小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

キュピ水さんのランク: 2段 合計点: 3

キュピ水さんの投稿(スレッド)一覧

お笑い芸人のネタやギャグを引用しても著作権法違反に引っ掛かりますか?

投稿者 キュピ水 回答数 : 1 更新日時:

小説で許可なく楽曲の歌詞を引用すると著作権法違反になりますが、 お笑い芸人のネタとかギャグも小説で引用したら同じように法律違反にな... 続きを読む >>

カテゴリー: 著作権・オリジナリティ

鬱展開でもダメージを受けないメンタルの強い作家しか創作では生き残れないのですか?

投稿者 キュピ水 回答数 : 11 更新日時:

僕自身の体験の話からさせてください。 「アイデアや技法をインプットするのと、ラノベにおけるトレンドを理解するために、  作家志望... 続きを読む >>

カテゴリー: やる気・動機・スランプ

小説をweb投稿する際のの各話文字数について

投稿者 キュピ水 回答数 : 2 更新日時:

ある小説が既に43000字ほど書けています。 新人賞に投稿しようと思って書いた小説なのですが、 まず小説投稿サイト(なろう、カク... 続きを読む >>

カテゴリー: その他

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

「創作は競争ではない」はどこまでが真実でどこからが嘘なんですか?

投稿者 キュピ水 回答数 : 13 更新日時:

前に他の作家さんの文章力が高すぎて嫉妬する、 という相談をネット上(ここではなく)でしたところ、 「気にしなくていいよ、別に物書... 続きを読む >>

カテゴリー: やる気・動機・スランプ

底辺作家が【天才ラノベ作家】をキャラとして書く方法

投稿者 キュピ水 回答数 : 6 更新日時:

【エロマンガ先生】や【妹さえいればいい】のような、 【ラノベ作家ラノベ】のプロットが一つあり、 その中で【天才ラノベ作家】系キャ... 続きを読む >>

カテゴリー: キャラクター

現在までに合計6件の投稿があります。 10件づつ表示中。現在全2ページ中の1ページ目。

キュピ水さんの返信一覧

元記事:「創作は競争ではない」はどこまでが真実でどこからが嘘なんですか?

前に他の作家さんの文章力が高すぎて嫉妬する、
という相談をネット上(ここではなく)でしたところ、
「気にしなくていいよ、別に物書きの道は競争じゃないんだから」
と言われたことがあるんですけど、
競争ですよね?物書きの道って。

「物書きの道は競争じゃない」が真実だったら
新人賞でデビューをかけて何千人も応募して審査されて競ったりしないはずだし、
デビューしてからも生き残りをかけて売り上げを競ったりしないじゃないですか。
そもそもアマチュア作家の集まる小説投稿サイトからして、
作家たちはランキングで競争してますし。

それなりに実績のあるライターさんの発言だったので、
理解の足りない素人の発言として見過ごすこともできなかったのですが、
結局「創作は競争ではない」はどこまでが真実でどこからが嘘なんでしょうか?
純度100%の真実ではないことは確実だと思いますが。

あと「プロの作家も最初は下手だった」も純度100%真実、ではないですよね?
本当にそうならなんでデビュー作でいきなりアニメ化する作家がいるんだという話ですし。
最初から上手いじゃないですかあの人たち

上記の回答(「創作は競争ではない」はどこまでが真実でどこからが嘘なんですか?の返信)

スレ主 キュピ水 : 3 人気回答! 投稿日時:

 皆さんご回答ありがとうございます。
 少々取り乱して行った書き込みであったようで
 皆さんにとって創作界隈に関する思慮が足りない攻撃的な書き込みに
 なってしまったようです、申し訳ございませんでした。

 自分の中でもまだはっきりと言語化できないですが、
どこかで「他の人は創作では楽しめたらそれでいいけど、
自分は創作では他人より優れていないといけない」という意識がありました。

 というのも、中学高校時代ほぼ友達のいないカースト最底辺だったこと、
 いい年して定職につけていないこと、生まれてから彼女もできてないことで、
 自分は何の取り柄もなく、普通の人より劣っているという意識があったのです。

 そしてここまで何の取り柄もなかったら、せめて趣味である創作の世界では人より秀でていなかったら、誰も相手にしてくれないんじゃないか、誰も僕のことになんか価値を見出してくれないじゃないか、という思考に至っていました。
(なろうの追放もので追放された無能主人公がその後ハーレムを作ったり
 元パーティー仲間を見返したりできるのはチートスキルを持ったからであって、
 何のスキルも持っていなかったら生きる価値のないクズなのと同じです)
(あとラノベに限らず映画やアニメなどでも、友達や恋人のいない負け組コミュ障のような
 人間が実は凄腕ハッカーだったり売れっ子小説家だったりしますけど、
 あれって友達がいない負け組はああいう秀でたスキルがなければ読者=世間には認めてもらえないってことですよね)

 しかしアニメ化ラノベや新人賞受賞作、投稿サイトでランキング上位の小説などを勉強がてら詠んだところ、
 圧倒的な構成力・文章力を前にして創作の世界ですら自分は秀でていないのか、
 本当に自分は何も取り柄のない人間じゃないか、
 と嫉妬・苦悩していたところを「別に創作の世界は競争じゃない」という言葉を受け、
 その時、あくまでその時衝動的にですが、「綺麗事じゃないか」と思ってしまい、
 感情的になってこちらにこのような質問をしてしまった次第です。

 今思えば、人より劣ってばかりの人生の中で知らず知らずのうちに
「他人より優れていないと、自分の存在価値は証明されない」
 という思想を刷り込まれていたんだと思います。

 また大野さんや手塚さんの仰る通り書いてもいないのにいろいろ思い悩みすぎてしまっていた上に、
 サタンさんやハイさんの仰る通り勝ち負けの概念にこだわりすぎていたのかもしれません。

 短編は何本か書いてネット小説に上げているので、
 自分でも創作活動自体が好きであると言える自信はあります。
 一度自分の「好き」に立ち返って、執筆活動に戻ってみたいと思います。
 ご回答ありがとうございました。

カテゴリー : やる気・動機・スランプ スレッド: 「創作は競争ではない」はどこまでが真実でどこからが嘘なんですか?

この書き込みに返信する >>

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
質問、相談をする!
コメントは4500文字以内。
返信通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ