なことはサタンさんがもう書いていらっしゃるので「読む専」的に、ちょい気になった点を質問。

これは何のためのものがたり?誰のためのものがたり?

==========================
『自分のための物語』なら、自分のために書けるところまでドンドコ書いちゃえ。自己満足上等です。
切れ切れにしか浮かばないなら、そのシーンだけでも文字にすればいい。脈絡なくシーンをつむぎだし、くっつきそうならピースを嵌(は)めて。思う存分やっちまってください。

まずはアウト・プット。インプットの逆が大事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『誰かに贈る物語』なら、その誰かをできるだけ限定して、「その人だけのために描く!!」くらいの気遣(きづか)いを込(こ)めてあげてください。

 その人が幼かったりするなら、言葉にルビを振ったり、分かりやすい言葉を選んで、伝えたいことを易(やさ)しく、具体的な例を挙げたりして説明するようにしてあげてくださいね。

人に伝えるなら、文法も結構大事。

最近の子供なんかはマンガのコマ割りを読む順番が分からなくて、マンガが読めない。そもそもマンガの演出を【演出と理解できない】・・・・・なんて子が少なくないそうです。

作者さん的には()内の言葉が主人公———隼人くんの心の中の独白(どくはく)だと分かっていますが、分からない人には分かりません。私なんか()は難読漢字(なんどくかんじ)系のルビ振りに使っちゃいますから、正直「ファッ!?」ってなりました。

そもそも冒頭『俺はいつも思うことが一つあった』——『俺』で書き始めているから地(じ)の文(ぶん)自体が、主人公の一人称で描かれているのに()を使う意味あるの?

『この物語の主人公である隼人は、いつも思うことがあった』みたいに三人称視点から書くか、()の部分を外してそのまま地の文に組み込む方が自然よ?
・・・・とか思っちゃって内容に集中できない。典型的なダメ読者です。

ライトノベル作法研究所のところに基本的な文章作法とかもありますし、ほかのサイトなんかでも「文章のお作法講座」みたいなものが結構あります。

 人に贈る物語は、できるだけでいいので、そういった部分も整えてあげてください。

『一人称』『三人称』『地の文』は・・・・検索してね。

カテゴリー : 小説の批評依頼 スレッド: 異世界転生なんて夢物語だ。

この書き込みに返信する >>

投稿日時:

元記事:ラノベらしいラブコメが書けません。

以前、前の質問「恋愛経験が無いのにどうやって恋愛物語を書けばいいの?」で恋愛の書き方を教わりました。恋愛の書き方とは、基本的に「「人物A」と「そのAの異性の相手であるB」の人間関係の繋がり」を描く物だと知りました。
質問に答えてくれてありがとうございました。感謝します。

ですが、恋愛を書くことが出来ても、「ラノベらしいラブコメ」を書くことが出来ません。

あと、僕は性の事を知ったばかりで、
今まで、性の事とか恋愛とかについてまともに向き合った事がありません。

うちの両親は離婚していて、今現在は僕と母と祖母の三人で暮らしています。
そのため、僕は性の事についてほとんど知りません。性知識がありません。
聞こうにも、相手側が非難してきそうで聞くのが怖いんです。
ですが、ラノベ業界で受けるためには、異世界物かラブコメを書くしか無いんです。
一度、異世界物を書こうと思いましたが、ドラクエやFFを意識した物じゃないと受けないらしいんです。
なので、ラブコメを書こうと思いました。
そのため、ラブコメを書くために性の知識を身に付けないといけませんでした。

上記の回答(呪に近い赤)

投稿者 せがらき : 0

童貞の季節が荒ぶっていて、上ネタがない世界が退屈で詰まらない様子は分かります。

ですが、創作活動の為に性知識が欲しい。ふーむムムムム…

出汁がなければ、相談し辛い。
相手も取っ掛かりが無くて困る。
ある意味、文字稼ぎの才能がありますね。

出汁取り名人が作家、エロゲ作家になった例も多くあるようです。

だけど、敢えて言います。
「私は、性に対して並々ならぬ興味がある」
それだけでいいのです。

私も同じです。
これが、人間、しかも裸族の正しい態度です。

カテゴリー : ストーリー スレッド: ラノベらしいラブコメが書けません。

この書き込みに返信する >>

投稿日時:

元記事:頭が真っ白になって一文字も小説を書けない状態が続いています

小説を書き始めてから10年弱経っている者です。その間何年も小説から離れたり、数万文字書いたら数ヶ月離れたりしていました。
創作期間をギュッと纏めたら、恐らく1年にも満たないと思います。

本題ですが、私は長編小説はおろか、短編小説も書けません。
ショートショートも1年に2、3作書けているか、いないかといった現状です。

ここ最近、読書も映画鑑賞もできなくなり、一時間ドラマの内容も理解できなくなりました。30分アニメを再生する気力もありません。

パソコンをうつことはできているのですが、この相談を打っている間も、頭に霞が掛かっているような状態で、小説を書こうとすると、自分でも訳が分からなくなってしまいます。

とりあえず書けというアドバイスは色々なところで見かけるのですが、そもそも小説を書く気力が沸きません。しかし、小説を書かないと決めると凄く悲しい気持ちになります。

もう笑わなくなって何年にもなります。毎日消えたい気持ちと戦っているのですが、何か自分を楽しませるようなことをしようと思っても、趣味だったものが消えてしまいました。一番の趣味といっても良いのが小説を書くことだったのに。

ちなみに精神病院で行ったIQ検査で言葉の意味を理解する知能が一般より劣っていると言われました。鬱を発症しているのも原因かもしれません。

しかし、鬱は何時治るか分からない病気ですし、完治するのを待っている間に、唯一楽しかった小説を書くことをしたいです。

どうして気持ちが相反してしまうのか分かりませんが、どなたか似たようなモチベの下がり方をしたり、私の様に鬱だけど小説を書いている、知能が劣っているけれど小説を書いているといういう方がいましたら、またそうでない方でもアドバイスをいただけると幸いです。

上記の回答(頭が真っ白になって一文字も小説を書けない状態が続いていますの返信)

投稿者 : 0

どうも、本です。内容に共感しました。
鬱病は私も苦しめられています。天候や季節、精神的ストレスに物理的ストレスと要因がさまざまで対処しづらい難敵です。創作意欲を根こそぎ喰い尽くし、身体と心をバラバラにしていきます。
書けないのなら読んでインプットを、と行動したいけれどできない日々が私も続きましたね。数ヶ月、一年とそういう状態になりました。小説が書けない、本が読めない、あたまが重たい、なにも思い浮かばない、泣けない、笑えない。
パソコンの前に座れば息苦しさを感じて、胸に圧迫感を憶えて、私は小説から離れました。

相反するモチベーションとのことですが、いまは気持ちを真ん中にしてみるのはどうでしょう。鬱病といえば感情が急降下も急降下、気分の塞ぎ込み、不安、緊張、焦り、苛立ちなどがぐるんぐるんしている状態とも言えましょう。まずはそこからゆっくり、歩くような感じで抜け出してみてはどうでしょうか。
そして、「小説を書く」の一歩手前で立ち止まって落ち着いてみるといいかもしれません。その場で座るイメージ。
鬱を抜けて、気力が漲る一歩手前にいる。
気持ちを真ん中に、いまの自分を見つめる。
まだ小説が書けない私ですけど、そうやって鬱病と生活しています。

いきなり「小説を書く」に飛んでしまうよりも、落ち込んでいる心を真ん中にしてみることを心がけてもいいかもしれません。

さ、参考になるでしょうか......?
的外れだったらすみません汗

カテゴリー : やる気・動機・スランプ スレッド: 頭が真っ白になって一文字も小説を書けない状態が続いています

この書き込みに返信する >>

投稿日時:

トップページへ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

質問、相談をする!
コメントは4500文字以内。
返信通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ