小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

ビジネス文書は別の返信の返信

元記事を読む

ビジネス文書は別の返信(元記事)

 >あまくささん
 
 コメントありがとうございます。ドラコンです。

 400字詰め原稿用紙何十枚の文章を書く機会はそうそうないので、将来のパソコン買い換えに備えて、この機会に試しておこうと考えました。
 
 プロになるわけでもなく、小説の執筆もそう頻繁にすることもないので(2019年11月に、このサイトの「鍛錬投稿室(短編の間)」に投稿したのが最後。いまだに残っていて、驚いた)、Word+テキストエディタの「メモ帳」で一応、足ります。

 テキストエディタは、既にサタンさん宛返信でも書いた通り、Windowsの「メモ帳」しか使ったことがありません。しかも、「メモ帳」の印象があまりよくありません。Wordの補助、との感じです。

 最近、オフィスソフトの環境が変わってきましたよね。最新の「MicrosoftOffice2021」は、サポート期間が発売後5年です。新バージョンが3年おきに発売だとすれば、購入タイミングが悪いと、サポートが受けられるのが2年しかありません。
 
 サブスクリプションの「Microsoft365」と、買い切り版を比べても、単体で買えるパッケージ版が3年、パソコンと同時購入のプレインストール版で2年は使わぬと元が取れません。サブスクリプションの「Microsoft365」のオマケ(1TBのクラウドストレージ)を考えると、4、5年使わないと、「得した」とは言えないかもしれませんね。

 >日本ならどちらかというとWordより一太郎の方が人気みたいです。一太郎も余計な機能てんこ盛りなのですが、業界的にはこちらの方がデファクトスタンダードに近いかもしれません。

 一太郎も検討しなかったわけではありません。ただ、サポートが発売後3年なので、3年おきにバージョンアップすると、値段的には変わらず、おまけがある分、「Microsoft365」のほうに軍配が上がるかな? との感じです。

 その上、無料で使える「web版MicrosoftOffice」「Googleドキュメント」があります。機能は、有料版に比べて制限されるとはいえ、「無料」でここまで使えるのは驚きました。

 選択肢が増えた分、オフィスソフトの扱いは、悩ましいですね。

ビジネス文書は別の返信の返信

投稿者 あまくさ 投稿日時: : 1

ワープロが良くて無料で使いたいなら、LibreOfficeがお勧めです。2世代前のWordと同等くらいの機能があり、使い勝手も似ています。
このソフトの唯一と言ってよい欠点は、Wordとの互換性が7~8割程度ということ。取引先と書類を交換する時にレイアウトが崩れる恐れが若干有ります(取引先のほとんどはWordを使っているため)。逆に言うと、ビジネスで外部と書類をやりとりすることのない人なら、ワープロとしては欠点のないソフトと言えます。
こういうソフトが無料なのは、ソフトウェアは道路のような公共財であり、無料で提供されることが社会の利益に資するというOpen Sourceの思想によるものです。LinuxやWikipediaも同じ思想の産物だったりします。

カテゴリー : その他 スレッド: 小説執筆でのGoogleドキュメントの使い勝手は?

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「小説執筆でのGoogleドキュメントの使い勝手は?」の返信一覧

他の相談一覧

行き当たりばったりで書くクセ

投稿者 鬼の王の墓標 回答数 : 15

投稿日時:

題名にも書いた通り私には、小説の続きを行き当たりばったりで書くクセがあります。 前作は一応長編として鍛錬投稿室に投稿しましたが、実... 続きを読む >>

皆様は書いても読まれないとわかっているプロットをどう扱いますか?

投稿者 鬼の王の墓標 回答数 : 12

投稿日時:

どうもこんにちは。いつもお世話になっております。 前のスレから間隔が短いですが、ちょっと真剣に悩んでいることがあるので相談させてく... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ