小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

主人公の周りにいる人物(友人など)の葛藤についての返信の返信の返信の返信

元記事を読む

主人公の周りにいる人物(友人など)の葛藤についての返信の返信の返信(元記事)

>戦いや相談という「行為」が既に葛藤を表しているということですね?
いえ、その行為の内容が、です。
例えば、相談自体はしなくとも、
「ちょっと相談に――あ、いや。やっぱりいい。何でもない。呼び止めて悪かったな」
なんてセリフ一つで、彼が何か悩んでることはわかりますよね。
戦闘の場合は、脳内での葛藤(つまり悩みAと悩みBがぶつかり合ってる状態だから葛藤なわけで)を具体的にキャラとして表現したものが戦闘という行為になっています。

失礼ながら、おそらく「描写」を理解しきれていないように思えます。
例えば、
>相談してくる友人のセリフや行動を主人公が聞き、友人は葛藤していると理解してもらうのだと考えていました。
これだと「友人が葛藤している」と説明しているだけです。
「葛藤していることを表現」するのが描写なのに、「友人は葛藤しているんだな」とダイレクトに書いてしまっているわけでしょう?
説明することが悪いことではないし、描写はダイレクトに書いてはいけないわけでもありませんが……。

絵で考えてみて下さい。
「彼が悲しいんでるという心情を描写せよ」という課題があったら、「悲しそうな顔」を描きますよね。「悲しいですとセリフ付きの」絵を描いたりしない。
絵にセリフが無くてもわかるように描くから「描写」なわけだし。

友人の葛藤を主人公視点で書くのであれば、友人の心は主人公には読めないわけだから、基本的には「悩んでそうだな」と思えるシーンを書けば良いだけです。
その助けになるのが小道具ですね。
でなくとも、友人が主人公に相談を持ちかけ、まったく関係ない話題をしてきて、主人公が「何かあるな」と勘付いたりする。あるいは勘付かなかったとしても「アイツ結局何を相談したかったんだ」と一人ボヤけば、何か相談しにくい内容で悩んでることは読者に伝わりますよね。
描写は、それをわかりやすく説明するものではなく、表現をするものです。
極端に言えば、「悲しい」という言葉を使わずに「悲しんでる様子」を書いてみましょう。それが描写です。
もちろん、極端に言えば、なので「直接言葉にしちゃダメ」というルールはありません。

また、小道具は別にコンビニのおにぎりでも役に立ちますよ。
「彼はいつもツナマヨを買ってる。それが好物だからだ。けど今日は鮭だった」と、この一文だけでは何の話だって感じですが、「彼の様子がいつもと違う」ということが描写できてますよね。
そのことを主人公が指摘して「考え事をしてたから間違った」と続けば、葛藤の話題に繋がります。
「食べきるには時間がかかりそうな量だ」と書いておけば、「話が終わった頃には、おにぎりは全部なくなっていた」と書けば時間経過を描写できますよね。これだと暴食なのも表現しちゃうから無いだろうけども。
たぶん、普段から何気なくやってる事だと思います。
比喩表現も描写の一つだし、意図的に用意したわけじゃなくても小道具を使って比喩をしている事も多いでしょう。
ただ、それは単なる言葉のレトリックではなく、描写という技術で、この応用は「葛藤」など心理の表現にも使える。
そして、心理描写というのは「心の中で思ってることを文章にする」だけのことではなく、こうして表現していくことだ、という事です。
ということは、単純に「悩んでるときにありがちな展開」をやってけば良いだけです。
小道具は、今回は「葛藤」なので「悩み」の象徴になるような何かを用意すりゃいいだけです。友人の癖などが一番扱いやすいでしょう。悩んでるときにする仕草とか。いきなり出てきても不自然じゃないし。
やや変則だけど「真面目な性格」とかなら「仕事が雑だった」というだけで普段とは違うことが表現できますよね。これも「性格」を小道具にしてるわけです。
繰り返しますが、小道具というのは物質的なものにこだわった話じゃないです。
やり方次第では何でも小道具に出来ます。

主人公の周りにいる人物(友人など)の葛藤についての返信の返信の返信の返信

スレ主 北上蓮 投稿日時: : 0

 考えの相違が多い感じします。
 わかりやすいところからいきます。
>相談してくる友人のセリフや行動を主人公が聞き、友人は葛藤していると理解してもらうのだと考えていました。
 これに対しあなたは、友人に相談を受けた主人公が「あいつは葛藤している」と思うこと(地の文に書く)で描写するのだと思ったはずです。
 私は、主人公目線で友人の相談を受ける。「ちょっと相談に――あ、いや。やっぱりいい。何でもない。呼び止めて悪かったな」という台詞を主人公が聞き、「何かあるな」と思う(地の文に書く)ことで読者に友人の葛藤を理解してもらう感じです。
 相談を受けた主人公の心理描写や友人の台詞などで読者に友人は葛藤していると伝える感じです。友人が「俺は葛藤している!」って言うわけじゃないですよ? 悩んでそうな台詞を言うことで描写します。
 主人公目線で友人が葛藤しているのを描写する←この言い方も悪かったかもしれません。主人公が友人に相談を受け、そのシーンを通じて読者に「友人は葛藤している」と思わせる。これが私の考えです。

 コンビニのおにぎり。
 私は小道具がもっと重要なものと考えました。鮭を選んだところは、会話を繋げるための小さな仕掛けとして使うということですかね。あなたのは、おにぎり自体が葛藤を描写しているのではなく、おにぎりから繋がった「台詞」が描写している気がします。
 まぁ、些細な仕掛けとしては便利ですね。
 私は親の形見があれこれあってこっちを取るかあっちを取るかみたいなものを想像しました。
 思い入れのない適当に買ったコンビニのおにぎりを無くしたという話なら、また買えばいいやというのになります。しかし、親の形見であれば失うわけにはいかないので、必死になって探すでしょう。
 それで、主人公との約束を断ったりとかが葛藤かな?
 ちょっと葛藤とずれた気がしますけど気にしないでください。

 私の考えを言わせてください。
 「行為」を、友人が主人公に相談するとしましょう。
 相談するということは、相談するような出来事があったということです。
 それを読者が読み取り、友人は葛藤しているという発想に読者は至る。こんな感じを想像してます。

 今気づきました。
 皆さんはどのような方法で主人公以外の人の葛藤を描いていますか? 主人公目線だとわかりにくい部分の描写方法でも構いません。
 これがすべての原因です。
 どのような方法で主人公以外の人の葛藤を描いているか。これでは葛藤を表す方法を聞いてしまっています。
 葛藤を表すなら「友人悩んでそうだなー」でいいです(ここは気にしないで)。
 友人悩んでそうだなまでは、「ちょっと相談に――あ、いや。やっぱりいい」で表せます。
 主人公にはわかりづらいことをどういう風に読者に伝えるかが問題だったのです。
 友人が隠した葛藤は主人公に伝わりません(主人公目線では友人の葛藤を表せない)。
 なら友人目線にするか? けど視点変えるのはだめかな? なら主人公にどう伝えればいいという感じでした。
 ややこしいことして申し訳ありませんでした。m(_ _)m
 書くのにいろいろ考えたので読みづらかったりわかりにくいところがあると思います。許して

カテゴリー : キャラクター スレッド: 主人公の周りにいる人物(友人など)の葛藤について

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「主人公の周りにいる人物(友人など)の葛藤について」の返信一覧

他の相談一覧

やはり国の数少ないほうが読者さんはわかりやすいですよね。

投稿者 悪魔ミュージック 回答数 : 6

投稿日時:

 こんにちは。暇人なので書き込ませていただきます。書いては消してを繰り返しています。以前、ここに自サイトの一次創作と二次創作の国家一... 続きを読む >>

ラノベを書きたいのですが、、

投稿者 Noeru 回答数 : 3

投稿日時:

ラノベ一冊に山場は何ヶ所必要ですか? 新人賞に応募すしたいのですが、 続きを読む >>

キャラクターのヒントをお願いします。

投稿者 ぼたん 回答数 : 15

投稿日時:

今、恋愛小説を書いています。 王道の悪役令嬢もので、舞台は学校です。 簡単に言うと婚約破棄されないように立ち回る話です。 ... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ