小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

どうなってるのか (No: 1)

スレ主 少年A 投稿日時:

素朴な疑問を持ったのですが
皆さん 小説サイトで投稿してる方がほとんどだと思うのですが、どれくらいで小説が読まれるようになってくるんでしょうか?

カテゴリー: 流行分析(なろう研究)

この質問に返信する!

どうなってるのかの返信 (No: 2)

投稿者 読むせん : 2 No: 1の返信

投稿日時:

わりとさいっしょっからです。

好きそうな検索ワードやキャッチーなタイトルつけておけば、ジャンル次第で24時間で10人釣れる。
次話を定時に投稿すれば10人が同時に読みに来るので新着で上位に来る。上位から読みに来る人が釣れる。
定時投稿を繰り返すうちにジャンル・ランキングで上位に来るからそっからも来るようになる。

最初はブックマークすらされない前提で、【覚えやすい題名】とかをつけておく。「あ、あれおもしろかったな・・・・たしかこんなタイトルで・・・」みたいなので戻り鮭も狙う。

こういうキーワード釣れるよな・・・・よっしゃ成功!!までが超楽しい。

どうなってるのかの返信 (No: 3)

投稿者 t : 0 No: 1の返信

投稿日時:

センスのある人なら2週間くらい。
何年もかけて小説をたくさん読んでいる人が書く処女作は大体安定しているのですが、それとは別に生まれ持ったセンスのある人がいます。

ここでいうセンスのある人というのは背伸びしていない文章でかつ。
誤解のある言い方になるかもしれませんが、書き始めの拙い文章力でも十分面白くなる、題材なり、構成を無意識に選んで書くことができる人のことです。
例えるなら、あまり情報がない状態でも自分の体型とサイズにあった服選びが上手く、服をオシャレに見せるポーズや、オシャレに対する意識が全体的に高いといった感じ。
ただ、
センスのある人がこの先どこまで上達するかはイコールではありません。まったく別の話になります。

あまりお勧めできない例としては、何年間も誰にも感想を貰わずに誰かの小説を読むでもなく、自分の中の小説理論を磨こうともせず書き続けることです。
それで大体3~4年くらいかけて到達する文章力を、どこでもいいのですが例えばこのサイトで分からないところは質問したり、感想を貰ったり書いたりしながら学ぶことで。頑張れば、3カ月から半年で時短できる、まぁまぁ読めるくらいには小説が書けるようになると思います。

読まれるではなく読めると書いたのは理由があって。
読者というのは相手があることなので、読んでもらおうとしても、人にはタイミングというものがあります。
上手い人がもともと読者が読みたがらない作品を書いても、あまり読まれないものですし。その逆に下手な人でも読者のニーズにあった読みたい作品を書けば、読まれると思えるくらいには、読んでもらえる機会は増えます。

これについては読者数を増やすことや、もともと読者の反応が大好きなら読者のことを第一に考えた作品づくりで、いいと思います。
そうでないなら普通は、自分の書きたくないものを書いているとそのまま小説が書けなくなってしまうので大体は……。自分の書きたい作品を売れる(読者に読んでもらえる)ように書くのが個人的にはオススメですね。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

覚えた語彙を記憶に留めておくための方法 再送信

投稿者 青キング 回答数 : 4

投稿日時:

プロの作家を目指している者です。 文章を読んでいてわからない単語が出てきたら、ノートに書き留めておき後に調べる。この行為は当然なの... 続きを読む >>

実績が無いうちはあまりストーリーのスケールを広げないほうが良いのでしょうか?

投稿者 文吉 回答数 : 9

投稿日時:

まず始めに、私が現在執筆している(もうすぐ完成間近の)小説のジャンルがダークSFアクションファンタジーと勝手に分類しておりますが、内... 続きを読む >>

キャラクターの名前を決めたいです。

投稿者 江洲西信条 回答数 : 4

投稿日時:

創作狂な作家のキャラクターで、『衣食住を整えるのは生きる為ではなく、創作のためと豪語する若手男性作家。』というキャラの名前が決まりま... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:どうなってるのか 投稿者: 少年A

素朴な疑問を持ったのですが
皆さん 小説サイトで投稿してる方がほとんどだと思うのですが、どれくらいで小説が読まれるようになってくるんでしょうか?

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ