小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

異世界転生なんて夢物語だ。 (No: 1)

スレ主 Qq 投稿日時:

第一章 現実との相違
俺はいつも思うことが一つあった__。
異世界転生が出来たらなと。ラノベを読んでいると大抵、主人公には可愛い妹がいる。俺には妹もいないし姉もいなかった。そんなことを思う俺が間違えていたのだと自分で自分を励ましていた。(なんで虚しい俺なんだ…。)そんなある日、親父が衝撃の発言をした。
「義妹が欲しいのか?隼人?」
「えっ?」
「ハッハッハ、良かったな。義妹ができたぞ。」
(嘘だろ…。俺にもまさかの神展開が)
「こんにちは。今日からこの家にお邪魔します如月 仄香です。どうぞよろしくお願いします。」
(グハッ。嘘だろ〜。紙展開になっちまうよ。)
確かに外見が悪いわけではない、多分。しかし、彼女には大きすぎる欠点があった。性格が自立しきっていたのだった。(俺が求めたのは違う妹だー。もっとこうなんか従順で…。)そんな俺の声をよそに親父の嬉しそうな声が聞こえくる。
「何て可愛い子なんだ!」
(俺の従順でお淑やかな妹像は何処へ行ってしまったのだろう…。)まぁ何はともあれ居ないよりかはましか。と思ったのだった………
「痛っ、て俺は何処にいるんだ?俺の妹は?」
「何言ってるんだ隼人。」
横には親父が本を読んで椅子に座っている。「あのーー、俺何してるの?」
「やっと起きたか、隼人。お前、屋上から飛び降りたらしいじゃないか。なんかあったのか?」
「すみません、何言っているかわからないんですけど…。」
(いや、ちょっと待てよ。確か俺は学校で友達と中庭で昼食を食べていたはずなんだが。)
ここまで書きましたがどう思われますか。小説は書き始めたばかりなので教えていただければ幸いです。

カテゴリー: 小説の批評依頼

この質問に返信する!

異世界転生なんて夢物語だ。の返信 (No: 2)

投稿者 サタン : 0 No: 1の返信

投稿日時:

小説の感想を聞きたいわけではなく、「どうやって書けばいいの? いまこのくらい書けるんだけど」という感じの相談なのでしょうか。
感想を求めるのであれば「小説のタイトル・プロローグ改善相談所」があるのでそちらのほうが良いでしょう。
しかし、書き始めである事を考えても基本酷評しか帰ってこない出来だと思うし、それは作者のやる気を削いでしまうだけなので、今は他人の反応など気にせず書きたいものを書いたほうが良いでしょう。
それがウケて書籍化までしたって事もありますから。

邪推かもしれませんが、なんとなく、Web小説を読んで自分も書こうと思った感じに思います。
紙媒介のラノベも大衆向けの文芸小説も読む機会がめっぽう少ないのではないでしょうか。
紙媒介の小説とWeb小説では細かいところで気をつける点など違いがあるので頭ごなしに「文芸作品を読め」と言うのは少し違うのですが、そうした事を差し引いても「読書量が不足している」と感じます。
Web小説はたくさん読んでそうだし、紙媒介のラノベもある程度読んでそうだけど、書かれた作品には書くべきことがほとんど書かれていない「小説」としての情報量が圧倒的に不足しています。
Web小説やラノベ(特に売れっ子作家の作品)は、読みやすいように情報量の取捨選択をして削いでいってます。
それを文章の参考にすると「もともと情報量が少ないモノ」を見本にしてしまうので、出来上がった作品は何が書かれてるのか状況がさっぱりわからない、という事になってしまいます。
ラノベやアニメが好きな人に一般文芸は読むのが苦痛かもしれませんが、イラストだって上手くなりたきゃ石像なりをデッサンするもので、アニメ的なイラストばっか描いてるわけではありません。
勉強と思って、さしあたり適当に直木賞や芥川賞でも手にとってみると良いのではないでしょうか。

異世界転生なんて夢物語だ。の返信 (No: 4)

投稿者 読むせん : 0 No: 1の返信

投稿日時:

大事なことはサタンさんがもう書いていらっしゃるので「読む専」的に、ちょい気になった点を質問。

これは何のためのものがたり?誰のためのものがたり?

==========================
『自分のための物語』なら、自分のために書けるところまでドンドコ書いちゃえ。自己満足上等です。
切れ切れにしか浮かばないなら、そのシーンだけでも文字にすればいい。脈絡なくシーンをつむぎだし、くっつきそうならピースを嵌(は)めて。思う存分やっちまってください。

まずはアウト・プット。インプットの逆が大事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『誰かに贈る物語』なら、その誰かをできるだけ限定して、「その人だけのために描く!!」くらいの気遣(きづか)いを込(こ)めてあげてください。

 その人が幼かったりするなら、言葉にルビを振ったり、分かりやすい言葉を選んで、伝えたいことを易(やさ)しく、具体的な例を挙げたりして説明するようにしてあげてくださいね。

人に伝えるなら、文法も結構大事。

最近の子供なんかはマンガのコマ割りを読む順番が分からなくて、マンガが読めない。そもそもマンガの演出を【演出と理解できない】・・・・・なんて子が少なくないそうです。

作者さん的には()内の言葉が主人公———隼人くんの心の中の独白(どくはく)だと分かっていますが、分からない人には分かりません。私なんか()は難読漢字(なんどくかんじ)系のルビ振りに使っちゃいますから、正直「ファッ!?」ってなりました。

そもそも冒頭『俺はいつも思うことが一つあった』——『俺』で書き始めているから地(じ)の文(ぶん)自体が、主人公の一人称で描かれているのに()を使う意味あるの?

『この物語の主人公である隼人は、いつも思うことがあった』みたいに三人称視点から書くか、()の部分を外してそのまま地の文に組み込む方が自然よ?
・・・・とか思っちゃって内容に集中できない。典型的なダメ読者です。

ライトノベル作法研究所のところに基本的な文章作法とかもありますし、ほかのサイトなんかでも「文章のお作法講座」みたいなものが結構あります。

 人に贈る物語は、できるだけでいいので、そういった部分も整えてあげてください。

『一人称』『三人称』『地の文』は・・・・検索してね。

異世界転生なんて夢物語だ。の返信 (No: 5)

投稿者 t : 0 No: 1の返信

投稿日時:

こんばんは。
ここまで書きましたがどう思われますか、とのことですが。
作者が面白いこれは良く書けていると思う文章があったとします、
エピソードやストーリーで伝えます。

(↓抜粋)
ラノベを読んでいると大抵、主人公には可愛い妹がいる。俺には妹もいないし姉もいなかった。そんなことを思う俺が間違えていたのだと自分で自分を励ましていた。(なんで虚しい俺なんだ…。)

例えば、
『俺には妹もいないし姉もいなかった。そんなことを思う俺が間違えていたのだと自分で自分を励ましていた。(なんで虚しい俺なんだ…。)』
この部分をエピソードにしてみます。

↓↓↓↓

週末、アニメイトにやってきた主人公は妹系ラノベを買いあさっている。
欲しかった新刊の前に邪魔な2人組が立っていて、
2人組はどの異世界転生作品が面白かったかの話をしている。
主人公は他の棚を見ているフリをしながら心の声で、異世界転生より妹だろと、一人称地の文で読者に向けて熱く語りはじめる。
本を大量に買いアニメイトを後にした主人公はバスに乗り込む。
早速買ったばかりの新刊を読み始めた。
降りようとしたタイミングで妹という漢字がでてきたので、つい読むのに夢中になってしまい。気が付くと終点だった。
地の文で俺は悪くない、妹が欲しいだけだと謎の抵抗(自分を励ます)がはじまった。
以上。

ここまでしてやっと読者は、
『俺には妹もいないし姉もいなかった。そんなことを思う俺が間違えていたのだと自分で自分を励ましていた。(なんで虚しい俺なんだ…。)』
という文章の意味だったり、主人公の人柄や感情だったりを理解することができます。

実際に文章で書く時は、アニメイト店内の様子から丁寧に書いてもいいですし。
週末はアニメイトで妹系の本を買いにいく。
妹が好き過ぎて、帰りのバスで本を読んでいるうちにまた終点まで行ってしまった。
俺には妹もいないし姉もいなかった。そんなことを思う俺が間違えていたのだと自分で自分を励ましていた。(なんで虚しい俺なんだ…。)
などど簡単に書いてもいいです。

ただ、
『ラノベを読んでいると大抵、主人公には可愛い妹がいる。俺には妹もいないし姉もいなかった。そんなことを思う俺が間違えていたのだと自分で自分を励ましていた。(なんで虚しい俺なんだ…。)』
とだけ書いても読者はふーんとしか思ってくれません。

『確かに外見が悪いわけではない、多分。しかし、彼女には大きすぎる欠点があった。性格が自立しきっていたのだった。(俺が求めたのは違う妹だー。もっとこうなんか従順で…。)』
ここも同じです。もっと主人公のリビドーのようなもの……ようは情報を。
エピソードやストーリーを通して表現しないと、読者には伝わりません。

こういった情報の変換が課題かもしれません。
何かのお役にたてば幸いです。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

初執筆の質について

投稿者 回答数 : 2

投稿日時:

こんにちわ耶蘇側といものです。 大雑把なプロットを書き終え初めての作品作りを始めました。しかし、プロットでは物語のイベントと登場人... 続きを読む >>

プロットの書き方について

投稿者 雪夜刹莉 回答数 : 2

投稿日時:

プロット1枚が1冊分だととある作家さんから聞いたのですが、長く続く長編小説の場合、どこまでを1冊分にして区切って書けばいいのか分かり... 続きを読む >>

地の文のほとんどを占める部分の書き方について

投稿者 ヘクトダス 回答数 : 4

投稿日時:

ラノベにおける要素として、「会話」「人物描写」「情景描写」「その他」が挙げられると思うのですが、この「その他」の部分が上手く書けませ... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:異世界転生なんて夢物語だ。 投稿者: Qq

第一章 現実との相違
俺はいつも思うことが一つあった__。
異世界転生が出来たらなと。ラノベを読んでいると大抵、主人公には可愛い妹がいる。俺には妹もいないし姉もいなかった。そんなことを思う俺が間違えていたのだと自分で自分を励ましていた。(なんで虚しい俺なんだ…。)そんなある日、親父が衝撃の発言をした。
「義妹が欲しいのか?隼人?」
「えっ?」
「ハッハッハ、良かったな。義妹ができたぞ。」
(嘘だろ…。俺にもまさかの神展開が)
「こんにちは。今日からこの家にお邪魔します如月 仄香です。どうぞよろしくお願いします。」
(グハッ。嘘だろ〜。紙展開になっちまうよ。)
確かに外見が悪いわけではない、多分。しかし、彼女には大きすぎる欠点があった。性格が自立しきっていたのだった。(俺が求めたのは違う妹だー。もっとこうなんか従順で…。)そんな俺の声をよそに親父の嬉しそうな声が聞こえくる。
「何て可愛い子なんだ!」
(俺の従順でお淑やかな妹像は何処へ行ってしまったのだろう…。)まぁ何はともあれ居ないよりかはましか。と思ったのだった………
「痛っ、て俺は何処にいるんだ?俺の妹は?」
「何言ってるんだ隼人。」
横には親父が本を読んで椅子に座っている。「あのーー、俺何してるの?」
「やっと起きたか、隼人。お前、屋上から飛び降りたらしいじゃないか。なんかあったのか?」
「すみません、何言っているかわからないんですけど…。」
(いや、ちょっと待てよ。確か俺は学校で友達と中庭で昼食を食べていたはずなんだが。)
ここまで書きましたがどう思われますか。小説は書き始めたばかりなので教えていただければ幸いです。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ