小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

挿絵を自分で描くにはの返信

元記事を読む

挿絵を自分で描くには(元記事)

なろうとかのコンテストは、見た感じ一度賞を取ってしまうとそれ以降商用化権が企業に移ってしまい、勝手にイラストつけられて漫画化とかされる訳ですよね。それでイラストレーターは途中から変えることができない。

自分で絵を描くことはそれなりに思い通りの絵柄になると思うし、編集側としても無料で絵師がついてくるし、何よりライトノベルの表紙は自分でも描けそうなくらい酷いものもザラにあるようなので全く問題がなさそうだと思うのですが、
そういうことをしている場所というのはあるんでしょうか。

気の早い質問かとは思いますが、どうか教えてください。

挿絵を自分で描くにはの返信

投稿者 サタン 投稿日時: : 0

結論を言えば、作者が挿絵を書いてるライトノベルは少数あります。
有名なのはノーゲーム・ノーライフの榎宮祐ですね。
というのも、彼はもともとラノベ作家ではなく漫画家で、漫画のプロットを作り込んだものがラノベになった、という珍しい経歴で……まあ別の畑から作家になるのは特に珍しくはないのだけど、そういう事情があって「もともと絵を書くのが本職だから」ラノベの挿絵もご自身で描かれています。

で。
ぶっちゃけ、ライトノベルを書こうなんて思う人は少なからず絵心がある、多少やってた人とかが多くて、まあ私も多少描けますが、漫画の畑からコッチに来た人も少なくないです。
そういう人が多い中で、どうして挿絵も自分で書いてる人は少ないのでしょうか。自分で出来る人は潜在的にかなり多いハズなんですよ。

答えは簡単です。
もし商用化した場合、編集部は「貴方の小説」を買ったわけで、「素人に毛が生えたような下手くそなイラスト」を買ったわけではないんです。そんなものに時間取られるくらいなら小説を書いて欲しいんです。
イラストはプロに任せましょうよ。と言われるのがオチ。というわけです。
そんで、イラストは作者が書いても「無料で」となるのは作者だけで、編集側はイラスト料を支払うので、得するのは作者だけです。
ラノベの挿絵は、質が悪いように見えても、あれでリテイクがあったりするし、適当に描いてるわけじゃないので、ハッキリ言って素人が作家と兼業で出来る仕事量ではないです。
それに、この提案は自分の作品のクォリティをわざと下げようとしていて、そのくせ得られるメリットがほとんどないように見えます。
何が目的なのかわからない。

>勝手にイラストつけられて漫画化とかされる訳ですよね。それでイラストレーターは途中から変えることができない。
このあたりが心配なんだとしたら、別に「勝手にイラストつけられて」なんて事はないので、安心して良いでしょう。
イラストは候補が数人いて、そんなかから選ぶ感じ。なんなら、あなたのキャラクターをデザインしてサンプルを用意してくれるくらい高待遇の場所もあるでしょう。それは編集部次第。
その候補の中から見つからなければチェンジすることも可能でしょうが、おそらく八割がたは見つかると思います。
なぜなら、イラストレーターはイメージを絵にするプロで、その時の貴方は文字で相手にイメージさせるプロだからです。
イメージに合うイラストが見つからないということは、イラストレーターの技術不足か、貴方の作家としての能力不足ということになります。
商用化することが前提の話なので、そのときの貴方の技術はきっとイラストレーターが見つかるレベルにはなっているでしょう。

カテゴリー : その他 スレッド: 挿絵を自分で描くには

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「挿絵を自分で描くには」の返信一覧

他の相談一覧

このサイトの使い方についての相談(私事を少し含みます)

投稿者 大野知人 回答数 : 17

投稿日時:

 大野です。  ここ数日、このサイトを利用していていくつか不快に思ったこと・思わせてしまったことがあったと感じたのでいくつか相談さ... 続きを読む >>

一話分の長さについて

投稿者 名無し 回答数 : 4

投稿日時:

どうもです。文章が分かりづらかったらすみません。 小説を書く際、一話一話の長さが分からなくなってしまう時があります。 自分は... 続きを読む >>

タイトルの付け方について

投稿者 本居幸 回答数 : 2

投稿日時:

 連投失礼します。本居です。  新人賞に応募する際必要なタイトルを考えていたのですが、私自身ネーミングセンスが皆無です。  記念... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ