小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

処女作前編の批評依頼。の返信

元記事を読む

処女作前編の批評依頼。(元記事)

こんにちは!サタンさん、ブルースクリーンさん、黒鐘 黒ぅさん。
皆様も初めまして!
竹牟礼 基です!

なんとこの度ついに、僕の処女作の前編が完成いたしました!
喜びで感無量でございます!
そして見てるかい、我がライバルの桂香さん!
ついやったぜベイ((殴)

それはさておき本題なのですが、場違いでなければ僕の作品を批評していただけないでしょうか?
推敲はまだしておりません。
こういった原稿は小説鍛錬投稿室へ今すぐ放り込むべきなのでしょうが、 何しろなろうには疎いもので、 できるだけ多くの方々に評価を頂いた方がより良い作品になると思いまして、依頼しました次第です。

以下に URL を貼っておきます。
第1章
https://ncode.syosetu.com/n2843em/1/

第2章
https://ncode.syosetu.com/n2843em/2/

第3章
https://ncode.syosetu.com/n2843em/3/

第1章から第3章までが前編で、編名は『 白きエルフに花束を』です。
後編を作る予定でいますが、 前編が出来上がったばかりなので、まだ着手していません。
なにせ昨日今日の話なので……。
それでは厳しい批評の程、宜しくお願い致します!

追記: この前編は師匠の監修のもと執筆しました。
そのおかげで師匠の影響を強く受ける形となり、 僕が書きたいものとはかけ離れてしまいました。
ですので表現にブレが生じていることについては重々理解しております。
書き方について右も左も分からないまま 教えていただき、書きたいものを書こうとする意欲を押さえつけた結果、 閃きという形で大爆発して、後編を含めた物語全体の構成が定まったことはまた別の話。
後編は読者に対する配慮を忘れず、自らのポリシーと小説作法に則って、 やりたい放題書いてみたいと思います!

処女作前編の批評依頼。の返信

投稿者 読むせん 投稿日時: : 0

勝手に改定
==================

俺こと風祭(かじまち)玲矢(れいや)の朝は、我が家の暴力装置こと父さんの一撃から始まる※1

「オラァ、レイヤァ‼汝ゃー真昼間までー寝んとーんぐわーしーがぁ?そーそー起きれェ‼」

意訳;こら玲矢、あなたは昼まで寝ているつもりですか?早々(そうそう)に起きなさい。

「ぐふぶぇっ!?」

 朝一番だというのに※2、父親の重い一撃。沖縄三大流派※3である剛柔流空手の有段者による足刀蹴りはえぐい。
 起きないと更に暴力を振るわれそうなので、俺は ※4布団を蹴り飛ばし、飛び起きた。

「たく、お前はこうでもしねえと起きねぇもんな・・・・※5 さっさと飯食って学校に行け!」

「イエス、サー!!」※6

 ・・・・・ああ、まだ朝の8時だというのに ※7止めどない暴力と、不条理に満ち満ちた一日が始まってしまった。
 何だかんだで遅刻しそうな時刻だけに、俺は急いで階段を駆け下りる。途中で妹と母さんが神に祈っているのをちらりと見かけたが・・・・・見なかった事にしよう。

というのも、うちの妹と母は ※7敬虔(けいけん)なクリスチャンなのだ。
 にわか教徒などではない。※8聖書の【創世記】の始めから【ヨハネの黙示録】の終わりまでだけでなく、アポクリファとかいうもの※9までも既に全て暗記していて、その敬虔深さと知識量が認められて、親子ともども牧師の資格を持っている。
 妹12歳なのに・・・・・。
そんな自慢の妹と母だからこそ、そっとしておいてやろうと思うのだ、うん。断じて熱心すぎてちょっと引いているなんて事などない。※10

「うち、琉球(りゅうきゅう)神道(しんとう)なんだけどなぁ・・・・」

俺に追いついてしまった父さんのつぶやきと、俺の心中がシンクロする。
・・・・ファッキン●ーザスクラ●スト。

父子ともども肚の底で悪態を吐きながら、俺以外の家族はもう食べ終わっている ※11朝餉の席に着く。父さんが直々に用意してくれている純和風の朝食は、たとえ遅刻してもお残し厳禁なのが我が家ルールだ。いただきます。

「———最近、地鎮祭の手伝いを頼(たの)まれたんだ」

父さんが唐突に耳慣れないことを言い出した。※12
 この父親は、実の息子に暴行しておきながら、何を平然とのたまっているのだろう?有段者による足刀蹴とか、もう犯罪レベルだってのに。

「あーソウデスカー」※13

「・・・・・レイヤぁ~?」

スルーをうけとった我が家の暴君の顔が引きつる。ハイそうですか、『ちゃんと話を聞きやがらないと、剛柔流空手によるガチ正拳を披露(ひろう)しちゃうぞ~?』ですか。

 ・・・・返事がわりに、この幼稚園児級の構ってちゃん(有段者)に、剛柔流空手の二連蹴り※14 をお見舞いしてやろうか……などと思ったが、近所の人へ迷惑がかかるので話に付き合うことににした。

「地鎮祭・・・・ってこの辺りでやるお祀(まつ)りだっけ?※15」

「ああ。※16立川神社の爺さんによると、※17 また違うらしいんだがな※18」

 あの爺さん、休日の昼間に突然訪ねて来るなり、『居られるかー‼』って神奈川弁だか何だかで玄関先に怒鳴り込んできちまったから、もう参っちまった、と父さんが珍しくウンザリしている。わりと人付き合いが得意な父さんが、こうも消耗(しょうもう)するとは・・・・グッジョブ立川の爺ちゃん。

「そんで、用って?」

薩摩芋としめじの味噌汁をかき込みながら尋(たず)ねる。※20

「いや。※21 それがどうも『地鎮がわりに、三社への百度参りをしてほしい』だとかで、爺さんの代わりに参加してくれる人を探しているんだと」※21

「百度参り?※22 それって、も、もしかして……」

答えるように父さんは嘆息した。※23

※24 お百度参りとは、お社に百日間ほど連続で参拝しつづける祈り方だ。
 
正確には『百日参り』というやつで、丑の刻参りみたいに「誰にも見られてはいけないから早朝や真夜中にやる」だとか「参拝中は一言も喋ってはいけない」「裸足でやる」だとか、けっこう厳密なルールがあったりする。
 それを簡略化し、一日で一気に百回お参りするのを『お百度参り』と呼ぶ。

 最近は『お百度石』という設置された目印か、お社の数メートル前に設置されている一番近い鳥居からスタート。お社にお参りして、また石や鳥居のところに戻る————という行為を、百回繰り返す祈り方を指すのが一般的だ。

「父さん……立川神社のお百度石ってあれだよな?」

「ああ。鳥居どころか、参拝用の階段の下に置いちまってるんだよ・・・・・・あの神社の階段200段近くあるのに」

立川神社の爺さんは200段の階段を登ってお参りして、そして200段降りて、ってのを百回繰り返す……。それを24時間以内に三社でやりたいんだと。しかも爺さん本人は足腰が弱っちまっているから代理人を立ててな。

 父さんのボヤキに俺の顔までひきつる。今のご時世じゃなくとも、とてもじゃないが誰もやらんし、やりたくない。

「まぁ、うちは氏子じゃないつったら、肩透かし食らったみたいな顔して帰って行ったんだけどな」

でも何か悪いことしたみたいな気分になっちまってさぁ~と悩む姿に俺は苦笑した。
 ※25うちの家族———風祭家は、仕事の都合で本土(ほんど)に引っ越してきた沖縄人(ウチナンチュー)だ。
ボランティアや町内会には割と積極的に参加している我が家だが、今年の四月に入居したてだから、厳密には立川神社の氏子にはなっていない。・・・今回ばかりは地元民でなくて本当に良かった。

「ご馳走様でしたっ!」

食器をシンクに運んで手早く※26洗い、通学鞄を肩にかけて玄関へ向かう。
※27 時刻は8時15分。教会付属の幼稚園に向かう妹と母さんは車で出発済みだが、俺の通う高校は原付バイクがあれば15分でギリギリつく距離だ。

「行ってきます!!」

俺はバイクのカギを握りしめ、急いで家を飛び出した。

カテゴリー : 小説の批評依頼 スレッド: 処女作前編の批評依頼。

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「処女作前編の批評依頼。」の返信一覧

他の相談一覧

読解力や見抜く力はキャラを描く力に繋がるのか

投稿者 鯵開き 回答数 : 2

投稿日時:

創作物をどれだけ見たり読んだり遊んだりしてもセリフを噛み砕けないことに悩んでます。つまりは額面通り、表面的にしか受け取れないためネッ... 続きを読む >>

軍事小説について

投稿者 つまようじ 回答数 : 3

投稿日時:

自分は軍事小説を書いていますが、ゴリゴリの初心者で物語の流れや設定は大まかに考えてあるのですが、細かい設定、また自分は軍などの知識が... 続きを読む >>

古代中世近世の軍隊ではどうやっても近現代に敵わないので

投稿者 悪魔ミュージック 回答数 : 7

投稿日時:

でも銃剣とナイフとトマホークとナタ以外の白兵戦も見たい。 そこで古代〜第一次世界大戦前の軍隊をこんなふうに改造するアイデアを思いつ... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ