小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

話の構成について (No: 1)

スレ主 長浜 投稿日時:

天気の子やワンピースのウォーターセブン編などに代表される、自然現象(大事件)が主人公たちの行動とは違う地点で展開され、やがて2つが合流していく話があると思うのですが。ああいうのは、音楽でいうところの何に該当するのでしょうか?交響曲…とか、そういう種類でいうところのです。教えてくだされば幸いです。よろしくお願い致します…。

カテゴリー: ストーリー

この質問に返信する!

話の構成についての返信 (No: 2)

投稿者 読むせん : 0 No: 1の返信

投稿日時:

前奏曲がどうのってやつ?wikiってみましたが、あれ日本ナイズされているから意味合いもニュアンスも違うみたいよ?

三味線とかの詩吟曲をドレミ音階に置き換えるくらいナンセンスなんじゃね?

話の構成についての返信の返信 (No: 4)

スレ主 長浜 : 0 No: 2の返信

投稿日時:

う〜ん…、どこかで違う部分はあるんでしょうが、構成のように長いものを理解する時には自分の場合音が便利なので…。

ご返答頂きありがとうございました(_ _)

話の構成についての返信 (No: 3)

投稿者 玄翁 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

色々調べてみたのですが、例に挙げられたような曲があったとして恐らくは交響曲もしくは協奏曲にカテゴライズされるだけかと思います。

私の限られた知識ではちょっと思い当たらなかったのですが、複数の旋律が一つにまとまっていくような構成の曲が特に一形式になっていると言うことはなさそうです。

スレ主さんのイメージから少し外れるとは思いますが、狂想曲と言うのもあります。
これは特定の出来事に対して人々が大騒ぎする様子を比喩的に表す際に使われたりもしていますね。
一時ラプソディとも表されたりしていましたが、ラプソディは正しくは狂詩曲でこれは全くの別物です。私もはじめて知りましたが。
あくまで提案なので無理に採用してもらう必要はないです。
上記も含めてどこまで参考になるかはわかりませんが、どうしてもなぞらえるとして無理に探すよりはどこかで折り合いをつけた方が良さそうな気はしますね。

話の構成についての返信の返信 (No: 5)

スレ主 長浜 : 0 No: 3の返信

投稿日時:

わ、わざわざ…調べて頂いてとてもありがたいです…。有難う御座います(_ _)

交響曲に協奏曲に狂想曲、もしくはシンフォニーですか……。とりあえず目当てに近いのが見つかるか、いくつか聞いてみます。そうですね。でも、当然大した者でもない自分が勝手にやるだけなのでとりあえずやってみようと思います。有難うございました!

話の構成についての返信 (No: 6)

投稿者 あまくさ : 1 No: 1の返信

投稿日時:

ご質問の意図がいまいちわかりません。音楽用語を織り込んだタイトルでも考えていらっしゃるのかなとも思ったのですが……。
あるいは、楽曲の構成を小説作品の参考にしたいということでしょうか? それと、クラシック音楽方面に興味があると?

じゃあ……

チャイコフスキーの『1812年』はどうでしょう?
1812年というのはナポレオンがロシアに攻め込んだ年で、これを題材に音楽化したものです。

派手な曲ですよw
チャイコはロシア人ですから、ナポレオンは悪の侵略者ということになります。

この曲は、最初はロシア民謡か何かをアレンジしてゆっくり始まり、だんだん盛り上がっていきます。これに途中からフランス国家が割り込んできます。ナポレオン軍の襲来ってわけです。
中盤はロシアをイメージする旋律とフランスをイメージする旋律がもつれあい、やがてフランスが弱まり、冒頭のロシア民謡をイメージした旋律が堂々とした曲調に変えられてかぶさってきます。
ここらへん、アニメっぽいですよ。バトルもののアニメのラストで、よくオープニング曲が「勝利モード」的にアレンジされて流れたりするじゃないですか。あんな感じです。
で、『1812年』の終幕は、勝利を称えて教会の鐘や大砲の音が鳴り響きます。この大砲は打楽器で表現されることもありますが、原曲の楽譜には本物の大砲をぶっぱなせと指示されていて、現在の演奏会でも実行されることがあります。

『1812年』は音楽の形式としては「交響詩」の範疇なんじゃないかと思いますが、それと交響曲(シンフォニー)は違います。
交響詩は形式は自由なのですが、交響曲にはきっちりした形があって、ソナタ形式とも言います。
ソナタというのは第1主題・第2主題を最初に提示して、その二つのメロディーがからみあって盛り上がり、最後に二つの主題を再現して終わります。
オーケストラによる交響曲は基本的に4楽章と決まっていて、第1楽章が内容の濃いソナタ形式、第2楽章がゆったりした曲、第3楽章が軽快な舞曲など、第4楽章が直線的に盛り上がる派手な曲、という構成をとります。

典型的なのが、ベートーヴェンの交響曲5番、通称『運命』です。
音楽にストーリー性を持ち込んだのが、ベートーヴェンの功績。
交響曲5番は「勝利の交響曲」なんて呼ばれたりすることもあるのですが、暗く悲劇的な雰囲気の漂う第1楽章と、「勝利モード」が爆発する第4楽章の対比に特徴があります。
先に書いたアニメの「戦闘曲」「勝利曲」って、第五が元祖なんじゃないかと思います。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

小説の書き方について

投稿者 十八十三 回答数 : 4

投稿日時:

基本的に描写とかに割と力入れて、会話文とかも乱用しないで三人称の丁寧な文心がけてるんですけど、最近の流行りは一人称の軽い、会話文主体... 続きを読む >>

世界観と武器の事ですが。

投稿者 デブにゃーちゃん 回答数 : 18

投稿日時:

 質問を、3つさせて下さい。 《1》  今書いている作品ですが、剣と魔法に加えて、銃と戦車が登場するんですが・・・。... 続きを読む >>

ニックネームの印象を教えて下さい

投稿者 千歳 回答数 : 6

投稿日時:

今書いてる作品に「戸部健太」という先輩が出てくるんですが、 そのニックネーム(通称)について、印象の違いを教えて下さい。 1 と... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:話の構成について 投稿者: 長浜

天気の子やワンピースのウォーターセブン編などに代表される、自然現象(大事件)が主人公たちの行動とは違う地点で展開され、やがて2つが合流していく話があると思うのですが。ああいうのは、音楽でいうところの何に該当するのでしょうか?交響曲…とか、そういう種類でいうところのです。教えてくだされば幸いです。よろしくお願い致します…。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ