小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

返信追記

元記事を読む

質問再追記(質問訂正?)の返信の返信(元記事)

 >ふじたにかなめさん

 ご意見ありがとうございます。ドラコンです。

 投稿しておいて、こんなこと言うのも申し訳ないのですが、書きたい場面(書く必要のある場面とは別)を6割ぐらい書いたら、「書きたい衝動」がある程度収まってしまいました。端的に言えば、執筆に飽き始めて、書く気が薄らいでいます。

 >特に細かい情報の匙加減は、本作が完成してからのほうが他人が指摘しやすい部分かな?とも思います。

 完成させて、意見を聞きたいのは、もちろんあります。ただ、書く気が薄らぎ始めたのもあります。それと共に、ここの掲示板「ノベル道場」に投稿するせよ、「返信お知らせメール」が届かない可能性があります(2019年11月投稿の前作も、投稿直後は「返信お知らせメール」が来ていたが、後には届かなくなった)。いつ感想が付くかと、一日に何度もラ研をチェックするのも、結構なストレスですよ。

 現に、このスレッドも、「返信お知らせメール」が来ていません。「返信お知らせメール」が来れば、メールが届いてから見に行けば良いので、楽なんですがね。

 >前回の話を未読な人にも分かるように世界観を説明する必要があるなら、皇后である主人公たちが演劇をしているって情報は、かなり序盤じゃないと個人的にダメだと思っております。
 >この牢屋での会話が起承転結の起以外なら、初めて「劇の公演」の話が出てきたら情報として遅いかもしれないって思いました。

 ここは悩むところですよ。序盤で設定を羅列するのは「悪手」ですからね。書き出しで、こう書いておけば良いのでしょうか? 『落第忍者乱太郎』は、各巻冒頭で設定をくどくど説明します。ですが、これは長寿作品で、それが既に「お約束」で、「様式美」なっています。拙作で、これをまねるのもどうかと思います。

「後宮は、妃たちが皇帝の寵を競い、争う場ではない。全寮制の女性だけの劇団、そして女性官吏の独身者寮である。よって、後宮の住人は、劇団員か女性官吏、または両方である。三百年前に、当時の皇后が側室の嫉妬から投獄され獄死し、その原因を作った側室と皇帝も非業死。これを受けて後を継いだ新帝は、女同士の争いに嫌気がし、皇后以外とは関係を持たなかった。以後の皇帝も、これに倣っている」

 >「無礼だぞ」の台詞が出てきてもおかしくない世界観なら、裁判沙汰は失脚や降格してもおかしくないのでは?って個人のイメージです。なので、裁判沙汰にまで発展させた皇帝に不信感を抱いてもおかしくないのでは?って思った

 この投獄と裁判は「茶番」ですからね。最終的に「茶番だ」とはっきり言うのは、ネタばらし(結)の場面です。最初(起)の裁判場面では、あからさまに示すと興醒めなので、うまく「茶番」と匂わせられれば、良いのですが。

 >三人ともにのんびりし過ぎなように感じました。

 この場面は、のんきに、無邪気に「囚人ごっこ」と感じてほしいので、狙い通りですね。

返信追記

スレ主 ドラコン 投稿日時: : 1

 >ふじたにかなめさん
 
 ドラコンです。遅ればせながら、返信の追記です。
 
 この『寿国演義 銀鈴、獄中で幽霊と邂逅す』(仮称)を、「銀鈴(主人公)と仁瑜(ヒーロー)とのラブラブ・イチャイチャ話」と期待されていたのでしたら、申し訳ないのですが、ご期待に添える作品ではありません。「銀鈴が幽霊に気に入られる」との話です。仁瑜の出番は、あまりありません。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: 作中で演劇が話題になる場合の、その演劇のあらすじの扱いは?

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「作中で演劇が話題になる場合の、その演劇のあらすじの扱いは?」の返信一覧

他の相談一覧

『小説の批評依頼』の広告。

投稿者 大野知人 回答数 : 0

投稿日時:

 大野です。  ご存じの方はご存じでしょうが、はい、いつものアレです。『小説の批評依頼!』コーナーの常駐人数が少ないので、こち... 続きを読む >>

更新頻度

投稿者 パクトボー 回答数 : 4

投稿日時:

今は週一くらいで投稿しています。 もっと毎日とか投稿したほうがいいのかな、とも思うのですが、モチベーションや執筆速度、本業のことも... 続きを読む >>

売れる物を書くべきか? 書きたいものを書くべきか? 創作のモチベーションの保ち方とは?

投稿者 うっぴー 回答数 : 2

投稿日時:

小説を書くのが好きな人に話を聞くと、とにかく自分の書きたいことがあるから書いている人が大半です。俺の望む中二病バトルが書きたくて書い... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ