小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

ふじたにかなめさんのランク: 大作家22冠王 合計点: 185

ふじたにかなめさんの投稿(スレッド)一覧

参考作品を探しています。※異世界ファンタジー

投稿者 ふじたにかなめ 回答数 : 2 更新日時:

参考作品を探しています。ご存じの方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。 必須条件 ☆ 十万字くらいで完結している作品... 続きを読む >>

カテゴリー: 流行分析(なろう研究)

ふじたにかなめさんの返信一覧

元記事:一話分の長さについて

どうもです。文章が分かりづらかったらすみません。

小説を書く際、一話一話の長さが分からなくなってしまう時があります。
自分は一話5000文字の感覚で書いているのですが、一話で長過ぎるのも良くないという話を聞きました。

意識というか感覚というか大体でも構わないのでお願いします。
逆に自分はこうしてるよという意見をもらえたら嬉しいです。

上記の回答(一話分の長さについての返信)

投稿者 ふじたにかなめ : 1 投稿日時:

投稿サイトの話ですが、少し前に一話の文字数は、2000字から5000字くらいが良いと見かけたことがあります。

最近ですが、「一話の中に起伏があるほうが読み手の反応がいい」という意見を見かけたことがあります。
さらに、「一話の終わりが期待感で終わるほうが良い」という意見も見たことがあります。

上記の意見を参考にして、長すぎるところを区切って次の話にしたりしてますね。

あくまで個人の意見ですが、何か参考になれば幸いです。

カテゴリー : その他 スレッド: 一話分の長さについて

この書き込みに返信する >>

元記事:質問再追記(質問訂正?)

 質問再追記(それとも「質問訂正」?)です。連投失礼しました。

「この≪新人女官伝≫のあらすじです。初出時には後掲のように軽く触れる程度にして、銀鈴と幽霊皇后が出会う場面で、本格的にあらすじを、地の文で書くようにしたほうが良いのでしょうか? 特に、≪新人女官伝≫が、銀鈴に取り付く幽霊皇后を獄死させた、側室(玉雉)の後日譚の部分は、銀鈴と幽霊皇后が出会う場面まで、引っ張ったほうが良いのでしょうか?」

 幽霊皇后は「自分がモデルになった演劇」なので当然、話に食らい付いてきます。ですので、≪新人女官伝≫のあらすじは幽霊皇后と銀鈴・侍女2人との「会話」で示すこともありかな? とも考えています。

 また、≪新人女官伝≫が作中初めて重要キーワードになる、No.5の投稿で書いた「牢獄の一場面」では、「後宮劇団の演目の一つで、銀鈴が初主演を務めた作品」とだけ書いておきます。その後、銀鈴が幽霊皇后と出会う場面で、≪新人女官伝≫のあらすじを記述するのはどうでしょうか? これで「牢獄の一場面」が分かりづらいことはないのでしょうか?

上記の回答(質問再追記(質問訂正?)の返信)

投稿者 ふじたにかなめ : 0 投稿日時:

抜粋された本文の場面が、プロット上のどの位置にあるのかも重要だと思いますよ。
この主人公が牢獄にいるシーンって、現在プロット上のどこにあるんですか?
全体の流れが分からないと、伏線等の相談には乗れないと思います。特に細かい情報の匙加減は、本作が完成してからのほうが他人が指摘しやすい部分かな?とも思います。

プロットの掲示板でも触れましたが、前回の話を未読な人にも分かるように世界観を説明する必要があるなら、皇后である主人公たちが演劇をしているって情報は、かなり序盤じゃないと個人的にダメだと思っております。
「中華風」「皇帝」「皇后」「後宮」の単語だけで、後継ぎを産むための後宮があり身分制度の上下関係の厳しい世界観をイメージする人が多いのでは?って思うので、「違う世界観だよ」っていうのは、序盤に提示しなくてはいけない情報だと思ったからです。
なので、この場面はどこにあるのかが重要なんですが、スレ主様から変更後のプロットについて情報が提示されていないので、全然見当もつかず分かりませんでした。

現状でかろうじて分かることですが、
この牢屋での会話が起承転結の起以外なら、初めて「劇の公演」の話が出てきたら情報として遅いかもしれないって思いました。
あと、最初に二人から皇后として畏まられており、主人公も「皇后扱いしないでよ」というくらいですから、もっと丁重に扱われる立場のように感じるので、古い身分制度が残っているように感じます。
「無礼だぞ」の台詞が出てきてもおかしくない世界観なら、裁判沙汰は失脚や降格してもおかしくないのでは?って個人のイメージです。なので、裁判沙汰にまで発展させた皇帝に不信感を抱いてもおかしくないのでは?って思ったので、三人ともにのんびりし過ぎなように感じました。

前回のプロットを過去読みましたけど、申し訳ないことに「主人公が田舎から列車に乗って後宮に行く途中、女装したヒーロー(主人公の手書きの履歴書が気になったから)と出会う(中華風な世界観)。」ぐらいの情報しか頭の中に残っておりませんでした。
主人公は食いしん坊ですって後からスレ主様から言われて、そういえばそうだったと思い出したくらいです。
あと、「天性の無邪気娘」だけの設定説明だけでは、「誰とでも仲良くなれる人たらしの力で幽霊事件を解決する」までは未読の方は分からないと思いますし、私自身申し訳ないことに主人公のその能力について覚えていなかったです。

なので、もし同じ作品で意見を今後も求めるなら、今作で必要な情報を整理されて一つに集めたほうが、回答しやすいのでは?と思いました。

指摘ばかりで大変申し訳ないのです。あくまで個人の意見ですので、合わなければ流してくださいね。
創作活動、応援しております。
ではでは失礼しました。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: 作中で演劇が話題になる場合の、その演劇のあらすじの扱いは?

この書き込みに返信する >>

元記事:質問追記「主人公不在場面を描くと、「出オチ」になるのか?」の返信

 追記です。
 
 あまくささん宛の返信(No.14)で以下の場面を書きました。ここまで書いておいて、投稿までしておいて、後で気付きましたが、この場面も含めて「主人公(銀鈴)不在の場面は不要」でした。
 
「銀玲に、『囚人役』をやってもらい、牢獄での幽霊調査をやってもらう予定だった。だが、銀鈴が賭博をやっていたので、『本物の囚人』(囮)として牢獄へ送り込んで、様子を見る」との作戦は、最後のネタばらしの場面でいえば済むことでした。

 ただオチの手前で、銀鈴が「勝手に囮にされた」ことを知ってブチギレる場面は、既に軽く書いています。書き直すとすれば、少し惜しい気もします。ですが、大損というわけでもありません。

●No.14のあまくささん宛返信の当該部分
「 拙作での視点移動は、まさにこれです。No.13の投稿で例示したこの場面が、特にそれです。

「・幽霊に朝食を盗み食いされた銀鈴たち(追記・投獄されたのは銀鈴と侍女2人)は、庭掃除の労役中、イチジクを盗み食いした咎により、懲罰房送りとなる。この懲罰房で、銀鈴は幽霊に取り付かれる。このとき、牢獄を監視している術師から、皇帝宛に幽霊出現(確定若しくは、6割~7割の可能性)の報告の場面」

 銀鈴(主人公)が幽霊に取り付かれるのは、『ドラえもん』でいえば、のび太が捨て犬を拾ってくるようなものです。のび太はママに、拾ってきた犬を、見付からないようにしますよね。でも、冷蔵庫の食料の減りが速いことで、ママは怪しみ、のび太の部屋の押し入れを開けてみると、捨て犬を見付ける、との展開になります。

 これを上記拙作の場面に当てはめてみると、次のような感じになります。

 1、銀鈴が幽霊に取り付かれる(のび太が犬を拾う)。
 2、幽霊の存在を皇帝側(のび太のママ)に知られると、退治(追い出される)かもしれないので、存在を隠そうとする。
 3、牢屋に閉じ込められている銀鈴(のび太)は、冷蔵庫をあさりに行くわけにはいかない。幽霊は食事をしなくても大丈夫だとは思うが、銀鈴たちも「自分たちだけが食べるのは気づまり」。
 4、皇帝側も、幽霊が「悪霊なら退治」する。だが、そうでなければ放任して良いとの認識。銀鈴たちが幽霊と仲良くやっているなら、1人分食事・食器を余分に差し入れようとする(食事は大皿なので3人分が4人分になっても目立たない。食器は「銀鈴がそそっかしいから割ったときの予備」)。」

 むしろ、銀鈴たちと幽霊が夜中に女子会をやるにしても、幽霊の手引き(幽霊は銀鈴たちの朝食を盗み食いしているので、牢の鍵ぐらいとって来れるだろう)で銀鈴自身が、牢から抜け出して、自分の宮殿の厨房や自分の部屋に忍び込んで、お菓子を取ってくれば良いことです。

 銀鈴の牢抜け出しは、1度目でバレるか、2、3度目でバレるかは、迷います。

 牢抜け出しがバレた銀鈴が、笞打ちのお仕置きをされそうになった瞬間に、幽霊が出てきてかばえば、自然と皇帝(仁瑜)側に「幽霊出現」の情報は達しますからね。

 ただ、銀鈴への罰は、イチジクを盗み食いしただけで1晩懲罰房でほぼ断食、牢から抜け出して笞打ちでは、バランスを欠く気もします。

追伸 横やり歓迎です。ご意見をいただければ幸いです。

 なお、話の流れは下記プロット板投稿分をご参照ください。

「寿国演義 銀鈴、牢獄で幽霊と邂逅す」
 https://weblike-tennsaku.ssl-lolipop.jp/plot/novels/thread/628

上記の回答(質問追記「主人公不在場面を描くと、「出オチ」になるのか?」の返信の返信)

投稿者 ふじたにかなめ : 0 投稿日時:

一度プロットを整理されたほうがいいのでは?って思いました。
現在のプロットがどうなっているのか、状況が分かりにくいと思いました。

あと、最初のプロットについてですが、後で気づいて申し訳ないんですが、

「後宮の幽霊騒ぎは放っておけない。悪霊なら退治を要す。下手をすると国を揺るがす大事になりかねぬ」とあるので幽霊の正体がヤバそうな可能性もあると気づいたんですが、「主人公に幽霊調査を任せる」のは、主人公に何かあったら困りませんか? 命じた皇帝に思いやりがないと受け取れられる恐れがあるかなって思いました。設定で主人公ツエーと保証付きなら問題ないと思うんですが。それとも幽霊に害はないけど正体不明くらいだったら、そこまで危機感はないので、主人公が調査しても問題ないかなって思いました。

300年前に死んだ幽霊が、今頃になって騒ぎになるのはなぜですか? 幽霊は未練や恨みがあるから成仏できずに残っているんですか?
幽霊が芝居だったら出てこないと言って警戒していましたが、「幽霊おびき出しの札」には気づいていたのに警戒せずに出てきた点はなぜですか?

>2、幽霊の存在を皇帝側(のび太のママ)に知られると、退治(追い出される)かもしれないので、存在を隠そうとする。
主人公が子犬を保護する行為は好意的に受け止められると予想できますけど、幽霊が出ただけで苦情が出る世界観なのに、主人公が幽霊を助けようとする理由が書かれていないので分からなかったです。主人公が問題ないと結論付けた理由はなんでしょうか。この世界観での、良い幽霊と悪い幽霊の違いってなんでしょうか。良い幽霊が普通にいるなら、皇帝がわざわざ退治しなくていいので、主人公が幽霊を隠す必要がないと思いました。

気になった点は今のところ以上です。

あくまで個人の意見ですので、合わなければ流してくださいねー。
ではでは、失礼しました。応援しております!

カテゴリー : ストーリー スレッド: 出オチは是か? 非か?

この書き込みに返信する >>

元記事:質問追記「主人公不在場面を描くと、「出オチ」になるのか?」

 ドラコンです。質問追記です。ご回答くださった皆さん、ありがとうございます。

「主人公の皇后・銀鈴に、『「囚人役」として牢獄に潜入し、幽霊調査をしてほしい』と頼む予定だった。だが、銀鈴がコオロギ相撲賭博をやっている現場を押さえたので、「本物の囚人」(「囮」)として「牢獄に送り込み、牢獄の様子を見る」に作戦を変更」

 特にあまくささんのご意見を拝読し、この話の作戦は、「ぼかす」のが良いように感じました。

 そこで、「作戦をぼかす」なら、「銀鈴不在」の以下の場面を入れるべきなのでしょうか? その場面入れてしまうと、「出オチ」になってしまうのでしょうか?

 それとも入れずに、オチの場面で皇帝(仁瑜)や最高裁長官(忠元)の口から、「そのときは、こうしていた」と説明させたほうが良いのでしょうか? これだと、「場面の説得力」はあるのでしょうか?

 ・銀鈴に「囚人役」をやってもらい、牢獄の幽霊調査を頼む予定であることを、皇帝と最高裁長官が話し合う場面。
 ・幽霊に朝食を盗み食いされた銀鈴たちは、庭掃除の労役中、イチジクを盗み食いした咎により、懲罰房送りとなる。この懲罰房で、銀鈴は幽霊に取り付かれる。このとき、牢獄を監視している術師から、皇帝宛に幽霊出現(確定若しくは、6割~7割の可能性)の報告の場面。

 突き詰めて言えば、「主人公とは別の思惑がある場合、主人公不在の場面を描くべきか?  否か?」です。

 管理人・うっぴーさんの2022年6月13日のツイートではこうありました。
 https://twitter.com/ranokenn/status/1536238997546090496

「1・初心者の小説書きは、視点移動を情報を開示するために使う

2・上級者は視点移動を、ざまぁ、主人公ヨイショに効果的な場合のみに使う

3・上級者は主人公に視点を固定した状態で、物語を紡ぐ力がある。初心者はこれができないので、視点移動に逃げる

上手い人ほど視点移動はしない。基本を守る」

 どうしても、これが引っ掛かってしまいます。

 ご意見をいただければ、幸いです。

上記の回答(質問追記「主人公不在場面を描くと、「出オチ」になるのか?」の返信)

投稿者 ふじたにかなめ : 0 投稿日時:

エンタメ的な演出や狙いが見えない視点変更は、技量不足とみなされる恐れがあるので止めた方がいいと意味かな?って個人的に思いましたよ。

勘違い系やすれ違い系を狙ったエンタメ系の物語だと、主人公本人と周囲の感じ方が違うので、他視点が入ることもあると思いますよ。
ただ、本作では、ヒーロー側(仁瑜)が別に誤解も何もしていないので、主人公だけが真実を知らない状況です。なので、その主人公が知らない点をエンタメ的にどう演出するかが重要かなって思いました。

あと、冒頭でネタバラシしなくても、話が展開する方法もあると思いますよ。
序盤で主人公側にピンチの演出をして読み手を話に引き込むために、主人公と読者に真実を伏せている場合もあります。

色んな構成があると思うので、色々とパターンを考えてみて、一番自分に合ったものを選択されてはいかがでしょうか。

あくまで個人の意見ですが、何か参考になれば幸いです。

カテゴリー : ストーリー スレッド: 出オチは是か? 非か?

この書き込みに返信する >>

元記事:ラノベ新人賞で質問があります(はじめてこのサイトを利用します)

ライトノベルの新人賞や業界で詳しい方、経験者の方、その他関係者の方で、回答をお願いします。
現在、ライトノベルの新人賞に応募しようと考えています。それで、幾つかの新人賞を確認しましたが、何点か気になる点があります。


あらすじは、同換算で3~5枚程度や1500文字以内、1ページ分などとありますが、制限ギリギリまで書いた方が印象いいのでしょうか。それとも、綺麗に起承転結を書いていれば、半分以下の量でもいいのでしょうか。


新人賞で最終選考では、ライトノベル作家の読まれて評価しますが、実際に読まれるのでしょうか。
また、作品全体を読んで頂けて、その率直な感想・評価が来るのでしょうか。


新人賞に出した作品が、その出版社で書籍として出版する際、内容・文章を修正したり、全体の半数近くを書き直したりする事は
あるのでしょうか。または、出版前に自分から修正したり改善をお願い、ご提案して出来るのしょうか。
実際に、新人賞と出版した1巻目は内容がほぼ同じなのでしょうか。


戦闘シーンの描写では、どのように描けば良い解説や例題となるサイトや作品を教えて下さい。
私が書く予定の作品では、刀同士での戦う殺陣シーンがあり、他に接近戦・肉弾戦もありますので、バトル系漫画のような1つ1つの戦闘や動きをリアルに書き表すのに、どの様に書かれた方が読者の頭でイメージしやすくより好まれたり興奮するように出来るかを悩んでします。


女性のキャラクターは多めの方がいいのでしょうか。
よくライトノベルでは、ラブコメ要素やハーレム要素の作品も多いので多くが女性キャラが登場するようになっています。
書く予定の作品には、女性向けライトノベルではありませんが、ラブコメやハーレム要素はなく、多少となりに恋愛要素が含まれます。
また、登場キャラクターの男女比率がおよそ6:4となります。


ライトノベルのジャンル受けとして、どれが一番いいジャンルかはあるのでしょうか。
また、文庫毎で扱いのジャンルや合格率の違いはあるのでしょうか。
予定の作品は、日常系やラブコメ・ハーレム系、チート系、異世界系の作品ではないのですが、どうでしょう。
率直なご意見を聞かせて下さい。

上記の回答(ラノベ新人賞で質問があります(はじめてこのサイトを利用します)の返信)

投稿者 ふじたにかなめ : 1 投稿日時:

こちら素人の女性向けのレーベルに応募している者ですが、知っているだけ回答します。

1、あらすじ
応募する際、いつも規定文字数ギリギリなので、分からないです。

2、新人賞での最終選考
受賞作についてのコメントは、だいたいサイトに載っていますよ。それ以外のコメントは関係者ではないので分からないです。

3、
不確かな情報で申し訳ないですが、一番良い大賞以外は改稿して書籍化しているらしいと、どこかで聞いたことがあります。

4、戦闘シーンの描写
応募予定のレーベルの本を参考したほうが良いと思います。
文体や描写方法は、レーベルによって違うと思います。

5、女性のキャラクター
物語の目的によってキャラクターの数は違うのでは?と思いました。
ハーレム系なら女性の数は多いと思いますよ。

7、ライトノベルのジャンル受け
応募予定の受賞作品を見て、レーベルがどういう作品を求めているのか理解する能力が必要だと個人的に思います。流行ではなく斬新さを優先するレーベルもあれば、流行ものを求めているレーベルもあると思いました。

あくまで個人の意見なので、合わないところはスルーしてくださいね。
ではでは、失礼しました。

カテゴリー : その他 スレッド: ラノベ新人賞で質問があります(はじめてこのサイトを利用します)

この書き込みに返信する >>

ふじたにかなめさんの返信2ページ目(最新の順)

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
質問、相談をする!
コメントは4500文字以内。
返信通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ