小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

魅力のわからないヒロインはいれるべきかどうかの返信の返信

元記事を読む

魅力のわからないヒロインはいれるべきかどうかの返信(元記事)

ご助言ありがとうございます。
自身の好きな要素をプレゼンするのが小説なのだと考えれば、他社製品との比較的な意味でも「自分が理解できないフェチポイント」の研究は必須ですね。そのうえで強みを押していけるよう努力してみます。

魅力のわからないヒロインはいれるべきかどうかの返信の返信

投稿者 あまくさ 投稿日時: : 1

そうですね。
胸の大きさから1歩離れて考えるなら、「自身の好きな要素をプレゼンする」ことと「自分が理解できないフェチポイントを盛り込む」こと。この二つの兼ね合いをどうするかという問題に一般化できそうです。

前者は創作の原点として重要だと思います。拘り過ぎると「作者の趣味の押し付け」になってしまいかねないので注意は必要かと思いますが、まずは「自身の好きな要素」についてなぜ好きなのかを自問自答し、それが一般的需要足りうるかどうか客観的に検討してみることが先決なのではないでしょうか?

後者については、そのフェチポイントが本当に大きな需要につながっている要素なのであれば、そして趣味にとどまらず「売れる小説」を目指して創作されているのであれば、「理解できない」ではすまされないでしょう。
ただし。
この部分についての客観的な分析はするべきでしょうが、だからと言って絶対に盛り込まなければならないものだとも限りません。
需要があるにしても必須というほど重要なことなのかどうか?
無理に盛り込むことによって作者が本来表現したい作品全体のバランスを崩してしまうデメリットはないか?
他の要素によって補うことはできないのか?
そういうことまで含めてトータルに考えた方がいいかもしれません。

それと。
小説の場合キャラの外見的特徴は、敢えて明記しないことによって読者に勝手に補完させるという手法もあるのではないかと。まったく書かないのではなく、間接的に仄めかすなども可能です。
例えばメインヒロインが、サブヒロインや脇役的な女性キャラを見て(大きいなあ……)という内心の言葉をつぶやけば、本人はあまり大きくないんだなと分かりますよね? しかし、どの程度小さいのか、あるいは本人が小さいと思い込んでいるだけなのかなど読者の想像にかなり幅をもたせることができます。
胸のことは書くにしてもその程度にして、他の方も仰っているように別の要素でヒロインの魅力を作ることに力を入れる方が本筋なのではないでしょうか?

カテゴリー : キャラクター スレッド: 魅力のわからないヒロインはいれるべきかどうか

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「魅力のわからないヒロインはいれるべきかどうか」の返信一覧

他の相談一覧

小説の師匠を募集しています。

投稿者 オキノラク 回答数 : 3

投稿日時:

ただいま行き詰まっていまして小説の師匠を募集しております。 読書経験が豊富でなおかつ執筆歴が五年以上あるかた。 どうか私を導いて... 続きを読む >>

書くことができました。

投稿者 ポコポコ 回答数 : 0

投稿日時:

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 年が変わる前に50話投稿できました。 2ヶ月もぐだぐだしてまし... 続きを読む >>

異能力ものに関して

投稿者 例)山田太郎 回答数 : 4

投稿日時:

異能力ものを作っていて異能力を作っているんですが、異能力って制限・制約、範囲、対象などこれら全て細かく設定した方がいいですか?描写す... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ