小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

受け入れられやすい主人公像についての返信の返信の返信の返信

元記事を読む

受け入れられやすい主人公像についての返信の返信の返信(元記事)

あざらしです。
返信頂いたおかげで、私なりに多少なりとも理解できたことが増えましたので再度書き込みを。
以下はサイドさんより返信頂いた内容を元にしますので、原文引用は適時省かせて頂きますので含み置きください。
また感想を主にしますが、『こういったやり方もある』というだけです。趣向は人それぞれにあって当然ですし、感想である以上、私の書き込みも完全にそれを排除することは出来ません。
ありていにいえば『あざらしの好きな作風』にならないように、そこら辺は取捨選択ください。

1)物語を非凡にするエピソード
冒頭の感想ですが少々弱いように感じました。(そのまま完成されるとは思っておりませんが、近しいこととして書きます)
『同級生の女子に ~ よく覚えている。』
ここですね。落ち着いた文体と感じましたので、余計に弱く感じたのもあります。

>『なんでそうなったんだ?』という『掴み』になって欲しいと思っています

掴みをより強化するのは多くの場合、説明よりエピソードです。
第一声、『近寄らないで下さい』
これはキャッチーだと思うのですが、その後が過去の出来事を振り返っている状態ですよね。それが悪いとは決して言いませんし、実際ベテランのプロ作家でも見かける手法のひとつです。

が、御作の概要を知った上で読んでみて「ふーん」という面もありました。
(他人に嫌われている・目つきが悪い・コミニュケーション能力が低い)これらは、ジャンルとして成立する程度に、よくある主人公でもあります。
これが「ふーん」の正体で、主たる原因は説明。
『主人公は嫌われていますよ』と書くのでは無く、『主人公は嫌われているのだ』と読者の心に浮かび上がらせるのがエピソード。

エピソードは「ふーん」を削り取ります。
冒頭が弱く感じたのは、この後にエピソードが入るとするなら、それをそのまま冒頭から利用するのも手だと思うのです。
あくまで仮にですが、一行目の『近寄らないで下さい』を生かしてエピソードにするとしますよね。(御作をゆがめないため、メインヒロインの存在は無視して例にします)
まず誰の発言か?
もっとも主人公にとって辛いのは、そうですね、友達だと思っていた相手なんかだとかなり辛そうです。
数少ない異性の友人だと主人公は思っていた。いや、友人と言うには烏滸がましいかも知れないが、少なくとも普通に会話できている相手だと主人公は思っていた。
その相手とたまたま日直が一緒、終礼が終わり黒板を消している時に『近寄らないで下さい』と言われると、ちょっとセリフを変えて『話しかけないでください』なんかもショックでしょう。

(Who 友人が)(When 日直の作業中)(Where 黒板の前で)(What 拒絶)(Why 主人公・読者?????)(How 『近寄らないで下さい』や『話しかけないでください』と発言)

こうですね。
Whatの理由とWhyは主人公にとっても読者にとっても、この段階では想像。
真相は”読み続けないと”解りません。

Who When Whereは簡潔に数行で綺麗にまとめて、さっさと本題に移行。
本題=つまり物語でエピソードですね。

と、まあ、ここまで書いてナニですが、この方法は重大な点として『キャラクターが読者の印象に残りすぎる』ということがあります。
例の場合は『近寄らないで下さいちゃん』ですね。彼女が重要ならば良し。そうでなければ目立ちすぎ。
冒頭で書きました『あくまで仮』というのは、ポイントのみならず広義としてですので、物語全体の構成を考慮に入れてエピソードをご一考される余地があるのでは、という意味です。
御作の場合は、

>彼女は、『近寄らないで下さい』と主人公が言われた教室に居合わせ、それが原因で疎遠になっていた

つまりは幼馴染ヒロインの初登場シーンで、読者はここが彼女との初対面になります。
冒頭から完全にエピソードでする場合、ここで『近寄らないでくださいちゃん』よりヒロインをメインに組み立てることで、目立たせたいキャラクターに読者の目を誘導することができると思います。
キャラクターとして読者に印象づけられるシーンにもなりますので大切に。静かにジャブから始めるのも手法ですし、試合開始から連打を食らわせるというのも掴みです。

2)もう一段、興味がわく設定
公募用ということですので、

>どうして接近してくるんだろう? と主人公が疑問を抱くのが、二つ目の仕込みです。

楽しみにさせて頂きます。
願わくば書籍で読めますよう、お祈りいたします。

参考書籍の紹介だけ。
【村田椰融著:妻、小学生になる。】
影響を最小限にするために、おっさん主人公&とにかく短時間で勘所を掴める作品を優先しました。
悪く言えば、ありがちな物語なのですが、エピソードの扱い方と設定を生かす舞台でお見事に読ませます。
『試し読み』で二話の途中まで読めますが、ほぼ一話完結として物語が成立していますので、執筆の影響も少ないと思います。お試しを。

3)物語の先が気になるように
同じく公募用ということですので、これ以上の情報は求めません。
楽しみにお待ちいたします。
『この主人公は過去に何をやらかしたんだ?』
是非ここで、頭一つ突き抜けてください。

お勧め書籍の紹介を。
【高野和明著:13階段】
お勧めして良いか悩みましたが、あえて。
悩んだ理由は寝食を忘れて読む耽るレベルの小説です。
先が気になり本を閉じられなくなり、執筆スケジュールを食いつぶす恐れがありますので、後日、時間があるときにどうぞ。江戸川乱歩賞受賞は伊達じゃなく、賞の価値まで高めた小説です。
物語の先が気になる、という教科書のような小説。

4)キャラクターの魅力だけでも、かなり引きつけられるはず
一行で終わらせちゃった私の書き方が悪かったせいですが、ストーリー展開とは若干ベクトルが異なります。
例えばですね、サイドさんがあげられた作品【かぐや様は告らせたい】がありますよね。
この作品を好きな読者がタイトルを耳にしたとき、頭に浮かぶのは設定や物語より、もっと前に『キャラクターそのもの』であるはずなんですよ。
第一にビジュアルですね。

これだと小説は関係ないということになっちゃいますが、そんなことはなく、外見のみならずキャラクターひっくるめて作品名と共にキャラクターの個性として印象づけられています。
そういった個性が最も噴出するのはセリフ回し、これは性格の裏付けがあってこそです。
もっと解りやすくいうと『決めセリフ』ですね。
藤原書記だと「ドーンだYO!!」だとか、かぐや様なら「お可愛いこと」
こういったキャラクターを決定づける特徴的なセリフも、性格という土台があって、そこから出てくるから印象に残ります。前回の書き込みに戻っちゃいますが、ここらは著者さんが『書いていて楽しい』これがないと、ちょっと難しいと思うんです。

キャラクターが強い、というのは読者にとって強力に働きます。
推理小説ってのは山ほどありますが、(ホームズ)(ポワロ)(金田一耕助)どれもが強烈な印象を放っていますよね。有名すぎて映像も手助けしてますが、下手すりゃ読んだことがない人ですらキャラクターの『人物像』に対する印象を持っているレベルです。
この『人物像』が、小説の場合は特にキャラクターの神髄だと思うのです。
ここら辺りが『キャラクターの魅力だけでも、かなり引きつけられるはず』と書きたかった内容です。

>読者にここまで読んで頂いて、「つまらない」「金と時間の無駄」と感じさせてしまったなら、ただただ僕の実力不足として反省すべきと思います。

私は単なる書恥ですが、金の稼ぎ方がまぁまぁ似ているデザイン関係を生業にしております。
で、大丈夫です。
仮に反省することになっても、それで全く間違ってません。それを繰り返して上達するのがクリエイターです。
クリエイターは金のためだけに働くことは出来ませんが、金がないと生きていけません。
そして初めから金にはなりません。
美大は優秀な人間ほどさっさと中退しちゃう変な場所ですが、そういった超有望株でも金になるまでは時間がかかります。

ジャンル関わらず『面白いけど、商品にならない』ということすら世の中にはあって、公募というのは商品価値を見いだしてもらう場でもありますが、サイドさんは、ほんの少しだけ傲慢さを”心の中で”出しても良いかと思います。
言葉にすると『出版社よ、この小説を金に換える権利をわけてあげよう』です。(一応書きますが、サイドさん以外には口が裂けても言いません)

たとえ心の中でも傲慢さを出すというのは、おそらくサイドさんの性格傾向からすれば裏付けが必要になる行為ではないかと感じたのです。
これをかみ砕いて言葉にすると『私の代わりになる人はいない!』です。

現状、綺麗にまとめ上げることに不備は感じませんでした。(物語の収束と方向が解りませんが、これは公募用のことですので公表される上で当然の処置ですね)
私の代わりになる人はいない、というのは個性です。
個性に商品価値がつけば、いずれ買い手は出ます。
難しく考えずともサイドさんには、サイドさんだけが感じる感性が存在します。
たとえ世の中によくある出来事、それどころか当事者ですらなくとも、それに対しての感じ方は色々です。
そこに更に切り口を変える、横からだけではなく四方八方から観察する。
これが総じてネタです。

あとは楽しんで書いてください。
そして書き続けて下さい。
何人かの作家になった方を知っていますが、いきなり『この人はいつか世に出るひとだ!』と感じたのは、お一人だけです。
何作も書き続けて、そしてデビューされる方が普通です。
で、なんでこんなことを書き始めたかというと、サイドさんと同じ事を言った人がいるのです。
サイドさんが受賞されれば業種として先輩となる方ですが、なーんか小説書く人の性格傾向のひとつか? と失礼ながら吹き出してしまいました。

うん、うん、きっと大丈夫です。
傲慢さを出したところで、根っこは変わらないし、『自分の実力不足』と自分に挑戦状を叩きつけ続けて下さい。
少なくともモノの見方はクリエイター向きだと思います。

面白い小説を待ってます。
願わくば文庫を手に取ることが出来る日をお待ちしております。
頑張って下さい。

受け入れられやすい主人公像についての返信の返信の返信の返信

スレ主 サイド 投稿日時: : 0

あざらしさん、こんにちは。サイドです。
重ねての返信をいただき、ありがとうございます。

>1)物語を非凡にするエピソード
>冒頭の感想ですが少々弱いように感じました。
>掴みをより強化するのは多くの場合、説明よりエピソードです。
エピソードの詳しい内容は、中盤の序盤あたりで語られています。
プロローグに挟むには重く、長さがある為(「かぐや様」で例えれば、第一話で「白銀がどうして勉強を頑張るのか」を追憶する感じ)、その配置になっています。
でも、具体的な何かを含ませる位はアリだと思うので、改善は出来ると思います。

>これが「ふーん」の正体で、主たる原因は説明。
>『主人公は嫌われていますよ』と書くのでは無く、『主人公は嫌われているのだ』と読者の心に浮かび上がらせる
エグイ例ですが、「下駄箱に画びょう」「教室へ入ったら椅子がない」「教師からも冷遇」みたいな描写をして、「説明」しなくても、「嫌われ者」というイメージが湧く様に、ですよね。
それを考えると、この「主人公」は明確な悪意を向けられているワケではないです。
単純に、「主人公」自身が、「陰キャラ」とモノローグで語っているだけなので、何かイベントを考えてもいい様な気がします。

>まず誰の発言か?
中学時代の主人公は、まだ前向きな気持ちが残っていて、弱点を克服しようとしていました。
その時、手助けをしてくれたクラスメイトの中の一人の女子が、色々あった後、『近寄らないで下さい』と突き放す、という流れです。
担任からプリントを配る様に言われ、何気なく渡したら言われた、ですね。

>この方法は重大な点として『キャラクターが読者の印象に残りすぎる』ということがあります。
確かに上記した内容をプロローグに挟むと印象が強いかと思います。
読み始めなので、「何かがあったっぽい。少し先へ進めば分かるのか?」程度に感じてもらえばいいかな、と考えています。

>彼女が重要ならば良し。そうでなければ目立ちすぎ。
弱点を克服する為に頑張った結果が、「彼女」の発言という流れになっている為、高校生の主人公は努力をする事を怖がっている節があります。
ですが、過去を引きずって、ヒロイン達を空気にしてしまったら、本末転倒なので、そこのバランスは気を付けたいと思っています。
仰る通り、幼馴染ヒロイン、横恋慕ヒロイン>>>>>「彼女」である事を忘れない様に、ですね。

>冒頭から完全にエピソードでする場合、ここで『近寄らないでくださいちゃん』よりヒロインをメインに組み立てることで、目立たせたいキャラクターに読者の目を誘導することができると思います。
ここは悩ましい所です。
「彼女」との過去については、幼馴染ヒロインも色々思う所があるので、主人公と幼馴染ヒロインの心理描写で混乱しそうです。
また、「近寄らないで~」が主人公が幼馴染ヒロインと距離を置く原因となっている為、その原因と経緯を序盤で語ってしまうと、中盤へ辿り着くまでに、話がグダグダになりそうかも……とも思います。

>妻、小学生になる。
>13階段
妻、小学生になる。はブック〇フになかったんですが、13階段はありましたので、確保しました。
が、今読むのは危険との事なので、とりあず、積みです。(笑

>4)キャラクターの魅力だけでも、かなり引きつけられるはず
>もっと解りやすくいうと『決めセリフ』ですね。
「決めセリフ」は設定してなかったです。
単純に、「幼馴染ヒロイン」はスマホを触りがち、「横恋慕ヒロイン」は擦れ落ちてくるハイニーソの裾を触ったりする(主人公の前でだけ、ですが聞かれていないので彼女は言っていません)、などはありますが、もうちょっとパンチがあっても、いいかもです。
でも、そういう小ネタを描くのは楽しいです。w

>下手すりゃ読んだことがない人ですらキャラクターの『人物像』に対する印象を持っているレベルです。
今、ぱっと思いつきましたが、「ドン・キホーテ」とかは「間抜け」という印象を誰もが持っているイメージがあります。(失礼

>美大は優秀な人間ほどさっさと中退しちゃう変な場所
以前、美大出身の同級生と会った事があるんですが、「ボーナスなんて貰った事ねえよ!」と怒っていました。
何と言うか、コメントに困りました。

>たとえ心の中でも傲慢さを出すというのは、おそらくサイドさんの性格傾向からすれば裏付けが必要になる行為ではないかと感じたのです。
これは色んな人からも言われている事です。
少し前に公的機関で心理テストを受けた所、

・他人に気を使い、自主性、独立性を損ねている
・人のいいなりにならず、厳しい人生観を
・それを踏まえた性格修正が仕事よりも先決問題

って出て来て、わぉってなりました。(苦笑

>たとえ世の中によくある出来事、それどころか当事者ですらなくとも、それに対しての感じ方は色々です。
>そこに更に切り口を変える、横からだけではなく四方八方から観察する。
>これが総じてネタです。
物語の中では、「彼女」との一件を主人公と三人のヒロインとで共有し、角度の違う(横からだけではなく四方八方から観察する)、それぞれの見解を述べて、キャラを立てています。
それをエピソードとし、立てたキャラの性格を踏まえて、次のエピソードへ繋げていく、という流れを今、目指しています。

>で、なんでこんなことを書き始めたかというと、サイドさんと同じ事を言った人がいるのです。
どこかにいるだろうなあ、とは思っていましたが、その人も変な所で堅物だったりするのかなあと思ったり。(笑

>傲慢さを出したところで、根っこは変わらないし、『自分の実力不足』と自分に挑戦状を叩きつけ続けて下さい。
変な言い方ですが、僕は友人達より才能に乏しいと言う自覚はありますが、強すぎる劣等感も持っていなかったりします。
多分、中学時代から「あ、俺、並み以下だ」と言う自覚があったので、それに慣れる事で、その感覚が薄くなったのかも、です。

>少なくともモノの見方はクリエイター向きだと思います。
ありがとうございます!
ここへ質問をするのは結構躊躇いがあったんですが、その一言をいただけただけでも、意味があったと思います。

重ねて、返信いただき、ありがとうございました!

カテゴリー : キャラクター スレッド: 受け入れられやすい主人公像について

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「受け入れられやすい主人公像について」の返信一覧

他の相談一覧

小説、批評していただいた後の行動。

投稿者 冬空星屑 回答数 : 5

投稿日時:

冬空星屑です。 現在、ハイファンタジー(戦闘+恋愛)を書いてます。 今さらかよ、と思うような質問ですが、 小説を批評してい... 続きを読む >>

【雑談的質問】初めて長編を書いたときどうなりましたか?

投稿者 brutality 回答数 : 7

投稿日時:

【雑談的質問】 初めて長編を書いてる初心者なのですが ・10万文字から20万文字弱の長編を書こうとしてプロットだけで4万文字にな... 続きを読む >>

専門用語と解説のバランス

投稿者 文吉 回答数 : 6

投稿日時:

こんにちは。 質問です。 「読者は説明を読みたいわけではなく物語を読みたいという気持ちで本を読んでいる」 というこ... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ