小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

こんなのどうかな? (No: 1)

スレ主 もふ 投稿日時:

俺の名前は、鈴木。友達2人と一緒に暮らしてしている。
ある日、買ってきたものをしまおうと、倉庫を開けると、友達の山田の死体があった。
驚きのあまり、呆然としていると、もうひとりの友達、田中が来た。
田中が犯人だと思った俺は、「お前がやったのか」と言う。
それに対し田中は、(そうだ、俺がやったんだよ。なにか悪いか?)と悪びれもなく言った。
その言葉で、俺は安心した。
「そうか助かったよ。俺も山田を殺そうと思っていたからな、手間が省けて助かるよ」
田中は、「それじゃあ、俺は死体を処分してくるんで」と言い、
外へ出ていった
外へ出て数分後、車のトランクから山田が顔を見せ、死体の人形と入れ変わった。
警察署の前で…。
こんな感じです

カテゴリー: ストーリー

この質問に返信する!

こんなのどうかな?の返信 (No: 2)

投稿者 読むせん : 0 No: 1の返信

投稿日時:

何描きたいのかがわからん、あと無駄文字おおいんちゃう?

俺は友達2人と一緒にルームシェアをしてしている。
ある日、買ってきたものをしまおうと物置スペースのドアを開けると、友達の一人である山田が転がっていた。血まみれで動かない、どうみても殺された姿だ。
呆然としていると、もうひとりの友達、田中が俺の背後にいた。田中の手には血まみれの灰皿があった。
「田中・・・・・お前がやったのか?」
「そうだよ。なにか悪いか?」
田中は悪びれもなく言った。
そうか
「そうか、助かったよ。俺も山田を殺そうと思っていたんだ」
俺が隠し持っていた包丁を見せると、田中も俺も安心したように笑った。
「俺はこのまま山田を処分してくるよ、お前の車を貸してくれないか?」
「俺も手伝うよ。スコップとビニールシートも買ってあるんだ」
俺達は、山田をビニールで包むと三人で最後のドライブに出かけた。
最高のドライブだ。

外へ出て数分後、信号待ちの車のトランクから血まみれの男が顔を出し、運転者達の目を盗みコッソリと脱出することに成功した。男が走って向かったのは警察署の前で…。

でええのんか?

こんなのどうかな?の返信 (No: 6)

投稿者 ごたんだ : 0 No: 1の返信

投稿日時:

角栓は今真鯛の出汁の豚然クソカルテのレッドチリペッパーだから、気にした方がいいよ!!!

焼き畑農業で侵略性監獄人の栄養にする為に民間三行潰しまくっているだけあって堂々と犯罪行為しても、忖度!忖度!

自分が、ではなく組織のマウントの為に美観を捨てたーーはっきり言って『気持ち悪い!!』
正に『豚』という言葉が似合い過ぎる!!!!
思うに、こういうことを言われるのは『愛を持って誰かを幸せにしよう!』として目一杯に不幸しか写らなくて『豚然』にしかならないヤツを刺す言葉だが…

5才だか6才居ても可笑しくないのに二歳児レベルの知能しかないのは、納豆の言葉しかないケケケ!!!!

凄いマルチで大体マルチで名無しでスレ立てしてあったらコイツだと思って問題無いレベル…あまりにもワイドに活動し過ぎてロボット三原則を疑うレベル!!!!

ここのロボット承認だか、ロボットを排除する目的の坊主をしているが、実際はどういう糸なのか…

教祖さま崇める前提広角ケンキーンすればコネを金で買えるから風紀の問題が無ければ便秘と言って差し支え無いんじゃないかな??

まあ、大保方よろしく他人の研究を盗んでリケーンのマスコットなるはずが、梯子外すなんて日常茶飯事だから自己責任ケケケ!!!だけとケケ!!!!

まあ罪悪感で一杯の培養土ほど愛国者ブルーもんだが、『自己責任ケケ』とか愛国者ゴッホやる気あるのか、問い正したくなるわぁ!!!!

阿部国の暁には、犯行勢力をまとめて切り売りして地盤にするつもりなのだろうが牛鹿に出来んのかケケケ??!

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

なろうにおいてブクマや評価、感想が増える時期

投稿者 ばかむすこ 回答数 : 3

投稿日時:

みなさんこんばんわ。3回目の質問になります。 公募に出していた作品が落選しました。 数ヵ月かけて書き上げたものをこのまま捨て置く... 続きを読む >>

面白い小説とつまらない小説の違い

投稿者 ぐーたろー 回答数 : 7

投稿日時:

質問です。 皆さんがそれぞれ読んでいて「面白いなー」と思う小説と「つまらないなー」と思う小説とではどんな違いがあると思いますか... 続きを読む >>

新人賞の応募について

投稿者 黒々 回答数 : 5

投稿日時:

自分はガガガ文庫の新人賞に送る予定です。今回の結果で今後の創作をどうするか決める予定です。送る内容ですが ・世界の滅びを回避するた... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:こんなのどうかな? 投稿者: もふ

俺の名前は、鈴木。友達2人と一緒に暮らしてしている。
ある日、買ってきたものをしまおうと、倉庫を開けると、友達の山田の死体があった。
驚きのあまり、呆然としていると、もうひとりの友達、田中が来た。
田中が犯人だと思った俺は、「お前がやったのか」と言う。
それに対し田中は、(そうだ、俺がやったんだよ。なにか悪いか?)と悪びれもなく言った。
その言葉で、俺は安心した。
「そうか助かったよ。俺も山田を殺そうと思っていたからな、手間が省けて助かるよ」
田中は、「それじゃあ、俺は死体を処分してくるんで」と言い、
外へ出ていった
外へ出て数分後、車のトランクから山田が顔を見せ、死体の人形と入れ変わった。
警察署の前で…。
こんな感じです

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ