小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

▼ カテゴリー(展開)

新着の投稿(更新順)

長編小説の長さ問題

投稿者 ラ研の無惨 回答数 : 3 更新日時:

どうもこんにちは。 最近急に掲示板全体の賑わいが落ちてきているような気がするので、高頻度で申し訳ございませんがスレを立てさせてくだ... 続きを読む >>

カテゴリー: ストーリー

セリフの繋げ方について

投稿者 例)山田太郎 回答数 : 6 更新日時:

文章を書く時に気になったことを質問します。あまりに初歩的過ぎる気もしますがご容赦ください。 セリフへの繋げ方、セリフからの繋ぎ... 続きを読む >>

カテゴリー: 文章・描写

ラノベの恋愛は「理想」を書くべきか、「現実」を書くべきか

投稿者 半額オソーザイ 回答数 : 19 更新日時:

たまにこちらにお世話になっております、半額オソーザイと申します。 1作目が書き終わり一次落ち前提で公募に投げ込んで、次作をボヤ... 続きを読む >>

カテゴリー: ストーリー

伝説の武器、異世界のモンスター、神話や伝説辞典、などの情報を纏めた辞典を教えてください

投稿者 ふるへぐ 回答数 : 2 更新日時:

よろしくお願いします。 以前、どこかで正にタイトル通りな辞典を見つけ、是非これは欲しいと思ったものがあったのですが、今やその本... 続きを読む >>

カテゴリー: その他

カタルシスの分散

投稿者 大野知人 回答数 : 54 更新日時:

 こんにちは、大野です。  今回、ちょっと分かりにくいタイトルになってるんですが、大雑把に言えば「話の落としどころで迷っている... 続きを読む >>

カテゴリー: ストーリー

何も書けない、思い付かない

投稿者 小間さん 回答数 : 9 更新日時:

タイトルの通り、何もかけず、話も思い付かなくなりました。 執筆歴はだいたい10年で、長編も完成させてます。ずっと書き続けていま... 続きを読む >>

カテゴリー: やる気・動機・スランプ

主人公の弱点

投稿者 ラ研の無惨 回答数 : 23 更新日時:

どうもこんにちは。 誰かさんがまた爆発したせいでスレッドが流れているようだから、過疎を促進しないためにもスレを立てさせて下さい。高... 続きを読む >>

カテゴリー: キャラクター

一回の台詞文は何行までが最適ですか?

投稿者 ルッチ 回答数 : 5 更新日時:

皆さんのご意見を聞かせてください。 自分の場合は、一回の台詞文は長くても3行までにしてます。それ以上は地の文で区切って、その後にま... 続きを読む >>

カテゴリー: ストーリー

上陸作戦と艦砲射撃

投稿者 ラ研の無惨 回答数 : 9 更新日時:

どうもこんにちは。いつもお世話になっています。 今回のスレで聞きたいのは軍隊の戦術に関する話です。 今執筆中の作品で主人公の... 続きを読む >>

カテゴリー: 設定(世界観)

人気が出るための三大要素

投稿者 平田崇達 回答数 : 3 更新日時:

おかしなことを言うようだが、気にせず聞いてくれ。昔、小耳にはさんだ情報によると古今東西あらゆる娯楽作品にて確実に人気の出るという三大... 続きを読む >>

カテゴリー: 設定(世界観)

現在までに合計1,205件の投稿があります。 10件づつ表示中。現在全121ページ中の1ページ目。

最新の返信一覧

元記事:長編小説の長さ問題の返信

120枚って原稿用紙換算でいいのかな。だいたい文庫本の半分か1/3くらい?
そのサイズで3種のゴーレムを出すってのは多いんじゃないかな。

個人的には、ページ数に対して設定の量って考えじゃなくて、エピソードに対して設定の量で考えてます。
だからゴーレムを3種類出す場合、私なら最低でも3つのエピソードを作って、それぞれのゴーレムの特徴が最大限に出るような話を作ります。
とはいえ、これだと1種類紹介して次でもう一種紹介して次でと割と忙しないし、そもそもゴーレム紹介だけするわけではなくキャラや世界観の紹介でもやはりエピソードを使うので、序盤で120pくらいだったら1種類出して「ゴーレムとは何ぞや」「どれくらい凄いのか」「何ができるのか」を書いて、キャラや世界観の紹介もしつつ物語を進めるのが精一杯だと思います。
主人公はおそらく多種多様のゴーレムを出せるでしょうから、「その出した1種類以外のことも出来るぞ」と思わせる展開を用意して、一種類だけではないって事を印象付けるかな。
でなけりゃ最初から全種一気に出して「ゴーレム」という括りで語ればいけるかな。

こういう情報の分量はエピソード単位で考えるとわかると重要度や優先度が思うんですが、そのワンエピソードであれもやってこれもやってと重要な情報を複数詰め込んだら読者は何を見たらいいのかわからなくなって読み取りにくくなってしまう。
だから、基本的にワンエピソードに対して出したいものは一つしか設定しない。
でも、割とよくやってしまうだろうと思うことは、「ゴーレム召喚のタイミングで魔力について書けるな」とか「敵魔術師との戦いでゴーレムの歴史について触れられるな」とか、一石二鳥を狙ってあれもこれも詰め込んでしまう。
プロの作品を読んでいると、設定を語りつつキャラの描写をしたりしてるからそれが良いと思ってしまうしそういうのが上手いと思ってしまうけど、まあ事実プロは上手いんだけど、基本においては「ひとつの設定(書きたいこと)」に対してそれを表現するエピソードを用意するわけで、「Aを表現してるエピソード」においていきなり「Bの説明」なんて始めたら読者はそんなの覚えきれない。
「Aを表現するエピソード」を作ったのなら、Aに付随する多少のものなら付け加えられるけど基本は「A」を語るのみ。
何か一つに集中してそれのみ語る、それが丁寧ってこと。

なので、ページ数に対して設定が多い少ないじゃなく、エピソード内に出てくる設定が入り組んでて(多いではない)把握しにくい、ということではないかと思う。
設定それぞれ出したいモノやりたい事それぞれにいちいち短編か掌編みたいなエピソードを用意してたら当然のことページ数は爆発的に増えるけど、ページ数が増えるのは結果論であって、ページを増やしても解決しないと思う。
そして、同時に
>「敵側の悪事など、色々加筆した方がいいと思う箇所が多い」
こちらの意見も、たぶん単純に加筆したところで解決には足らないんじゃないかなと思う。
前述した内容は要約すると「ひとつのエピソードに込められるものはひとつだけ」ってことなんだけど、すると読者は大小複数のエピソードから読み取れるものを順に整理して「これはこういうお話なんだ」って理解するわけで、
ここでピンと来たかもしれんけど、エピソードの数ってそう多いわけではないし普通は一本で10前後だと思うから、そもそも設定ってそんなに書けないんだよね。

つまり、それぞれのエピソードに込めるものってのは物語の要点であって重要なポイントポイントのことで、読者はそれをつなぎ合わせて物語の全体を把握するので、「敵側の悪事など」と感想を漏らした読者にとっては、「そういう重要なこと書いたエピソードないよね?」ということで、物語の理解に必要な要点がちゃんとエピソードにまとめられていれば物語の長さというのはそれほど問題ではない。
物語の要点が多ければ長くなるし、少なく出来れば短く書ける。当然少なく短いほうが難しい。
ページ数の問題じゃなくて、ぶっちゃけ作者の情報の取捨選択など物語と設定の整理の問題だと思う。

上記の回答(長編小説の長さ問題の返信の返信)

スレ主 ラ研の無惨 : 0 投稿日時:

サタン様、いつもお世話になっております。今回もありがとうございます。

まず最初に、前のホムンクルスの話に手を付けずに別の作品を書いている理由の説明をし忘れていたので最初にします(汗)
確か以前サタン様は「前相談した作品と別の作品の相談をされると『前のはどうした』と思うことがある」という感じのコメントを別のスレでされていたので……

ホムンクルスを後にして別の長編を書いている理由ですが、単純にWEB公募のスケジュールの都合です。
締め切りが来年の二月という割とタイトな納期に間に合わせるにはギアを上げないと間に合わないと判断したので、作り始めています。
本来ならスレを立てる時に説明しないといけないことを後回しにして申し訳ございません。ここからサタン様の返信に戻ります。

========

>120枚って原稿用紙換算でいいのかな。

原稿用紙換算ですね。ここも説明し忘れました(汗)

>そのサイズで3種のゴーレムを出すってのは多いんじゃないかな。

だから「種類を増やすのと同時に物語の尺も増やす必要があるのでは」という疑問を抱いたという感じです。
(ガンダムでも長いタイトルほどそれに比例して登場メカニックが増える傾向にあるから。逆に劇場版ではあまりたくさん出てこない)

>だからゴーレムを3種類出す場合、私なら最低でも3つのエピソードを作って、それぞれのゴーレムの特徴が最大限に出るような話を作ります。
>そもそもゴーレム紹介だけするわけではなくキャラや世界観の紹介でもやはりエピソードを使うので、序盤で120pくらいだったら1種類出して「ゴーレムとは何ぞや」「どれくらい凄いのか」「何ができるのか」を書いて、キャラや世界観の紹介もしつつ物語を進めるのが精一杯だと思います。

戦死者や損傷機を出す前提で考えても厳しいでしょうか? 私はそれで何とか管理するキャラクターを減らしながらやりくりしましたけど……
厳しいなら多分上手にやりくりできていないってことになりますね。

>割とよくやってしまうだろうと思うことは、「ゴーレム召喚のタイミングで魔力について書けるな」とか「敵魔術師との戦いでゴーレムの歴史について触れられるな」とか、一石二鳥を狙ってあれもこれも詰め込んでしまう。

これはどちらかというと戦闘シーンが始まる前置きでやらかした奴ですね(汗)
サタン様はガンダムの二次創作を知っているから話しましたが、そちらの感想で「盛り上げる手段を戦闘シーンに頼り切りすぎているせいで人間関係の描写が足りない」という苦情が多く寄せられた結果「前半50枚を人間関係の描写に割いてからやっと冒険開始」という内容にしてしまいました(ここまでゴーレムは一機も登場しません。両極端すぎですね、ハイ)

ちなみに自分で読み返して一番ヤバイと思ったのはプロローグです。
主人公が一人で「ゴーレムの作り方、材料の集め方、この世界の魔法の説明をする」という退屈な説明をプロローグからぶちかましていました(汗)
多分当時の私は「作中世界の歴史を長々語っているわけじゃないから別にいいだろ」とでも思っていたのでしょう。
(第1研究室に掲載された悪い見本を反面教師にしたつもりだった。上っ面だけですけどね)
気になったならノベル道場を経由して確認してきてください。

>ページ数が増えるのは結果論であって、ページを増やしても解決しないと思う。
>こちらの意見も、たぶん単純に加筆したところで解決には足らないんじゃないかなと思う。

まあそれでも、上限が少ないから削るよりは、上限の想定を広げた方が私の場合はいいような気がします……
分量だけで言ったらこの第1章はガンダムの二次創作(約360枚)の半分もないですからね……
旧キャラの中では度々話題になるアンジーが登場するエピソードはなんと80枚くらいもある大長編で、これを当時の私は約一か月で書きあげていました。
枚数少ないなら、せめて読者様の手に届くのを早くしたい……

なんか途中スレッドの趣旨と関係ない悩みを書いちゃいましたけど、使えない設定を削る前に整合性が乱れない範囲でエピソードを追加していく方針で探っていきたいと思います。ありがとうございました。

カテゴリー : ストーリー スレッド: 長編小説の長さ問題

この書き込みに返信する >>

元記事:セリフの繋げ方について

文章を書く時に気になったことを質問します。あまりに初歩的過ぎる気もしますがご容赦ください。

セリフへの繋げ方、セリフからの繋ぎ方というのは決まっているのでしょうか。
例えば、

 彼は得意げにこう言った。
「俺は毎日5キロは走ってるからね」
 僕は10キロ走っているが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。


 彼は得意げに、
「俺は毎日5キロは走ってるからね」
と言った。
 僕は10キロ走ってるが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。


 彼は得意げに、
「俺は毎日5キロは走ってるからね」。
 僕は10キロ走ってるが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。


 彼は得意げに、
「俺は毎日5キロは走ってるからね」
 僕は10キロ走ってるが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。

の四つの場合どれが正しいと言えるのでしょうか。(セリフの繋げ方だけ見た時)
どうか教えてください。お願いします。
また、この他に違う表現があるならぜひ教えてください。

上記の回答(セリフの繋げ方についての返信)

投稿者 スヲ(たーぼ) : 1 投稿日時:

 たぶん ② なんだろうな、という感じがします。
 以下に1つずつ、挙げていきますが……。

 ① だと、なにか外国語の直訳にも読め(きこえ)てしまいます。
 ③ は、ことによると読者に分からない(?)かもしれません。
 ④ であれば、かなり悪くない印象ではありますが、昔の講談本みたいな。

   いぐザンプル )

 かれは得意げに笑いながら、「オレは毎日、5 キロは走ってるからね!」と言った。
 だが……、いつも 10 キロは走っていたボクは、しかし自分のそれを、あえてクチにはしなかった。
 かれの笑顔を、壊してやりたくなど、なかったからだ。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: セリフの繋げ方について

この書き込みに返信する >>

元記事:追記

>どれが正しいと言えるのでしょうか。(セリフの繋げ方だけ見た時)

純粋に地の文・セリフ・句読点の関係だけを知りたいという質問なら、①②は正しく、③④はほぼ間違いです。

③④はまずサタンさんが指摘されているように、1行目の地の文に対する述語がないという問題があります。小説の文章は表現として文法違反を許容する傾向が強いですが、例文では違和感があります。
もう一つの問題として、そもそもセリフの括弧の後に句点を打たないという慣例もあるので、③は2重にまずいです。
なので③はNGに近いですが、④は文章がうまければ通ってしまう可能性もあります。だから示されたような文脈から切り離した機械的な例文で考えても、あまり意味は無いと個人的には思うのですが。

上記の回答(追記2)

投稿者 あまくさ : 0 投稿日時:

乗りかかった船なので、述語を省略する方でも例文を考えてみました。

設定。
例えばA君はスポーツでなかなか結果を出せません。ところが主人公「僕」は、A君は家庭の事情で満足に練習できないことを知っています。
一方、スポーツに自信のあるB君が、A君を見下すような態度をとります。主人公はそれをたしなめているうちに、言い争いになります。

   *   *   *

「だいたい足が速いか遅いかで人間の価値なんて決まらないだろう?」
 僕がそう言うと、Bはムッとした顔になった。
「俺が最初から足が速いんだと思うのか? これでも少しは努力してるんだぜ」
「ふうん、そうなんだ? えらいねえ」
 ムカついてきてつい言ってしまったが、Bには皮肉が通じなかったらしい。
 彼は得意げに、
「俺は毎日5キロは走ってるからね」
 僕は10キロ走ってるが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。Bは単純なだけで根は悪いやつじゃないことを知っていたからだ。

   *   *   *

……文章の巧拙には目をつむってください(汗
こういう会話の流れでは、「俺は毎日5キロは走ってるからね」の後にいちいち「と言った」と書くとテンポが悪くなるので省いてしまうことがあるように思います。しかし、くだんの部分だけ切り取って示されると違和感があります。

そこまで質問してないよ、と言われるかもしれないとは思ったのですが。前後の文脈と切り離して考えられないたちなので最初の書き込みのように説明しました。サタンさんの回答を拝見して「やっぱり少し飛躍しすぎたかな?」と思ったので、手を戻してみました。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: セリフの繋げ方について

この書き込みに返信する >>

元記事:セリフの繋げ方についての返信

それは好みの問題で、決まりはないでしょう。

私なら、

「俺は毎日5キロは走ってるからね」
 得意げに言う。いや、こっちは10キロ走ってるよ。そんな言葉が喉まで出かかったがのみこんだ。彼の笑顔を奪いたくなかったからだ。

とか。
2行目、「得意げに言う」の主語を省いたのは、おそらく1行目のセリフには前があると思われるからです。誰が会話しているか読者に分かっている場合は、主語は省けます。
また、「いやこっちは10キロ走ってるよ」ですが、「僕」が会話相手の自慢げな様子を鬱陶しく思ったのか、そうでもないのか、などによって後の地の文のニュアンスが変わります。
そういったことによって文章を調整する方が、大切なファクターだと思います。

上記の回答(追記)

投稿者 あまくさ : 0 投稿日時:

>どれが正しいと言えるのでしょうか。(セリフの繋げ方だけ見た時)

純粋に地の文・セリフ・句読点の関係だけを知りたいという質問なら、①②は正しく、③④はほぼ間違いです。

③④はまずサタンさんが指摘されているように、1行目の地の文に対する述語がないという問題があります。小説の文章は表現として文法違反を許容する傾向が強いですが、例文では違和感があります。
もう一つの問題として、そもそもセリフの括弧の後に句点を打たないという慣例もあるので、③は2重にまずいです。
なので③はNGに近いですが、④は文章がうまければ通ってしまう可能性もあります。だから示されたような文脈から切り離した機械的な例文で考えても、あまり意味は無いと個人的には思うのですが。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: セリフの繋げ方について

この書き込みに返信する >>

元記事:セリフの繋げ方について

文章を書く時に気になったことを質問します。あまりに初歩的過ぎる気もしますがご容赦ください。

セリフへの繋げ方、セリフからの繋ぎ方というのは決まっているのでしょうか。
例えば、

 彼は得意げにこう言った。
「俺は毎日5キロは走ってるからね」
 僕は10キロ走っているが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。


 彼は得意げに、
「俺は毎日5キロは走ってるからね」
と言った。
 僕は10キロ走ってるが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。


 彼は得意げに、
「俺は毎日5キロは走ってるからね」。
 僕は10キロ走ってるが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。


 彼は得意げに、
「俺は毎日5キロは走ってるからね」
 僕は10キロ走ってるが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。

の四つの場合どれが正しいと言えるのでしょうか。(セリフの繋げ方だけ見た時)
どうか教えてください。お願いします。
また、この他に違う表現があるならぜひ教えてください。

上記の回答(セリフの繋げ方についての返信)

投稿者 サタン : 0 投稿日時:

別に決まってはいないが、1が妥当というか違和感なく読める形だと思う。
2は、ラノベではあんま見ない気がするけど一般文芸でよくある。けど普通は改行しないかな。

 彼は得意気に「俺は毎日5キロは走ってるからね」と言った。
 僕は10キロ走ってるが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。

こんな感じ。
個人的にはやっぱ1だけど、2もまま使う。
3・4は、基本的には無いかな。
3は、セリフの後に句読点がついてるけど、ここで句点がつくと、彼は得意げに~ に対して「~走ってるからね」では文章が終わってない。
主語述語の関係から日本語がおかしい。
4は、セリフの後の句点が無い状態だけど、そうすると 彼は得意げに~ に対して 僕は~それを言わなかった までが文章になるので、主語がおかしくなる。
ただ、そうしたおかしな日本語の文章自体を演出として書くこともあるので、「間違いだ」って話ではない。

この状況を表現する文章って意味じゃなくセリフとその前後の文章の置き方って意味での質問だと思うけど、
そうすっと、あとは、

 彼は得意げに、
「俺は毎日5キロは走ってるからね」と言った。
 僕は10キロ走ってるが、彼の笑顔を奪いたくないので敢えてそれを言わなかった。

と、セリフの後ろにくっつけるのもまま見かけるね。
文章に手を加えずパーツの位置をいじくって形を提示すると、他には思いつかんかな。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: セリフの繋げ方について

この書き込みに返信する >>

返信2ページ目(最新の順)

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

質問、相談をする!
コメントは4500文字以内。
返信通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ