小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

三人称視点における文章の表現の仕方について (No: 1)

スレ主 ニシン 投稿日時:

久方ぶりに投稿させて頂きますニシンです。夜遅くの投稿で恐縮でありますが、どうかよろしくお願いします。
内容はタイトル通り「三人称視点における文章の表現の仕方について」です。三人称一元視点、三人称神視点と呼ばれる視点において曖昧な表現は避けるべきだと言う話を聞いたのです。例えば「彼の目の前にはリンゴがいくつか転がっている」という文章の場合「いくつか」という点がNGであり「彼の目の前にはリンゴが3つ転がっている」という様に個数を明確に記載し「いつの頃からか」と言った文章は時間を正しく明記しなければならない言う物でした。そこで質問なのですが、三人称というカテゴリに含まれる視点の場合、上記のように曖昧な表現は避け、明確に、如実に記載しなければならないのでしょうか? 
ご回答よろしくお願いします。

カテゴリー: 文章・描写

この質問に返信する!

三人称視点における文章の表現の仕方についての返信 (No: 2)

投稿者 あまくさ : 2 No: 1の返信

投稿日時:

おはようございます。

以下、一応私見としたうえで。

結論から先に書くと、「彼の目の前にはリンゴがいくつか転がっている」も「いつの頃からか」も別に問題ないと思います。

仰るような見解をどこで聞かれたのか気になりますが、思うに一人称は主観的視点、三人称は客観的視点だからと言いたいのだろうと推察されます。
例えばリンゴの数が数十個だった場合、パッと見て正確な数を把握するのは難しいですよね? なので一人称の場合は「オレの目の前にはリンゴが36個転がっている」と書くとやや不自然です。一人称は曖昧な表現と相性がよいとは言えそうです。
しかし、だからと言って三人称なら正確な数を書かなくてはならないということはないのでは? そもそも「曖昧」イコール「非客観的」ではありません。リンゴの数が特に重要ではない場合、いちいち「3つ」とか「36個」とか書くのは煩雑だから「いくつか」「多数の」ですませている場合もあるからです。
「いつの頃からか」にしても、三人称の小説でそういう表現を使っている例は珍しくないように思います。

一人称は制約が多く三人称は制約が少ないというのが基本的な考え方です。よって、

◎一人称は曖昧な表現と相性が良い場合もあるが、三人称は曖昧な表現も明確な表現もどちらも受け入れてよい。

そういうことかと考えます。

三人称視点における文章の表現の仕方についての返信 (No: 3)

投稿者 サタン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

いいえ。初耳です。
それを言ったら、つまり、「昔々あるところに――」という出だしは、「永禄3年、武蔵の国の川辺にて――」と書かなきゃいけないって事になりますけど、そうはなってないんじゃないかな?
曖昧な表現がNGだとするとミスリードを誘う文脈も難しくなるし、ダメなんてことは無いです。
強いて言うなら「意図的な嘘」はNGです。三人称でも一人称でも基本的にNG。
NGというかアンフェアです。
叙述トリックの一環として意図的な嘘を使うこともありますが、地の文で嘘を書かれたら何でもありになってしまうので、名作と言われる作品でもいまだにアンフェアだと批判が残るほどです。
おそらくは、それを指して「明確にしましょう」という話ではないでしょうか?

また、「事実に反すること」を指して「嘘」と言ってるわけではないので、例えば「主人公が誤解している」という場面なら「事実とは違う事を地の文で断言する」というのもアリです。
この場合「誤解してる」のであって「意図的な嘘」ではないので。
ただ、三人称で書く場合は
「主人公には◯◯のように思えた」と、あくまで主人公から見た印象で書かないとダメでしょう。
まあ、この手の仕掛けは面倒だし安易に手を出すことも少ないと思うので、無視してくれて良いかと思う。

「三人称で事実を明確に書こう」というのは、おそらくその主張をしてる人の癖でしょう。
三人称は、まあ、なんと言ったらいいか難しいんですが……
基本的に「三人称一視点」と「三人称多視点」でわかれてる、と考えられますが、事実そんなことないです。
「三人称」は「第三者の語り」です。
ただ、作者が自身に「三人称だけど主人公の視点に固定して書こう!」という縛りを課した作品が「一視点」と言われていて、「三人称らしく多角的にモノを書こう!」と考えてる作品が「多視点」というだけです。
で。
三人称というものには一人称のように「主人公が知らない事は書いちゃダメ」というルールはありません。
基本的になんでも書けます。どのようにでも書けます。
自由であり、自由すぎるので、作者が各々「こういう自分ルールで書こう」と考えてるだけ。
その中で方法論にまで発展した一つが「一視点」ですね。
なので、三人称の小説を10作品読めば、作者が違えばその数だけ微妙に違った「ルール」が見えてきます。
共通するのは「意図的な嘘を書かない」という事くらいですが、これも通用しない作品だってあります(いや三人称では滅多にないが)。

三人称は「第三者の語り」という意味なので、この「第三者」というのは「物語に直接関係しない第三者」という意味です。
なので、「作者」「神」「語り部の存在を感じさせない」といった手段があります。
この「第三者の語り」にさえなっていれば、基本的にルール違反なんて事はないです。

ただし。
「明確に」というのは、「明確にしたほうが場面や状況を想起しやすい」という事はあります。
逆説的ですが、「一人称では視点主が知らないとそれが出来ない」ため、知らなくても出来る三人称ではこれを率先してやりましょう。という話なら理解できる。
でも、この話はあくまで「場面や状況を想起しやすい」というだけの話なので、「りんごが3つある」場合、その「りんご」が3つでなければならないなら「3つ」と書いたほうが印象に残るので明確に書くべきだし、何個だろうと問題ないただのオブジェなら「いくつか」と曖昧に書いたほうが印象が薄くなって物語を邪魔しないので、曖昧なほうがいい。
これは場合によりますが、「三人称は明確に書かねばならない」というルールはありません。

三人称視点における文章の表現の仕方についての返信【レベル次第では】 (No: 4)

投稿者 読むせん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

ほんとレベル次第かと。
悪い例としては

【彼の前にリンゴが転がっていた】

【夜7時45分35秒、座る彼の左斜め前1メートル先には、彼が起きる5分20秒前から、未熟なリンゴが1つと熟したリンゴが2つ転がっていた】

前者は情報が少なすぎ、後者は必要ではない情報が多すぎ。
=======================

この文章でいうなら【りんご】の位置が問題になるかと。

 例えば、彼がいるシチュが『リンゴ泥棒の見張り番』ならば(いくつか)表記だけで泥棒が単独犯の可能性が高いのが十分わかります。
(いつのまにか)なら彼が不真面目な見張りだったか、居眠りをしていた可能性が高い。
【彼が居眠りをするソバで、リンゴを落っことすレベルで慌てて逃げた、リンゴ泥棒がいる(つまり、まだ近くにいる)】という事は分かります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

これが真冬のキリマンジャロで仲間の登山者とはぐれ、絶賛遭難中の登山家が見たなら【りんご】は異常な存在になります。
この場合【りんご】は個数より妄想の産物か本物かの方が重要。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホラーなんかでは、りんごやラバー・ダッキーなんかは暖かでありふれた日常の象徴として描かれ、非日常的な死体や殺人鬼とのコントラスト。あるいはブラックジョークとして使われますね。

【彼の足元には彼が抱えていたリンゴが4つ転がっている。
 4つ?彼が購入したリンゴは3つのはずだ。4つ目のリンゴを注意深く見る。なぜあのリンゴには指と自身がはめていたはずの婚約指輪がついているのだろう?あれは———】

とかなら個数にこだわってもいいよ。
============================
前に読んだ推理本にこんな言葉がありました。

「言葉を正確に伝えようとするほど、言葉の正確な意味が伝わらなくなる」

・例・・・・・・・・・・・・・・・

とある女○○が大好きな男性、××には微妙に好きになれない点がある————例えば、頭の天辺が薄っすらハゲている————として。

食堂とかに集まった(無関係な)女グループが大声で【ハゲとか本当キモイ】【いくら金持っていいてもハゲは無理】【ハゲのイケメンより、不細工でもフサフサがいい】【そもそもハゲはみっともない】【薄らっぱげとか惨めすぎて横を歩かれるのすら嫌】という話題で盛り上がっているのを見かけ、

後日、たまたま好きな男性××と二人きりになった時に、彼から
『そういや○○さんもあの場にいたよね。俺もいたんだ~。ちょっと凹んだ。○○さんも、やっぱりハゲは無し派?』

と冗談めかせて聞かれたとき

1、「正直、ハゲは厳しいですわぁ・・・・(本音)」

2、「ぶっちゃけ・・・はげフェチなんです(嘘)」

どっちが○○の心情を、明確に、如実に正しく伝えるでしょう?ってやつ。

・・・・・・・・・・・・・・・
1、を伝えてしまうと、受け取る相手からすれば【お前は無理、嫌い、わたしの横歩かないで】と言われているに等しい。

欠点を含めても、お釣りが来るほどあなたが好き!!なら2、と伝えた方が相手により正確に伝わる感じです。(あえて男女を逆にして設問しました)

第三者視点でも、ハゲが「ハゲ嫌い?」なんて尋ねている事実から見て【そう】としか見えないし、取れないと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・
より明確に、如実に記載するために、あえて曖昧な表現を使う必要もあったりするかと。

三人称視点における文章の表現の仕方についての返信 (No: 5)

スレ主 ニシン : 0 No: 1の返信

投稿日時:

あまくささん、サタンさん、読むせんさん、ご意見ありがとうございます。
自分が現在作成している物には曖昧な表現を多々使用している為「三人称において曖昧な表現は避けるべき」と聞いて不安になっていました。しかし、使用してはいけない訳ではないとの事で安心いたしました。
今回お三方に教えていただけた事で、曖昧な表現の特徴について理解を深める粉とが出来ました! ありがとうございました!

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

ファンタジーにおけるMP制について

投稿者 かろん 回答数 : 16

投稿日時:

 ライトノベルによくあるMP制ですが、個人的に納得がいきません。  魔法と銘打っている割に、魔力がなければ使えないだとか、エネ... 続きを読む >>

物語の視点は主人公固定か、別キャラへの移行もありか

投稿者 やとう 回答数 : 7

投稿日時:

いつもお世話になっております。 現在長編にチャレンジ中の、やとうと申します。 前回プロットの悩みについて、皆様から様々なアド... 続きを読む >>

作中で演劇が話題になる場合の、その演劇のあらすじの扱いは?

投稿者 ドラコン 回答数 : 8

投稿日時:

 ドラコンです。連日の投稿、失礼します。  下記スレッドで質問した通り、「鉄道が存在する中華ファンタジーでの、天性の無邪気少女... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:三人称視点における文章の表現の仕方について 投稿者: ニシン

久方ぶりに投稿させて頂きますニシンです。夜遅くの投稿で恐縮でありますが、どうかよろしくお願いします。
内容はタイトル通り「三人称視点における文章の表現の仕方について」です。三人称一元視点、三人称神視点と呼ばれる視点において曖昧な表現は避けるべきだと言う話を聞いたのです。例えば「彼の目の前にはリンゴがいくつか転がっている」という文章の場合「いくつか」という点がNGであり「彼の目の前にはリンゴが3つ転がっている」という様に個数を明確に記載し「いつの頃からか」と言った文章は時間を正しく明記しなければならない言う物でした。そこで質問なのですが、三人称というカテゴリに含まれる視点の場合、上記のように曖昧な表現は避け、明確に、如実に記載しなければならないのでしょうか? 
ご回答よろしくお願いします。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ