小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

人気回答!罪を犯した主人公の結末についての返信 (No: 2)

投稿者 ヘキサ : 5 No: 1の返信

投稿日時:

無責任にスゲェ面白そうと思ってしまったhexaです。

ですが、作者側の立場として、「八つ当たりで」という理由の時点で言い逃れは不可能に近いと思っております。
「みんながやってないから面白そうだからやってみた」で後悔するのがこのパターンだと思っております。事件の起こった元凶である理由や経緯が、どうしようもなくダメダメすぎる。後から何をどう償おうと試みても挽回できないレベルの汚点。

許す方向でいきたければ、事件の発端はどうしようもない不可抗力に設定して。
もうそれで執筆公開してしまっているのならバッドエンドまっしぐらですかな。

罪を犯した主人公の結末についての返信 (No: 4)

投稿者 にわとり : 2 No: 1の返信

投稿日時:

 最終的にどっちを選ぶかよりも、その決断に至るまでの過程が重要なんじゃないかなと思いました。どうなるかわからないサスペンス感を演出することがたぶん大事。
 質問だけだと殺す動機しかなさそうな印象を受けてしまいますが、殺したい気持ちと釣り合うくらい許してあげたい気持ちがあるわけですよね、ヒロインには。究極の悩みでしょうこれ。殺したい、でも殺せない。許したい、でも許せない。次に主人公と顔を合わせたら、殺してしまうんだろうか、許してしまうんだろうか、一生許せないまま殺さず生かしておくのだろうか、それとも彼を許しながら殺してしまうのだろうか。多分ヒロイン自身にもわからない。主人公に殺された妹の無垢な笑顔が、幼い頃からの思い出の数々が脳裏にちらつく。妹が死ぬ瞬間を想像する。辛かっただろう、苦しかっただろう、怖かっただろう。私は助けてやれなかった。一生消えない後悔。罪悪感。手を下したのは彼だ。やったのは彼だ。八つ当たりで殺したのだ。何の罪もない少女を。他ならぬ私の妹を。これは殺すべきではないのか? 仇を討つべきではないのか? 彼がもうすぐ帰ってくる。千載一遇のチャンス。いま彼を殺せなかったら、きっともう一生機会は巡ってこない。今しかない。やるのか? 私にやれるのか? しかしその一方でまた別の情景が彼女の瞼の裏を掠める。主人公の、頼りがいのある大きな背中。あの背中にいつも私をかばってくれた、裏切り者の悪意から私を遠ざけてくれた。安心して身を預けることのできる、優しい、あたたかい彼の背中。彼に何度救われたことだろう、助けられたことだろう。彼もまた、私に救われた、助けられたと言ってくれたことがある。彼は私に心を許しているのだ。私だけに心を許しているのだ。そんな彼を殺そうだなんて、これは裏切りじゃないのか。彼に対する裏切りじゃないのか。彼はああ見えて、とても繊細なのだ。ガラス細工のように脆いところがある。本当は、私が守ってあげないといけないのだ。この世のあらゆる裏切りから。守ってあげないと。彼の笑顔にはいつもどこか陰があるのだ。背中はどこかいつも寂しそうなのだ。何か大きな、重いものを一人で抱え込んでいるのだ。ほんの時たま、まるで雨に濡れた子犬のような、かなしい目をするのだ。そして、それを知っているのは私だけなのだ。だというのに、私が彼を守ってあげないといけないというのに。私が彼を殺してしまったら、私はあの裏切り者と一緒になってしまうだろう。彼がいま命をかけた復讐を終わらせたばかりの、あの裏切り者と。そんな裏切り者に成り果てた私自身を、私は許せるだろうか。否、否、そんなはずがない。私は一生後悔し続けるだろう、罪悪感に囚われ続けるだろう。心から幸福や安らぎを感じることが生涯できなくなるだろう。真っ黒なかなしみが、過去、現在、未来の私を刺し貫くだろう。それでもやるのか? 私にやれるのか? 妹の笑顔と、彼のかなしい目が交互にフラッシュバックする。神様、神様、私はなぜこんな責め苦を受けなければいけないのですか! 私は、私はどうすればいい……?
 ……みたいな。いや、あなたの作品のヒロインと主人公の設定は知らないですけど。そういうキャラの感情の揺れを、丁寧に、先を読ませないように描くのが重要なんじゃないですかね。主人公は殺されてしまうのか、それとも許されるのか? 宙吊りの緊張感。これぞサスペンス。読者がちゃんとヒロインに感情移入してくれたら、最終的に殺しても殺さなくても許しても許さなくても納得してくれると思いますよ。そんだけ悩んだ結果なら(自分なら違う判断をしたかもしれないけど作品として)ヒロインの決断を尊重しよう、みたいな感じで。
 すくなくとも大した葛藤もなしに簡単に許すor殺してしまったらつまらないですよ。これだけは間違いない。

罪を犯した主人公の結末についての返信の返信 (No: 5)

スレ主 いてん : 0 No: 4の返信

投稿日時:

長文の返信ありがとうごさいます。
一応最後に主人公をどうするかは決めたんですけど問題はそこまでどう持っていくかなんですよね......
このアドバイスを参考に作れたらなと思ってます。

人気回答!罪を犯した主人公の結末についての返信 (No: 6)

投稿者 読むせん : 4 No: 1の返信

投稿日時:

一つの回答としたら「一生秘密にする」ってのも選択肢かな?

罪の告白って基本、自分が楽になりたいからする事でもある。
主人公が罪の告白によって解放された重責は、一転しヒロインの物に。

主人公はヒロインに罰を丸投げヒャッホー。
一方、ヒロインは主人公を殺しても辛い、許しても辛い。

んなもん主人公を殺して自殺するくらいしか術が無くなるやん。

==============================
仮に逆なら?自分の妹をヒロインが殺していたら?そのことをヒロインに告解されたとき、どないできる?

寄りにもよって何故、いま、それを俺に言うんだと絶望せずに、憎まずにいられる?
仲良くなればなるほど、その罪は重くなる

信頼できる仲間、大事な恋人、かけがえのない親友、一口の兵糧を分け合い生き延びた、愛し合った妻や夫。

その一人を中心に、構築してきた関係がすべて、嘘で、最低な裏切りを飾る、悪趣味でチープな装飾品に成り下がる。

あるいみ究極の恐怖の形やからね。

罪を犯した主人公の結末についての返信 (No: 8)

投稿者 オミクロン : 2 No: 1の返信

投稿日時:

 オミクロンです。非常に近いけどちょっと違うことを書いているので、参考になればと思い投稿させていただきます。

 まず先置きとして、いてん様がどのような過程と結末を描くのか私には分かりません。なので全く見当はずれの可能性があります。それでも他山の石程度にはなると幸いです。

 まず非常に近いけどちょっと違う部分の説明をさせてください。(宣伝と取られたらNGしてくださっても結構です。まだ投稿しておりませんが)

 自分の作品の場合、主人公が片思いしている相手(以後ヒロイン)が、主人公を思っている幼馴染に戦場で殺されてしまう。しかし主人公含む仲間一行と、その幼馴染は互いに互いのことがわからなかった。(これは環境要因です。相応に互いを認識できなかった理由があります)

 その後紆余曲折を経て、ヒロインを失い、失意に沈む主人公と幼馴染が同じパーティに所属する。そしてさらに紆余曲折あって、ついに主人公はヒロインを殺めた相手が幼馴染と知る。

 その後なんやかんやあって主人公は立ち直りますが、その後幼馴染からヒロインを殺めたことに対して懺悔されます。

 その時に主人公は「思うところはあれど責めることはできない」と発言し、一応幼馴染を許します。(状況説明ここまで)

 この執筆時に私が考えたのは「トロッコ問題」です。詳しくはググれば分かりますので割愛します。が、それと同じことを主人公に発言させています。

「酷なことを聞くが、死亡扱いになった幼馴染(主人公)の知りえない思い人(ヒロイン)と、自身(幼馴染)の親友と仲の良いクラスメイトの2名。どちらかしか取れない場合、どっちを選ぶ?」

 ちなみにこの「死亡扱いになった幼馴染の知りえない思い人」の部分には、「赤の他人」とルビを振っています。

 つまるところ。許す、許さない、復讐する、復讐しない。という問題は結構根が深いのです。私も似たようなことを質問した際に、回答者の方から「るろうに剣心」を引き合いに指摘されました。いてん様の作品に当てはめると、「剣心と巴と縁」に当たりますかね。

 いずれにせよ。個人的な意見ではありますが、許して「ハイ終わり」殺して「ハイ終わり」。だけというのは、題材の深刻さに対して短絡的かなぁと思います。

 あと作品がどのようなテーマで、どういう主人公で、どういう状況下で殺したのか想像がつきません。ですが八つ当たりで殺す。という文を鑑みるに、ダーク系かなぁと個人的には思います。執筆の方頑張ってください。長文駄文失礼しました。

罪を犯した主人公の結末についての返信の返信 (No: 9)

スレ主 いてん : 0 No: 8の返信

投稿日時:

返信ありがとうごさいます。
この作品は裏切られて絶望した主人公が人間を憎むようになり、偶然知り合ったヒロインの妹も敵と思い込んで殺してしまい、その後正気を取り戻すけど既に遅く後悔に苛まれながら生きるという話です。
たまにある復讐系や絶望系の主人公が関係の無い人にも当たり散らしたりしてるのを見て思いつきました。
間違いないなくダーク系になるでしょうね。

罪を犯した主人公の結末についての返信 (No: 10)

投稿者 玄翁 : 2 No: 1の返信

投稿日時:

はじめまして。

ヒロイン、許さない。
    ↓
「あんたのことははらわたが煮えくり返るほど憎いが、だからと言って死んで終わりとか許さない。残りの人生かけて罪を償え」

ふと思いついたと言うか、今時だとこのあたりがセオリーかなと思います。

あと話は逸れますが、真鍋譲治の漫画で主人公が女性のハンターだったかで、幼い頃浮浪児で生きるために銃で人を撃って殺して奪ったのが全てのはじまりみたいに描かれていて、物語のラストで街角を歩いている際に今度は自分が浮浪児に銃を突きつけられると言うシーンが発生します。

ヒロインが主人公を許す、許さないとは別に、因果は巡るじゃないですが全く無関係の人間が出てきて報いを受ける、みたいな展開もありかも知れません。(ちなみに件の漫画は浮浪児の銃が弾切れで、主人公は死なずにその浮浪児を連れて養子として育てるとかだったと思います。かなり昔に読んだのでうろ覚えですみません)

少し変則的ではありますが、何かの参考になればと思います。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

作品劇の扱い方

投稿者 めーゔ 回答数 : 6

投稿日時:

今書いている作品に、作中劇を登場させたいです。その際に、気をつけることはなんでしょうか? 今現在、演劇モノ(厳密に言うと紙芝居... 続きを読む >>

地の文が下手くそ

投稿者 カレーうどん 回答数 : 6

投稿日時:

どうも、小説を投稿し始めてばかりの初心者です 今回聞きたい質問なんですが文章力の低さについてです ギャグファンタジーの小説を書き... 続きを読む >>

ローファン 現実的問題

投稿者 ユシ 回答数 : 6

投稿日時:

架空の地球にモンスターが出現したらどうなるだろう。という定番ローファンタジーを考えていたのですが。 例えば、ネオナチが主人公で... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:罪を犯した主人公の結末について 投稿者: いてん

 仲間に裏切られてやさぐれた主人公が何の罪もない少女を八つ当たりで殺してしまい、そしてその少女がヒロインの妹だったという話なのですが、裏切り者への復讐を終わらせた後に主人公をヒロインに殺させるのがいいかそれともヒロインが許すのがいいか悩んでます。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ