小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

あまくささんのランク: 大作家273冠王 合計点: 936

あまくささんの返信一覧

元記事:戦闘シーンの書き方について(長文ですみません)

こんにちは。自分は戦闘物の作品を書きたいと思っていますが戦闘シーンがなかなかうまくかけません。悩んでいるのが以下の問題です。

1;持っている武器同士のぶつかり合いで現実にない方法で書いた場合「これ現実にないからおかしくない?こんな動きできなくない?」って言われるのが怖いこと(例えば刀を片手で持ってふって戦うとか)
2;主人公たちが負ける流れがどうしてもかけないため、近距離と遠距離の武器を持たせてどんな状況でも一人でできるようにしたいが、俺つえええになってしまいそうなこと
3:戦闘シーンを事細かく書いていることが多い(SAOや魔法科や境ホラなど)ため細かく書かないといけないのか?
4;戦闘シーンを書くために武器辞典みたいなのを買ったほうがいいのか?
です。

1は自分の脳内ではこういうことができそう&創作だから問題ないよね。と思いますが、今の時代現実でありえないことを書くと色々言われることが多くなったので「現実でできないやつを書くのはおかしいのかな」と思ったからです。

2は自分の最大の欠点で、複数持つより一点のほうが強いというのがあります。しかし負けるのがどうしても書けない&リアル職場で「一人でも対応できるようにする」というのを染み込まれたので複数を持ったほうがいいのかと考えました。でも器用貧乏とかメアリー・スーなど色々言われそうなので怖いです。

3は自分はそういう小説読むと、どんな動きをしているのかわからなくなることがあります(読解力が終わっています)そのため武器を調べる→脳内でどう戦っているか想像する。流れになります。いろんな小説見るとかなり長く戦っている感じで書かれていることが多くて、今の時代はそういうのが流行っているのかなと思いました。そこまでかける自信がないです。

4は武器を調べてもうまくかけないことが多いです。なので、武器辞典があったら買ったほうがいいのかなと思った方です。

長文で大変申し訳ございませんがアドバイスがありましたら教えてください。

上記の回答(戦闘シーンの書き方について(長文ですみません)の返信)

投稿者 あまくさ : 0 投稿日時:

悩みが多いですね。
読者目線や有名作の動向に配慮するのは大切なことですが、迷ったときには思い切って自分のやりたいことをやってみる方がいいかもしれませんよ。

>こういうことができそう&創作だから問題ないよね。と思いますが、

私も「創作だから問題ない」でいいと思います。

>今の時代現実でありえないことを書くと色々言われることが多くなったので

そんな傾向がなくもない感じもしますが、過度に気にしないことです。
例えば『パリピ孔明』のクライマックス。渋谷のゲリラライブについて「現実にあんなことをやったら迷惑だ」という批判がネット界隈でみられたようですが、そんな意見にいちいち取り合っていたら創作が萎縮してつまらなくなります。物語のキャラは現実にできないことをやってくれるから爽快感があるので、それを否定されたら立つ瀬がありません。

>主人公たちが負ける流れがどうしてもかけないため、

>俺つえええになってしまいそうなこと

>器用貧乏とかメアリー・スーなど色々言われそうなので怖いです。

「なってしまいそう」じゃなくて、負けない主人公を書いたらもちろん「俺つえええ」になります。だから、どちらかを選択するしかないんですよ。

「俺つえええ」を避けるなら弱点を作るとか、苦戦させるとかするしかありません。でも、それはやりたくないのでしょう?
じゃあ、しかたがないじゃないですか。

そもそも「俺つえええ」とか「メアリー・スー」と言うといけないことのように聞こえますが、「規格外の強さを持つ主人公」と言えばそんなにダメにも聞こえないのでは?
書く前から批判を心配するのはやめて、自分の望む主人公像を作るにはどうすればよいかに集中する方が本筋ではないでしょうか?

>戦闘シーンを事細かく書いていることが多い(SAOや魔法科や境ホラなど)ため細かく書かないといけないのか?

そういう作品が多いというだけで、闇雲に見ならう必要はありません。気になるなら、SAOや魔法科や境ホラなどの作品において、戦闘シーンを細かく描くことによってどんな効果を生んでいるのかに注目してみてください。それが自作に取り入れられると感じたら参考にすればよいというだけです。

>戦闘シーンを書くために武器辞典みたいなのを買ったほうがいいのか?

別に必須ではないと思いますが。

>武器を調べてもうまくかけないことが多いです。

他の方法で調べられているならそれでよいのでは? と思いますが、ご自分でそれでは不十分と感じるなら(試しに)武器事典的なものを買ってみるのもいいかもしれません。

>たまにロボと生身の人間での戦闘がありますが、あまり書かないほうがいいのでしょうか?倒し方や動き方に矛盾が出たり、ロボなら兵器やロボ相手の方がいいと聞いたことがありますが気になったので。

一概には言えないでしょう。
スレ主様の読まれた「たまにロボと生身の人間での戦闘がありますが」という作品では効果的に書かれていましたか?
よく書けていて面白かったのなら、そういうのもありという証拠。
あまりよくないと感じたのなら、具体的にどこがよくないのか(つまらないとか、リアリティが欠如しすぎているとか)を考えてみるとよいかと。

>長い文章で申し訳ございませんが

いいえ。
質問はむしろ長めな方がいいです。短文すぎて状況がわからず、回答のしようがないという質問がけっこう多いので。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: 戦闘シーンの書き方について(長文ですみません)

この書き込みに返信する >>

元記事:地の文のほとんどを占める部分の書き方について

ラノベにおける要素として、「会話」「人物描写」「情景描写」「その他」が挙げられると思うのですが、この「その他」の部分が上手く書けません。
具体的には頭の中で映像としてイメージは付くのですが、それを文に書き起こせません(そのせいで一つのシーンを書くのに時間がかかりすぎる)
一人称で書いており、主人公目線の人物描写や情景描写はある程度かけるのですが、ストーリーを進める上で最も根幹となると思われる部分が中々手につかないです。時間がかかるという弊害のほかにも、地の文が主人公目線の人物描写や情景描写がほとんどとなってしまいます。

ここで私の言う「その他」の要素というのは、
・会話文
・人物描写(例えば口調や顔の表情を文章化したもの)
・情景描写(空や空気、物などの様子を文章化したもの)
・主人公の、登場人物の言動等に対するツッコミ等
上記4つ以外のことを指しています。ひょっとしたら、人によっては私の言う「その他」というのが人物描写や情景描写に含まれるかもしれないので、一応念のため私の中での定義づけを示しておきます。

作品『探偵はもう、死んでいる』(二語十先生)の表現をお借りするならば、
(1つ目)
「君塚、この男が……」
 やがて、夏凪が小さく俺の袖を掴む。
 地下の最奥部にあった、完全に密閉された鋼の小部屋。唯一、正面についている小さなガラス板から中を覗くと、一人の男が腕に鎖を巻かれて座り込んでいるのが見えた。

(2つ目)
「そろそろ開演時間か」
 俺は腕時計に目を落とす。風靡さんたちを説得したり、他にもある人物に協力を要請したりと、ここに至るまでに思った以上に時間を食ってしまっている。

一つ目の例で言えば「唯一、~のが見えた」の部分、二つ目の例で言えば「風靡さんたち~しまっている」の部分のことを指しています。

これらの文章がラノベのほとんどを占めている(次に会話)と思うのですが、自分の頭の中で映像化したものをパッと文章化するにはどうすれば良いでしょうか…?
(全く文章化できないというわけではなく、そこにかなりの時間を割いてしまうのを改善したいです)
やはり、ラノベの読む量を増やせば良いでしょうか?

上記の回答(主人公の行動を書いてください)

投稿者 あまくさ : 2 投稿日時:

>・会話文
>・人物描写(例えば口調や顔の表情を文章化したもの)
>・情景描写(空や空気、物などの様子を文章化したもの)
>・主人公の、登場人物の言動等に対するツッコミ等

ああ、なるほど。決定的に足りないものがありますね。
それは、主人公の行動の描写です。

2行目の人物描写は、一人称で口調や顔の表情を描写しているということは、主人公以外のキャラについての描写ということになります。自分の表情は見えませんから。

>唯一、正面についている小さなガラス板から中を覗くと、一人の男が腕に鎖を巻かれて座り込んでいるのが見えた。

この文章のうち「一人の男が腕に鎖を巻かれて座り込んでいる」は人物描写ですよね? 口調や表情を書くのは別に必須ではなく、ここでは「一人の男」のその時の外見的な様子を記述しているわけです。

>正面についている小さなガラス板から中を覗くと

この文章が、「中を覗く」という主人公の行動を記述しています。

中を覗くという「行動」の結果、一人の男がどういう状態になっているかが見えた。それだけのことです。何か難しいですか?

思うに、

>・主人公の、登場人物の言動等に対するツッコミ等

こういうのが一人称の主たる書き方だと思い込んでいるのではないでしょうか?
でも、それは勘違いです。
確かにラノベの一人称は、主人公の主観ダダ洩れっぽい文体が多いですが、それははっきり言って枝葉です。

地の文を書くときは、人物描写や情景描写もそれなりに大切ではありますが(これらも実は枝葉)、一にも二にも、

◎主人公が何をしたのか?

◎これから何をするのか?

◎その結果、どこに行きつくのか?

これを意識して書いてください。

会話文は主人公の行動と同程度に重要ですが、

>・人物描写(例えば口調や顔の表情を文章化したもの)
>・情景描写(空や空気、物などの様子を文章化したもの)

この二つは、まったく無いと味気ないから時々バランスよく挿入すればよい。そんな程度で十分なんです。

ましてや、

>・主人公の、登場人物の言動等に対するツッコミ等

これは作品のスタイルによっては皆無でも構わないものです。

小説で最も大事な要素はストーリーであり、ストーリーとは主人公の行動によって表現するものです。
それを忘れないでください。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: 地の文のほとんどを占める部分の書き方について

この書き込みに返信する >>

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

元記事:キャラクターの面白い会話、面白いセリフを思いつくようになるには

読者をクスリとさせたり、キャラが可愛いと思わせたり、ツッコミを入れさせる。
そんなセリフを書けるようになりたいです。
しかし、自身が人との会話が得意でなく、咄嗟の言葉が出ない人間であるため、面白い会話が日常的にできないです。
会話とセリフが頭に浮かぶようになるにはどうしたらいいでしょうか。
耳で覚えられると聞いたことがあるので、男女問わず、好きな作品のセリフを音読して頭に染み込ませれば、何か良いセリフや掛け合いが思いつくでしょうか。
何か有効な方法はあるでしょうか。
どなたかご意見をお聞かせください。

上記の回答(キャラクターの面白い会話、面白いセリフを思いつくようになるにはの返信)

投稿者 あまくさ : 3 人気回答! 投稿日時:

書きたいのはラノベでいいですね?
なら、

>男女問わず、好きな作品のセリフを音読して頭に染み込ませれば、何か良いセリフや掛け合いが思いつくでしょうか。

小説を読むより、アニメを観まくるのがいいです。
キャラやセリフの感覚に関しては、小説(一般)・映画・テレビドラマなどよりもアニメの方がラノベに圧倒的に近いですから。

また小説を読むならラノベが一番でしょうが、それと比べてもアニメの方がいいんじゃないかと。
アニメなら会話と合わせてキャラの表情・声・仕草がセットで感得できます。そういう部分でもアニメとラノベはテンプレが似ているので、かなり参考になると思います。

>しかし、自身が人との会話が得意でなく、咄嗟の言葉が出ない人間であるため、面白い会話が日常的にできないです。

それは、あまり関係ありません。
ラノベやアニメの会話とリアルの会話はぜんぜん違うからです。

ただ。

できたら、誰か好みの似ている人と一緒にアニメを観るといいですよ。
好みが似ていると、同じところで同じように感じたのが伝わってくることがあります。
別に活発に会話しなくてもいいです。繰り返しますがリアルの会話と創作の会話は違うので、そういう部分では大して参考にも勉強にもなりません。

ただ、会話はコミュニケーション。
コミュニケーションの本質は「共感」ですから。

会話がはずまなくても何となく気は合うという知り合いはいないでしょうか?
好みが近い人、一緒にいて違和感がなく話がしやすいという人です。

そういう人とぽつぽつとでもいいから会話するのは、小説を書く上でプラスになると思います。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: キャラクターの面白い会話、面白いセリフを思いつくようになるには

この書き込みに返信する >>

元記事:ラブコメ作品は一人称視点でないとダメ?の返信の返信の返信の返信の返信

少し前にこの掲示板で三人称一元視点(三人称一視点ともいいます)についての質問がありました。そこでの私の回答の一部を抜粋します。

(抜粋はじめ)

1)しずかちゃんはかわいいなあ。(一人称・主観型)

2)ボクは、しずかちゃんはかわいいと思っている。(一人称・客観型)

3)のび太は、しずかちゃんはかわいいと思っている。(三人称)

(抜粋ここまで)

このときは人称と主観・客観の関係で説明したのですが、実は例文の本来の違いは直接話法か間接話法かということなんですね。そこに着目して( )内を書き直すと、

1)しずかちゃんはかわいいなあ。(直接話法)

2)ボクは、しずかちゃんはかわいいと思っている。(間接話法)

3)のび太は、しずかちゃんはかわいいと思っている。(間接話法)

となります。2の文章は、「ボクは~と思っている」と「しずかちゃんはかわいい」が入れ子になっています。これが間接話法で、3の三人称型でもまったく同じです。(厳密にいうと直接話法・間接話法というのは英文法の用語)

でですね。
ここからが肝心。

1~3を人称で言うと、純粋な文法としては、

1)しずかちゃんはかわいいなあ。(三人称)

2)ボクは、しずかちゃんはかわいいと思っている。(一人称)

3)のび太は、しずかちゃんはかわいいと思っている。(三人称)

となります。

あれ?

「1は一人称なんじゃないの?」という疑問が生じますよね。しかし1の主語は「しずかちゃん」ですから文法的には3と同じ三人称なんです。

ところが小説の場合、1は普通「主人公のおしゃべり口調」とみなされやすいのではないでしょうか?
主人公がおしゃべりしているなら小説では一人称ということになります。

具体的には最後が「かわいい」ではなく「かわいいなあ」になっているのがポイント。

4)しずかちゃんはかわいい。

なら素直に三人称とみるのが妥当ですが、「かわいいなあ」というのは誰かが心の中で思ったことが強調されているためニュアンスが変わってきます。
実はこれ、以下の文章の省略形なんですよ。

5)ボクは、(しずかちゃんはかわいいなあ)と思った。

この文章の( )内だけを取り出して、( )も省略してしまったものなんです。

ところが、そう考えると、

6)のび太は、(しずかちゃんはかわいいなあ)と思った。

同様にこれでも成立し得ることになります。

◎すなわち、小説の文章の場合、1は一人称なのか三人称なのかわからないのです。

まとめると、

7)ボクは、しずかちゃんはかわいいと思っている。(一人称・間接話法)

8)のび太は、しずかちゃんはかわいいと思っている。(三人称・間接話法)

9)しずかちゃんはかわいい。(単純な三人称)

10)ボクは思った。
  (しずかちゃんはかわいいなあ) (2行目が直接話法)

11)のび太は思った。
  (しずかちゃんはかわいいなあ) (2行目が直接話法)

12)しずかちゃんはかわいいなあ。(10または11の省略形。したがって、省略した部分が一人称なのか三人称なのかはわからない)

となります。

◎12について。

ここまで説明した理由で12の文章は、これだけでは前後の文脈が一人称なのか三人称なのか判別できません。
ただし、(かわいいなあ)という主観的な言い回しを使っているため、一人称の流れの中に置く方が自然になりやすいということは考えられます。それが主に一人称小説の中で多用される理由ですが、本質的には間接話法の文の省略形なので、違和感なく書ければ三人称で使っても何ら問題はないのです。

よって結論。

◎12のタイプの文章は一人称小説では使いやすい。
三人称小説で安易に使うと不自然になりやすいので注意を要するが、読者に違和感をもたせないようにうまく書ければ使ってもかまわない。

となります。

   *   *   *

スレの最初のご質問にもどります。

ラブコメ作品は一人称視点でないとダメなのでしょうか?

私はそうとも思いませんが、ダメだという意見は要するに三人称ではキャラの心情が書きにくいと考えているのだと推測されます。

しかし、三人称でも、

8)のび太は、しずかちゃんはかわいいと思っている。(三人称・間接話法)

11)のび太は思った。
  (しずかちゃんはかわいいなあ) (2行目が直接話法)

このように普通に書けます。例文なので素っ気ないですが、もっとやわらかなニュアンスを含んだ文章にすることもできるでしょう。
そして、お望みとあらば直接話法の、

12)しずかちゃんはかわいいなあ。(10または11の省略形。したがって、省略した部分が一人称なのか三人称なのかはわからない)

も使用可能ですから、三人称でも工夫次第でキャラの心情はいくらでも表現できるはずです。

よって、最終結論。

三人称でもラブコメは問題なく書ける。

証明終わり。

上記の回答(すみません、訂正します)

投稿者 あまくさ : 0 投稿日時:

1箇所訂正。

「◎12について」以下の文章中、

(誤り)
本質的には間接話法の文の省略形なので、違和感なく書ければ三人称で使っても何ら問題はないのです。

と書きましたが、

11)のび太は思った。
  (しずかちゃんはかわいいなあ) (2行目が直接話法)

この文章は間接話法ではありませんでしたね。

(訂正)
本質的には一人称または三人称の文中の直接話法部分だけを切り取ったものなので、違和感なく書ければ三人称で使っても何ら問題はないのです。

この方が正確だろうと思います。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: ラブコメ作品は一人称視点でないとダメ?

この書き込みに返信する >>

元記事:ラブコメ作品は一人称視点でないとダメ?の返信の返信の返信の返信

僕も引用箇所で特に問題は感じていませんでした。そういえば別の書き込みでオミクロンさんは三人称一元視点をわかってないって指摘されてたような……。
(うまく返信できなかったので再度書き込みしました)

上記の回答(ラブコメ作品は一人称視点でないとダメ?の返信の返信の返信の返信の返信)

投稿者 あまくさ : 0 投稿日時:

少し前にこの掲示板で三人称一元視点(三人称一視点ともいいます)についての質問がありました。そこでの私の回答の一部を抜粋します。

(抜粋はじめ)

1)しずかちゃんはかわいいなあ。(一人称・主観型)

2)ボクは、しずかちゃんはかわいいと思っている。(一人称・客観型)

3)のび太は、しずかちゃんはかわいいと思っている。(三人称)

(抜粋ここまで)

このときは人称と主観・客観の関係で説明したのですが、実は例文の本来の違いは直接話法か間接話法かということなんですね。そこに着目して( )内を書き直すと、

1)しずかちゃんはかわいいなあ。(直接話法)

2)ボクは、しずかちゃんはかわいいと思っている。(間接話法)

3)のび太は、しずかちゃんはかわいいと思っている。(間接話法)

となります。2の文章は、「ボクは~と思っている」と「しずかちゃんはかわいい」が入れ子になっています。これが間接話法で、3の三人称型でもまったく同じです。(厳密にいうと直接話法・間接話法というのは英文法の用語)

でですね。
ここからが肝心。

1~3を人称で言うと、純粋な文法としては、

1)しずかちゃんはかわいいなあ。(三人称)

2)ボクは、しずかちゃんはかわいいと思っている。(一人称)

3)のび太は、しずかちゃんはかわいいと思っている。(三人称)

となります。

あれ?

「1は一人称なんじゃないの?」という疑問が生じますよね。しかし1の主語は「しずかちゃん」ですから文法的には3と同じ三人称なんです。

ところが小説の場合、1は普通「主人公のおしゃべり口調」とみなされやすいのではないでしょうか?
主人公がおしゃべりしているなら小説では一人称ということになります。

具体的には最後が「かわいい」ではなく「かわいいなあ」になっているのがポイント。

4)しずかちゃんはかわいい。

なら素直に三人称とみるのが妥当ですが、「かわいいなあ」というのは誰かが心の中で思ったことが強調されているためニュアンスが変わってきます。
実はこれ、以下の文章の省略形なんですよ。

5)ボクは、(しずかちゃんはかわいいなあ)と思った。

この文章の( )内だけを取り出して、( )も省略してしまったものなんです。

ところが、そう考えると、

6)のび太は、(しずかちゃんはかわいいなあ)と思った。

同様にこれでも成立し得ることになります。

◎すなわち、小説の文章の場合、1は一人称なのか三人称なのかわからないのです。

まとめると、

7)ボクは、しずかちゃんはかわいいと思っている。(一人称・間接話法)

8)のび太は、しずかちゃんはかわいいと思っている。(三人称・間接話法)

9)しずかちゃんはかわいい。(単純な三人称)

10)ボクは思った。
  (しずかちゃんはかわいいなあ) (2行目が直接話法)

11)のび太は思った。
  (しずかちゃんはかわいいなあ) (2行目が直接話法)

12)しずかちゃんはかわいいなあ。(10または11の省略形。したがって、省略した部分が一人称なのか三人称なのかはわからない)

となります。

◎12について。

ここまで説明した理由で12の文章は、これだけでは前後の文脈が一人称なのか三人称なのか判別できません。
ただし、(かわいいなあ)という主観的な言い回しを使っているため、一人称の流れの中に置く方が自然になりやすいということは考えられます。それが主に一人称小説の中で多用される理由ですが、本質的には間接話法の文の省略形なので、違和感なく書ければ三人称で使っても何ら問題はないのです。

よって結論。

◎12のタイプの文章は一人称小説では使いやすい。
三人称小説で安易に使うと不自然になりやすいので注意を要するが、読者に違和感をもたせないようにうまく書ければ使ってもかまわない。

となります。

   *   *   *

スレの最初のご質問にもどります。

ラブコメ作品は一人称視点でないとダメなのでしょうか?

私はそうとも思いませんが、ダメだという意見は要するに三人称ではキャラの心情が書きにくいと考えているのだと推測されます。

しかし、三人称でも、

8)のび太は、しずかちゃんはかわいいと思っている。(三人称・間接話法)

11)のび太は思った。
  (しずかちゃんはかわいいなあ) (2行目が直接話法)

このように普通に書けます。例文なので素っ気ないですが、もっとやわらかなニュアンスを含んだ文章にすることもできるでしょう。
そして、お望みとあらば直接話法の、

12)しずかちゃんはかわいいなあ。(10または11の省略形。したがって、省略した部分が一人称なのか三人称なのかはわからない)

も使用可能ですから、三人称でも工夫次第でキャラの心情はいくらでも表現できるはずです。

よって、最終結論。

三人称でもラブコメは問題なく書ける。

証明終わり。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: ラブコメ作品は一人称視点でないとダメ?

この書き込みに返信する >>

あまくささんの返信2ページ目(最新の順)

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
質問、相談をする!
コメントは4500文字以内。
返信通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ