小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

熱血主人公の性格やストーリー、熱血漢の型から外れることなく欠点や成長の過程を作るにはの返信

元記事を読む

熱血主人公の性格やストーリー、熱血漢の型から外れることなく欠点や成長の過程を作るには(元記事)

こんにちは。
今回は創作の主人公において王道たる熱血漢の主人公について質問があります。
熱血漢の主人公は個人的に、間違ってる人を正しい道に戻そうとしたり、口でわからないなら戦ったり、他には正義感が強くて困った人を放っておけない、常に前向きといったキャラクター像をしていると認識しております。
これだけ見れば人間的に完璧な主人公かと思います。ですが、そのような主人公でも未熟な部分があったり、成長を感じさせることがあります。
僕はこのように熱血漢の主人公に未熟な部分を残したり、成長の過程を作るにはどうすればいいか悩んでおります。
知らない人には申し訳ありますが、一つキャラの例をあげます。

ゲームテイルズシリーズのテイルズオブシンフォニア(以下シンフォニア)のロイドです。
プレイ済みの方にしか上手く伝わらないかもしれません。

※ネタバレ含むので、現在このゲームをプレイしてる方は読まないほうがいいです※

ロイドは熱血漢で正義感の強い、仲間の中心となって皆を引っ張って前に進む。いかにも王道な主人公です。
シンフォニアの世界観のひとつとして人種差別が特徴なのですが、ロイドは人種や立場で差別することない純粋な心を持っております。
両親を亡くして代わりの育て親の元で暮らしていたのですが、それを感じさせないほどに前向きで明るいです。

ある日、幼なじみであり世界を救うために旅をする運命を課せられたヒロインの少女が、ついに旅をするためにロイドの元を離れます。
最初は置いてけぼりを食らったのですが、色々あってロイドはヒロインや仲間達ともに世界を救う旅に出ます。

旅でも主人公らしい活躍をしていくのですが、その途中で様々な欠点も見ることが出来ました。
①熱血漢ゆえに旅の途中で出会う人物を説得するのですが、その人物も苦渋の二択のうち一択を選んだ立場だったので、これを踏まえるとロイドは相手の配慮に欠ける。
②悪者の集団に街が襲われてロイドは追い返そうとするのですが、街がさらなる報復を受ける可能性もあると仲間に咎められるのですが、ロイドはそれでも敵と戦います。この時の「目の前の人間も救えなくて、世界再生なんてやれるかよ」というセリフからも本人の主人公らしい性格がみてとれます。
③熱くなりすぎて状況を把握しないまま気持ちだけが先走りする。(まあ取り返しがつかなくなる前に仲間に止められる。また、熱くなりすぎて思考を放棄する欠点は本人も自覚している。だから仲間の助言に耳を傾けないということは無い)
といった感じです。

それでもなんとか前向きに旅を続けるのですが、旅の終わり間近で世界を救う旅そのものがとある敵の罠だったことが判明し、敵の野望のためにヒロインの神子は生贄にされかけてある意味手遅れでした(このせいでヒロインは心を失い、身体は生きてるけど人形のような状態になる)
そのせいでロイドは自分が間違っていた、自分が弱かったからと苦悩することになります。
さらには、犠牲無しでは世界を救えないと言った感じの世界のシステムが判明するのですが、それでも誰でも犠牲にならずに世界を救う方法を模索します。
そしてヒロインの人形のような状態を本来の状態へと救い、世界を救う方法を探していくのでした。
その過程でも自分はまた間違ったのか?と落ち込んだりするのですが、それでも諦めませんでした。
その旅にはさらなる困難が待ち受けてたり、理不尽な出来事が襲いかかるのですが、ひたむきに前を向いて理想を諦めない心を失うことはありませんでした。
間違っていることは正さなければいけないということ、また、ロイド本人が間違ってしまった場合もしっかりと反省し、それでもなおやはり正しい理想のために前に進んでいきます

長くなって申し訳ありません。以上がロイドの特徴とストーリーです。
もしかしたらゲームをプレイしていなかった方は、自分の言いたかったことが伝わらなかったかもしれません。その時は申し訳ありません。
ロイドの欠点や成長の過程はゲームをプレイしていると何となく分かるのですが、ロイドのような熱血漢の主人公をいざ自分で書いてみると、正論ばかり言いすぎて説教臭くなったり、そのせいで周りが主人公の踏み台のような扱いになったり、うざく感じる。
かと言って、苦悩したり落ち込むシーンを入れればキャラがブレブレになってしまいます。

しかし、熱血漢主人公ロイドは欠点や成長を感じさせながらも熱血漢のテンプレとしてぶれない性格をしております。
落ち込んだり悩んだりするけど、ほんとキャラ自体はぶれないんです!

ロイドのような熱血漢主人公だけど、成長の余地が残っているようなちょうどいい塩梅の主人公、あるいはキャラクターを作るにはどうすればいいですか?

熱血主人公の性格やストーリー、熱血漢の型から外れることなく欠点や成長の過程を作るにはの返信

投稿者 手塚満 投稿日時: : 1

1.熱血漢は理想的なヒーローか?

もしかすると、熱血漢は完全に近いヒーロー像とお考えでしょうか。少なくとも「人間的に完璧な主人公」と仰っていますし、挙げている熱血キャラ例(ロイド)も、熱血漢の(紆余曲折しての)サクセスストーリーであり、面白くて感情移入できたから。

そうではないんです。熱血漢はしばしば熱血バカとも呼ばれます。人の話は聞かないし、思い付きで暴走して、周囲に迷惑をかけたりする。もう少し考えて行動しろよ、と言いたくなるようなキャラです。熱血には無思慮が付きまといやすいんです。情の面では、挙げておられる例(ロイド)でもそうですが、他人に対する共感、感情移入に欠けるきらいがある。

まず、なぜバカなのか。感情が勝ってしまっているからです。熱血漢が行動を起こすとき、あるいはここぞの頑張りを見せるとき、たいてい感情が高ぶっています。低い冷めた声で「目の前の人間も救えなくて、世界再生なんてやれるかよ」と呟いたりせず、叫ぶのが通例です。興奮してるんです。

2.感情の弊害

感情は思考を鈍らせます。自分を疑えなくなりますから。怒りの感情で何か喚いている人に説得は通用しません。怒りを昂らせているとき、自分は正しいと強く感じられるからです。これは仕方ありません。本能であり、進化の淘汰圧によるものです。例えば、緊急の危機に際して自分を疑っていたら生き残る確率が下がりますから。

ですが、繰り返しですが「もしかして自分は間違ってないか?」というブレーキが効かないため、しばしば愚かな行動をしてしまいます。現実でよくある不幸な事例がオレオレ詐欺被害。緊急避難の心理に陥ると、その状況さえ回避できればと思ってしまい、普通なら詐欺と疑うものも疑えなくなります。見聞きした事例では、銀行に振り込みに訪れた客が明らかにオレオレ詐欺に騙されているため、行員が注意、説得した。ところが客は「嘘でもいいから振り込ませろ!」と叫んだそうです。

しかし、被害に遭った後、落ち着きを取り戻すと深く後悔します。被害者も決して愚かではなく、最初から詐欺と気が付けること、少なくとも嘘かどうか確認するポイントがいくつもあったことに気が付きます。後悔というより、信じられない、不思議と思えることも多いそうです。考えたら分かることを、止める人を振り切ってまで詐欺に引っかかったなんて、信じられない気がして当然です。

3.熱血漢は激情キャラ

熱血漢も(ほぼ常に)緊急避難の心理にあります。しかも決して醒めない。だから思慮が浅く、他人の言に耳を貸せず、他人の心理を読むに昏く、迷惑な人物になりやすいのです。だから別名が熱血バカになったりする。フィクションで古典的に有名なのは、例えばドン・キホーテなどになるかと思います。笑えるけど、共感や素直な感動はしにくい。

熱血漢が「トロッコ問題」に取り組んだとします。もともと無事な1人を助けて危機にある5人を見殺しにするか、1人を犠牲にして5人を救うか、という有名なジレンマですね。普通の人だと、例えば「5人を助けるしかない」と直感で思い、しかし熟慮して「いや、放っておけば無事な1人を死なせるわけには」とか悩むはずです。

熱血漢だと、たぶん迷いません。直感に従う。しかも「全員救うんだ!」とか言い出す。だけどどうやるかは皆目思いつかない。他の誰かが「5人を救うしかない」と言い出したら、「そんなの駄目だ」と食って掛かり、別の誰かが「1人を死なせるのはよくない」と言うと、「5人を見殺しにするのか!」と詰る。しかし解決策を示せない。役立たずです。

3.熱血キャラから見た視野の狭さ、視界の浅さ

「目の前の人間も救えなくて、世界再生なんてやれるかよ」って、カッコいい決め台詞ですよね。「とある魔術の禁書目録」の上条当麻も、ここぞという場面で同じようなことを言ったりします。ですが、普通はそうはできないわけです。兵法書「孫子」でも、犠牲は覚悟し、ただし最小限にせよと言っています。兵を死地に投じろ、戦はさっさと済ませろ、とかです。

世界の危機のせいで目の前の人間が死にそうになってるなら、他でもいっぱい死にかけているのが普通です。目の前を救い、次の目の前を救い、としているうちに世界全体は滅亡します。兵法三十六計に「釜底抽薪」(ふていちゅうしん)という計略があります。煮えたぎる熱湯は扇いでも水を注いでもすぐまた煮えたぎる。だから釜の底の燃える薪を抜け、という意味です。熱血漢は目の前に集中するあまり、根本原因が見えない。釜の底の薪に気が付かないタイプのキャラです。

ですので、熱血漢はヒーローとしては取り扱いが難しいんです。しかし、普通は迷惑な人物ですから、逆に鮮やかな成功を収めると奇跡となり、物語として成立します。おそらく、その典型の一つがロイドなんでしょう(すみません、未プレイで、スレ主さんの仰せようから推測)。

4.熱血漢の長所

熱血漢にも長所はあります。瞬発力、集中力、気力、根性、自信等々ですね。一点突破型の問題で、問題の核心と解決法さえ分かれば、他のキャラの追随を許さない行動力を示すのが熱血漢です(ただし、力の源泉が感情~激情ゆえに、根気には恵まれないのが通例。しかし、へこたれても立ち直って来るのも通例)。

ですので、熱血漢が(物語に即した)成功を収めるには、

A. 冷静な知恵者が熱血漢をサポートする(名コンビ)。
B. 解決すべき問題の解決方法までは分かっている。
C. 熱血漢がまぐれで適切な手段を選ぶ(奇跡かギャグ)。

のいずれか(もしくは全部)が成立する必要があります。要は、熱血漢が思う存分活躍できるよう、他のキャラ(や作者)がお膳立てしてやる。

逆に熱血漢に役割として負わせるのがまずそうなのは、

a. 熱血漢が単独で解決する。
b. 熱血漢が問題発見したり、解決方法を考え付く。
c. 全て力尽くで押し通して成功。

などでしょうか。要は「序盤の正論がモロに終盤の結論でありテーマである」ということになるかもしれません。

5.熱血漢の取り扱い例

そうしてしまうと、

> 正論ばかり言いすぎて説教臭くなったり、そのせいで周りが主人公の踏み台のような扱いになったり、うざく感じる。

と、仰るようなキャラになってしまいがちです。かといって、

> 苦悩したり落ち込むシーンを入れればキャラがブレブレになってしまいます。

と、これもまた仰る通り、キャラの魅力を下げてしまう。単純にやると「嫌な奴が案の定大失敗した、ざまあみろ」みたいになってしまう。

それならそれで、そうしてしまえばいいという場合もあります。ただし一度目は大失敗というパターンです。一度目を踏まえて、二度目のトライでは失敗を教訓として成功する(仲間を得たり、アドバイスに素直になりリトライ、などなど)。螺旋を2周する感じですね。そういうドラマ、よくあるようです。

あるいは「匙加減」。説教は度を超すから説教なんであって、正論もほどほどなら嫌味ではありません。ですから匙加減次第なんですが、調整が難しい。試行錯誤と慣れ、と申し上げるしかありません。

カテゴリー : キャラクター スレッド: 熱血主人公の性格やストーリー、熱血漢の型から外れることなく欠点や成長の過程を作るには

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「熱血主人公の性格やストーリー、熱血漢の型から外れることなく欠点や成長の過程を作るには」の返信一覧

他の相談一覧

僕の作品読み返してみましたが、作者の僕が見ても問題点まみれで糞つまんないです。

投稿者 壱番合戦 仁 回答数 : 10

投稿日時:

まず最初に言えることは、出発地点から間違っていました、という事です。 読者の趣味嗜好を完全に無視してしまいました。 嗜好調査、と... 続きを読む >>

アイデアはあるが小説が書けない/繋ぎの場面が書けない

投稿者 Salt 回答数 : 4

投稿日時:

タイトルにも書いた通り、(自分の中では)良いアイデアが沢山浮かびます。ですがそれをうまく文章に出来ません。妄想、というか頭の... 続きを読む >>

ライトノベルにおける子ども・女性キャラクターの筋力描写について

投稿者 仮野美都 回答数 : 28

投稿日時:

お世話になっております。 狩猟や戦闘描写のあるライトノベルに挑戦しており、子どもや女性キャラクターも狩りや戦いに参加します。 ... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ