小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

中華ファンタジーの過去ネタ焼き直しについて (No: 1)

スレ主 ドラコン 投稿日時:

 ドラコンです。

 久しぶりに、「鉄道が存在する中華風ファンタジー世界での、天性の無邪気少女皇后」の話を書きたくなりました。ただ過去に、旧掲示板、創作相談掲示板、鍛錬投稿室、プロット掲示板、プロローグ掲示板に投稿したネタの焼き直しですが。それこそ、さかのぼれば、初出は5年~10年以上前になります(覚えておいでの方はいますか?)。

 あくまでも趣味で、プロになるわけではありませんが、同じネタを使い回しても良いのでしょうか。

 書きたい気持ちが半分、恥ずかしいのでやめておこうかとの気持ちが半分です。書けなかったといって、誰かに迷惑をかけることもないでしょうが。

 今回の話は、以下の通りです。大まかなイメージとしては、「いたずら娘を、物置や蔵に閉じ込めるお仕置きを、思いっきり大げさにやっている」です。ご感想があれば、コメントいただけると幸いです。

 1、主人公の皇后(銀鈴)が、侍女に誘われて、賭けすごろくをして、侍女共々逮捕される。
 2、高圧的な取り調べを受ける(法廷コント)。
 3、牢内で、二百数十年前に、側室の嫉妬から投獄され、獄死した皇后の幽霊が現れる。そして、銀鈴は幽霊皇后に気に入られて、取り付かられる。

 話の、「2」と「3」は一応、構想がある程度固まっています。問題は、導入部の「1」です。次の3つは思い付きました。ただ、いずれも「ご都合主義」な感じがして、自主的にボツにしました。

【A案】
「後宮の銀鈴の宮殿内で賭けすごろくをする」
 最初はおやつを賭ける程度だったが、だんだんエスカレートして現金を賭け出した。これが導入としては、考えることが少なくて、単純で良い。ただ、余人の目に触れぬ場で賭けすごろくをした程度なら、教育係が賭け金を没収の上、板の間に半日~1日正座させるぐらいで済む。わざわざ裁判(お白州)の形式で、牢屋に放り込むこともない。

【B案】
「後宮内で大規模な賭場がある」
 A案よりは、「銀鈴が処罰される」という点では、見せしめにもなるので、ご都合主義は少しは減るのか? また、皇后を巻き込んでおけば、摘発逃れになりそうとの感じ。ただ、大規模な粛清になりかねず、話をまとめ切れる自信がない。

【C案】
「おしのびで後宮外に出て、賭場に入ったところを、逮捕されるか、半強制的に任意同行される」
 後宮内で大規模な粛清をしなくて済むのは良い。ただ、少女が違法賭博をやっている所へホイホイ行くものなのか? 寺院が治外法権的地位を利用し、修繕費目的で賭場を開くのはあり得るが。後宮外が舞台なら、「駅構内の飲食店が賭場」との設定で強引に鉄道を出せぬことはない(駅側が賭場の存在に気付かぬのもどうかとは思う)。女の子版『暴れん坊将軍』『遠山の金さん』で、違法賭博をつぶすのが今回の目的ではない。これまた、話が複雑になって、まとめ切れる自信がない。

「B案」「C案」なら、サイコロに細工がしてあって、初めは大勝ちしていたが、後で大負けして身ぐるみをはがされる、との展開にしやすい感じもします。

・舞台設定の補足
 舞台の後宮は、「皇帝の子を成す場所」というより、「全寮制芸能学校」「女性だけの劇団」「女性官吏独身者寮」としての役割が強い。

カテゴリー: ストーリー

この質問に返信する!

人気回答!中華ファンタジーの過去ネタ焼き直しについての返信 (No: 2)

投稿者 読むせん : 5 No: 1の返信

投稿日時:

はい先生('ω')ノ、A案で、おなじやるならコオロギ賭博しませんか!!

要は競馬のコオロギ版なので、めちゃめちゃ金の流れができてしまいます。本場の中国でもけっこう過熱していて規制あったりもします。
 銀鈴ちゃんなら賭ける側だったのが厳選コオロギとかをやりだして馬主ならぬコオロギ主とかになっていそう。

で侍女までコオロギ主デビューや厳選コオロギをやりだす娘が出始めて、交配目的で違う品種まで育ててしまい、家宅の中がゴ●●●地獄☆になったとか、うちのじゃじゃ馬を女らしくするために押し込んだ女官学舎に通わせていたのに、これはどーゆ―ことやねん!!みたいな侍女家族からの告発で大目玉は?

あとは、ウッカリ蟲毒とか金蚕蟲の呪法と勘違いされるルートもいいかもしれません。

「そんな、呪殺だなんて‥‥‥弱い虫いじめて嗾(けしか)けるような遠回りでセコイ方法取るより、直接に本人をぶん殴った方が速いし合理的です!」

「仮にも乙女が直接ぶん殴ろうとしないで!!」

「あと私の厳選コオロギを、そんな迷信で使い潰されるのは嫌です!!この子の血統を途切れさせてなるものですか!!」

「君どこまでコオロギに固執してるの!?」

とかのコントだと呪殺冤罪で投獄された妃様なら共感してくれそう。

中華ファンタジーの過去ネタ焼き直しについての返信の返信 (No: 3)

スレ主 ドラコン : 1 No: 2の返信

投稿日時:

 >読むせんさん

 いつもありがとうございます。ドラコンです。

 >A案で、おなじやるならコオロギ賭博しませんか!!

 コオロギ賭博は、何かの本で読んだ記憶がありますね。気になって、Wikipediaで「コオロギ」と検索したら、手元にある『聊斎志異』に載っているとのことでした。

 >要は競馬のコオロギ版なので、めちゃめちゃ金の流れができてしまいます。本場の中国でもけっこう過熱していて規制あったりもします。
 >銀鈴ちゃんなら賭ける側だったのが厳選コオロギとかをやりだして馬主ならぬコオロギ主とかになっていそう。

 >で侍女までコオロギ主デビューや厳選コオロギをやりだす娘が出始めて、交配目的で違う品種まで育ててしまい、家宅の中がゴ●●●地獄☆になったとか、うちのじゃじゃ馬を女らしくするために押し込んだ女官学舎に通わせていたのに、これはどーゆ―ことやねん!!みたいな侍女家族からの告発で大目玉は?
 
 生き物を使うのは、「育成」の要素がありますね。これは使えそうです。

 >あとは、ウッカリ蟲毒とか金蚕蟲の呪法と勘違いされるルートもいいかもしれません。

 蟲毒に関しては、手元に一応資料があります。「娘が蟲毒をやっている」と、女官の家族から訴えがあるのもありそうです。ただ、蟲毒自体が大逆罪で族滅モノですから、逆に隠蔽のほうにいきますかね。
 
 ただ、複雑にしても、話をまとめ切れる自信がありませんが。

中華ファンタジーの過去ネタ焼き直しについての返信の返信の返信 (No: 4)

投稿者 読むせん : 1 No: 3の返信

投稿日時:

ラストエンペラーで「なぜコオロギ?」ってなったのがキッカケなんですけど、いかにも中国っぽくてロマンあるかなーと。
競馬というより闘犬や闘鶏に近いもので、たしか殺しは滅多に発生しないけど、死ぬときは死ぬようなものだったような?ウロです(;´∀`)

>>ただ、蟲毒自体が大逆罪で族滅モノですから、逆に隠蔽のほうにいきますかね。

たしか呪術に手を出すと一族郎党ぶっ殺すぞ?系の法案は明の時代にできたと何かの雑学で読みました。コオロギ賭博ブームも明だそうです。文化の爛熟期?でしたっけ????←うろ覚えです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中国っぽくするなら、文化に基づくオカルティズムがあるの良いよねーとは思います。鉄道が敷けるほどの最先端のを走る国の「影」みたいで萌えますから。
 
書くの絶対大変なので人が書いてくれたものを読みたいです!!ビバ他力本願\(^P^)/だめな読者です。

中華ファンタジーの過去ネタ焼き直しについての返信の返信の返信の返信 (No: 5)

スレ主 ドラコン : 1 No: 4の返信

投稿日時:

 >中国っぽくするなら、文化に基づくオカルティズムがあるの良いよねーとは思います。鉄道が敷けるほどの最先端のを走る国の「影」みたいで萌えますから。

 どこまでできるかは分かりませんが、これは取り入れたいですね。

 銀鈴が、コオロギを育てているのが、怪しく見えて、尾ひれがついて、「蟲毒だ」「呪詛だ」とのウワサになる感じでしょうか。

 銀鈴が単独でやるのか、侍女と一緒にやるのか、その後の展開を考えると悩ましいですね。銀鈴を真っ暗な独房に放り込んだところで幽霊が出てくるのも良し、共犯の侍女と雑居房で囚人とは思えぬようにわいわいがやがやと楽しんでいるところに幽霊が現れるのもまたよし、ですからね。

「後宮を騒がせた咎」で、銀鈴を公開裁判にかければ、少なくとも「蟲毒」「呪詛」のウワサは払拭できますね(見に来るよう、皇帝のお触れを出すのも良い)。現実でも、「嫌疑なし」の不起訴処分では、公開の法廷で無罪判決を勝ち取るわけではないので、名誉回復ではマイナスという面もありますから。

質問を整理しての追記です (No: 6)

スレ主 ドラコン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

 ドラコンです。
 
 読むせんさんから、「コオロギ賭博(コオロギ相撲)」の案をいただきました。読むせんさん宛の返信と重複しますが、質問内容を整理し、追記します。ご意見をいただければ幸いです。

ストーリー
 1、後宮内でコオロギ相撲賭博がブームになっている。銀鈴のコオロギ飼育が、不気味がられて「呪詛では?」「蟲毒では?」とウワサになっている。
 2、銀鈴が賭博と後宮を騒がした罪で逮捕され、皇帝臨席の特別裁判にかけられる。これは、「呪詛・蟲毒」のウワサを打ち消すためでもある(法廷コント)。
 3、牢内で、二百数十年前に、側室の嫉妬から投獄され、獄死した皇后の幽霊が現れる。そして、銀鈴は幽霊皇后に気に入られて、取り付かられる。

【質問】
 ・銀鈴のコオロギ飼育につい、
 初めから「皇后・銀鈴が『呪詛・蟲毒』をやっているのでは?」とのウワサにするか? それとも飼育場所に踏み込んでみたら、「銀鈴がコオロギを飼っていた」にするか? (つまり、ウワサでは「女官の誰かが『呪詛・蟲毒』をやっているのでは?」か?)。

 ・犯行の人数
 銀鈴の単独犯行にしようか? それとも、侍女との共犯にしようか? 銀鈴の単独犯行のほうが話が単純になりそう。一方、侍女の共犯だと、銀鈴と侍女が、裁判でお互いにかばい合う展開も良さそう(銀鈴「侍女の分の罰も受けるから、侍女は許して」)。侍女の人数は、2、3人か?
 
 ・牢内の処遇は?
 イ、単独犯行・共犯とも、単純な禁固刑(労役を科さない)で、そこそこ居住性の良い房に収監。
 ロ、真っ暗な懲罰房での禁固刑。
 ハ、特に共犯の場合だが、労役刑とし、庭木の水やり作業中に、「暑いから(夏を想定)」と、水をかけあって遊ぶ。それをとがめられ、真っ暗な懲罰房(独房)で、3、4人で、半日正座の罰。蒸し風呂状態か?
 
 ・幽霊皇后の登場の仕方は?
 幽霊は「昼間」に出てくるものなのか? 直接の登場までないにせよ、裁判中に怪奇現象でも起きたほうが良いのか?

 特に、銀鈴に取り付く場合は次のどれが良いか?
 あ、単純に就寝中に出てくる。
 い、銀鈴がくつろいでいるとき(共犯の場合、夕食後にすごろくでもやっている)に、幽霊皇后が「あなた、囚人とは思えないわね」とでも言って、取り付いてくる。
 う、上記、「牢内の処遇は?」の「ハ」の懲罰房の中で出てくる。

 
 参考リンク
 たたき台になったプロットは、下記の通りです。
 
「寿国演義 お転婆皇后と幽霊皇后 出会いは地下牢、その後は砂漠の汽車旅」
 https://weblike-tennsaku.ssl-lolipop.jp/plot/novels/thread/23

「(改稿試案) 寿国演義 銀鈴、都へ行く」
 https://weblike-tennsaku.ssl-lolipop.jp/plot/novels/thread/306

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

男性キャラってどう書けばいいんですか?

投稿者 パクトボー 回答数 : 7

投稿日時:

美少女は書いてて楽しいです。 創作は、かわいかったりかっこよかったりする女の子を産み出せるのが最高ですね。 でもなんとなく、... 続きを読む >>

目が見えないキャラが総じてベタ目なのはなぜ?障害を持ったキャラの萌える造形やシチュエーションとは

投稿者 壱番合戦 仁 回答数 : 17

投稿日時:

 目が見えないキャラって、漫画に描かれるとベタ目として書かれますが、あれっていつ頃のどの漫画が発祥でしょうか。僕も目が見えない人... 続きを読む >>

描写、どこまで

投稿者 グリーン 回答数 : 7

投稿日時:

はじめまして、グリーンと言います。 今回ご相談させていただくのは施設の描写についてです。(こういう言い方が適切かはわかりません... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:中華ファンタジーの過去ネタ焼き直しについて 投稿者: ドラコン

 ドラコンです。

 久しぶりに、「鉄道が存在する中華風ファンタジー世界での、天性の無邪気少女皇后」の話を書きたくなりました。ただ過去に、旧掲示板、創作相談掲示板、鍛錬投稿室、プロット掲示板、プロローグ掲示板に投稿したネタの焼き直しですが。それこそ、さかのぼれば、初出は5年~10年以上前になります(覚えておいでの方はいますか?)。

 あくまでも趣味で、プロになるわけではありませんが、同じネタを使い回しても良いのでしょうか。

 書きたい気持ちが半分、恥ずかしいのでやめておこうかとの気持ちが半分です。書けなかったといって、誰かに迷惑をかけることもないでしょうが。

 今回の話は、以下の通りです。大まかなイメージとしては、「いたずら娘を、物置や蔵に閉じ込めるお仕置きを、思いっきり大げさにやっている」です。ご感想があれば、コメントいただけると幸いです。

 1、主人公の皇后(銀鈴)が、侍女に誘われて、賭けすごろくをして、侍女共々逮捕される。
 2、高圧的な取り調べを受ける(法廷コント)。
 3、牢内で、二百数十年前に、側室の嫉妬から投獄され、獄死した皇后の幽霊が現れる。そして、銀鈴は幽霊皇后に気に入られて、取り付かられる。

 話の、「2」と「3」は一応、構想がある程度固まっています。問題は、導入部の「1」です。次の3つは思い付きました。ただ、いずれも「ご都合主義」な感じがして、自主的にボツにしました。

【A案】
「後宮の銀鈴の宮殿内で賭けすごろくをする」
 最初はおやつを賭ける程度だったが、だんだんエスカレートして現金を賭け出した。これが導入としては、考えることが少なくて、単純で良い。ただ、余人の目に触れぬ場で賭けすごろくをした程度なら、教育係が賭け金を没収の上、板の間に半日~1日正座させるぐらいで済む。わざわざ裁判(お白州)の形式で、牢屋に放り込むこともない。

【B案】
「後宮内で大規模な賭場がある」
 A案よりは、「銀鈴が処罰される」という点では、見せしめにもなるので、ご都合主義は少しは減るのか? また、皇后を巻き込んでおけば、摘発逃れになりそうとの感じ。ただ、大規模な粛清になりかねず、話をまとめ切れる自信がない。

【C案】
「おしのびで後宮外に出て、賭場に入ったところを、逮捕されるか、半強制的に任意同行される」
 後宮内で大規模な粛清をしなくて済むのは良い。ただ、少女が違法賭博をやっている所へホイホイ行くものなのか? 寺院が治外法権的地位を利用し、修繕費目的で賭場を開くのはあり得るが。後宮外が舞台なら、「駅構内の飲食店が賭場」との設定で強引に鉄道を出せぬことはない(駅側が賭場の存在に気付かぬのもどうかとは思う)。女の子版『暴れん坊将軍』『遠山の金さん』で、違法賭博をつぶすのが今回の目的ではない。これまた、話が複雑になって、まとめ切れる自信がない。

「B案」「C案」なら、サイコロに細工がしてあって、初めは大勝ちしていたが、後で大負けして身ぐるみをはがされる、との展開にしやすい感じもします。

・舞台設定の補足
 舞台の後宮は、「皇帝の子を成す場所」というより、「全寮制芸能学校」「女性だけの劇団」「女性官吏独身者寮」としての役割が強い。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ