小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

過去描写全般についての返信

元記事を読む

過去描写全般について(元記事)

タイトルの通りですが、過去描写について相談があるので質問させていただきます

現在過去描写を書き終わっている段階です
しかしボリュームが少し多く(wordページでは5,6ページ、本のページ数的に10ページちょっと)、ラノベ新人賞に送るもの(応募規定ではpdf形式の150ページ以内)にしては少し占め過ぎているような気がして悩んでます。一般に過去より現在・未来を重点的に書くものだと思うのですが。
そこで、いくつかの案を用意しました。
以下具体性を持たせないと回答しづらいと思うので、共有させていただきます。

前提
①過去描写をしたいのはヒロインについてで、ヒロインは人外キャラ
②ヒロインの頭は非常に賢く、対して主人公は凡人並み
③ヒロインはある出来事で不死身になり、それ以降人間に対してあまり良い思いを抱かなくなっていく
④またヒロインはストーリーのテーマともなってくる弊害(作品の非常に重要な部分なので伏せさせていただきます)を被っている
⑤ストーリー上の最重要な目的物(上記④を治すもの)を探すために、ヒロインは主人公に一緒に旅に出ることを提案する
⑥作者の私自身としては、ドラマ性がある等の観点から案1を推している
⑦ヒロインに頭が良い理由を聞くのは、過去描写をするための口実(ほかの部分で描写するようなタイミングが思いつかなかったので)

案1(現在)
旅に出ることを提案されるが、その時点で主人公はヒロインの何の役にも立たないと思い、断る
→主人公がヒロインに頭が良い理由を聞く
→その理由含めて、過去を知る(過去の出来事が大いに関係あり)
→ヒロインとのすれ違い(その後主人公が、ヒロインの過去を知ったことで思いが溢れていき、やっぱり行きたいと言い、これにヒロインは不満を爆発させる)
→本気さが伝わり、旅に一緒に行くことになる

案2
旅に出ることを提案されるが、その時点で主人公はヒロインの何の役にも立たないと思い、断る
→主人公がヒロインに頭が良い理由を聞く
→その理由だけを知る(この時点で過去描写無し)
→以下案1と同様(ただし、主人公がやっぱり行きたくなるような、案1とは異なる理由が必須)

案3
頭良い理由を聞かない
→そのままヒロインの提案を承諾
→それ以降の部分でヒロインの過去描写(or書かない)

案1,2と3の順序が少し異なっています

過去描写の役割
①弊害を被るようになった経緯及びその弊害について説明
②①により受けたヒロインの精神的苦痛の説明
③②によりヒロインが人間に対してどのように思っているのかを説明

まとまりのない文章になってしまいましたが、過去描写は非常に重要な役割を持っており、外し難いです。
役割①に至っては、主人公たちが旅に行く重要な理由になるので後半の方で説明するのは厳しいです(物語は冒険モノです)
そこで、案1にする場合、どのようにすればコンパクトあるものになるのか、はたまた文章が長くても書くべきでしょうか?
(現在具体的には、弊害を被るようになった前後の出来事→長い時代を経ての精神的苦痛→現在に至る、といった流れです。不要な部分とかあれば仰って下さい)
それ以外に良い案がある場合は教えて頂けると幸いです

過去描写全般についての返信

投稿者 読むせん 投稿日時: : 1

分かりにくいわ!

あー‥適当な代用品で埋めるわ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①ヒロインは後天性の吸血鬼
②ヒロインの頭は非常に賢く(吸血鬼としてのオプション)、対して主人公は凡人並み

③ヒロインはある出来事(真祖に血を吸われた)で不死身になり(ひどい迫害を受けたため)それ以降、人間不信になっていく

④またヒロインはストーリーのテーマともなってくる弊害(主人公のことが好きで一緒に居たいのに、血を吸い殺したくなってしまう)がある。

⑤ストーリー上の最重要な目的物(真祖退治)をするために、ヒロイン側から主人公に一緒に旅に出ることを提案する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑥作者の私自身としては、ドラマ性がある等の観点から案1を推している
ーーーーーーーーーーーーーーー
お題【ヒロインの異常な知識量について】

過去描写をするための口実に使いたい(ほかの部分で描写するようなタイミングが思いつかなかったので)

案1(現在)
①ヒロインと共に旅に出ることを懇願されるが、その時点でヒロインの無双っぷりに劣等感を抱いてしまった主人公は何の役にも立たないどころか足を引っ張ってしまう・・・・・と思い、泣く泣くヒロインの懇願を断る

②自身の劣等感の告白ついでに主人公はヒロインに頭が良い理由を聞く
 「きみは、なぜそんなにも知識があるんだい?」

③その理由と、それにともなう過去の悲しい記憶をヒロインは主人公に告解する。

④あまりに壮絶な過去に絶句する主人公の姿に拒絶を感じてしまったヒロインとのすれ違いが発生(旅支度をする3日~7日くらい。

⑤その後主人公が、じわじわとヒロインへの思いが溢れていき、【やっぱり君と一緒に行きたい!!】と言う
 ヒロインは【そんなこと言って絶対後悔するし、主人公はきっと私を見捨ててしまうに違いない!!】と不安と不満を爆発させる

⑥人間不信フルスロットルなヒロインに主人公は言葉を尽くし、その言葉の本気さを信じて見たくなったヒロインが同行を受け入れ、旅に一緒に行くことになる
===============================
案2
①ヒロインと共に旅に出ることを懇願されるが、その時点でヒロインの無双っぷりに劣等感を抱いてしまった主人公は何の役にも立たないどころか足を引っ張ってしまう・・・・・と思い、泣く泣くヒロインの懇願を断る

②主人公がヒロインに頭が良い理由を聞く(話を無理矢理ごまかすため?)

③その理由だけをヒロインが話す
「吸血鬼になった時、一緒に知識も流れ込んできたみたい。吸われた人たちの記憶かもね」

→以下案1と同様(ただし、主人公がやっぱり行きたくなるような、案1とは異なる理由が必須)劣等感の解消かヒロインの欠点を認識し、主人公の必要性をせるふ自覚する必要がある。
=======================
案3
①ヒロインと共に旅に出ることを懇願される

②主人公はヒロインの頭良い理由を尋ねないまま同行を承諾する

③主人公はヒロインの過去を聞き出さない
===========================
案1,2と3の順序が少し異なっています

過去描写は非常に重要な役割を持っており、外し難いです。
役割①「真祖吸血鬼を退治」は、主人公たちが旅に行く重要な理由になるので後半アで秘密にしたまま進行するのは厳しいです(物語は冒険モノです)

で、どうよ?

カテゴリー : ストーリー スレッド: 過去描写全般について

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「過去描写全般について」の返信一覧

他の相談一覧

現代日本での長編の書き方

投稿者 鬼の王の墓標 回答数 : 12

投稿日時:

創作掲示板ではお久しぶりです。如月千怜と申します。 長らくこの掲示板では書き込みをしていませんでしたが、今回は久しぶりに今まで掲載... 続きを読む >>

皆さんの代表作を教えてください!

投稿者 壱番合戦 仁 回答数 : 5

投稿日時:

 拝啓  ブルースクリーンさん、サタンさん、ヘキサさん、読みせんさん!いつもお世話になっております。暑い中、ますますご健勝のこ... 続きを読む >>

目標の必要性と文末について

投稿者 さんまDX 回答数 : 5

投稿日時:

初めての書き込み失礼します 2点質問させていただきたく 目標の必要性について違う方のスレでも同じようなものがありましたが、私... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ