小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

戦闘シーンについて (No: 1)

スレ主 六十谷 投稿日時:

私は今書いている小説の中で戦闘シーンがあるのですが、自分の書いた文章がどうにもテンポの悪い文章に思えてなりません。
描写も単調で同じような表現ばかりになってしまっているような気がします。
そこで是非とも参考にしたいので、戦闘シーンの描写が素晴らしい作品を教えていただけないでしょうか?
世界観はファンタジー物で剣や魔法での白熱する戦闘シーンがある作品だとありがたいです。
よろしくおねがいします。

カテゴリー: 文章・描写

この質問に返信する!

戦闘シーンについての返信 (No: 2)

投稿者 読むせん : 2 No: 1の返信

投稿日時:

言ってしまったな?

【シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜】
【人間不信の冒険者達が世界を救うようです】
序盤あたりは読みにくいけど【 狼は眠らない】
【迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)】
【異世界の果てで開拓ごはん!~座敷わらしと目指す快適スローライフ~】少な目
【身代わり令嬢と堅物男爵の剣舞曲 ~貴族令嬢、 婚約破棄して駆け落ちした姉の後始末に奔走する~ 】
【最果てのパラディン】
【マイバイブルは『異世界召喚物語』 】
【たのしい傭兵団  ~傭兵は世界最低の職業だ!~ 】
【ブルー・オブ・アナザーカラー・オンライン:悪役貴族に転生したけど最強厨である俺はそんな弱クラスには興味が無い】
【しにこん~死と婚活の巫女は理想の勇者とゴールインしたい~】
【フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 】時々だけです
【ホムンクルスはROMらない〜異世界にいるホムンクルスがレス返ししてきた件〜】
【鬱ゲークラッシャー アキト】ちょっと世界観SF現代寄り
【異世界ウェスタン】
【家の納屋にダンジョンがある ―God in the abyss of despair―】
【リワールド・フロンティア-最弱にして最強の支援術式使い 】

で、どうや?

書籍化で更新停止作が多いし、私あんまり戦闘系を読んでいないので、こんなもん。戦闘を爽快感ベースにした無双系は弾(はじ)いといた。

戦闘シーンについての返信 (No: 3)

投稿者 にわとり : 1 No: 1の返信

投稿日時:

 剣と魔法ファンタジー、全然読まないんだよな……。ファンタジーじゃなくていいのなら、結城充考『躯体上の翼』、月村了衛『機龍警察』、秋山瑞人『おれはミサイル』。個人的にテンポがいい戦闘シーンと言われて思い浮かぶのはこの3つ。どれもSFだけど、SF的なガジェットを魔法に置き換えれば割とそのまま応用がきくんじゃないかと思う。
 テンポがいい戦闘シーンって動きよりも心理描写が優れていると思うんですよね。動きを描写しているだけなのに、動きの背後にある意図とか、一瞬の感情の動きが同時に過不足なく伝わってくるっていうか。心理描写をそれと意識させることなくどれだけ盛り込めるかが勝負なんじゃないかという気がする。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

習作を書きたい、けれど……

投稿者 わさび 回答数 : 30

投稿日時:

前スレでは返信できておらず申し訳ありませんでした。また人目に晒すのもどうかなと感じたので。 閲覧ありがとうございます。 とあ... 続きを読む >>

プロの方がやる間違いについて

投稿者 兵藤晴佳 回答数 : 21

投稿日時:

https://www.raitonoveru.jp/cms2/2020/11/07/47137/ 演劇部の部室にある箱馬が「... 続きを読む >>

キャラの名前をよそから持ってくるときの注意点

投稿者 蛇鷲 回答数 : 5

投稿日時:

質問失礼します。 既存作品のキャラや実在の人物の名前を自作の登場人物に転用する際、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。 例... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:戦闘シーンについて 投稿者: 六十谷

私は今書いている小説の中で戦闘シーンがあるのですが、自分の書いた文章がどうにもテンポの悪い文章に思えてなりません。
描写も単調で同じような表現ばかりになってしまっているような気がします。
そこで是非とも参考にしたいので、戦闘シーンの描写が素晴らしい作品を教えていただけないでしょうか?
世界観はファンタジー物で剣や魔法での白熱する戦闘シーンがある作品だとありがたいです。
よろしくおねがいします。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ