小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

ネーミングについて。の返信

元記事を読む

ネーミングについて。(元記事)

完全オリジナルの創作(主に、賞への応募作品)についての質問と言うよりも、相談です。
私がいつも一番悩むのは、それぞれのネーミングです。

①全ての登場キャラクター
②その世界の総称
③国や町や村などの名前
④地形の名前
⑤オリジナルの魔法やモンスターなどの名前
⑥アイテムの名前

①については、キャラクターの格についても考えています。
○主人公などの主役級や、神やボス敵など重要な役割にふさわしい名前
○敵キャラやゲストキャラなど、その場面にだけ登場するキャラの名前
○何回も登場するレギュラーキャラや、エキストラキャラの名前

②は、ソードワールドなら「フォーセリア」「アレクラスト大陸」「ロードス島」など、その世界そのものや大きい地形の名前です。
③はそのままです。
④は、ストーリー上で必要になる、特定の地形の名前です。山・川・湖沼・池・海・海峡・岬・海岸・平原・平野・砂漠など。
⑤については、一般的な名称でも良いのですが、オリジナルにする場合です。火の玉を飛ばす、電撃を出す、ダメージを回復させるなどの一般的なものから、瞬間移動や天候を変えるなど、あまり馴染みがないものまで。
モンスターも、一般的なものはそのまま使用しても問題無いと思いますが(ゴブリンやドラゴンなど、大抵のモンスターはあまりいじり様が無い)、悪魔を始め、召喚したり人造したりするものなど、オリジナルのものには固有名称が必要な場合もあると思います。
⑥は、主に武器や防具などですが、物語のキーとなる小道具についてもです。特に、強力な装備には、固有名詞(例として、「ロトの○○」「勇気の○○」「イージスの盾」「カシナートの剣」など)を付けた方が良いと思うので。
小道具は、例えるなら「ロトの印」「水晶の目」「ムドラの書」など、戦闘には直接関係無くて何に使うか解らない物、または「支配の王錫」「ブルークリスタルロッド」などのキーアイテムです。

ネーミングで一番簡単なのは、他の作品から拝借したり、一般的なものをそのまま使う事ですが、どうせ自分のオリジナルでやるなら、オリジナルにこだわりたい部分もあるからです。
私は参考として、

①「すぐひらめく!ネ-ミングハンドブック(8ヶ国語・14700語以上収録)」
②「幻想世界11ヶ国語ネーミング辞典」
③「声に出して叫びたい 必殺技辞典」
④「星座と神話99の謎」

他にも、武器やモンスターの本をいくつか持っていますが、やはり名付けに一番悩みます。
良いお知恵があれば、是非とも拝借したいものです。

ネーミングについて。の返信

投稿者 サタン 投稿日時: : 2

基本的にネーミングはそれほど気を使いません。
何故なら、
>主人公などの主役級や、神やボス敵など重要な役割にふさわしい名前
と、他にも「主人公の印象に合う名前を」と考える方も多いと思いますが、
その印象を作り上げるのが「キャラクター性を書く・キャラを書く」という、作者が物語の中で行う仕事だからです。
「物語の中で最強のキャラ」なら「最強に見えるエピソード」を書けば、その名前が最強の印象になっていく。
そうやって作り上げていくもので、ネーミングで「ふさわしいものを」と選んでも物語が伴わなければ名前負けすることになって、かえって真逆の印象を与えかねない。
主人公の名前が「佐藤太郎」だとしても、彼が活躍する物語を書けば、その名前はカッコよく主人公っぽく見えてきます。
どこにでもありそうな名前だからこそ良いんだ、なんて評価がついたりして、影響された初心者が「どこにでもありそうな名前で主人公っぽいネーミングを」とか悩んでも、答えは出ない。
何故なら、それは「ネーミング」の問題じゃなく、「そういうエピソードを作る」という物語作成の問題だからです。

ネーミングはせいぜい第一印象を作ることが出来る程度の効果しか生まないので、名前と性格でギャップを作るなど名前をキャラ表現に利用する場合でない限り、基本的には何でもいいです。
しかし、何でもいいために悩むのも事実で、そこにルールを作って名付けやすくしたりします。
オミクロンさんがドラゴンボールの例を出されたので、これを流用しますと、「ブルマ」の息子だから「トランクス」、ブルマの父親は「ブリーフ」下着シリーズですね。アニメで登場した娘が「ブラ」になるのも納得です。
魔神ブゥというキャラがいましたが、魔神を復活させたキャラは「バビディ」、その父親は「ビビディ」、これはディズニー映画のシンデレラで魔法使いが唱えた呪文「ビビデバビデブー」から来るもので、魔神の話題なので魔法の呪文から取ったネーミングなのでしょう。

ネーミングというのは何でもよく、そこに合うイメージは名付けで作るものではありません。
物語で作り上げていくものです。

②~⑤に関しては、一つの共通点があります。
それは「人が名付けた」という事です。
キャラ名も(物語の中では)親がつけるものですが、モノの名付けは先に特徴があり特徴に合わせた名付けをする、という部分で人物の名付けとは大きな違いがあります。
そのため、地名や国名などは単語の組み合わせや造語から作られることが多いです。

パキスタンやウズベキスタンなど「◯◯タン」という国名がいくつかありますが、これは「タン」が「国」という意味で、パキスタンは「清浄な・神聖な国」という意味。
ウズベキスタンは「ウズベク族の国」という意味。確かペルシャ語だったっけか?
異世界で英名などを使いたくない場合は、「国」や「山」など自然物に対し適当に単語を作ってしまえばいい。
例えば「国=リア」として「ベルキリア(ベルキ人の国)」というようにすれば簡単です。
フランス語で土地を意味する「テリア」などから「◯◯テリア」と命名してる作品もけっこう多いですよね。
国名は全て「◯◯国」で統一しなければならない理由もないし、雰囲気を変えたければ土地や文化によって新しく「アラブ風の土地では、国=アン」とか作ってしまったり、国名を「◯◯の土地」という意味にしたり、どうとでも工夫すればバリエーションは豊富です。

モノは特徴があってこその名付けなので、逆を考えればまず日本語で特徴を考えてしまえばいい。
魔物であれば、「角の生えた狼みたいな魔物」ならギリシャ語とかでまんま「ケラスリュコス」でもいいし、「ケラコス」でもいい。ゴツくして「ゲラゴス」とかでもいいんじゃないでしょうか。
ただ、異世界系の物語だと「異世界に英語はないから、独自のものを」と考えたりもしますが、「ゲラゴス」よりも「ホーンウルフ」のほうがわかりやすくてイメージしやすいのは確実です。
小学生が考えた名前みたいでヒネリがなくしょっぱい感じはありますが、わかりやすさを求めるならまさしく「小学生でも考えられるような」もののほうがわかりやすいに決まっています。
斜に構えると「わかりにくく」なるだけなので、尖ったものを作りたい気持ちは誰にでもありますが、注意が必要でしょう。
尖りすぎるとノムリッシュになってわけがわからなくなる。

⑥は、「特徴からの名付け」をする場合もありますが、「人物名」にすることも多いです。
船舶の名前は女性名にする、みたいなヤツと同じようなものですね。
ドイツ語で「アディール(気高い)」とか。Googleで「女性名 意味」と検索するとけっこう候補が出てきます。
同時に組み合わせをして「エストアディール」にするとやや長いけど「エクスカリバー」みたいな感じになるでしょうか。組み合わせの造語は単語の接続部分が省略されたりするので「エスディール」とかでも良さそうか。
人物名の良いところは、女性名・男性名・国別である程度の個性を出せるところです。
刀剣類は女性名、防具は男性名、剣はフランス語、斧はドイツ語、みたいな。
コレ自体に意味があるわけではないけど、前述した「ルール」を決めやすいというのが作者的には大きいです。

カテゴリー : 著作権・オリジナリティ スレッド: ネーミングについて。

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「ネーミングについて。」の返信一覧

他の相談一覧

「なろう系」と揶揄されないために徹底すべきこと

投稿者 うんぬ 回答数 : 8

投稿日時:

私自身は別になろう系を嫌ってないというか全然知らないんですが、「なろう系」とか「なろうっぽい」という言葉が、なんか悪い意味で使われて... 続きを読む >>

小説を書き終わったらすること

投稿者 文吉 回答数 : 3

投稿日時:

質問です。 大長編の小説を完成させました。 添削も終わっていて、誰かに読んでもらえる準備が出来ています。 なので、何を... 続きを読む >>

国柄の描写について

投稿者 ST 回答数 : 3

投稿日時:

ヨーロッパの国柄について知りたいです。  フランスイタリアオランダドイツの歴史が主です。 何か参考資料ないですか。 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ