小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

音読9対音読筆写1の割合で修行しています

元記事を読む

音読と音読筆写 比率の返信(元記事)

書き写すことは、賛否はあるけどそれなりに効果的な方法だと思います。
ただこれは、イラストで言えば模写に近いというよりトレスに近い練習方法です。
トレースしまくってバランスを手に覚えさせれば、そのうち描けるようになりますよね。
これは、そういう話です。
小説を書き写せば一冊の小説を書き上げる感覚がなんとなく把握できるので、一度はやってみると良いと思います。
でも、だからってずっとそれを続けることが修行になるとは思えません。

音読も書き写しも、これは結局のとこ「単に読むだけ・流し読みするだけではダメだよね、ちゃんと考えて読もうよ」って事に通じてます。
音読、つまり声に出すことで口でアウトプットしながら読むことになるので、文章を理解しながら読むことになるし、自分で口にし耳でも受け取るので書いてある事をちゃんと把握しながら読むことができ、すなわち「ちゃんと考えて」読むことが出来ます。
書き写しも同じく文章としてアウトプットしながら読むことになるので、文章の構造や流れやセンスを肌で感じながら、それを理解して読むことができます。
そういうことを推奨しています。

例えば、イラストのトレスも同じで、単に描き写せば良い話ではなくて、完成品のイラストを下敷きにあえてアタリを取ったり衣服で隠れてる部分を描いたり、また見えない部分を陰影や髪の流れなどでどう描写してるのかを「ちゃんと考えて」トレスすることで学習になります。

誰かに言われてそれが正しいとするモノは「創作」じゃないので、練習方法も訓練自体も、自分が納得できるようにやりましょう。
「音読するのが良い」というのも、彼個人がそう感じて提案してるに過ぎない事だし、「書き写し」は度々言われることだけど、これも実践した個人の感想でしかありません。
ちなみに私個人の提案では「漫画を小説に起こす練習」が面白かったです。漫画と小説じゃ表現方法が違うからソコを工夫するのが面白い。

1万時間というのも、なんだっけ、確か心理学系の話の調査から来てる話だっけか?
普通に上手いだけのアマチュアはいくら本人が趣味だと公言してても、練習時間はせいぜい週に3・4時間。
一方プロは日に6時間以上だった、みたいな話じゃなかったっけ。けっこううろ覚えだけども。
それを練習はじめた日からプロになったと言える日まで計算して平均するとプロは1万時間ほどがラインでした、という調査結果だったような。
ようするに1万時間って時間は一つの目安にはなろうけど、あんま意味ない数字で、ごくごく当たり前の話「日々の積み重ねが大事です」という事でしかありません。

つまるとこ、「ちゃんと考えて読もうよ」「積み重ねが大事だよ」と、当たり前の事を言ってるだけです。
正直「比率」の意味するところがわからなかったので単に「書き写し」の個人的見解という回答になってますが、本はちゃんと考えて読んで、執筆を積み重ねましょう、というそんだけなので、比率も何もないと思います。

音読9対音読筆写1の割合で修行しています

スレ主 さいたまがわ 投稿日時: : 0

ご意見ありがとうございました。トレスの意味をgoogleで確認しました。なぞること、ですね。

カテゴリー : 文章・描写 スレッド: 音読と音読筆写 比率

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「音読と音読筆写 比率」の返信一覧

他の相談一覧

推理小説物の書き方について

投稿者 雪夜刹莉 回答数 : 4

投稿日時:

推理小説を書いてみたいんですが、トリックの書き方がよくわかりません。 トリックを考える時ってどうしたらいいんですか? また推... 続きを読む >>

テーマを優先させる(葛藤を狙う)のか、どんでん返しを狙うのか

投稿者 夢伽 莉斗 回答数 : 6

投稿日時:

 あるサイトで小説を公開しています。その話について、展開に迷っています……。  万が一読んでる人がいたらまずいと思ったので、名前は... 続きを読む >>

文章を真似る方法を考えました

投稿者 tokieda 回答数 : 1

投稿日時:

A.文の類型 文には役割に応じた三つの種類がある。 1. 場所等を表し、それ単体に動作や意味がない、または意味を掴むことが難しい... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ