小説の創作相談掲示板:小説の書き方Q&A。執筆の悩み相談をしよう!

返信一覧の表示

厨二的漢字表現の限界 (No: 1)

スレ主 桂香 投稿日時:

 今回は自作品のための質問なので以前のハンドルネームで。
 外国語(漢字みたいなの)を使う異世界を作っています。ふと中学時代を思い返すと「紅蓮の焔」とか「刹那」とか普段使わないけどカッコいい割に普段使わない言葉を見つけるたびに気分が高揚し、辞書をめくっては死蔵用の言葉をガンガン増やし、現在一部で役立っています。が、「慉(そだてる)」や「蹮(よろめく・ふらふらあるく)」とか普段は絶対使わないうえに中二病漢字ドリルにさえ乗らないタイプのを作品に出して、はたして意外と食いつく層はいるのか? というのが心配です。本当に時々、普通の原理で割り切れない時の最終手段にするつもりですが、それでも9割は世界観に合わせて:東洋医学⇔西洋医学 を緩医学⇔鋭医学 みたいにってのにして特に理由もないのに現実の概念ごとぶち壊すことにためらいがあります。もしそれを他の人がやりだしたら、言葉の乱れがますます顕著になり、世界ごとに言葉が違うため混乱が生まれ、さらに混乱を生み、国語の授業である意味マヒが生まれるのが怖いんです。
 もちろん、上記のことは考えすぎなんですけども、実際に使う字(油とか顔とか圧とか)より使わないどころか社会で使わない字を掘り起こしてまで使うことが、一種の破壊的創造みたいで怖いです。
 古文も漢文も日常に出ることは少ない。和歌や俳句はカルチャースクール頼みが多い。英語や中国語のほうが余程役に立つ。仏字新聞読めるほどだったらフランス人とかなり話せる。そっちの方が効率的だと思うじゃないですか。
 好きなものを好きにかけというのは(特に変態に片足つっこんだ)作家の嗜みではありますが、なんというか、思考に行き詰ってしまいました。皆さんからなにがしかの意見をくださると助かります。

 なお、作中の比較的二枚目キャラのネーミングの「呂玄」がハマり役すぎて困ってたところ、玄の字を使った別字でさがし、最終候補が「呂慉」……。意味合い的にも個人的にもバッチリで、一応名前なんかはねのけるぐらい意思が強い人ではあるんですけども、数年前、部落関連の書籍を読んだときの墓石と戒名のところで「畜」の字が彼らを貶めるために使われたというのを思い出し、あえてこれを選ぶべきか心配になりました。
 おまけに病気で床から動けなくなり数年以内に世を去った上、部下に恥ずかしい秘密を知られているタイプのキャラです。もちろん、時代に左右されない使われ方としてはむしろ悪くないだろうとは思いますが、魅せ方を間違えたりしないか相当プレッシャーですね。
 虫のいい話ではありますが、というか名前なんて結局どうでもいいから行動行動という考え方にも比較的賛同できる方でありますが、どなたか背中を押してくださると幸いです、というか押してください、お願いします。
 あと、前回はお見苦しい所をお見せしました。壱番合戦さんをはねのけたのは、作家内での相互癒着を防ぐためです。そのことは本人に伝えてあります。彼を含め皆様大変失礼しました。

カテゴリー: その他

この質問に返信する!

厨二的漢字表現の限界の返信 (No: 2)

投稿者 読むせん : 1 No: 1の返信

投稿日時:

よくわかんないけど・・・・時代小説の読みすぎで「あなや」「あなおとろし(まぁ怖い)」とかいう癖ついちゃってんですけれど・・・・さいきん刀剣乱舞マニアだと取られています。

周囲が「は?」から「糞オタめが!!」になった。すまん、武器興味ない派なんだよ・・・
いつかそれ系で謎のブームが来ると思うよ。それか自分の方が飽きる日が来る。

厨二的漢字表現の限界の返信の返信 (No: 4)

スレ主 桂香 : 0 No: 2の返信

投稿日時:

 読むせんさん。早速のお返事ありがとうございます。刀剣乱舞ですか……じつは私も武器には全然興味ない派です。
 確かに、時代小説の読者ってのも少なからずいますよね。ありがとうございました。

厨二的漢字表現の限界の返信 (No: 5)

投稿者 サタン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

そもそも中二ワード自体が感性の領域の話だから、特定のワードや漢字が特別「中二である」と定義されてるわけでもないわけで。
結論を言えば、それって単なる「常用外漢字」であって、別に「中二漢字」ではないのではなかろうか。

繰り返し、これは感性の話だから、考えすぎてゲシュタルト崩壊するがごとく何がどうなってるのかわからなくなってるんじゃないかな、と思います。
>「慉(そだてる)」や「蹮(よろめく・ふらふらあるく)」とか
これらを珍しいという理由だけで中二ワードとして扱えるだろうかと考える時点で、それは明らかに迷走を始めてるんじゃないかと思う。
感性の話なので、その漢字の意味は二の次、単純に字面がカッコいいかどうかって事でしかないと思います。
それで言うと、この2例は別に何もカッコよくはないと思う。旧字などにありがちなゴチャついてて印象が薄い漢字。

で。
じゃあ使わないべきかというとそういう話でもなくて。
例えば浅田次郎の作品に「蒼穹の昴」って清王朝末期が舞台の話があるんですが、そこでは「哥哥、オイラみたいなただの糞拾いでも宦官になれるのかい」とか、そんな感じのセリフがよく出てきます。
桂香さんには言うまでもないと思うけど、「哥哥」は中国語で兄貴を意味する言葉。
浅田次郎は自身の作品の中で「中国感」を出すために、セリフの一部を中国語で書いたりしていました。まあ呼びかける一言だけだけど。
これは別に珍しいことではなくて、新水滸伝なんかでも「兄」を「哥」と書いていたりしています。
このように雰囲気を出すために実際とは違うけどあえて旧字や中国漢字を使うということは割とよくあることでしょう。

そういう雰囲気作りは、私は演出の一つだと思うし、「中二かどうか」って話以前に、「貴方の作品の作風にはそういう字が良く出てくるもんなんじゃないの?」って話じゃないかなと思います。
難しい漢字はルビを振ればいいだけなんで、特に気にする必要はないのではないかなと。
完成した後で「やりすぎ」と感想を貰ったのなら、そんときに改めて考えりゃいい話で、最悪は推敲して旧字にした字を崩していけばいいだけだし、ネーミングの話にしてもワードの置換で置き換えれば良いだけの話。
全力を出すコツは躊躇わないことですよ。出来上がってから迷えばいいんですって。書きましょ。書きましょ。

厨二的漢字表現の限界の返信の返信 (No: 21)

スレ主 桂香 : 0 No: 5の返信

投稿日時:

書きます、カリカリ カリカリ……。

 本来のお返事。お二人まとめて今レスを。返信ありがとうございます。
 迷走? 旧字によくあるごちゃついた漢字ですか。孥戮(犯人の妻子連座)や掾吏(下級官吏・小役人の別称)はどうだ……って、そういうことではないのはわかります。 了解しました。
 素朴な虚栄心。この原理を大切にしていこうと思います。
 あの理系用語(シュレーディンガーの猫とか)や猿のコンピューター理論、テセウスの船がごく一部のマニアックな人口に膾炙してんのだから、近世ナーロッパの進んだ理系・兵科文明に引っ張られすぎた人間を是非とも文学やアジアの沼に引きずり込みたい。昔はベルばらや風と木の歌、オルフェウスの窓など西洋風な作品がハイカラとして受けてきたけど、最近のキングダム映画化などを考えると目はあると思うんです。アプリも放〇少女をはじめとした美少女三国志系や戦国系、よくわからん東洋系後宮ハーレム系作品が多い気がします。あと、薬屋のひとりごとがコミックスかラノベで一位取ってたような。正直あれには驚きました。
 確かに最近の「なろう」をはじめとする作品は月〇 涙さんや九〇 〇尾さん、ここを卒業され、最近コミカライズ完結を迎えられたK〇〇0さんなどが大切にされているタイプのサクサク読める×ハンデ戦スタートの無双マンセー系作品や、アンチテーゼ悪役令嬢系が多い気がします。ただ、もしかしたら読〇速掲示板の意見だけかもしれないけど、ほかの小説とは違う! 異世界転移した太郎次郎花子(スラングです)とは違う! を求めている数も無視できない気がします。需要の穴はたぶんあるかも。
 本好きの下克上や、私、能力は平均値でって言ったよね! も10月アニメ化予定で女性主人公が台頭する時代がはじまり、作品の旬もカウントダウンしていきます。こういったブームの終息まであと何年とサタンさんは計算していますか?

 また同じ質問で申し訳ないのですが、ディスリスペクトこそリスペクトみたいな例えみたいなのはアンチヒーローと同じで、正確性やキレ、おもしろさ重視なんですよね。
「私の外的性格は張飛・何祇。内的性格は劉表・袁紹に例示できる。ある意味ではこれだけで事足り、バランスが崩れると大変厄介である。」
「オタク俺氏の弟は平凡な中学生。けどもし、世界が世界なら問答無用で魔法科がある高校に放り込みたくなる。俺氏が言うのもつらいが、どこのお兄様だよ! ってぐらい完璧なのだ」

 上記が自作。下が即興で3行で矛盾タイプ。
 下は割と一般的な下手パロのつもりだけど、上のって個性っちゃ個性だけどなんか「思想に大きな影響を与えた三国志などの古典より私の身がかわいい!」みたいでなんか二流感半端ないし、本当に必死に研究してる連中からすれば正史三国志マンセー演義ディスりと同じでむかつくのではないか、と思っていしまいます。
 恋姫好きなんで魔改造に慣れてるし、先ほど例示の放〇少女にも一定程度嫌悪感出す人がいるのもわかるんですけど、この行為はよほど勇気がいる賭けですよね。はずれたら人物評()が付くし。読者側はどう思っているのか意見ください、お願いします

ここでの返信も可、とのことでしたので、回答させていただきます。 (No: 6)

投稿者 壱番合戦 仁 : 1 No: 1の返信

投稿日時:

 詳しい解説はサタンさんが行っているので、僕は技術論的な補足をしたいと思います。全部我流なので、期待しないでください。

 ええと、僭越ながら、普段の僕が書いている濃ゆーい文章を参考にされるとよろしいかと。
 あの文章の秘訣は、難しい言葉とそうでない言葉のバランスを気を付けることと、ルビの振り方を効果的に演出として生かすこと。
 あとは、思わず調べたくなる古い言葉を、強調したい箇所にちりばめることです。
 難しい言葉を目にすると、人はそこで読書がいったん止まります。ですが、それは文章に急な起伏をつけることにもつながるのです。だから、そこで意味が解らなくても、ググることで元ネタが判明し、言葉の意味と物語の仕掛けの二つに同時に納得感を与えることができるのです。
 この合わせ技がはまれば、読者へ非常に強烈な印象を与えられます。ただ狙ってやるのは難しいので、そこまでの効果は期待しない方が無難でしょう。そういう事も起こるかもしれないんだ、程度に思っておいてください。

 あまり難しい造語を作りすぎてしまうと、読者が混乱する恐れがあります。それは作品の特質次第で匙加減は変わってくるので一概には言えませんが、注意するに越したことはないでしょう。

 どうですか?桂香さんがよろしければ、僕の作品の文章を模写してみては?何か得るものがあるかもしれませんよ。ただ、癒着を避けるなら、お勧めはしません。
 無理にとは言いませんが、一応提案しておきます。それでは。

ここでの返信も可、とのことでしたので、回答させていただきます。の返信 (No: 7)

スレ主 桂香 : 1 No: 6の返信

投稿日時:

 え? 誤解を招くようなことを申したようで、まことに申し訳ございません。どこをどう解釈すれば左様な考えに至れるのでしょうか。私が謝ったのは、大人げない対応についてです。
 上手いこと言えませんが、和して同せず。編集の身である以上、それなりに長所も短所も知らないなりに熟知している(受験以降も改良を加えます)ゆえ、あなたの文の写経をする気は毛頭ございません。
 一応、バランス感覚とかその辺は割とうまくいっているかと思います。
 
 マリン・Oさんの件でも思ったのですが、正直言って今のあなたに作家を名乗ってほしくないです。だれがおまえの作品で甘い汁吸おうなんざ考えんだよ。あ゛ぁ? 似てるけど作風全然違うだろうが。それこそなめとんのか。あの時は50(その後200にふえた)以上の作品に囲まれてパクりになるんじゃないかと怖かったし、興味の範囲でネタ元がどうしても似通ったけど、結局私の引き出しが足りなかっただけだったし、杜康 潤さんみたいに現地取材とまではいかなくとも、本当に通過点を過ぎてなお趣味で高みを目指すのは難しいです。
 つまり何がいいたいのかというと、「作家」としての弱さをあなたに見せるほどの信頼値はすでにほぼ0ですよ、なんなら来るなと婉曲に伝えようとしていたこと。
 私はルソー信者ではありませんが、公然とした同情の交換の完成ってのが結局嫌いなんですよ。だからこそアンジャッシュとサンドイッチマンが成立してよかったな、と思ってたんですよ。考え直してほしい、という気持ちはわかりますが人の友になれる性分ではありません。こればかりは嘘をついたら後々面倒なので言わせていただきます。
 そして、これは感性の話なのでただのお小言ですが、投稿室は一人1作品当たり、最大80点ぶんの責任があります。もう少し慎重になってみてはいかがでしょうか。
 本当はえり好みとかしないほうがいいんですが、お願いします。創作関係での返信はお断りさせていただきます。なにも、それ以外でも考えれば色々思い浮かびますから。人の役に立つっていうなら、ちょっとした料理の相談とか、武術関連の質問(私、そういうの疎いので)とか、色々ありますから、落ち込まずに。
 
 

ここでの返信も可、とのことでしたので、回答させていただきます。の返信の返信 (No: 8)

投稿者 壱番合戦 仁 : 1 No: 7の返信

投稿日時:

 大人げない対応を謝った直後に恫喝しているじゃん。あ゛ぁ?って何だよ一体。怖いよ。僕は同情なんて最初からしていないし、桂香さんの文章を読んだことあるから役に立てるかなって思っただけだよ。誰が僕の文章で甘い汁を吸うのかだと?別に、甘い汁を吸ってもらうつもりもないし、そもそも僕が提案した君が言う所の写経とやらも、そこまでうまい話とは思わないけど?前々から思っていたけど、君、一体何様なの?

 何度その無礼な態度を謝れば気が済むわけ?今まで何度となく僕に暴言を吐いてきたよね?それなのに、仲直りしても全く改善がない。むしろ今回のを見たらひどくなっている。

 ラ研での返信も可って言いだしたの、君だよ?だから、純粋な好意で返信したのに、この態度は何?作家と名乗ってほしくない?別に、名乗ってませんけど?アマチュア作家なんて作品で金銭得てなきゃ、厳密にはそもそも作家とは言わないし。人前で自分は作家だなんて恥ずかしいこと言えないよ。

 でもそんなことはどうでもいい。作家の風上にも置けないみたいな発言は撤回してよ。作者の性格と作品の質は関係ないって聞いた事あるでしょう?死刑囚が書いたハートフルコメディの話だってどっかで聞いたでしょう?そんなもんだよ。

 こっちもびっくりだよ。公衆の面前でこんな侮辱を受けるなんて、思ってもいなかった。

 きちんと僕や周りの見ている人に謝って、二度とこんなこと言わないでよッッ!!それまでは絶対許さない!!

ここでの返信も可、とのことでしたので、回答させていただきます。の返信の返信の返信 (No: 10)

投稿者 にわとり : 0 No: 8の返信

投稿日時:

 これは(微苦笑)。作家気取りと編集者気取りの末路ってこんなものだよ。ラ研とは別の場所だけど個人的に似たような状況を経験したことがあってちょっと思うところがあるのでコメントさせてもらう。
 作家気取り氏においては、編集気取り氏が現れたときに「相手は自分の才能を認めたからプロデュースしてくれる気になったのか、それとも相手のエゴにつきあわされているだけなのか、あるいはその両方なのか」ということをよく考えたほうが良かった。よく考えた上でそれでも自己の成長のために利用できるものは利用し尽くしてやろうと思ったのであればそれでもいいのだけれど、だとしても常識的に考えて編集気取り氏に『僭越ながら、普段の僕が書いている濃ゆーい文章を参考にされるとよろしい』(No.6)なんていう尊大な態度をとったらどうなるかくらいは事前にわかって然るべきだろう。これは『僭越ながら』って枕詞をつければ何とかなるような話ではない。
 編集気取り氏においては、『公然とした同情の交換の完成ってのが結局嫌い』なんて言うくらいなら編集なんて最初からやるべきではなかった。ウエメセで通したいならそんなに個人に深入りしないで、自分みたいに掲示板のコメンターの距離感で「あそこはああすればもっと面白くなったのに」なんて安全圏から無責任に小言を投げてればいいのよ。あなたが思ってるより壱番氏は重症だし、No.7を投稿するに至ったあなたの感情はきっと相手に伝わらない。

 まあ、表現者なんてプライドが高くなければやっていけない世界だし、なるようになった結果だねえ。

ここでの返信も可、とのことでしたので、回答させていただきます。の返信の返信の返信の返信 (No: 11)

スレ主 桂香 : 0 No: 10の返信

投稿日時:

 編集気どり(兼作家にもあぐらかきまくったkz)として答えさせていただきます。
 明示化すればプロデュース、打算両方です。しいて言うなら最初は善意で、徐々に欲が出てきた感じ。最初は添削人だったけどプロ編集への夢がゴリ押しに変わったみたいな。壱番さんが私を受け入れてくださったのは初期のときの楽しさを覚えていてくれたからだと思います。
 あの文は、枕詞を入れたとして『僭越ながら、普段の僕が書いている濃いめの文章に目を向けるというのはどうでしょうか(参考になりえますでしょうか)。見慣れているとは思いますが、ぜひ一度ご検討をお願いします』ぐらい、いや、もう少し砕けててもいいんじゃないかなって思います。正直悪魔の証明ですが、このへんならお気持ちだけ頂きます、と言っていた可能性低くはないかと。
 ここでひとつ、種明かしというか、謝らなければならないことがあります。今回のことは打算と呵責の中間地点を自分が無理に掘りこんだものです。要は、ある意味壱番さんはとばっちりで、私の黒さに巻き込まれたゆえという部分も確かにあるんですよ。悪辣度とか、正直10年かかっても追い越せないと思う。(むしろそっちのほうが普通にいいんだけど)
 ここでは話せることが少ないですが、実際一度は心が通じ合った部分があります。見下すとか、実際は私の被害妄想兼自分が時折していたことですし。私もストレス溜まってDV野郎とか言ったことありますがあれ完璧に自分にブーメランですし。というか、何本も刺さって痛い痛い。
 正確に言えば風上に置けない、というかクズさの性質が違うのでうまく説明できないんですけども、作家性≒ほぼ人間性の人や一番大切にしているものを知ってる相手にそれに近しいものを否定したらどうなんのか考えろやとは思ってた。特に、ここは皆ラノベや本が好きで作りたくて来た人が多いから目標はある程度感じるわけ。これを無自覚に仰るのでどう申し上げればよいのかわかりませんが。私自身は当時からかなり軽率で有名だったので人の事なんざ言えないし、最初同業者という点でムチャクチャ言ったけど、この比じゃなくダイレクトだと思いますよ。
ま、いまの自分の気持ちを善悪分けて書くと


・こんなアマを友といってくれて申し訳ないけど嬉しい。本当に友人になってしまうと本格的にだまくらかしに来ているようなものだ。呵責がヤバいから今のうちに覚悟のほどを知りたかった
・これ以上膿袋をふくらませると壱番合戦さんとの齟齬が大きくなり、会話不能になるかも
・この作品の素材は本当に悪くないから是非とも完成図を見てみたい。これからの時代をつくるという点では、本当に輝きまくってます。
・ごめんなさい、返信可のところは該当箇所さがしてきます。無責任な発言誠に申し訳ありませんでした。
・時間の関係ではアレだったけど、作品でもプライベートでもできる質問にはできる限り真摯に答えていたし、(うわのそらになってたところもありましたけど)苦手な所は後に回したけど改稿の手抜きはしなかったはずです。先ほどアンチ厨二の傾向でお話がありましたが、最近はやりの無詠唱魔法とか、もう終わるけどこのすばの御剣とカズマとか。『†キリト†』とか。一見やけくそでバカやってるように見えて、なろう内の波を自然に取り入れるように工夫したりとか。磨く工夫はそれなりにしていたつもりです。

・というか、編集になりたいのは本当なんだわ。今のうちに挫折を体験しておかないと本当の担当作家さんに申し訳ないし。根は早いうちにつぶして然るべき。
・というか、末路というより長い間くすぶっていたなかよく喧嘩別れエンド願望に未練をなくすためなんだワ。すいませんにわとりさん。
・というか、素で会ったら壱番さんがが絶対嫌うタイプだと思うんだわ。
・ストレスサンドバック垢と激辛料理封印したおかげでストレス調整うまくいってないんだワ。旧名使ったのも失敗だったね
・正直、さっき書いといてなんだけど、「そのうえで、どうしても抑えがきかないので申し上げさせていただきます」と枕詞つけたらあなたはどう思うの?
・勝手な同情をしていないなんざよく言えるな。というか、材料提供した私が悪かった。失礼します
・何様かというがあなたは誰だ。確かに、自己管理を怠って時折イビってたことに関しては自分の不徳。素人が上からあーだこーだいうのも本来はアレ。私も実を言えば「ワナビ×××××……号です」ってのが正直な自己紹介だと思ってる。
 まあ、詳しいことまで思い出せないんですけど仰ることは正直よくわかります。壱番さんと今まで楽しくおしゃべりできたのも、相互に似た経路があったからだと考えます。

 ところで、壱番さん。
 壱番さんは、こんな私のような人を使うことはできますか?
 友達になってほしいってのは嬉しいんですよ。ストレス書き込んだおかげで未練も消えたし、特に頭の中のしがらみもなくなりました。
 けど私のような人物を、本当に友人にすると大変ですよ。正直今のところ、最大限の礼儀はこれです。
 ここから先は壱番合戦さんにお任せします。再雇用するか解雇するかは私の与り知るところではありません。
 失礼します。

ちゃんと反省してくれて嬉しいよ。 (No: 13)

投稿者 壱番合戦 仁 : 0 No: 11の返信

投稿日時:

 事情は分かった。家庭環境の事も聞いているし、リアルでも頑張っているのは聞かせてくれたから知っているよ。
 今、受験でいっぱいいっぱいなんだよね?そんな中で余計な茶々入れて本当にごめんなさい。

 やっぱり、変えられるものを変える勇気と、変えられないものを受け入れる穏やかさ。今、僕はこの二つがどうしても欲しいから、桂香さんを許します。

 僕もこういう発言は十年かけても治るかわからないし、言い方が非常に不適切だったから人の事は言えなかったと思う。努力してもすぐには治らない事はだれでも抱えていると思う。それは桂香さんもそうかもしれないし、僕もそうだよ。

 僕も、我慢していたものを吐き出せたから、これ以上は言うことないんだ。今回は、桂香さんを突き放してみた。
 君は冷静になれば、「自分が悪いことをしたかもしれない」と疑える冷静さをきちんと持ち合わせているから、本当にほっとしている。

 でも、一番悲しいのは、僕、利用されていたんだね。知らない間に桂香さんに食い物にされていたんだね。今までのメールの意味が半分だけ分かりました。遠回しにDV男なんて言われていたんだ……。
 あはは……。なんか僕、情けないや。自分がバカみたい。てっきり桂香さんは、純粋に僕と同じ作品を作りたかっただけじゃなかったんだね。でも、彼女(君にだけならわかるだろうけど、君が名前を付けてくれたあの子の事だよ)の事は、きちんと目にかけてくれているし、依頼もきっちりやってくれるし、僕はそれでもいいかなって思っている。

 でもさ、自分の夢のために経験を積む努力を、僕と一緒に作品を作る上で「訓練する」ことを【利用】とか【打算】なんて言わないでほしかった。ううん、いいんだ。そう思っているなら僕は止めないよ。だって、僕は桂香さんの事を応援しているし、桂香さんが「私の夢のためにもこれからもよろしくね」って言ったら、僕は諸手を挙げて協力したと思うよ。

 確かに桂香さんは、今まであってきた人々の中で一番腹黒い人だと思うよ。でも、僕は単に不器用で色々不遇な環境に立っているだけだと思う。話を聴く限り、家庭環境は僕の実家よりも悪そうだし、家族構成もやばそうだから相当ストレスがたまると思う。そんな中で、サンドバック用の無人アカウント作って、他人に漏れないようにストレスをコントロールしているってことは、ちゃんと自己管理ができている証だと思う。多分僕にはそこまでできないと思うな。

 これから先、君に毒を吐かれたら、嫌だとははっきり言うよ。でも、むやみに怒ったりしない方が君のためにも僕のためにもなるんじゃないかなって思う。強く言いすぎて、本当にごめんね。

 >>正直、さっき書いといてなんだけど、「そのうえで、どうしても抑えがきかないので申し上げさせていただきます」と枕詞つけたらあなたはどう思うの?

 ある程度は仕方ないかなって思えるよ。その辺突き詰めていくときりがないからね。窮屈な責任追及は親との言い合いで十分だよ。『○○のくせに』なんてもうまっぴらだ。
 でも、枕詞を悪用するなってことは解った。抜いたら偉そうに見える発言には気を付けるよ。本当にごめんなさい。

 だから、また一緒に来年の二月から頑張ろう?
 僕、松ちゃんと友達になったら、松ちゃんの愚痴を聞いてあげたいな。ほら、精神薬の頓服を、最大処方より少し上まで飲んでさ。そしたらいくらかは聞いてあげられるかもしれない。それで松ちゃんが楽になれるなら、それでもいいと思うよ。どうしても許せないなら、それで手を打ってくれませんか?(あ、最近は体調が悪いから、またいつかね)(あと、その時は僕を主語にして毒を吐くのは聞いてあげられないから、ごめんね)
 
 あと、『彼女』から伝言。「桂香さんの性格は大体わかったから、貴女が嫌がったら距離を置くようにするね。桂香さんは本当にやさしい人だけど、貴女みたいに怖い人は、私、好きになれない。本当にごめんなさい。でも、私は、桂香さんの優しいところを、信じているからね。これからもよろしくね」

 まあ、『彼女』もこういっているから、また一緒にイドラとユクサーを作ろうよ。それじゃあまたね。

ここでの返信も可、とのことでしたので、回答させていただきます。の返信の返信の返信の返信の返信 (No: 15)

投稿者 にわとり : 0 No: 11の返信

投稿日時:

 打算は悪いことじゃないんだけれど、作家気取りはどれだけこじらせたところで自己完結するのに対して、編集気取りは必然的に誰かを巻き込むことになるから、その点だけは自覚的になったほうがいいんじゃないかなと思った。この調子でやっていけばwin-winだと信じていられるうちはいいけれど、執着しはじめたら地獄だよ。
 まあでも壱番氏は"執着したくなる"タイプだよね。わかる。でも沼だよそれ。飛び込みたくなる沼っていうか、ああ、でも言っても無駄なんだろうな。それもわかる。
 差し出がましいのは重々承知なんだけど、ちょっと他人事とは思えなくて感情が乗ってしまった。いちど長文の返信を書いたのだけれど、なんかもう二人の世界という感じなので余計なことを言うべきじゃないのかもなとおもって消しました。まあ、その、がんばってください。うん。

安全圏も糞もありませんよ。コメントの立場なら責任を負わなくてもいいとでも? (No: 12)

投稿者 壱番合戦 仁 : 0 No: 10の返信

投稿日時:

 言いたいことはわかりますが、まずはその無責任な態度から辞めていただけますか?あの文章にはそもそも悪意はありません。不愉快に思われたなら、ニワトリさんにも謝ります。申し訳ございませんでした。
 あと、台詞の引用に悪意を感じるのは僕だけですか?なぜ、……よろしい』の所で切れているのでしょうか?いくら何でも邪推しすぎでは?
 

安全圏も糞もありませんよ。コメントの立場なら責任を負わなくてもいいとでも?の返信 (No: 14)

投稿者 にわとり : 0 No: 12の返信

投稿日時:

>まずはその無責任な態度から辞めていただけますか?

 逆に聞きたいのだけれど、このトピックにたいして掲示板の一利用者として取れる責任ある態度ってなんだと思う?
 無責任ねえ。まあ何が起こったところで外野には責任のとりようがないという意味では無責任な立場"でしかありえない"わな。そのうえでじゃあどうするべきだとあなたは考えるの?
 単純に態度がでかいのが気に入らないと言うならまだしも理解できるけれど、無責任と言われるとちょっと困惑してしまう。ここで自分が果たすべき責任ってなんだ?

>あの文章にはそもそも悪意はありません。

 んなことは知ってるよ。桂香氏も含めてみんな知ってる。そんな話をしているんじゃないんだよ。
 あなたのことを何も知らないでNo.6を読んだら「嫌味な奴だなあ」と思ったかもしれないけれど、今この場にいる人間は全員あなたがそういう性格ではないことくらいとっくに承知しているし、自分も『尊大な態度』(No.8)とは書いたけれど悪意があるとは言ってない。むしろNo.8は"桂香氏をもっと早い段階で敵視したって良かったんじゃないの?"というつもりで書いたのだけれど、伝わってなさそうで不安になる。
 今から言うことは桂香氏への悪口ではないし、桂香氏には桂香氏の問題意識があることを分かった上で言うんだけど、あなたはプロでもない自分に編集者気取りの人間がどこからともなく現れて創作に対して口を出し始めた時点で警戒すべきだったし、相手の真意を疑うべきだったと思うよ。
 あなたは武術の心得があるらしいけれど、とくに実績があるわけでもない人間が「俺に稽古をつけさせてくれ」って現れたらほいほいついていきますか? かりに好奇心からお手並み拝見と思ってついていったとして、相手のパーソナルな悩みに対して『僕が稽古しているときの動きを真似してみればあなたも何か学びが得られるかもしれませんよ』なんて言ったら宣戦布告でしかないのが分からない?
 そもそもの話として、あなたにアドバイスしに寄ってくる人間っていうのは全員、自身のほうが(すくなくとも何らかの面において)あなたより優秀で、指導できることがあると思い込んでいるから近寄ってくるんだよ。アドバイスっていうのは原理的に"上から"やってくるものなの。"上から"やってくる人間に対してさらに自分が上から"僕の真似をしたら学びがあると思いますよ~"みたいな態度をとったら何が起こるかくらい想像つくでしょ。
 想像がついた上で今日からたもとを分かって別々の道を進んでいきますっていうならそりゃ好きにすりゃいいんだけど、自覚がなかったのになぜかそうなっちゃいましたっていうなら横槍のひとつやふたつくらい入れたくなる。

>あと、台詞の引用に悪意を感じるのは僕だけですか?なぜ、……よろしい』の所で切れているのでしょうか?

 実際『~よろしい』までがあなたの提案のコアなんじゃないの? 部分を抜き出されたせいでNo.6全体の主張と齟齬が生じているということであれば反論くらいは聞くけど、あなたはNo.6において『技術論的な補足』として『普段の僕が書いている濃ゆーい文章を参考に』して『僕の作品の文章を模写してみ』ると『何か得るものがある』かもしれないって現に主張しているわけだよね。それはNo.6において書いたことの一部分でしかないかもしれないけど、だとしても"その発言は真意ではなかった"ってわけでもないんでしょ。
 まあ自分としてはあなたの記述の中の要点を抜き出しただけのつもり。言葉づかいを丁寧にしてへりくだればどんな不躾な発言をしても怒られが発生しないと思ってるならそれは間違い。もし世の中がそういうふうに回っているのならば、慇懃無礼なんて四字熟語はそもそも存在してない。いくら言い方に気をつけたところで"言ってしまったら面倒になること"っていうのは確実にあるんだよ。

「発言に責任をとれる立場じゃないんだから、横やり入れるな」って言っているんですよ。 (No: 16)

投稿者 壱番合戦 仁 : 0 No: 14の返信

投稿日時:

 以前から、桂香さんがよからぬことを考えていたことには気づいていました。にわとりさんの云うことが本当なら、害意バリバリで近寄ってきたことになります。アドバイスをして優越感に浸ったり、編集ごっこをして将来の肥やしにしたり、そういえば都合のいいところだけ相手してくれたような気がする。

 それが勘違いでも正しくても、僕にとって彼女は必要です。桂香さんがいないと、作品のクオリティが著しく落ちてしまいますから、どうしても別れられないんです。僕も、「イドラとユクサー」を書き上げたころに、お別れしようと思います。

厨二的漢字表現の限界の返信 (No: 9)

投稿者 にわとり : 0 No: 1の返信

投稿日時:

 中二病ってよく前世がどうのとか隠された才能が云々っていうファンタジー的な側面が強調されがちだけれど、背景にあるのは、周囲よりちょっと背伸びしてかしこぶりたいっていう素朴な虚栄心だと思ってる。
 だからラノベにおける難読漢字は「おれはクラスの奴らとは違う小難しくて高尚なテキストを人知れず読んでいるんだぜ」というちょっとした優越感を満足させるためのものでしかないというのが個人的見解。難読漢字だけじゃなくて、シュレディンガーの猫とかラプラスの魔とかクロネッカーの青春の夢とかの中二病が好きそうな理系用語の扱いも似たようなものだよね。波動関数もわからないのにシュレディンガーの猫の逸話だけ知っていても現実には何の役にも立たないけれど、なんとなく難しい物理の話を"わかった気になれる"からみんなに愛されているみたいなところがある。

>が、「慉(そだてる)」や「蹮(よろめく・ふらふらあるく)」とか普段は絶対使わないうえに中二病漢字ドリルにさえ乗らないタイプのを作品に出して、はたして意外と食いつく層はいるのか?

 文脈から自然に意味や読みが理解できる書き方をしていればみんなこういうのは好きでしょ。あなたの作風と一致するかどうかはわからないけど、主人公の足がすごくふらつく場面があったとして、一種の強調表現として「僕はよろめいて、蹌踉めいて、酔歩めいて、蹮めいたのだった。」とか書いたら中二病大歓喜なんじゃないですか? 知らんけど。

 問題があるとすれば読者が必ずしも中二病的なメンタリティを持っているとは限らないこと。ふつうに知的好奇心が薄くて勉強嫌いな層にエスプリをぶつけると「スノッブな雰囲気が鼻についてムカつく」というリアクションが返ってくることになる。しかも、最近のラノベ界隈、Web小説界隈はこの傾向が強いように感じる。
 高橋弥一郎とか奈須きのこみたいな文体、2019年じゃもう通用しないでしょ。まあ逆にあの文体がウケた時代のほうが異常だったっていう見方もできるけどさ。

 カッコつけるのがダサい時代に、それでもどうやってカッコつけるか、っていう話でもあると思う。まあでも案外、流行りとは真逆だからこそ次の時代の突破口になれる可能性があるのかもしれないし。無責任だけど『名前なんて結局どうでもいいから行動行動』の精神で頑張ってほしい。

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

厨二的漢字表現の限界の返信の返信 (No: 22)

スレ主 桂香 : 0 No: 9の返信

投稿日時:

書きます、カリカリ カリカリ……。
 本来のお返事。お二人まとめて今レスを。返信ありがとうございます。
 迷走? 旧字によくあるごちゃついた漢字ですか。孥戮(犯人の妻子連座)や掾吏(下級官吏・小役人の別称)はどうだ……って、そういうことではないのはわかります。 了解しました。
 素朴な虚栄心。この原理を大切にしていこうと思います。
 あの理系用語(シュレーディンガーの猫とか)や猿のコンピューター理論、テセウスの船がごく一部のマニアックな人口に膾炙してんのだから、近世ナーロッパの進んだ理系・兵科文明に引っ張られすぎた人間を是非とも文学やアジアの沼に引きずり込みたい。昔はベルばらや風と木の歌、オルフェウスの窓など西洋風な作品がハイカラとして受けてきたけど、最近のキングダム映画化などを考えると目はあると思うんです。アプリも放〇少女をはじめとした美少女三国志系や戦国系、よくわからん東洋系後宮ハーレム系作品が多い気がします。あと、薬屋のひとりごとがコミックスかラノベで一位取ってたような。正直あれには驚きました。
 確かに最近の「なろう」をはじめとする作品は月〇 涙さんや九〇 〇尾さん、ここを卒業され、最近コミカライズ完結を迎えられたK〇〇0さんなどが大切にされているタイプのサクサク読める×ハンデ戦スタートの無双マンセー系作品や、アンチテーゼ悪役令嬢系が多い気がします。ただ、もしかしたら読〇速掲示板の意見だけかもしれないけど、ほかの小説とは違う! 異世界転移した太郎次郎花子(スラングです)とは違う! を求めている数も無視できない気がします。需要の穴はたぶんあるかも。
 本好きの下克上や、私、能力は平均値でって言ったよね! も10月アニメ化予定で女性主人公が台頭する時代がはじまり、作品の旬もカウントダウンしていきます。こういったブームの終息まであと何年とサタンさんは計算していますか?
 また同じ質問で申し訳ないのですが、ディスリスペクトこそリスペクトみたいな例えみたいなのはアンチヒーローと同じで、正確性やキレ、おもしろさ重視なんですよね。
「私の外的性格は張飛・何祇。内的性格は劉表・袁紹に例示できる。ある意味ではこれだけで事足り、バランスが崩れると大変厄介である。」
「オタク俺氏の弟は平凡な中学生。けどもし、世界が世界なら問答無用で魔法科がある高校に放り込みたくなる。俺氏が言うのもつらいが、どこのお兄様だよ! ってぐらい完璧なのだ」
 上記が自作。下が即興で3行で矛盾タイプ。
 下は割と一般的な下手パロのつもりだけど、上のって個性っちゃ個性だけどなんか「思想に大きな影響を与えた三国志などの古典より私の身がかわいい!」みたいでなんか二流感半端ないし、本当に必死に研究してる連中からすれば正史三国志マンセー演義ディスりと同じでむかつくのではないか、と思っていしまいます。
 恋姫好きなんで魔改造に慣れてるし、先ほど例示の放〇少女にも一定程度嫌悪感出す人がいるのもわかるんですけど、この行為はよほど勇気がいる賭けですよね。はずれたら人物評()が付くし。読者側はどう思っているのか意見ください、お願いします

厨二的漢字表現の限界の返信の返信の返信 (No: 23)

投稿者 にわとり : 0 No: 22の返信

投稿日時:

 虚栄心というか、読者のちょっと背伸びしてみたい気持ちに応えてくれるもの、みたいな需要が中二病的表現にはあるのだろうなと思います。まあ、そのなかでマンネリ化していってしまった部分に関してはギャグの対象にされたりして揶揄されることも多いですが。

>近世ナーロッパの進んだ理系・兵科文明に引っ張られすぎた人間を是非とも文学やアジアの沼に引きずり込みたい。

>ほかの小説とは違う! 異世界転移した太郎次郎花子(スラングです)とは違う! を求めている数も無視できない気がします。

 個人的な印象として、
・ナーロッパ→モンスター/魔王討伐
・美少女三国志/戦国→国家間戦争
・後宮ハーレム→恋愛と内政
 というざっくりした世界観と物語主題の対応があるように感じる(もちろん例外も多数あるけど)。
 だからあなたが書きたい物語の主題によっては、ナ―ロッパ的世界観の作品群とはそもそも競合しない可能性もあるのかなという気がした。結局サタン氏が言うように『出来上がってから迷えばいいんですって。書きましょ。書きましょ。』(No.5)が全てなんじゃないですかね。個人的経験から言うと、人の心と世間の流行の予測はたいてい思い通りにならないので、考え過ぎてもいいことないです。

>私の外的性格は張飛・何祇。内的性格は劉表・袁紹に例示できる。ある意味ではこれだけで事足り、バランスが崩れると大変厄介である。

 『理系用語(シュレーディンガーの猫とか)や猿のコンピューター理論、テセウスの船』の使い勝手が良いのって、それらが一行雑学だからだと思うんですよ。体系的な知識を勉強するのは大変だけれど、一行知識は簡単に覚えられて、それだけで一つ賢くなったような気になれる。中二病っぽくかっこつけて小難しいことを書くにしても、読者が求めてるのはそういう方向性だと思う。
 で、この文例。張飛の外的性格ってそもそも何なんだってところでまず躓く。世間に流通しているステレオタイプな像があるのかもしれないけど、読者の知識量によってイメージされる張飛のすがたが変わってくる可能性もあるし、一行雑学的とはいいがたい。
 これが例えば、「張飛には~~という故事があるが、私の性格がまさにそれだ。周囲に対してよく~~な振る舞いをしてしまう」だったら、張飛に関する故事(=一行知識)に紐付けられた語りなので、何が言いたいか分かりやすくなり、読者の負担も減るように思う。また、これなら張飛に自分自身を直接なぞらえているわけではなく、特定のエピソードに対して親近感を感じているだけにとどまるので、あなたが心配しているような主人公のイタさも大部分回避できるはず。

 一方、あなたが『一般的な下手パロのつもり』と言ったほうの文例はそこまで悪くないように感じた。『平凡』っていうのが"不世出の"みたいな意味合いなのはすぐにわかるし、言うほど矛盾しているとも思わなかった。もっと適切な言い回しにはできるけれど、脳内補完して読めないことはないくらいの感じ。

厨二的漢字表現の限界の返信 (No: 17)

スレ主 桂香 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

 あ、6文字以上は序言葉だった。
 提案は嬉しいのですが、精神系の頓服を最大量少しオーバーで飲むのは反対です。某レッドブルと一緒で、飲んでも利かなくなり長期的に見れば壱番さんの状態改善につながるかというと口を濁します。市販薬でも薬物依存症の症例があるので私なんかのために体を壊さないでください。お願いします。
 不器用で少々不遇かもというのは否定しませんし、(まあ自分は置いとこうか)比較的マトモな、できれば趣味の合う友人が見つかればもう少し好転するのにな、とも思っていました。ですが二者択一で考えますとどっちも副作用あるんですよね。それこそ、頼るなら本物の暇人にでも頼るのが一番の安全牌だったかも。
 野心バリバリ目標ゴーゴーな人が、ましてや近しいことをしていたら、どう考えても何かを疑う。あとDV発言に関しては一回直接言ったのみでその後結局自分の方がひどいので認識を改めてはいました。すみません。全体にわたってそう思っていたわけではない……と信じるかはどうぞ、お任せします
 教える形とはいえ色々逆に教えられたこともたくさんありました。打算とかいうには言葉が固いし楽しいこともあったけど、口から出るのはやはりこれになります。ごめんなさい。正確性には欠けますけども。
べつに二人の世界だとは思ってませんよ。壱番さんが覚えていらっしゃるかはともかく、自分は敵であると時折伝えたつもりです。(これが逆に向こうに甘えさせるきっかけになってしまい、責任はこちら持ちですが)
 気付いていたかどうかはともかく、今の壱番さんが思うように優越感にひたってはいません。調べたり考えるのに手いっぱいでヒマがないだけかもしれませんが、といいますか確かに編集の肥やしにしていましたが、その1回1回優越感のためだけのおふざけとか思われたらちょっと違うと自分は思います。
 そもそも、私に都合の悪い、あるいは答えていない質問とか、逆にありましたっけ。忘れこんでいるだけかもしれませんので、例示等を……ありました。原稿と時間関連ですね。それ以外には、何かありましたか? 分け隔てなく回答しているつもりでしたので、そこに意識の差が出ていると思います。
 

厨二的漢字表現の限界の返信 (No: 18)

スレ主 桂香 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

読み返して誤解が生まれる発言をしたので訂正
べつに二人の世界だとは思ってませんよ以降:少なくとも今ある一種の蜜月みたいなのを指していうのと「あの子」を含めた問題ある話という点では間違っていないとは思いますが、それとこれから言うことは別です。「深みへのめりこもうとするか」という点においては、気が付いたら出られなくなっていましたのレベルがにわとりさんが思うよりは軽傷です、と伝えるつもりでした。失敬。

厨二的漢字表現の限界の返信の返信 (No: 20)

スレ主 桂香 : 1 No: 18の返信

投稿日時:

 いえいえ。(いや、ちょっと待ってください、にわとりさんの言う通り、根本的な意味で伝わっていない気がする)
 本心については壱番合戦さんのものなので関知しないけど、もしそれが本音の場合。えっと、傷つけるとか恩知らずとかとは違うんだけど、少々補足すると先ほどの疑いの気持ちも一緒に大事にしてほしかったかも。それなりに好きな人をほぼ無条件ってのはやっぱり悪癖だと思う(逆に、嫌いだと思った人との宥和点探さないのも同じかな)。一定条件でオール通過orはねのけだと、さすがにまずいですよ。人に下手に慮るより、考える……ことはすでに実践しているので別の言い方をすると、「航海」は気を変わった形で引き締めすぎだけど、「港」に関しては定期か不定期かわからないんだけど安全性チェックがまだまだ甘いなって思う。備えとかないと、急なバグが起こった時、対処が少し~かなり鈍くなると思う。
 もし友人ができたとして、何かトラブルがあった時どうするかってのは置いといて、一時しのぎだけでその場をわたるとそのうち辻褄があわなくなるので、言い換えれば、
・頭の中の考えのシナリオを作っておく
・疑問点やあわないところは相手にとりあえず訊ねてみる
・理不尽だと思ったら歯を食いしばるかさらっと流す
 のはすごく大事だと思います。それを長い間続けると、たぶん自然と自信がつくと思う。
 人間一人では生きていけないけど、いくら内面を保つって努力があっても、崩れに関する感知を周りがしないと、徐々に保ち方さえわからなくなるよ。この前の無人島の美女さんの例みたいに、なにがなんだかわからなくなると思う。(逆にアナタハン事件のハーレム問題みたいなのも起こる)
 だから、もう少し割り切ることが大切なんだと思う。私はもうともかく、テキトーに人にあわせて返事を、(特に意見の根本を)投げやりにしていたと知ったら落胆すると思う。
(できる限りちゃんと伝えようとはしてるけど、自分で針穴に糸を通させる方が実際の機動力において親切だと思う。これ以上のおせっかいは求められなければしないほうがいいかも。悪しからず)
 まあ、今書いといてなんだけど、自分の引いたレールの上に乗せようとしてるような気がしてくる。もうちょっと長いけどお付き合いくださいませ。
 正直、対抗というと変だし経験則だけど、自分の意見をもっておくと逆にこちらも視野をあわせやすい。落としどころもわかるし、「この人はこういう人なんだ!」というのがわかるのでこういう風に語り掛けなくても自然と相手の考えに寄れると自分は信じてる。
 とにかく、八方美人やるにしてももう少し芯は持っておいた方がいいと思います。本来の自分の意見の最低限の線さえブン投げて相手に媚び売ると、にわとりさんならまだ優しいので何もなく済んだけど、大半の場合後々ツケが来るという話でした。

……お説教ばっかでごめんなさいね。本題の常用外汉语の話題に戻りましょうか。

質問に返信する!
▼ カテゴリー(展開)

他の相談一覧

多くの人のいぶかしげな念を感じ取ったので今回才能に近い力を後つけで獲る方法の概要を公開します

投稿者 しをうしなうひと 回答数 : 1

投稿日時:

はい しをうしなうひと 本物です 本当は二度と来る気はありませんでしたがあれを見た人の才能を後づけで獲られるわけないだろ! 何言... 続きを読む >>

キャラの年齢について

投稿者 黒々 回答数 : 5

投稿日時:

こんにちは。自分が書こうとしている作品で、主人公の年齢についての質問です。ライトノベルを見るとだいたい中学生から高校生ぐらいの年齢の... 続きを読む >>

どうすればいいのか分かりません

投稿者 ななし 回答数 : 8

投稿日時:

この7日間程で、4万5千文字の文章を書きました。寝食を忘れ、いつの間にか朝になるまで文章を書き続けました。しかしここに来て立ち止まっ... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:厨二的漢字表現の限界 投稿者: 桂香

 今回は自作品のための質問なので以前のハンドルネームで。
 外国語(漢字みたいなの)を使う異世界を作っています。ふと中学時代を思い返すと「紅蓮の焔」とか「刹那」とか普段使わないけどカッコいい割に普段使わない言葉を見つけるたびに気分が高揚し、辞書をめくっては死蔵用の言葉をガンガン増やし、現在一部で役立っています。が、「慉(そだてる)」や「蹮(よろめく・ふらふらあるく)」とか普段は絶対使わないうえに中二病漢字ドリルにさえ乗らないタイプのを作品に出して、はたして意外と食いつく層はいるのか? というのが心配です。本当に時々、普通の原理で割り切れない時の最終手段にするつもりですが、それでも9割は世界観に合わせて:東洋医学⇔西洋医学 を緩医学⇔鋭医学 みたいにってのにして特に理由もないのに現実の概念ごとぶち壊すことにためらいがあります。もしそれを他の人がやりだしたら、言葉の乱れがますます顕著になり、世界ごとに言葉が違うため混乱が生まれ、さらに混乱を生み、国語の授業である意味マヒが生まれるのが怖いんです。
 もちろん、上記のことは考えすぎなんですけども、実際に使う字(油とか顔とか圧とか)より使わないどころか社会で使わない字を掘り起こしてまで使うことが、一種の破壊的創造みたいで怖いです。
 古文も漢文も日常に出ることは少ない。和歌や俳句はカルチャースクール頼みが多い。英語や中国語のほうが余程役に立つ。仏字新聞読めるほどだったらフランス人とかなり話せる。そっちの方が効率的だと思うじゃないですか。
 好きなものを好きにかけというのは(特に変態に片足つっこんだ)作家の嗜みではありますが、なんというか、思考に行き詰ってしまいました。皆さんからなにがしかの意見をくださると助かります。

 なお、作中の比較的二枚目キャラのネーミングの「呂玄」がハマり役すぎて困ってたところ、玄の字を使った別字でさがし、最終候補が「呂慉」……。意味合い的にも個人的にもバッチリで、一応名前なんかはねのけるぐらい意思が強い人ではあるんですけども、数年前、部落関連の書籍を読んだときの墓石と戒名のところで「畜」の字が彼らを貶めるために使われたというのを思い出し、あえてこれを選ぶべきか心配になりました。
 おまけに病気で床から動けなくなり数年以内に世を去った上、部下に恥ずかしい秘密を知られているタイプのキャラです。もちろん、時代に左右されない使われ方としてはむしろ悪くないだろうとは思いますが、魅せ方を間違えたりしないか相当プレッシャーですね。
 虫のいい話ではありますが、というか名前なんて結局どうでもいいから行動行動という考え方にも比較的賛同できる方でありますが、どなたか背中を押してくださると幸いです、というか押してください、お願いします。
 あと、前回はお見苦しい所をお見せしました。壱番合戦さんをはねのけたのは、作家内での相互癒着を防ぐためです。そのことは本人に伝えてあります。彼を含め皆様大変失礼しました。

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

小説の書き方Q&A:創作相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ