小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

だんご3さんのランク: 初段 合計点: 1

だんご3さんの投稿(スレッド)一覧

自分が『書きたいか』よりもなろうで『読まれるかを意識してしまう』

投稿者 だんご3 回答数 : 3 更新日時:

なろうで読んでもらうためにもう遅い系ばかり書いていたのですが、ネタが付きたというかネタが被りまくってやる気が無くなるとかあって疲れて... 続きを読む >>

カテゴリー: やる気・動機・スランプ

今からなろうで人気になるのは無理なのか

投稿者 だんご3 回答数 : 10 更新日時:

タイトルの通りです 私は異世界ものを書いているのですがランキングに載るほど人気がでません。 読んでくれる方がいてブクマもちょこち... 続きを読む >>

カテゴリー: 流行分析(なろう研究)

だんご3さんの返信一覧

元記事:今からなろうで人気になるのは無理なのかの返信

個人的におススメは
【そもそも「なろう」で頑張らず、別のせこいサイトで覇権をとってから大手に参入】とかかな。別の大手・・・・pixivノベルとかおススメかも。

上記の回答(今からなろうで人気になるのは無理なのかの返信の返信)

スレ主 だんご3 : 0 投稿日時:

返信ありがとうございます。
アルファポリスなど、なろうに比べたら人の少ない場所でファンを獲得してから移動する。
幅広く小説投稿サイトを探してみます。

カテゴリー : 流行分析(なろう研究) スレッド: 今からなろうで人気になるのは無理なのか

この書き込みに返信する >>

元記事:今からなろうで人気になるのは無理なのかの返信

なろうに限らず、固定ファンがいる人とまったくのゼロからランキングで競り合おうってのが不利も不利な戦いなので、まっとうに戦おうとすれば長い目で地道にやってくほかないと思う。

少しでも自分が有利になるために、と考えると、作品の出来以外にも営業する必要が出てくる。
と言っても無論のことこれは趣味であって商業ではないので、営業っぽいこと、ですが。
例えばTwitterやらSNSでの活動などですね。告知するだけでなく、パッと思いつくのは炎上商法とかあんまよろしくない手段だと思いますが、とにかく注目される、そこから作品を見に来るといった感じ。別に炎上のような何かをする必要もなくただただユーザーと他愛ないやり取りをするだけでも効果はあると思う。
あとは、動画作れるならYoutubeとか絵を描けるならPixivとか、畑の違うとこから自分の作品に呼び込む努力をしてみるとか。
例えば動画で「下手くそ なろう作家 の創作指南」って動画で創作論を語る動画があったとして、100人に一人二人くらいは「そんなに言うなら読んでみよう」と思うでしょう。ほんで読んだ人は「動画で言ってること実行できてねーじゃねーかw」とコメントするでしょう。そのコメントが動画あるいは作品の感想欄での注目度に貢献するので、これに丁寧に返答すればコメント主体のSNSにも人が流れてきて、場合によっちゃ読者が別の場所で自分の名前をつぶやいたりして口コミ拡散にもなったりする。
まあ、けっこう都合よく考えての「例え」ですが、こういう営業努力ね。

そういう営業をすることで、先人たちについてる固定ファンと、新規の自分が呼び込める人の数の差を埋めていく。
ここで言う「固定ファン」ってのは、その作品のファン、その作者のファンを指しているので、このファンの特徴ってのは「作品を読む前から作品に対する興味を持ってる」ってとこ。
普通は違うでしょ。誰の何の作品かもわからんタイトルに興味はないし、ちょっと読んで面白かったから興味がわいてくる、というのが普通。
ファンってのはその最初の壁を突破して読む前から興味を持ってる人なので、じゃあ、同じく「最初の壁を突破してる」って状態の人を別角度から作っていけばいい。
先人たちの固定ファンと同じくらいの読者を営業で用意して、それでようやく不利を打ち消し「ランキング上位の固定ファンがついてる人」と対等に勝負できる。

ランキングっていう読者数で競う場面じゃ、あからさまにファンの有無が数字に出ちゃうから、これをどうにかしないと長くやってる人や人気作には、どうあっても太刀打ちできない。
けど、そんな努力をしたところで勝てるってわけじゃなく、「それでようやく勝負できる」って話なので、そっからは結局のとこ内容が面白いかどうか。
飛び抜けて面白ければ営業なんぞしなくても固定ファンはすぐに獲得できるので、こうした営業は軽視されがちだとは思う。

上記の回答(今からなろうで人気になるのは無理なのかの返信の返信)

スレ主 だんご3 : 1 投稿日時:

返信ありがとうございます。
私は絵も描けないし動画も作れないので、地道にTwitterでの宣伝活動に力をいれてみます。
できるだけ固定ファンを獲得できるように頑張ります。

カテゴリー : 流行分析(なろう研究) スレッド: 今からなろうで人気になるのは無理なのか

この書き込みに返信する >>

元記事:今からなろうで人気になるのは無理なのかの返信の返信

対抗策としては
①不人気ジャンルで覇権を握ってから、お引越し
②「私を手放した貴様は、もう遅い」ジャンルに変わるアイデアを出す
③投稿時間を調整する

かな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①は好きな作家が良くやる手で、ホラーで覇権とってからファンタジーに移行してトップになり、100人くらい荒らし獲得して感想欄をシャットダウンしつつ、書籍化までもってきました。
あとはSFで顧客とっつかまえてから恋愛カテゴリー→トップとか。

②もう遅いジャンルださい。古い。新しいネタでかかって来いよぉ!!!

③よくスレ建っているから内容さがして

上記の回答(今からなろうで人気になるのは無理なのかの返信の返信の返信)

スレ主 だんご3 : 0 投稿日時:

返信ありがとうございます。
不人気ジャンルから覇権を取ってお引っ越し、この考えは思い付きませんでした。
そういった層から少し漁って作品を組み立ててみます。

カテゴリー : 流行分析(なろう研究) スレッド: 今からなろうで人気になるのは無理なのか

この書き込みに返信する >>

元記事:今からなろうで人気になるのは無理なのかの返信

げきむずだと思います。

もともとの「なろう」は書いたもん勝ちの【先がけ!!新しい価値観☆闘技場】だったのですが、今のなろうは【金に換えよう市場】なので、大手企業の談合疑惑もわきまくりです。

金に換えるためには、人気ジャンルに参加しなければならない。
マイナー作品を投稿しても儲からない、
無難に無難に攻めた姿勢を取らず、
中国にもドイツにもイスラムにも韓国にも黒人にもけんかを売るような不謹慎な事は触れず、
大企業に反抗的な文章を書かず
誰にも嫌われないようにヨイショヨイショして
御立派な大義名分だけを掲げて
外道嗜好やマイナー持論は無しにして
ストレス・レスな作品にするべく軽く軽く軽く
ほどほどにエッチでハーレムで
版権に引っかかるからパロディーNG
テコ入れのためにキャラ殺して
個人主催による規格「お題作品ランキング」は無しにして

ほぼ一般誌なみの規制でガッチガチ。しかも大企業のテコ入れ付き。しかも荒らしも毒者も、お客様もクレーマーも多い思考固定型の地獄ですから。

ネット小説は利権に引っかからないゆえの突っ込んだ内容や不謹慎ネタ、Rー18グロゴア、エロりょな、ヘイトスピーチ、ブラックジョーク、パロディー、メタフィクション、極論主義なんかの【エッセンスの闇鍋】な所が好きだったのですが、規制によって無難な作品がランキング埋め始めてつまんない。

こんなツマンナイしろうと作品読むくらいならプロの書籍読む方が絶対におもしろいからねぇ。

上記の回答(今からなろうで人気になるのは無理なのかの返信の返信)

スレ主 だんご3 : 0 投稿日時:

返信ありがとうございます。
ネット小説としての醍醐味が消えたなろうの中でいかに輝けるか、新しい流れを探してと思います。

カテゴリー : 流行分析(なろう研究) スレッド: 今からなろうで人気になるのは無理なのか

この書き込みに返信する >>

元記事:今からなろうで人気になるのは無理なのかの返信

1.多数の競争だから難しい

たぶん、なろう作者の99%は同じような気持ちではないかと思います。読者受けする作者なんて少数ですから。読者がいて、ブクマも増えていくだけでも、上位3割に入っていそうです。

それだけ、なろうが膨大だということですね。新人だから難しいんじゃない。大勢の中の1人だから難しいわけです。

2.売れっ子になる3要件

なろうに限らず、大勢の競争で自分が見出される条件を必須順に並べると、

1. 実力(読みやすく、内容が平易で面白い作品が書ける)
2. 時機(流行に乗っている、もしくは流行の先読みが当たる)
3. 他人の引き立て(読者、特にスコッパーさんなどの口コミ力ある人に読んでもらえる)

になります(カッコ内は小説投稿サイト向けに考えたもの)。

作品が面白いことが大前提となります。以前に「宣伝すればいいんだ」と、ラノベを書いて、巨費を投じて有名人複数を招聘して打ち上げ公演やった事例があります。有名人は人気があるにも関わらず、会場は閑古鳥。ビラ、ネットの宣伝も空振り。悲惨でした。

3.作品が面白いことが大前提

つまらない作品はどうしもない。それが現然たる事実です。気を付ける必要がありまして、「自分が手掛けたものには大変な価値を感じてしまう」(イケア効果)という要注意の現象があります。比較した他人の作品より20倍くらい面白いと感じて、ようやく同等の面白さだ、くらいに考えないと失敗します。

4.読者層が厚いことが大事

面白い作品が書けたとして、流行/時流に乗っていないと、読者層は薄くなります。面白くても、面白がってくれる人が少ないなら、読者数が増えません。ランキング上位に食い込むこともできないでしょう。逆に、面白さがそこそこでも、人気ジャンルにハマってますと「二流が一流の仕事をできる」ような幸運も生じます。

5.作品の存在を知ってもらう

でも、読者が作品の存在を知ってくれて、興味を持ってもらえないと、やはり読者数が伸びません。宣伝するにしても、無名の作者の言うこと自体、あまり気にされないでしょう。

例えば、売れている作者さんに盛んに感想を寄せるとか、その作者さんのツイッターをフォローして、好意的なレス、RTをするとか、我を張らずに地道にやるしかありません。

SNSやネット掲示板でも、礼儀正しく、好感の持てる態度を維持することも必要です。悪目立ちは名前は売れるかもしれませんが、反感を持った作者の作品を読む意欲は誘いにくいでしょう(読んだとしても貶すためになる)。

面白いことも言えなければなりません。卓見でもなければ、笑えもしないようなことしか言わない人がいるとして、その人の作品が面白いと期待はしないでしょう。しかしなかなか難しいですよね。だから他人を褒めておくのが無難です。

5.イラストがあると有利

イラストが描ければ、かなり助けになるでしょう。商業ラノベはイラストとセットですから。しかし無理そうなら、イラストレータさんと仲良くなることから始めるといいでしょう。見返りを期待してはいけません。

逆に、例えばイラストレータさんのイラスト1枚に、短編小説を書いてみる。イラストレータさんには「この絵に感銘を受けて、物語にイメージが湧きました。ありがとうございます」とか言っておく。おそらく悪い気はしないはずです(たとえ、小説の出来がそこそこでも)。そのうち、スレ主さんの他の作品を読んでくれて、イラストを1枚、描いてくれるかもしれません。

6.根は真面目な善人を装うとお得

「人の引き立て」を簡潔にまとめると、「他人に親切に、テイク抜きでギブしていく」となります。そのための態度は言わずもがなですよね。例えば、この掲示板では、全部放り出した質問で、しかも聞きっ放しの事例が散見されます。そういう方は、エンタメ作者としては芽が出そうにありません。

そういうことは演技でいいです。本当の自分は、とか考える必要はありません。ただ、作者名に紐づけた善人演技は、その作者名を名乗る限り、ずっと続ける必要があります。

上記の回答(今からなろうで人気になるのは無理なのかの返信の返信)

スレ主 だんご3 : 0 投稿日時:

返信ありがとうございます。
善人活動、さっそく実践してみたいと思います。
4についてもそういった作品を書いてみます。

カテゴリー : 流行分析(なろう研究) スレッド: 今からなろうで人気になるのは無理なのか

この書き込みに返信する >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
質問、相談をする!
コメントは4500文字以内。
返信通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ