小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

初めての執筆について (No: 1)

スレ主 投稿日時:

はじめまして㎜というものです。
今回初めて小説を書こうと思ってたのですが、いざプロットを書いてみると既視感のある構成になってしまいました。要するにありきたりな話しになってしまいました。
私としてはどこか釈然としない所があるのですが、沢山の小説がある現在もはやありきたりではない内容を書くのは難しいのではと思っている節があります。
実際そのようなものなんでしょうか?
それとも私の物語の世界観を作る力が無いだけなのでしょうか?

カテゴリー: 創作論・評論

この質問に返信する!

初めての執筆についての返信 (No: 2)

投稿者 甘粕 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

既知でないあるいは既視でない物語は存在しません。
数百年も数千年も前に、殆どのジャンルのものは出尽くしているからです。
はじめてなら、ありきたりでもいいじゃないですか。

「おしまい」をいっぱい作る事……と誰かが言ってましたからね
(誰かは忘れてしまった)

まずは書きましょう。そして完結させましょう。

初めての執筆についての返信 (No: 3)

投稿者 玄翁 : 2 No: 1の返信

投稿日時:

はじめまして。

漫画の話で恐縮ですが、美味しんぼで岡星と言う料理人の元に弟子入りした青年が勉強のために作ってみた料理を、ある時主人公の山岡さんたちに出してみろと師匠に言われます。

それらは既存の料理に彼なりのアレンジが一工夫なされた程度のものですが、最初は真似から入ってもいいんだと言われ、師匠もはじめはそうだったのだと認めています。

何が言いたいかと言うと創作はすべからくまず摸倣からはじまると言うことです。

それを自作として売ったり賞に応募するのは問題がありますが、自身の小説書きとしての実力を高めるための練習であれば問題はありません。

往々にして処女作からして一級品の名作に仕立てなければならないと思う向きがスレ主さんに限らず小説を書きはじめる方にはどうにもあるようですが、他でも例えで書きましたがRPGでレベル1からはじめて間もないのにラスボス倒せないとダメとか言うようなもので、無茶苦茶にもほどがあります。

じっくり時間をかけ、何作も練習を積み重ねて自分でも実力がついたなと思ったら完全オリジナルの作品作りを手掛けると言うのが結局は近道です。

今はどこかでみたようなありきたりな作りの作品しかできなくても自分自身を成長させるための一歩と言うことで、まずは一本完成させ、その後も二作、三作と書き続けていくことが大事だと思います。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

小説と絵本の文体の違い

投稿者 めーゔ 回答数 : 4

投稿日時:

本来はサイトの主旨とはかけ離れるた質問だとは思いますが、ご容赦ください。問題があれば、教えてください。 今回思いついた作品は、... 続きを読む >>

主人公に愛嬌をもたせる方法

投稿者 キャッチャーミット 回答数 : 6

投稿日時:

知り合いに書いた小説を読んでもらったところ「主人公(男)に隙がなさすぎて可愛げがなく、好感が持てない」と指摘されました しかし、自... 続きを読む >>

祝詞や呪詞の作り方

投稿者 涼樹七波 回答数 : 11

投稿日時:

はじめまして、涼樹です。 ここの掲示板に質問をするのは初めてですが、創作で行き詰まったところを質問させていただきます。 タイトル... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:初めての執筆について 投稿者: ㎜

はじめまして㎜というものです。
今回初めて小説を書こうと思ってたのですが、いざプロットを書いてみると既視感のある構成になってしまいました。要するにありきたりな話しになってしまいました。
私としてはどこか釈然としない所があるのですが、沢山の小説がある現在もはやありきたりではない内容を書くのは難しいのではと思っている節があります。
実際そのようなものなんでしょうか?
それとも私の物語の世界観を作る力が無いだけなのでしょうか?

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ