小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

新人賞 (No: 1)

スレ主 時雨 投稿日時:

新人賞は完結させなければいけないとよく聞きます。
それは例えばラブコメだと、付き合う、もしくは結婚までいかなくてはならないんですか?
俺たたエンドと言いますか、これから頑張って付き合ってやるぜ!みたいな感じで終わっても大丈夫何でしょうか?

カテゴリー: その他

この質問に返信する!

新人賞の返信 (No: 2)

投稿者 【本人から削除依頼】 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

 完結が何かということになりますね。単発作品として作り、ラストで完結するとなると、冒頭から問題が起こって、それがどう解決されるかということになると思います。

 たとえば、冒頭からの主人公の解決すべき問題が「ヒロインと恋人として交際を始めたい」であれば、恋人になれた時点で完結になります。
(なお、ヒロインと恋人になること以外に、より高い価値の何かを主人公が見つけるパターンもありますが、それならその何かを入手することで完結します。)

 もし、ヒロインと付き合って幸せにしたいと主人公が望んでいるんであれば、ヒロインが幸せだと感じ、そのことに主人公が満足する時点が完結のタイミングです。

 要は、主人公が深く納得し、読者がそこに共感できるポイントが完結です。

 以上は物語上の完結ですけれど、公募で求められる完結には別の意味もあります。それは、作者が力を出し切って物語を終えるということです。

 一応の結末まで持っていったけど、その後を続けられる構想がある、なんてものだと力を出し切っていることにはなりません。

 上記のような物語的な完結まで書いたけど、その続きは一節たりとも書けない。もうアイデアもプロットも思いつかない。そういうところまで書き上げたものが、作者的な完結です。

 公募する側も作者の真の実力を知りたがっていますから、続きを書けないくらいに全力投球sていください、と願っているわけです。

新人賞の返信 (No: 3)

投稿者 クロウド : 1 No: 1の返信

投稿日時:

 例に挙げられたラブコメで話をいたしますと、別に結婚や恋仲に発展すること、あるいは破局や失恋が完結とは限りません。

 というのも、ラブコメにおいては主人公の大目標が仮に『恋人を作る』だったとしても『作中で起きる事件の顛末』というものが作品の結末になるからです。

 言ってしまえば『俺たちの冒険はこれからだエンド』のような打ち切り方であったとしても、その作品において主人公たちに課せられた問題の解決がなされていれば完結しているということです。

『頑張って付き合ってやるぜ!』みたいなエンドですと、その頑張るべき理由と根拠が乗り越えてきた作中の出来事にしっかりと表わせているか、というのに注視されます。
 簡潔に言えば、事件・出来事による主人公の成長や変化が提示できればそれで良しです。

 ダメな例を出すとすると、ラブコメでふたりのヒロインの間で揺れる主人公。だけれども、日々の会話のやりとりだけで笑ったり泣かせたりする日常系。のようにオチやクライマックスを求めにくいものは、読者としても一執筆者としても完結していると思えません。
 日常系ですと大抵は主人公たちの学校卒業でもって完結するのは、そこで完結したとみなせやすいからであったりします。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

近世の政治体制について質問です

投稿者 ST 回答数 : 3

投稿日時:

絶対王政の官僚制について階級や役職を細かく知りたいです 続きを読む >>

主人公とサブキャラの登場比率

投稿者 文男 回答数 : 5

投稿日時:

質問です。 主人公とサブキャラの登場比率ってどのようなバランスで描いていけば良いのでしょうか? 9:1? 8:2? ... 続きを読む >>

キャラクターへの自己投影について

投稿者 あいくろ 回答数 : 6

投稿日時:

先日友人とキャラクターについて話していた際、私のキャラがどうにもワンパターンの思考や行動がしないことを相談したところ、自己投影の部分... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:新人賞 投稿者: 時雨

新人賞は完結させなければいけないとよく聞きます。
それは例えばラブコメだと、付き合う、もしくは結婚までいかなくてはならないんですか?
俺たたエンドと言いますか、これから頑張って付き合ってやるぜ!みたいな感じで終わっても大丈夫何でしょうか?

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ